Top > 武器 > パルザ=ダオラ


武器/パルザ=ダオラ

Last-modified: 2018-05-08 (火) 22:30:58

MH4Gで新たに登場した、クシャルダオラ素材を用いて作られるスラッシュアックス。
本項では、特殊個体である錆鋼龍の素材を使って作成が可能なパルザ=エルダオルについても紹介する。





概要 Edit

  • MH4Gにて、風化した剣斧からの強化先として追加されたクシャルダオラのスラッシュアックス。
    無印MH4から存在するアルトエレガンと、本武器と同じくMH4Gで追加された
    テオ・テスカトルの剣斧であるテオ=キャッスルから分岐先を選択することになる。
  • クシャナ武器の伝統通りこの武器も動物の姿を模しており、
    翼を広げたコウモリの形をしていて、翼が刃となっている。
    斧モードでは大鎌のような形状に、剣モードでは上下に翼の刃が展開されて
    エイムofトリックのような両端に刃を持つ刀剣のような形になる。
  • 上位武器であり、G級素材を用いることで後述のジャナフ=ダオラとなる。

性能 Edit

MH4G Edit

  • その性能はというと
    • 上位武器としては高めの攻撃力972
    • その物理攻撃を強化する強撃ビン
    • おまけに会心率5%
    • クシャナ武器らしく氷属性280
    • 斬れ味は素で白ゲージがあり、匠でそれが更に延長
    と物理寄りの氷属性武器として非常に優れた性能である。
    さすが古龍であるクシャルダオラの武器と言える。
  • ライバルは、無印MH4から存在する氷属性剣斧4種である、ザボアサギル原種の「ノッチスデスメガロ」、
    キリン亜種の「降雹斧キリン」、ベリオロスの「ゴアゲイルフロスト」、イベント武器の「特報隊専用斧【仙狐】」。
    ノッチスはパルザ=ダオラと同じく物理型の性能であるが、マイナス会心率持ちであることなどから
    物理攻撃はパルザ=ダオラに劣るものの、若干属性値が上回っているほか、
    何より生産難易度が他の氷属性剣斧よりも桁違いに低い。
    降雹斧は圧倒的な氷属性値と強属性ビンと完全に属性特化となっている。
    ゴアゲイルフロストはそこそこの攻撃力と強属性ビンにより物理と属性のバランス型である。
    仙狐はほとんどパルザ=ダオラに喰われてしまっているがスロットが3つあるので差別化は可能。
    この事から問題なく使い分けできるだろう。
  • G級素材を用いて最終強化すると、ジャナフ=ダオラとなる。
  • 性能はさらに磨きがかかっており、
    • 十分な値の攻撃力1458
    • 引き続きの強撃ビン
    • 会心率は10%に上昇
    • 属性値も氷属性350に向上
    • 斬れ味は匠を付けると紫ゲージ30が出現
    と物理寄り氷属性武器として一級品と言えるものとなった。
    残念ながらスロットは一切開放されなかったが、それを除けば何も言うことはない。
  • 生産難易度は相応に高い。
    「鋼龍の剛爪」と「鋼龍の剛翼」を4つずつに加えて、
    レア素材として古龍武器にはおなじみの古龍の大宝玉だけでなく、
    なぜかディアブロスのG級レア素材である「大地を穿つ剛角」も1つ要求される。
    ディアブロスは氷属性に弱いというのに、なぜその素材を用いるのだろうか?
  • ライバルは、やはり上位におけるそれぞれの氷属性剣斧のG級強化可能な武器で、
    「ノッチスディアボーロ」と「雹刃宝斧キリン」、「ギガゲイルフロスト」の三種。
    また、錆びたクシャルダオラの「パルザ=エルダオル」も参入。
    それぞれの長所は上位と同様、ノッチスは生産難易度が低く、雹刃宝斧は完全属性特化、
    ギガゲイルはバランス型、エルダオルは性能こそ高いものの斬れ味が特徴的で、会心率に難あり。
    それぞれの特徴を生かそう。
  • 氷属性剣斧としては高い性能だが、強撃ビン剣斧として見た場合、
    海王斧ナバルディード叛逆斧バラクレギオンが大きな壁となる。
    特にナバルディードの方は、氷弱点のモンスターは水もそこそこ通るケースも少なくはないため、
    ジャナフ=ダオラと同程度の属性値と剣斧全体を通してずば抜けた物理性能を併せ持つ
    ナバルディードを比べた場合、単純な与ダメージで勝てるのは、
    氷が第一弱点のモンスターの、特に物理肉質が硬い部位、
    あるいは氷が弱点で水が特に通りにくいモンスターの属性が最も通る部位という事になる。
    例を挙げると、ジンオウガの尻尾先端やバサルモス亜種の背中、ラージャンの頭などがある。
    相当に意図して狙わないといけないような箇所以外ではナバルディードの方が瞬間火力では良い場合が多い。
    • しかしラージャンの頭という点に関してはポイントになりうる観点もある。
      今作は極限化という仕様がありそれは当然高レベルのギルドクエストのラージャンも一緒。
      極限状態では属性は通らないものの問題は解除した後。現在極限化モンスターに対しては
      「解除直後は麻痺や罠を用いて拘束している間に高ダメージを叩き込めるだけ叩き込む」
      といった戦法が主流であり、このケースでもし頭に陣取った場合、本剣斧が最適になる場面となる。
      今作でのスラッシュアックスの立場や他に大剣などの高火力の武器がいた場合、
      それら他を差し置いて、というのも難しい面もあるが、狙える腕と場面があるなら一考の余地はある。
      ただ、当然極限解除そのものも含めて考えなければいけないため、
      そういう意味では本剣斧やナバルディードよりバラクレギオンが無難な選択になってくる。
  • とはいえ、作ってしまえばこの武器も性能バランスが非常に良好で、何だかんだで使いやすい場面も多い。
    ジャナフ=ダオラの時点でも十分G級後半で通じる火力であり、斬れ味の長さはこちらが上回っているので、
    それによる持続戦闘力や使い勝手を重視した運用を行っていくとよいだろう。
    KNDは匠に加え、業物や研石高速化のフォローも必須なわけで...

