絶望

Last-modified: 2020-05-30 (土) 20:37:40
収録拡張コスト種別効果
移動動物園0イベント各ターンに1度、あなたは呪い1枚を獲得してもよい。そうした場合、+1 カードを購入+2 コイン

概要

すごい借入。あるいは呪われた金貨イベント版と言えなくもない*1。強力な廃棄ソースがある場合など、デッキに呪いが入ることを許せば、デッキ初巡から非常に大きな金量を生み出すことができる。ただし、呪いの山が切れるとこのイベントは使い物にならなくなるため、他のプレイヤーの動向も踏まえてご利用は計画的に。

利用法

  • 終盤に6金しかでなかった際に、公領購入(=3勝利点)とするのではなく、絶望+属州購入(=差し引き5勝利点)とできる。
  • 呪われた金貨と同様に、初手で通常とは異なる金量が発生する可能性が有るが、「利用しなくてもデメリットは無い」「呪いがある限り、いつでも利用できる」「呪いを気にしなければ毎ターンでも利用できる」というモノなので、はるかに利便性が高い。
    • 呪いが山切れすると使えないことが唯一のデメリット。
  • デッキ初巡に1回使うと、初手2-7 or 3-6 or 4-5とすることができ、2回使うと、初手4-7 or 5-6となる。
    相続運河などの高コスト有用イベント/プロジェクトに手が届くor祭壇鍛造などの高コスト高性能な廃棄カードが手に入るのであれば、デッキ初巡から利用するのも大いにあるだろう。
    • 同じセットにある刈り入れも用いるゲームでは、「1ターン目に7金が出るか」によってかなりの速度差が出る。
  • 庭園戦法であれば、呪いを得るデメリットは緩和される。

詳細なルール

  • 呪いの山札が空で獲得できなかった場合、+1購入と+2コインは発生しない。
  • 絶望により獲得する呪いに対して、交易人でリアクションし、「呪いの獲得を銀貨の獲得に置換する」ということはできるが、この場合は呪いを獲得しなかったことになるので、+1購入と+2コインは発生しない。
    • 一方で、絶望により獲得する呪いに対して、望楼でリアクションし、「獲得した呪いを廃棄する」ということができる。この場合は呪いを獲得したことになるので、+1購入と+2コインが発生する。

余談

desperateには「絶望的な」という意味のほかに「欲しくてたまらない」「死にものぐるい」という意味もある。
このイベントの英語名であるdesperationにも「絶望」という意味のほかに「欲しくてたまらないこと」といった意味などもあり、「大きな犠牲(呪い)を厭わずにコインを生み出す」イベントの効果の内容や「店から商品を盗もうとしている」ように見えるイラストから考えると「絶望」という和訳は誤訳とも思われる。
なお、日本語版が出る前のDominion Onlineの非公式訳では「自暴自棄」となっていた。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White





*1 呪われた金貨は銅貨の代わりに入るため、その銅貨と差し引き+2コインを生み出しているとみなすことができる。