クリスマスタウン

Last-modified: 2021-12-26 (日) 22:56:10

基本情報

12月の土日+α限定ダンジョン
2021年開催日:12/4-5、11-12、18-19、24メンテ後~31(23:59)
※特記ない場合連続開催の最終日は翌日4:59まで

Club Bad Girlsと同様、
「スキルフェアリー」等強化素材を入手できる。

ダンジョンの名前説明備考
Xmas Townサンタフェアリー(経験値アップ&スキルレベルアップ)が出現
Xmas&Fairyスキルフェアリー(スキルレベルアップ)が出現いつものやつ

初心者向け解説

花嫁級での使用禁止カード。
誘惑に子分、合体が一切反映されない追撃誘惑なので、花嫁級でのコスト32以上のカード捕獲には使用禁止。
これらを出した場合、同行者にCPU化されても文句は言えません。

強化素材とここでしか出現しないSSカードをカード化できる土日限定のダンジョンです。
12月のみ、Club Bad Girlsに代わり、この限定ダンジョンが開催されます。
途中でカード化するためのSPを切らすことは、他のメンバーにも大きな迷惑をかけます。
なるべく早くに「カーバンクル」を入手しましょう。
カード化後の討伐用に月竜ルゥーナなどのオーバーキルな高火力カードを持ち込むのはカード化前にSSを倒してしまう事故の元になるのでやめましょう。

捕獲の最低限のマナーです。

効率が良いのはどれ?

スキルフェアリーやジェムマローン(サンタフェアリー)は毎日の修行で集め、スタミナはスペダン周回に使った方がいいが、緊急で素材を集めたい時に一応の参考として。
STP、SP効率→ぼっち級
STP、時間効率→友達級

ダンジョン構成

※「Xmas&Fairy」に出現する強化素材は、普段のClub Bad Girlsと同様。

ダンジョン消費STPXmas&FairyXmas TownSSボスの出現
ぼっち級153戦目にスキルフェアリー2体3戦目にサンタフェアリー2体×
家族級362、3戦目にスキルフェアリー2体2、3戦目にサンタフェアリー×
友達級481、2戦目にスキルフェアリー2体
3戦目にはスキルフェアリーか姫スキルフェアリー
1、2戦目にサンタフェアリー2体
3戦目には必ず姫サンタフェアリー
旧SS
恋人級601、2戦目にスキルフェアリー2体
3戦目にはスキルフェアリーか姫スキルフェアリー
1、2戦目にサンタフェアリー2体
3戦目には必ず姫サンタフェアリーか女王サンタフェアリー
旧SS
花嫁級90無し1、2戦目にサンタフェアリー2体
3戦目には必ず女王サンタフェアリー
旧SS&新SS

限定カード

確率でBOSSとして出現。他のハズレボスはClub Bad Girlsと同じ。

Sカード

属性モンスター名特効
トナカイライダー水打
スノーデビル森突
クリスマスエント火咬

どれも親分スキル子分スキル共に大したものではないので、図鑑報酬目的に入手できたらラッキーという程度。
誘惑は効くので捕獲は容易だが、大抵は周りに抜けられます。

SSカード

 備考
旧カード剛腕サンタ
クラッカードール
天使プリシラ
ポディー
聖乙女メリー
くまっふぃー
友達級以上で出現
誘惑無効
新カード(2014)マッチ売りの少女デビルンルンミスターサンタ花嫁級のみ出現
誘惑無効
新カード(2015)トナカイジュメルスノーラティオツリードリアード花嫁級のみ出現
誘惑可
新カード(2016)クリスマスシェリースノートルテマヒルサンタ
新カード(2017)クリスマスディアナウィンターメジェド-
新カード(2018)-クリスマス乙姫-
新カード(2019)-ブラックサンタ花子さん-
新カード(2020)-クリスマス紫式部-
新カード(2021)--めりくりベルフェロボ

新カードが出現するのは花嫁級のみ。
毎年新カードが追加されていくので目当てのSSに遭遇するためには多くのスタミナ石と時間を消費する。

恋人級→旧SSカードを狙いたい人向けでカード化率は(0.08%)。友達級では遭遇率/カード化率(0.06%)/耐久(HP約4万)が低すぎて捕獲に向かない。(2014年までのSSカード)
旧SSカードには誘惑は無効です!

花嫁級→2015年以降の新SSカードを狙いたい人向け。誘惑有効。
上級者向け!(カード化している最中に、BOSSの攻撃で倒されるため。)
BOSSの攻撃に数発で倒れてしまうようなHP、防御力でカード化を粘ることは無謀です。ある程度デッキを強化してから行きましょう。

カード化率(花嫁級/下の難易度はカード化率も下がる)
2014年までのSSカード 0.1%(誘惑無効)
2015年SSカード 0.08%(誘惑有効)
2016年SSカード 0.06%(誘惑有効)
2017年SSカード 0.06%(誘惑有効)
2018年SSカード 0.05%(誘惑有効)

捕獲に必要なカードや立ち回りはカード捕獲を参照してください。

※熾天使セラフ、怪盗バレンタイン、悪魔ザッハは誘惑が追撃扱い。
子分威力や威力合体は一切乗らないため、捕獲では使用禁止。

※カード化できる確率はかなり低いので、強化素材を集めながら偶然カード化できるのを期待するか、
 SSをカード化するためのグループチャットを組むことが望ましい。
(サクサク周りたいプレイヤーも多いので、目的のSSでなかったときの3戦目抜けや道中カード化せずフェアリーを破壊されることも多い。)

※誘惑が効くSSはフラッシュカウンターがある。必中のものもあるため見切りがあれば絶対安心とはいかない。

どのカードを狙うのがおすすめ?

