サル

Last-modified: 2022-08-08 (月) 13:40:58
収録拡張カード名コストカード種別効果
海辺(第二版)Monkey3Action-DurationUntil your next turn, when the player to your right gains a card, +1 Card.
At the start of your next turn, +1 Card.
サル3アクション-持続あなたの次のターンまで、あなたの右隣のプレイヤーがカード1枚を獲得したとき、+1 カードを引く
あなたの次のターンの開始時、+1 カードを引く

概要

右隣(直前)のプレイヤーがカードを獲得するたびにカードをドローする持続カード。
使用したターンには何の恩恵も無いが、大抵は1ターンにカードを1枚は獲得するため、次のターンの開始時までに合計2ドロー以上は期待できる。
さらに購入権の増加や、工房改築系カードが働く複数枚のカードを獲得しやすいゲームでは、容易に3ドロー以上となることもある。

尤も、2ドローだけではシャッフルに入らないリスの習性であり、コスト相応と言い難い。3ドロー以上できそうなときや、2人戦での牽制でこそ輝くだろう。

利用法

  • 詳細なルールにある通り、呪い撒きや廃墟撒きでもサルによる追加ドローは誘発するので、組み合わせるのも良いだろう。
  • アタックカードでは無いが、女魔術師などのいわゆる「持続するアタック」と似た特性がある。
    • 追加ターンを含む全てのターンで誘発するため、右隣のプレイヤーが前哨地などの追加ターンを得る効果を利用しづらくなる。
    • サルの使用者自身も、追加ターン獲得効果を同一ターンに利用しづらいことには注意。
  • 密輸人のように右隣のプレイヤーの牽制になる。
    • とはいえ選択が重要になる密輸入の獲得物コピーと違って、単純に獲得数がカウントされる。
      大量のカードを獲得できるデッキであるなら、相手のドローを割り切ってでもデッキ成長を強行した方が良い状況も多い。
      • 左隣のプレイヤーがサルを持続させている場合は、さすがに暴走の購入(=馬5枚獲得)は手が止まりがちになるので注意。
  • なお、サルの使用により手札が6枚以上になると、手札5枚以上所持者に刺さるアタック(略奪悪党など)が複数回刺さりやすくなることには注意。
    • 右隣のプレイヤーはカード購入後に人狼吸血鬼による呪詛夜襲などでアタックをすると、サル使用者にダメージを与えやすいと言える。

詳細なルール

  • サルの効果は「右隣のプレイヤーがカード1枚を獲得したとき」に誘発する。「右隣のプレイヤーがそのプレイヤーのターンにカード1枚を獲得したとき」ではないので注意。
    • 例えば、サルを使用したターン中に海の魔女などで呪い撒いたり、大使館の獲得時効果で銀貨を撒くことで右隣のプレイヤーがカードを獲得した場合は、サルの効果は誘発する。
  • サルの「右隣のプレイヤーがカード1枚を獲得したとき+1ドロー」の効果は、カード獲得時に誘発する効果だが、これはターンプレイヤーがカード獲得時に誘発する効果よりも後に処理されることに注意。

    例えば、二人戦でプレイヤーAがサル使用後、(プレイヤーAの右隣にあたる)プレイヤーBのターン中に…

    1. プレイヤーBが散兵を使用
    2. プレイヤーBが民兵を獲得
      1. この時、まずはターンプレイヤーであるプレイヤーBが『プレイヤーBの民兵獲得に誘発する効果』を処理する。
        よって、散兵の効果でプレイヤーAは手札を3枚にする。
      2. その後、プレイヤーAが『プレイヤーBの民兵獲得に誘発する効果』を処理する。
        よって、サルの効果でプレイヤーAは+1ドローを得る。
        (iとiiの処理順が逆になることは無い)
  • サルを使用し、カメレオンの習性を選択した際の処理に注意。
    【カメレオン化サル】は「このターン、サルにより『+1カードを引く』が得らえれる際、代わりに『+1コイン』を得る。(このターン以外でサルにより『+1カードを引く』が得らえれる際はそのまま得る)という処理になる。

関連カード

拡張名前関連
海辺(初版)幽霊船他のプレイヤーの手札を山札の上に戻させることで、手札枚数に差を付けるアタックカード

余談

  • ドナルド・Xによる追加理由は以下の通り。

    原文と日本語訳

    【原文】(引用元)

    Monkey isn't even an attack; Seaside is following in the footsteps of later sets, that are a little lighter on attacks.

    It's interactive though. You draw cards if they gain cards. They'll feel attacked, take it from me.

    【日本語訳】

    サルはアタックですらない。海辺は後の拡張にならってアタックを軽くしている。だがインタラクティブ(相互作用的)なものだ。

    相手がカードを獲得したら自分がカードを引く。相手はアタックされたと感じるだろうね、そういうものだ。

コメント