Top > 城

Last-modified: 2019-05-23 (木) 14:05:44
収録拡張名前コストカード種別効果
個別効果
帝国粗末な城3財宝1コイン
勝利点-城あなたの持つ城1枚につき1勝利点になる。
崩れた城4勝利点-城1勝利点
--------------------
あなたがこのカードを獲得するか廃棄するとき、+1勝利点トークン、そして銀貨を1枚獲得する。
小さい城5アクションこのカード、またはあなたの手札にある城1枚を廃棄する。そうした場合、城を1枚獲得する。
勝利点-城2勝利点
幽霊城6勝利点-城2勝利点
--------------------
あなたのターンの間にあなたがこのカードを獲得するとき、金貨を獲得し、
手札が5枚以上ある他のプレイヤーは全員、自分の手札から2枚のカードを自分のデッキの上に置く。
華やかな城7アクション好きな枚数の勝利点カードを捨て札にする。捨て札にしたカード1枚につき+2コイン。
勝利点-城3勝利点
広大な城8勝利点-城4勝利点
--------------------
あなたがこのカードを獲得するとき、公領1枚または屋敷3枚を獲得する。
壮大な城9勝利点-城5勝利点
--------------------
あなたがこのカードを獲得するとき、あなたの手札を公開する。
場にある勝利点カードとあなたの手札の勝利点カード1枚につき+1勝利点トークン。
王城10勝利点-城あなたの持つ城1枚につき2勝利点になる。
ランダマイザー
帝国(3)勝利点-城城の山札はコストが多いカードが下になるように並び替えておく。
2人でゲームをする場合は、城カードを各種1枚ずつだけ使用する。
この山札の一番上にあるカードだけが獲得したり購入したりすることができる。


概要 Edit

ドミニオン:帝国の特殊勝利点枠である、広義の分割された山札ともいえるカード群。
騎士のように多種多様なカードが一つの山札に積まれているが、城は必ずコストの低いものが先に出るよう積まれる。
粗末な城と王城は城の枚数に比例して勝利点が上がる特殊勝利点であり、また王城以外の城は勝利点以外に何らかの効果を持つ。
占有することができれば強力な反面、高コストの城を獲得するのは難しく、他のプレイヤーにカットされると思うように点数が伸びないことも考えられる。

利用法 Edit

城ルートに行くかどうか Edit

城ルートvs属州ルート Edit

3~4人戦で仮に城ルートが全ての城を獲得し、崩れた城・小さい城・幽霊城を小さい城の効果で全て廃棄したとするとそれだけで最低68勝利点となり、属州ルートは勝ち目が無くなる。2人戦でも32点とかなりの点数となる。
そのため属州ルートに行くプレイヤーは

  • 高コストの城(特に王城)を獲得される前にゲームを終わらせる
  • 高コストの城を獲得されないように妨害する
  • 適度に城を獲得してカットする

などの方法により、城ルートの勝利点を減らす必要がある。

優先してカットしたい城は

  • 城ルートにとって将来属州以上にもなる可能性があり、属州ルートにとっても最低限銅貨として仕事をする粗末な城
  • 城ルート・属州ルート双方にとって使用時効果が便利な華やかな城