MHX Edit

  • MHXにもクシャルダオラと共に続投。
    本作では凄く風化した剣斧からの派生ではなく、クシャルダオラ素材から直接生産する事ができる。
    生産時点での性能は攻撃力130、属性値20、強撃ビン、素の緑ゲージが長いとまずまずのバランス。
    Lv4まで強化する事で、ジャナフ=ダオラとなる。
    その性能は、
    • やや控えめな攻撃力180
    • 前作から引き継いだ強撃ビン
    • 会心率5%で僅かながらそれを補助
    • 十分な氷属性28
    • 素で白20、斬れ味+2で70まで伸びる
    と、及第点の攻撃力に優秀な属性値と斬れ味を持つ逸品となっている。
    特に本作ではの仕様変更により斬れ味レベル+2の発動が困難になっているため、
    素で白ゲージを持つ利点は大きい。
    ライバルとして考えられるのはガムート素材から作られる巨攻・餓斜ン牙機ンと、
    二つ名ウルクスス素材から作られる黒兎剣斧アウリスクレとなるだろう。
    両者ともに物理火力ではジャナフの上を行くものの、巨攻は素では青ゲージすら心許ない事、
    ジャナフは属性値でアウリスクレに優る事などから、差別化は可能だろう。
  • 強撃ビン剣斧としては、本作では叛逆斧バラクレギオン黎明剣斧【慧日】燼滅斧グリマルス等が立ちはだかる。
    いずれも匠無効の白ゲージを持ち、
    バラクレギオンは攻撃力180ながら会心率20%を持ち、白30斬れ味回復機構、さらにスロット2
    慧日は攻撃力190会心率15%、更には圧巻の白50
    グリマルスは攻撃力200と会心率5%、白ゲージは20と短いが爆破属性30
    と、何れ劣らぬ強敵揃いである。
    とはいえ、ジャナフも高い属性値を活かして氷弱点相手に担いで行くには十分な性能である。

MHXX Edit

  • G級追加に伴い、G級強化先が用意された。
    G級クシャルダオラ素材や古龍の大宝玉をつぎ込み、エジニハ=ダオラに究極強化できる。
    その性能は、
    • 攻撃力は310まで伸びる
    • それを更に高める強撃ビン
    • 会心率5%は据え置き
    • 属性値は氷属性32に増加
    • 素で長い白、斬れ味+2で紫30
    と、スロットこそないが攻撃力、斬れ味、属性が高めに纏まりバランスのとれた性能となっている。
  • 前作でライバルだった黒兎剣斧の究極強化黒兎雪斧アウリスパダは攻撃力300会心率15%氷30に
    匠で紫30、と非常に似通った性能になっている。期待値ではこちらが上回るもののほんの誤差レベル。
    あちらは、こちらより10高い会心率を伸ばして超会心などで活かす場合こちらを追い抜くことも十分あり得る。
    さらにあちらは二つ名故に狩技ゲージブースト付き。
    スラッシュアックスの狩技は優秀なものが多い上、エネルギーチャージの必要ゲージ量が少し増えたことや、そのエネルギーチャージで会心率を伸ばすことができるなど、見かけ以上にこちらの立場はやや厳しい。
    一方、巨獣剣斧の究極強化餓斜ン牙機ンMAXは攻撃力が340まで伸び、属性値も32と並んだ。
    期待値で10弱負けている上、スロット1つの差もやや痛いが、
    匠で出る紫は20でありこちらが10勝っている。
    そしてなにより、期待値に35以上も差が付けられていた前作と比べれば手に取りやすくなっただろう。

パルザ=エルダオル Edit

  • 錆びたクシャルダオラの素材を用いたスラッシュアックス。
    その性能は
    • G級トップクラスの攻撃力1674
    • ジャナフと同様の強撃ビン
    • 重い会心率-40%
    • 物足りない氷属性150
    • 素で紫ゲージ10・匠無効
    一見、バランスの良い通常武器と物理特化の錆武器と使い分けできるように見えるが
    会心率-40%が重く響き、通常と錆武器の期待値を計算すると、その差僅か2.25。ほぼないようなものである。
    手数の多めな剣斧では業物なしで運用が難しく、それでも匠ジャナフ以下。属性値は言わずもがな。
    そのため実質ほぼ通常種の下位互換となっている。裸クエなら使えるかもしれないが・・・。
  • 酷い斬れ味、無視できないマイナス会心、低い属性値、高い攻撃力に強撃ビンと
    MHP3の白雨といろいろ共通している。
    …あちらはマイナス会心込みの青ゲでも、トップクラスの物理火力を備えていたために心強い性能であったのたが。

余談 Edit

  • ジャナフ=ダオラの「ジャナフ」とはアラビア語で「翼」を意味する。
    後に登場したアンジャナフも恐らく由来は同じ。
  • この武器で属性解放突きをすると、柄を覆う刃がハンターに盛大に食い込む。
    それ自体は珍しくないが、
    刃が巨大な上に鋭利さを強調する光沢を放っているため一際痛々しく見える。
  • 3DSの画面では「パルザ」なのか「バルザ」なのか分かりにくく、名称を間違われることが多いが、
    記事タイトルにもある通り、正式名称は「パルザ」である。

関連項目 Edit

モンスター/クシャルダオラ
モンスター/錆びたクシャルダオラ
武器/クシャナ武器