基本的には図鑑石があるため誘惑可能カードは一枚ずつ狙うのが理想だが、有用なスキルを持ち複数枚狙えるカードはいくつかある。(他にもあれば追加お願いします)

くまっふぃー
カード捕獲で対象を回復して長時間粘るための鉄板カード。後発でも敵HP回復するものはいくつかあるが、くまっふぃーは合体カードの威力が回復に乗るため効率が段違い。
剛腕サンタ
子分スキルがユニーク(自分のHP30%以下の時確率で被ダメージ20%軽減/被回復量2%UP)で、コロシアム/アンダーグラウンドでのHP増量によりその価値が広く知られるようになった。
相手のHPがギリギリなのにあまり減らない場合はこれを複数枚積んでいるとみて間違いない。
被回復量UPが付いていない未覚醒の方が好まれる傾向にある。
クリスマス乙姫
威力の乗る攻撃デバフ付き誘惑カード。タップの有無で敵回復かデバフ値増強か選べる。1値デバフなので既定値以下デバフ反転ギミックがあっても使用可能。
捕獲可能カードとしては優秀な性能だが、ガチャ産に上位互換の水デバフスキルが存在しそちらの方が積める子分の種類が豊富。
めりくりベルフェロボ
捕獲可能ながらコスト35の山賊女王ベル・スターに近い性能。運用には必中子分が必須だが、打属性必中子分は種類が多く集めやすい。
森打特効の特に真竜王級以下で火力要員として活躍する。コスト36森打では初の盾破壊。
ウィンターメジェド
見切りを維持する場面で高い攻撃スキル威力アップ効果がある。
攻撃後盾を貼ってしまうアタッカーに複数積むと見切り維持しやすくなる。
クリスマス紫式部
上級者向けだが、素早さブーストLv4オーブを積んで開幕素早さ+5に出来ればチャレダン水フラ周回で便利。
必中子分が無いので阿国の持続バフが無いと安定せず通常攻略では使いにくい。
ブラックサンタ花子さん
親分では捕獲可能ながら盾破壊が付いている。火力は低いが盾破壊水打の手持ちが少ないなら数を揃えるのもアリ。
子分は打属性縛りで始めはコスト34相当、ボス戦20分近く戦ってやっとコスト35相当とかなり弱い。
そこまで時間の掛かるコンテンツがほぼ無いので使いにくく、状態異常回復が変な目で見られる。
マヒルサンタ
インフレにより火力は低いが破壊時に付く威力の乗る確定攻早デバフが優秀。
スノートルテ
数を集めやすいため、迎撃ソロをする場合にスキル威力&HP微回復子分として便利。

カード化の成功率を上げるには?

状態異常「誘惑」を敵に付与してからカード化を打つ。
誘惑の中にはカード化率が設定されており、効果は一律ではない。
誘惑(カード化率4倍)にしっかり子分を積み、威力合体を吸わせることでカード化率を36倍ほどまで増加させることが出来る。
0.1%のカード化率のSSであれば、3.6%まで成功率を引き上げることが可能。
ただし追撃扱いの合体の乗らない誘惑カードも一部あるため、確認してしっかり準備すること。
誘惑同士は上書き可能なので、倍率の低い誘惑を後出し絶発すると効果が無くなってしまう。
詳しくはこちらを参照

強化素材の効果

スキルフェアリー

スキルフェアリーについてはこちらを参照

サンタフェアリー

要するにジェムフェアリーの見た目違いである。

名前スキルレベル上昇率経験値同属性の経験値(1.5倍)説明売却金額
サンタフェアリー1→210%500750Lv.60以降は経験値2倍5000キーン
2→35%
3→42%
4以降1%
名前スキルレベル上昇率経験値同属性の経験値(1.5倍)説明売却金額
姫サンタフェアリー1→220%20003000Lv.60以降は経験値2倍10000キーン
2→310%
3→45%
4以降2%
名前スキルレベル上昇率経験値同属性の経験値(1.5倍)説明売却金額
女王サンタフェアリー1→240%50007500Lv.60以降は経験値2倍50000キーン
2→320%
3→410%
4以降5%
  • 恋人級剛腕サンタにカードLv90sLv1のハドロンマターチェルシーの火フラ時ダメは攻防バフ差-5で約1000、-10で約600だった。 -- 2020-12-27 (日) 13:10:21