値切り屋

Last-modified: 2022-06-09 (木) 09:21:52
収録拡張コストカード種別効果
異郷5アクション+2コイン
--------------------
このカードが場に出ているかぎり、カード1枚を購入するとき、購入したカードよりもコストが少ない勝利点以外のカード1枚を獲得する。

概要

購入時に追加でカードが獲得できるアクション。複数枚並べれば獲得できるカードの枚数もそれだけ多くなる。
コンボデッキにおいてパーツを集めるのに使われるのはもちろん、金量主体のデッキでも属州を購入しながら金貨を獲得できるので役に立つ。
ちなみにカードの獲得は強制なので、安価なカードを購入して銅貨をもらう羽目にならないよう注意。

利用法

  • 2金を得ながらカードも増やせるので、庭園とは相性が良い。
    • ただし値切り屋の効果では勝利点カードである庭園を獲得することはできないので注意。庭園を購入しながら3金以下のカードの獲得は可能である。
    • なお、このカードによってコンボデッキが有利になることも多いので、戦術選びの見極めはしっかり行いたい。
  • 豊穣の角笛品評会のような、カードの種類が重要になるカードとは相性がよい。

詳細なルール

  • カードの獲得効果が発生するためには、値切り屋が場に出ていなくてはならない。
    • 玉座の間等で複数回プレイしても獲得できる枚数は1枚のままである。行進で使用した場合は値切り屋が場に残らないのでカードを獲得できなくなる。
  • カードの獲得は強制である。購入したカードよりもコストの低いカードがサプライにある場合、必ず獲得しなければならない。
    • 0金のカードを購入した場合、該当するカードが無いので何も獲得できない。
  • 購入したカードのコストにポーションや負債が含まれている場合、コストにポーションや負債が含まれるカードを獲得できる。
    • ゴーレム(4+P)を購入した場合、コスト3+P以下かコスト4以下のカード1枚を獲得する。
    • 大金(8+<8>)を購入した場合、コスト7+<8>以下かコスト8+<7>以下のカード1枚を獲得する。
      • 負債が含まれていない王子(8)や金貨(6)、逆に負債だけの大君主(<8>)などでもよい。

余談

値切り屋という名に反してカードのコストは安くなってない
…と思われがちだが、「沢山買うからおまけつけてよ」の類の値切り交渉である。
店としても在庫を抱えることにリスクがあるため、商品を捌けるのなら多少はおまけをつけたり値引きをすることは許容範囲内であることが多い。

尚、コストを安くしてる方の値切り屋は、「馬を融通するから安くしてよ」といった取引と思われる。

コメント

  • テキストに仕切り線が無くて、購入の代わりに獲得がトリガーで、3金出るアクションに転生するのか? -- 2022-06-08 (水) 23:38:39
  • 流石に、隠し財産と同じエラッタで良さそう -- 2022-06-09 (木) 09:21:52