Wrath of Agrivix ラース オブ アグリヴィックス

Last-modified: 2020-11-26 (木) 10:11:02
関連スキルCallidor's TempestTier2
Callidor's Tempest
キャリドアのテンペスト
InfernoTier5
Inferno
インフェルノ
Wrath of AgrivixTier3
Wrath of Agrivix
ラース オブ アグリヴィックス

アグリヴィックスは、範囲内に迷い込んだ愚か者がすべて灰だけになるほどの巨大なパワーを、テンペストに注ぐことでも知られていた。
しかし、彼の術は大きな集中力を必要とするため、休まずに繰り返すことはできなかった。

原文

Wrath of Agrivix - アグリヴィックスの憤怒
Agrivix was reknown for channeling such immense power into the Tempest that the resulting explosion would leave nothing but ashes of anyone foolish enough to stray within reach.
However, his technique required great concentration and could not be repeated without rest.


+30 エナジーコスト
+5秒 スキルリチャージ

30% 武器ダメージ
170% ダメージ修正総計
標的をノックダウン 1.5秒

TypeTier最大レベル要求スキル要求装備オフハンド参照
スキル変化31キャリドアのテンペスト-なし

5秒のCDを追加する代わりに威力を激増させ、ノックダウン効果を追加する。

フラッシュ フリーズによる凍結程度しかCCがないアルカニストからすると、取りあえずでも近くの敵を追い払えるこのスキルは貴重な存在。
また、武器参照率が上がる=武器ダメージ参照経由のデバフやダメージヘルス変換(ADCTH)などの効果が増加するということでもある。
1ポイントだけで効果があるので、起用する意味は十分にある。

CDが伸びるデメリットも星座スキルの発動率を確保できるメリットとして有用と考えられる。
特に 時間拡張 などは、確実に効果を得られる点で便利。
(スキルCDと発動率の関係は、Celestial Power 星座スキル のページを参照)
近接型ビルドで使用する場合は、やはり両手武器を構えたマッチョが殴りの合間に発動するスキルとしてなかなかの効果を発揮する。
火炎/イーサー をメイン出力する武器を構えて殴れば、気分は魔法戦士…かも?

 

上記近接型ビルドやCC目的での運用以外にも、後続のインフェルノの燃焼ダメージも劇的に強化される為、
燃焼ダメージを重視するDoT主体のビルドでも、このスキルを取得しインフェルノを強化する事でメインダメージソースとして運用できる。
但し、その場合にもやはりスキル本体の効果範囲の狭さがネックとなる為、
軽装甲のキャスター型ビルドの場合には、当てに行く際/当てた後の防御面 と立ち回りに相応の工夫は必要となる。
(特に高難易度のボス級や特定の種族等、ノックダウンがほぼ無効な相手には、当てた後のCC効果が無い事に注意。)



(1.1.8.0) ▼武器ダメージ 40% → 30% | ▼ダメージ修正総計 175% → 170%

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 燃焼DoT型での運用について説明文を追記しました。 -- 2018-08-20 (月) 05:13:04
  • リチャージ5秒のお陰で20%で発動する星座スキルを100%に引き上げられる。 -- 2018-08-23 (木) 18:06:37
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White