あたりになるだろう。

城ルートvs植民地ルート Edit

多くの特殊勝利点同様、植民地場では城ルートはかなり厳しい戦いを強いられる。
余裕があればコンボデッキのパーツとして使える華やかな城を確保するぐらいになるだろう。

城と相性が良いもの・悪いもの Edit

城と相性が良い偵察員大量の城を勝利点として手札に加え、高コストの城や2コインに変換するのを狙える。
移動動物園8種類の城は別のカード扱いなので3ドローが期待できる。
品評会城を集めるだけでカードの種類が増える。高コストの城と品評会のどちらを優先するかは状況に応じて要検討。
岐路大量ドローから華やかな城・壮大な城へのコンボが狙える。
シルクロード城を集めるだけでシルクロードの点数が高くなる。品評会同様高コストの城とどちらを優先するかは要検討。
浮浪者積極的に購入する程ではないが、2ドローできることが多めになるため少し強くなる。
金物商デッキを掘り進みつつ手札を増やせる。粗末な城や華やかな城であればさらに+1コイン・+1アクション。
盗賊廃棄した崩れた城・小さい城・幽霊城を廃棄置き場から獲得して再利用できる。
墓暴き
庭師広大な城のコンボ含め、城を買いつつ勝利点トークンで点数を底上げできる。
元手高コストの城を購入しづらい城ルートにとって、負債を背負うとはいえ6コインは魅力的。
相続(イベント)屋敷を強力なアクションカードにすることで、高コストの城を購入できるデッキにしつつ壮大な城の勝利点増加を狙う。
戦場(ランドマーク)途中まで実質城1枚につき+2点。
(ランドマーク)粗末な城を6点にする。
博物館(ランドマーク)実質城1枚につき+2点。品評会と違い、どちらを獲得するか悩む必要もない。
羊飼い城全てを2ドローに変換でき、デッキの動きが大きく安定化する。
コイントークン獲得カード城全てを2ドローに変換でき、デッキの動きが大きく安定化する。
城と相性が悪い役人ただでさえ邪魔な城をデッキの上に置かされる。
願いの井戸城でカードの種類が増えるため、デッキの一番上が何か当てづらくなる。
抑留城の上に置けば城ルートは無理筋になる。
宝物庫実質5コストの1コインキャントリップ。
大衆アタックが刺さりやすく、大衆ロックで容易にデッキの上を(役に立たない)城で固定される。
大地への塩まき(イベント)4コインさえあればどんなに高い城でも簡単にカットできる。城ルートはほぼ不可能。
狼の巣(ランドマーク)実質城1枚につき-3点。3人戦以上であれば2枚ある城があるものの、それでもかなり厳しい。
植民地場ほとんどの特殊勝利点は、植民地場では無理筋。
荒れ場全般高コストのカードを獲得する必要があるため、荒れ場には弱い。
デッキ破壊最終的に城の枚数が重要になるため、一枚廃棄されるだけで勝利点が大きく下がる。

それぞれのカードについて Edit

3コスト:粗末な城 Edit

財宝カードとしては銅貨と同じ1コインだが、城を集めれば集めるほど強くなる特殊勝利点であるため*1、城ルートに行くのであれば早い段階で(相性の良いカードがあれば初手で)獲得すべきカード。
三人戦以上で粗末な城を2枚獲得したプレイヤーがいる場合、城への対抗策がない限りは以降の戦いを有利に進められるため*2、可能であれば粗末な城を誰かが獲得した場合、誰かはカットしに行った方が良いだろう。

サプライに1~2枚しかない財宝カードであるため、(ランドマーク)があれば実質3コスト6点+αの銅貨として使える勝利点となる。
城ルートに行くつもりがない場合もこの時は初手で購入した方が良い。

4コスト:崩れた城 Edit

獲得すれば実質2点の勝利点カード+銀貨1枚、さらに廃棄すればトークンで2点+銀貨2枚となる城。
獲得時効果自体も悪くなく、次の小さい城で廃棄することで+1点+銀貨+高コストの城となるため、可能であれば両方揃えたい。

5コスト:小さい城 Edit

城を廃棄して高コストの城に変換する城。
一見強力な城をすぐに獲得するための使い捨てカードだが、城ルートの場合はこのカード自体が実質3点(2点+粗末な城)かそれ以上になる。
獲得する城によっては得にならないばかりか城の枚数を無駄に少なくし、城の合計点数を下げることに繋がる。
実質公領と割り切ってそのままにするか、崩れた城を廃棄して高コストの城に変換、小さい城自身を廃棄して王城を獲得するような使い方をしたい。

6コスト:幽霊城 Edit

獲得時に金貨のおまけと幽霊船のようなアタック効果を与える城。
金量確保と妨害による若干の遅延は魅力的だが、幽霊城自体は城ルートにとっても実質公領にしかならない。

7コスト:華やかな城 Edit

3点+勝利点を2コインに変換する、秘密の部屋を強くしたような効果を持つ城。
勝利点カードが多くなりがちな城ルートにとっても、属州まで1コイン足りない時に3点の公領を仕方なく買うような妨害ルートにとっても比較的強力なカード。
岐路と絡めることで、城を大量に引きつつ仮想コインに変換し、高コストの城を占有できるようになる。

8コスト:広大な城 Edit

このあたりから大量の城を獲得している純粋な城ルートのプレイヤーが購入しづらくなる。
勝利点2枚で7~8点にしかならないため、城ルート・妨害ルート双方にとってあまり得にならない。

