香辛料商人

Last-modified: 2022-10-25 (火) 20:01:35
収録拡張コストカード種別効果
異郷4アクションあなたは自分の手札の財宝カード1枚を廃棄してもよい。
そうした場合、次のうち1つを選ぶ:
「+2 カードを引く、+1 アクション」;「+2 コイン、+1 カードを購入」

概要

財宝を廃棄して研究所木こりの効果を得るカード。主に初手で買って銅貨廃棄による圧縮をこなす。
コインを出すモードの出力は金貸しに劣るものの、アクション権を消費することなくデッキを回転させるモードと選択できる点で汎用性が勝る。
銅貨以外の財宝カードも廃棄できるため、石切場護符といったゲーム終盤に不要になった財宝を燃料にすることも可能。

利用法

  • いざとなれば増やした購入で銅貨を購入し、廃棄材を確保することもできる。
  • あまりたくさん購入すると廃棄する財宝カードが無くなって持て余すので、せいぜい2枚までの購入にしておいた方が安定する。
  • 改築系カードとは相性が良い。お互いにとって手が届かないところを補完するような相性となっている。
    • 香辛料商人で銅貨を廃棄してデッキを回転させつつ、それだけだと重くなってしまいがちな屋敷などを改築できる。
      改築にとってもコスト0のカードは苦手なので、銅貨が減り自身の使用回数を増やせるのは好都合。
    • 銅貨を廃棄し切った後で、最終的には香辛料商人自身を4コストの廃棄材として処理できる点も無駄がない。

詳細なルール

  • カードの廃棄は任意である。
    • 廃棄しなかった場合は、アクション権を消費だけして、何も起きない。
    • 任意効果であるため、廃棄しなかったとしても手札の公開義務はない。
  • 香辛料商人の財宝カード廃棄時に得られる効果は「選択効果」なので、長老の対象となる。詳細は専用ページを参照。
    • ただし、【長老化香辛料商人】で財宝カードを廃棄しなかった場合は、追加効果を得ることはできないので注意。

関連カード

拡張名前関連
基本金貸し銅貨を廃棄して、+3コイン。

余談

後の拡張(ルネサンス)で香辛料が登場したが、香辛料と香辛料商人が特別相性が良いわけではない。(コインと購入権を出せるところは若干似ている)
香辛料商人はあくまで(主に少額の)財宝と引き換えに、使い切り香辛料(2種類ある模様)を売ってくれるだけのようだ。

コメント