武器/キャッツネイルー

Last-modified: 2022-09-16 (金) 16:30:06

MHXから登場した、アイルーの手を模した双剣。
窮鼠はネコを噛むが窮ネコは飛竜をひっ掻くと伝え聞く、そのさまを具現化する爪型双剣。

目次

概要

  • ありそうでなかったアイルーの手を模した肉球型の双剣。
    もうこの程度じゃ誰も剣じゃないことにつっこまない
    武器説明文の通り爪が出ていて腕に当たる部分に樽の無骨なハンドガードがついているので
    ラブリーかといわれるとそうでもないが。
    なお振り回すとやはりどこからともなくアイルーの鳴き声と鈴の音らしき音がする。
  • 最終強化形のレイジネイルーには「愛用者をネコ化する」という噂があるらしい。
    「何の呪いだ」と呆れるか、「むしろ望むところだ!!」と意気込んで作成するかはその人次第である。
    また、無性に魚竜を狩りたくなるとかならないとか……?

性能

MHX

  • アイルー武器らしく高い麻痺属性…は珍しく付いておらず無属性双剣である。
    かといって攻撃力が高い訳でもなく、生産段階ではたったの120しかない上に会心率-10%のオマケ付き。
    ついでにスロットも空いていないため拡張性に欠ける。
  • 生産はやや面倒で、上位の森丘沼地ネコ集落エリアでしか採れないネコ毛の紅玉と入手の面倒な肉球のスタンプを3枚、
    白兎獣の凍爪4つとなぜか斬竜の尾刃片も4つ必要になる。
    • 紅玉は場所を知っていればさほど苦労せず採れる(ちなみに秘境でも出る)が、
      宝玉系アイテムと勘違いして無駄にネコを虐殺したハンターも多いのではなかろうか。
  • 強化も少々面倒で、最終強化までにオトモチケットと、爪武器だからか
    赤甲獣鎌蟹夜鳥千刃竜黒蝕竜電竜の爪素材をこれでもかと要求される。
    そして大量の爪を投入し、最終強化「レイジネイルー」へと行き着くが、
    やっぱり最終強化にしてはかなり低めの攻撃力150、会心率は-10%のままでスロットは最後まで空かない。
  • これだけなら単なるネタ武器で終わるのだが、
    アイルー武器と言えば低攻撃力、高麻痺属性値、有りでも結構なナマクラなのが通例。
    しかしこの武器に麻痺属性は付いていない。…では属性値分のステータスは何処に行ったのかと思えば、
    なんと生産段階から僅かにが出ており、かつ斬れ味レベルMAXなのである。
    まぁ肝心の白ゲージはたったの10であるが、
    生産段階で素で白の出る武器は非常に少なく、独特の立ち位置にあり、
    最終強化になると麻痺属性の代わりに得た斬れ味は白ゲージ60まで達する。
  • 無属性で低攻撃力、マイナス会心でスロット0と結局最後までネタ武器ではあるが、
    白ゲージの長さだけで言えば白疾風武器に並ぶといえば割と健闘した方か。
    • もっとも前述のように攻撃力はかなり低いのだが、
      斬れ味込みで上位中盤程度の攻撃力はあるので、気が向いたらオトモと一緒に
      アイルーフェイク・アイルーヘアバンド・グルニャン一式を着て担ぐのもまた一興。

MHXX

  • 待望のG級が解禁され、この武器も更なる強化が可能になった。
  • G☆1の時点からオトモチケットGに加え奇猿狐盾蟹水獣のG級爪素材を投入することで限界突破可能。
    何故か攻撃力が230に上がり、端まで届いた斬れ味ゲージに僅かながら紫ゲージが出る。
    青白ゲージの長さも依然として健在。
  • 続けてオトモチケットGに黒蝕竜電竜千刃竜のG級爪素材を投入してLV5肉球乱舞爪となる。
    セルレギオスのクエストはG☆4からだが、獰猛化素材や他の証系素材を必要としない分、
    実は他武器と比較して完成時期は早め。
  • 肝心な性能だが
    • 及第点の攻撃力320
    • 足を引っ張る会心率-10%
    • 無属性、スロット無し
    • 圧巻の素紫50、匠延長不可
    G級武器としてはそこそこの性能だが、斬れ味がぶっ飛んでいる
    無論、青白ゲージも紫と同等の長さが確保されている。
    そもそも匠が使えない武器種のため、スキル枠を全て火力系に回す事が可能。
    • ライバルは龍識船武器である龍識究刃レンカーツ。
      攻撃力300に会心率25%、延長不可の紫30にスロット3を併せ持つ。
      作成時期や継戦能力で差別化していきたい所。
  • 他にも素で優秀な斬れ味を持つ無属性二つ名武器などがいくつかあるが、
    素でこれだけの長さの紫を持つものは双剣全体を見てもこれと曙光輪爪【腥風】くらいである
    (当然匠有りならばこの限りではないが)。
    曙光輪爪【腥風】には会心率と狩技ゲージブーストで遅れをとるものの、素の攻撃力ではこちらが勝るため、
    お守りを駆使してあちらでは頭打ちしてしまうほど会心率を盛れば、火力なら上回ることもある。
    しかし、曙光輪爪にも言えることだが、紫ゲージ弱体化が災いして、
    攻撃力320会心率20%素白80の隻眼軍扇【災】に火力・継戦能力ともに劣るのは痛い。
    しかし白と差が縮まったと言えど素紫を活かし、
    曙光輪爪との差別化と同様に、会心率を何とかすれば火力で上回る余地がある。
    そこまでして火力とそれなりの継戦能力にこだわるなら、
    他の武器に会心率関係以外の火力スキルや匠をつければ良いのではと言われればそれまでかもしれないが…。
  • 今作では防具合成によって実用的なスキルを付けた上でコスプレすることも可能になっている。
    素紫ネタ武器としてはそれなりの火力も持っているので、息抜き程度に使ってみてはいかがだろうか。

