騎兵隊

Last-modified: 2020-06-16 (火) 23:07:15
収録拡張コストカード種別効果
移動動物園4アクション馬を2枚獲得する。
--------------------
このカードを獲得するとき、+2 カードを引く、+1 カードを購入。現在があなたの購入フェイズの場合、あなたのアクションフェイズに戻る。

概要

使用時にを二枚獲得できるカード。使い捨ての研究所が二枚ただで貰えるのは決して弱くはないが、それだけではコスト2のそりと同じであり、少々物足りない。
獲得時効果はアクションフェイズに戻るというもの。ただし、似た効果を持つヴィラと違いアクション権は貰えないので、アクション権を使い果たしていた場合はそれ以上アクションカードを使えないことに注意が必要。つまり、ヴィラと違って、ターミナルアクション被りの保険としては使えない。

利用法

  • 騎兵隊を購入し、アクションフェイズに戻ってもヴィラとは異なりアクション権は増えないため、以下のような対策があると良い。
    • 財宝&夜行カードを主体としたデッキであればデメリットは少ない。
    • 他の系カードでアクションをあらかじめ増やしておく。
      • アクションフェイズ中に任意で使える村人トークンがあれば、騎兵隊購入・獲得時にアクション権が残っていなくとも+2ドローした後で使うことができ、アクション権を得ることができる。
      • 一方、呼び出すことで+2アクションを得られる法貨は騎兵隊の獲得時効果では呼び出せないので注意(後述)。
    • 余ったアクションカードを遅延できたり、苦労で使用できたり、昇進闘技場動物見本市での交換券として利用できるサプライであれば、デメリットは薄い。
  • 施しで騎兵隊を獲得することで、実質タダで+2ドローが得られる。
  • 手札から財宝を出し終えた後、騎兵隊購入でアクションフェイズに戻ることで、以下のコンボができる。
    • (アクション権があれば)手札が少ない状態で策士狩猟小屋を使用し、手札を捨てるデメリットを減らす。救貧院も高出力が狙える。
      • 呪われた村など一定枚数ドローするカードのドロー枚数増加も狙える。
    • 場に石切場玉璽などがある状態でアクションを使用することで、これらの恩恵を受けたアクション効果を発揮する。
    • アクションと財宝をちょうど6枚場に出せれば、レプラコーン願いが得られる。
  • 騎兵隊の獲得に対して牧羊犬をリアクションすることで、ドロー枚数を補強できる。
    • 騎兵隊獲得時に手札に牧羊犬がなくても、その獲得時効果の+2ドローで引くことができればリアクションできる。また、牧羊犬をリアクションで使用することは「アクションカードの使用」と見なされるため、この時は酒場マットにある法貨を呼び出してアクション権を増やすことができる。
  • 改築工房など、購入以外の方法で獲得することで購入数が純増する。サプライによっては唯一の購入増加手段になることも。
  • アクションフェイズにアクションを使用せず購入フェイズに入り、騎兵隊を購入すれば、2ドロー&1購入権得た上でアクション権を1残してアクションフェイズに戻ることになる。
    • 特に、初手で購入したアクションがデッキ2周目で底沈みした場合でも、4金があれば上記の方法でドローし使用できるので覚えておきたい。
      また、手札に改築系があるが屋敷が底沈みした場合に、上記の方法で屋敷の改築を狙うのも悪くない、
    • また、騎兵隊購入(=カード獲得)を行うことで、単に手札のアクションを使用する以上の効果を得られることも有る。以下は一例。
      • 騎兵隊購入&獲得で行人を4コストにして、手札に有った工房系で行人獲得を狙う。
      • 配給品使用&騎兵隊購入獲得でデストリエを4コストにして、手札に有った工房系でデストリエ獲得を狙う。
      • 騎兵隊購入獲得で(捨て札にカードがある状態にして)漁師を5コストにして手札に有った改築系でよりコストの高いカードを獲得する。

詳細なルール

使用時効果について

  • 2枚の獲得は強制である。
    • 馬の山札に馬が1枚しかない場合、馬1枚を獲得する。
      馬の山札に馬が1枚もない場合、何も起こらない。

獲得時効果

仕切り線以下は騎兵隊を獲得したときに誘発する獲得時効果である。

  • 騎兵隊を獲得し獲得先に移動した後に効果を得る。
    • 2ドローのためにシャッフルが必要ならばその騎兵隊もシャッフルに含まれる。
  • 待ち伏せなどで廃棄置き場から獲得したときも発生する。
  • 他プレイヤーのターン中など自分のターン以外に獲得したときも発生する。
    • ただし、自分のターン以外に購入が増えても使うことはできず、次ターンに持ち越すこともできない。フェイズも移行しない。
  • 獲得時効果を得ただけでは騎兵隊は使用されておらず場にも出ないことに注意。
    • 酒場マットにある法貨御料車の誘発条件はアクション使用時の解決後であり、この効果に対して呼び出せない。
  • 購入時効果と獲得時効果の順番について:参考

例えば、デッキが0枚で護符が場に出ているときに騎兵隊を購入する場合の処理順は以下の通り

  1. 騎兵隊を購入したとき、護符の購入時効果で騎兵隊を獲得する。
  2. 騎兵隊を獲得(捨て札に移動)後、獲得時効果により+2カードを引く。
  3. デッキが0枚のため、その騎兵隊もシャッフルに含めて新たなデッキを作り、+2カードを引く。
  4. (1)の購入で騎兵隊を獲得する。
  5. 獲得時効果により+2カードを引く。
  • アクションフェイズに戻っても、未使用のアクション権、コイン、ポーション、購入権が無くなることは無い。
  • アクションフェイズに戻る際に「+アクション」は得られないため、アクション権が残っていないと手札にアクションカードが残っていても使用できない。ヴィラとの違いに注意。
  • アクションフェイズに戻る際に購入フェイズ終了時の効果は誘発しない。ワイン商野外劇探査が該当する。これらは最後に迎えた購入フェイズの終了時にのみ誘発する。
  • アクションフェイズに戻ってもターン開始時の効果は誘発しない。
  • アクションフェイズに戻ったあと再び購入フェイズに移行するとき、購入フェイズ開始時の効果は誘発する。闘技場宝箱などが該当する。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White