願いの井戸

Last-modified: 2020-12-15 (火) 08:48:47
収録拡張コストカード種別効果
陰謀3アクション+1 カードを引く
+1 アクション

カード1枚を指定する。あなたの山札の一番上のカードを公開する。
公開したカードが指定したカードの場合、それをあなたの手札に加える。

概要

デッキの上のカードを当てれば研究所と同じ効果になるカード。残りのデッキ内容を正確に把握しておけば当たる確率は上がる。
序盤ではとりあえず銅貨屋敷を指定するだけでもそこそこ引いてこれるが、確実ではないため頼り切るのは考えものだろう。
パトロールのようなデッキトップ複数枚を公開する効果や、地図職人のようにデッキの上を操作できるカードと組み合わせて、確実に追加ドローを発揮できれば強力。

利用法

  • 初手に購入することで、初手で購入したもう片方のカードが3,4ターン目に沈む確率を下げる。
    • 特に4ターン目であれば、願いの井戸で1ドローした後、底に残っている1枚以外が全て分かるため、必ず当てられるはずである*1
  • 1ドローした後にカード名の指定を行うので、願いの井戸を使用した時点でデッキの上から2番目にあるカードの名前がわかっていれば、確実に当てられる。
    • デッキが残り2枚の時に使用すれば、底に残っている1枚以外が全て分かるため、必ず当てられるはずである。
      • そうでなくとも、手札に他のキャントリップカードがあればそれを先に使用したり、大雑把でも良いので捨て札置き場の銅貨や屋敷の枚数をカウント*2できていると、カードを当てられる確率が上げられる。
    • 地図職人薬師など、デッキの並びを操作できるカードと相性が良い。
    • 他にも、隠し通路で手札のカードをデッキの上から2番目に仕込む、開発などで2枚のカードをデッキトップに獲得しておく、といった方法も挙げられる。
    • カメレオンの習性があれば、1ドローを1金に変換できるので、デッキトップのカードを操作したり、公開する効果とシナジーが得られる。
  • デッキに含まれるカードの種類を少なくすることで、カードを当てられる確率を上げる。
    • 願いの井戸の枚数を大量に集めて、願いの井戸を宣言し続けるのも良いだろう。
    • 初手再建-願いの井戸から、デッキの圧縮を進め、デッキを金貨2枚+銀貨1枚+願いの井戸数枚とし、属州を買い進める戦法もある。
    • 避難所場や家宝を用いるゲームでは、初期デッキから異なる名前のカードが多いので当てにくくなり、弱体化すると言える。
      • また、願いの井戸に対しては、呪い撒きよりも廃墟撒きの方が妨害効果は高いと言える。

詳細なルール

  • カードの効果は上から書いてある順に処理を行うので、カードを1枚引き、+1アクションを得た後にカードの指定を行わなければならない。
  • デッキに入っていないカード名を指定した場合、公開したカードが何であれ手札に加えることはできない。
  • サプライにないカード名を指定してもよい。
    • ドミニオンのカード名でなくてもよいが、なんらかのカードとして世に出たことのある名前でなくてはならない。
  • のような異なる名前のカードからなる山札のカードを指定する場合、「城」ようなカードの種類やランダマイザー名ではなく、「粗末な城」のように個別の名前を指定しなくてはならない。

関連カード

拡張名前関連
暗黒時代秘術師デッキの一番上のカードが指定したカードなら手札に加える。
願いの井戸に比べて高コストだが、カード指定前の1枚ドローが無いためシナジーとなるアクションは多い。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White



*1 初手で購入したカードの獲得時効果で他のカードを獲得している場合など、何らかの理由で底が1枚でない場合は、勿論必ず当てられるわけではない。
*2 勿論、捨て札置き場のカード内容は一番上のカード以外は見てはいけない情報なので、記憶しておく必要がある