通常であれば公領1枚を獲得するが、以下のような場合は屋敷3枚を獲得した方がいいだろう。

  • 庭師:獲得する勝利点を公領ではなく屋敷3枚にして、庭師1枚につき4点を手に入れられる。
  • 相続:相続済みであればアクションカード3枚が付いてくる。どちらかといえば7~8コインを出しやすい妨害ルート向けか。

9コスト:壮大な城 Edit

大量の勝利点カードを抱えたまま9コインを出すのは難しく、何も工夫しなければ広大な城より低い勝利点しか手に入らない。
壮大な城の勝利点を上げるには、

  • アクション-勝利点や相続した屋敷といったプレイできる勝利点カードを集める
  • 岐路で大量の勝利点カードをドローしつつ9コインを出す
    といった手段が考えられるが、1枚しかなく自分が獲得できる保証もない城のためだけにデッキを組むのは厳しい。
    並行して他の城も集めつつ、コンボを決めて壮大な城を獲得できれば良いと考えた方がいいだろう。
    妨害ルートの場合、小さい城を持つ城ルートのプレイヤーに王城を取られる可能性を下げるため、壮大な城は無視するのも手。

10コスト:王城 Edit

4枚の城を集めてこのカードを獲得すれば植民地と同等の10点になる、最後の城。
城ルートの最終目標だが、大量の勝利点カードを抱えたデッキで購入するのは非常に難しいため、小さい城自身を廃棄してこれに変換するのも考えた方が良い。
城をほとんど持っていない妨害ルートの場合、自分の得にもならないため素直に属州等を獲得するべきだろう。

詳細なルール Edit

  • ゲーム開始時、次のようにコストの高いカードが下になる順番で積む。
    粗末な城
    (一番上)
    崩れた城小さい城幽霊城華やかな城広大な城壮大な城王城
    (一番下)
    2人戦1枚1枚1枚1枚1枚1枚1枚1枚
    3人戦以上2枚1枚2枚1枚2枚1枚1枚2枚
    • 城のサプライの山札は、ランダマイザーの記載により、「コスト3の勝利点ー城の山札」と見なされる。
      • 魔女娘の災いカードの山札とすることができ、交易路で参照される「勝利点の山札」にも含む。
  • 粗末な城・王城の勝利点計算時は、自分自身も城1枚と数える。
    • 粗末な城と王城が1枚ずつだけデッキにある場合、それぞれ城2枚で計算するため、1点×2枚(粗末な城)+2点×2枚(王城)で6点になる。
  • 小さい城で山札の一番上以外の城を獲得することはできない。
  • 小さい城は、手札に城が1枚もない場合でも、手札の城を廃棄することを選べる。ただし、この場合は城を獲得できない。
  • 小さい城は、それ自身が既に場にない場合でも、自身を廃棄することを選べる。この場合は廃棄に失敗し城を獲得できない。
  • 幽霊城の獲得時効果は、自分のターンであればどのような手段で獲得しても誘発するし、サプライ以外の場所から獲得しても誘発する。
    また、この効果は「アタックカードの使用」には当たらない。
  • 華やかな城の能力は捨て札にする勝利点を公開するという指示を持たず、捨て札置き場の一番上に置かれたもの以外が本当に勝利点だったのか他のプレイヤーは確かめられない。公式の場で問題となった場合はジャッジを呼び指示に従ったほうがよいだろう。
  • 広大な城の獲得時効果では、公領の山札から公領を獲得するか、屋敷の山札から屋敷3枚を獲得するかのどちらかを選ぶ。
    • どちらの山札も空でないならば、獲得しないことはできない。
    • 屋敷の獲得を選んだときにサプライに2枚以下しかなかった場合、その全てを獲得する。
    • 公領または屋敷の山札が空の場合、空の山札からの獲得を選ぶことはでき、その場合何も獲得しない。
  • 壮大な城の獲得時効果は、場に出ている勝利点カード・手札にある勝利点カードの両方を数える。
    • 他のプレイヤーの場に出ている勝利点カードも数に入れる。持続カードを相続した屋敷や、支配中の被支配者の場の勝利点カードなど。

コメント Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White






*1 実質的に、所持しているだけで以降の城が1点高くなる。
*2 実質的に王城1枚と同価値。