MHRise

  • 待望(?)の復活を遂げる。
    過去にも増して生産・強化が面倒になっており、
    生産で肉球のスタンプ3枚とネコ毛の紅玉1個、強化で氷牙竜と飛雷竜の鋭爪とオトモチケット5枚、
    最終強化で雪鬼獣の尖拳爪と強力麻痺袋と肉球のスタンプ5枚と、
    集めるのが面倒な素材をこれでもかと要求される。
    肉球のスタンプはコレクトのオトモアイルーを連れて行くとぶんどってくれやすい。
  • 最終強化でレイジネイルーになり、その性能は以下の通り。
    • 攻撃力190
    • 麻痺属性10
    • 会心率-10%
    • 斬れ味は素で長緑青10、匠Lv5で+白50
    • スロットはLv3が1つ
    • 百竜スキルは「攻撃力強化III」「鬼人激化」「オトモへの采配術」
  • 及第点の攻撃力に加え、匠で発生する斬れ味がやたら良い。
    また、過去作では無属性だったが今作ではアイルー武器らしく麻痺属性になっている。
    しかし、属性値は双剣の手数を考慮しても低めなので、無意味ではないがこれをメインにするのは少し厳しい。
    とはいえ、後述の特徴の上でたまに麻痺までさせると考えれば十分強烈な特性と言える。
  • この武器の最大の特徴は、この武器のみが持つ百竜スキル鬼人激化にある。
    これは「鬼人化状態で攻撃した時、必ずクリティカルになる」という効果で
    マイナス会心を無視して実質会心率100%に強化されることになる。
    会心を上げるスキルが不要になるが、代償として斬れ味消費が倍になってしまうので
    業物剛刃研磨などのスキルでフォローしたい。
    • 超会心と相性が良いのは言わずもがな。
      ただでさえ十分な鬼人化時の実質攻撃力237を最大で266まで増強でき、双剣としては破格の数値となる。
    • 他にも長い緑ゲージを活かして鈍器使い心眼で火力を底上げしたり、
      匠Lv1から白ゲージが出るので匠と剛刃研磨で無理やり白ゲージを維持して火力を上げたり、
      といったような運用が考えられる。
      バージョン2.0.0アップデートによりスロットLv3に匠珠が追加されたので、
      この武器のスロットと無駄なく噛み合い相性がさらに良くなった。
      また剛刃研磨もスロットLv2で装飾珠が追加されたため防具選択の幅も広がった。
    • 達人芸の追加により、匠2~5での運用も効果的に。
      匠3以上あれば、敵が移動するまで砥石無しで白ゲージ維持も現実的。
  • 鬼人化しなければ平凡な性能の麻痺武器でしかないため、
    鬼人化していられる時間を伸ばすためにスタミナ急速回復やランナー、体術といった
    スタミナ補強スキルも発動させると使いやすくなるだろう。
    • 物理火力のみで属性付きの武器に近い火力が出せ鬼人化状態が前提となるため、
      鬼人化【獣】によって攻撃力を伸ばすのも有効。
      上述のスタミナ補強スキルに加えて回避距離アップを加えれば下がった機動力も補える。
    • 「鬼人空舞」がメインな場合、スタミナが0になっても鬼人化を維持可能な為、スタミナスキルが一切不要。
      必須スキルの「剛刃研磨 or 達人芸」「超会心」「匠1~」に加えて攻撃7なども十分狙っていける。
      この場合「朧翔」が必須技。
      スタミナ0になっても回避に使え、空舞→空舞の際に距離が遠い場合でも朧翔で詰める事ができる。
  • このように、最大限に活かすにはスキルビルドをよく考える必要があるが、
    鬼人激化による爆発力から、ネタ武器ながらトップクラスの双剣として評価されるというまさかの事態に。
    • ver.2.0.0より一般防具の重ね着が作成可能となったため、
      この肉球グローブにコーディネートを合わせることも出来るようになり、見た目の問題は多少改善されてきている。
  • しかしながら汎用性こそ高いものの、その攻撃のほとんどは無属性も同然となる点は短所といえる。
    もちろんほとんどの状態異常武器がそうではあるが、毒や爆破のようなダメージ源に乏しいため
    『麻痺という要素』以外は無属性らしさが他より際立ってしまう。
    また、この武器特有の欠点として立ち回りに鬼人強化状態をほぼ組み込めない、
    弱点特効など、会心率を上げる火力スキルの恩恵を受けられない、
    会心が乗らない鉄蟲斬糸と相性が悪いといった点が挙げられる。
    得意な点を活かしつつダメージを稼ぐという双剣らしい運用を目指すなら、
    本来なら別ジャンルとして扱われる通常属性+麻痺カスタムの百竜双刃が最大のライバルといえよう。
    ネイルーも特徴をていねいに活かせるならたしかに強い。
    しかし麻痺属性、鬼人激化という利点だけに目がくらんで猫まっしぐらでは必要な時に火力低下を招く。
    マルチに持っていくなら尚のこと、麻痺そのものの長短をいまいちど確認しておきたいところ。

MHR:S

  • 肉球の優待券などの素材を使って強化が可能。
    傀異化素材を投入することで今作でも肉球乱舞爪まで強化される。
  • 前作では猛威を奮った武器のマスターランク版。その性能はというと…
    • 攻撃力320
    • やっぱり低い麻痺属性14
    • 地味に強化された会心率0%
    • 斬れ味は極短の白。匠でも紫は出ない。
    • 装飾品スロットはLv4が一つ。百竜装飾品スロットはLv3。
    と、おおよそ順当に強化された。
  • しかし、マスターランク武器の宿命として
    レイジネイルー改に強化する際に百竜スキルが没収されてしまう。
    百竜装飾品に鬼人激化が発動する鬼激竜珠が登場したものの、
    色々な武器に付けられるようになってしまった以上仕方ないが会心率20%上昇と凄まじく弱体化。
    当然ながら鬼人激化をウリにしていたこの武器は正真正銘のネタ武器に逆戻りしてしまったのである。
    • むしろ個性らしい個性が消え失せてしまったのでMHXX時代よりも立場が悪い。
      辛うじて強化された麻痺属性値にしても、今作はオトモが優秀なのでわざわざ双剣で使う理由が薄い。
      無属性双剣として見ても普通に性能が低いのでオンラインでの使用率はお察し。
      また、会心系スキルを積む必要が出てきた以上前作ほどのスキル自由度も確保できない。
      というわけで、今後この武器がコスプレグッズの域から脱することはまず無いであろう。無情である。
  • Ver.11で状態異常確定蓄積が登場。
    鬼人回避でスキル発動することで麻痺蓄積の精度を高め、攻勢の恩恵で火力を延ばす……という方針もアリではある。
    そもそも本作では双剣のモーション値全体および鬼人化中の状態異常補正が上昇しているので、
    確率1/3から確定になってしまえば、猫の手の麻痺値でもオトモとどっこいどころかオトモ2体がかりより勢いは上である。
    ただ麻痺連打狙いとなると厚い壁になるのが、同じ麻痺双剣にして属性値が21あるエレジェント・ジェリィ
    災禍転福伏魔響命も状態異常値に対しては乗算なので、初期値の時点からある1.5倍の差は広がるばかり。
    素の攻撃力では猫の手が上だが、麻痺の頻度=攻勢の維持時間となると火力差も薄くなり、逆に斬れ味の不利が目立つ。
    スロット回りでの優位を活かしてコスプレ以外でなんとか差別化していきたいところである。
    • Ver.12から武器の重ね着が実装されることが確定・発表された。
      そう、ついにこの武器がまともに狩り場を駆け巡る日がやって来たのだ。
      ガワとしてだが……。
  • なお、鬼激竜珠によらない百竜強化の鬼人激化は必ずクリティカルのまま据え置きなので
    上位やMR序盤ならレイジネイルーのまま運用するという手もある。

余談

  • レイジ(Rage)は英語で怒りという意味があり、直訳するならば「怒りの爪」といったところ。
    • ネイル(Nail)とは本来人間に代表される平爪のみを指す言葉であり、
      猫のような鉤爪はクロー(Claw)と呼び分けるが、「アイルー」と合わせることを優先したのだろう。

関連項目

モンスター/アイルー
武器/アイルー武器
武器/アイルー君メラルー君 - 麻痺属性のアイルー双剣。
武器/にゃんにゃんぼう - 猫の手を模した片手剣。
武器/メラルーガジェット - 同上。
武器/クロウofリッパー - 同じく爪を模した双剣。
武器/レウスクロウズ - 同上。こちらは見た目通りのリーチになっている。
武器/タロンブロス - 同期の双剣。こちらも素材の大半がモンスターの爪。