南西海域/7-2

Last-modified: 2021-11-25 (木) 15:31:36
難度☆☆☆☆☆☆☆☆海域MAP
作戦名セレベス海戦闘哨戒
第1ゲージ クリックで拡大


第2ゲージ クリックで拡大
作戦内容我が機動部隊の出撃拠点であるタウイタウイ泊地沖に敵戦力の跳梁が確認されている。
哨戒を厳として、これらを制圧せよ!
主な出現アイテム燃料
戦力HPゲージ第一ゲージ(Gマス)
ボス艦隊旗艦の撃沈で1/3減少(与ダメージでは減少しない)
3回撃沈でゲージ破壊、H~Mマスが出現

第二ゲージ(Mマス)
ボス艦隊旗艦の撃沈で1/4減少(与ダメージでは減少しない)
4回撃沈で海域クリア
戦闘BGM変化海域マップ:「敵地侵入」
道中戦闘:「激戦!遊撃部隊」
ボス昼戦:「機動部隊を追え!」(~2020/03/27)
ボス夜戦:「泡沫のシャングリア」(~2020/03/27)
ボス戦:「鶴墜ちる海」(2020/03/27~)
備考・出撃条件
7-1.ブルネイ泊地沖クリア

毎月1日0時にゲージが両方復活し、進行ルートも初期化される
一度第二ゲージを破壊すれば、クリアマークは消えない。
EO等と違い、勲章や特別戦果などの報酬は得られない。

・対潜マスについて
C、E:潜水艦エフェクトあり・燃料8%消費、弾薬消費せず
G(ボス1):潜水艦エフェクトあり・燃料弾薬ともに20%消費

・空襲戦マスについて
H:燃料6%、弾薬4%消費
【目次】へ▲

< 前の海域へ・・・・・次の海域へ >

ドロップへ▽・・・攻略情報へ▼・・・情報提供へ▽

ルート分岐法則

ルート分岐法則

艦種表記表

艦種表記表
※「軽巡級」は重雷装巡洋艦を含まない

ルート分岐表記該当艦種備考
戦艦級戦艦高速戦艦Гангут含む。戦艦(高速/巡洋)と同じ
(低速)戦艦戦艦(低速)と同じ
航空戦艦航空戦艦改装航空戦艦含む
空母系正規空母正規空母
装甲空母
軽空母軽空母
重巡級重巡重巡洋艦
航巡航空巡洋艦改装航空巡洋艦、特殊改装航空巡洋艦含む
軽巡級軽巡軽巡洋艦軽(航空)巡洋艦、防空巡洋艦、兵装実験軽巡、重改装軽巡洋艦含む
練巡練習巡洋艦
雷巡重雷装巡洋艦
潜水艦潜水艦
潜水空母
潜水母艦潜水母艦大鯨迅鯨/長鯨/。潜水空母ではない
補給艦補給艦特務艦、灯台補給船、南極観測船含む

ルート分岐での戦艦について

ルート分岐での戦艦について

  • 「(低速)戦艦を含むとX」などと書いてある場合、艦種で判定しているので速力は関係ない。

※条件は上に書いてあるものが優先

分岐点ルート移動条件
出撃A(駆逐+海防)1隻以下でA
潜水艦を含むとA
6隻編成の場合
_・正規空母2隻以上でA
_・(戦艦級+正規空母)4隻以上でA
_・軽巡級3隻以上でA
_・それ以外はB
5隻編成の場合
_・正規空母3隻以上でA
_・(戦艦級+正規空母)1隻以上でB
_・軽巡級2隻以上でB
_・海防艦2隻以下でB
_・それ以外はC
4隻以下の編成の場合
_・(戦艦級+正規空母)1隻以上でB
_・(駆逐+海防)2隻以下でB
_・それ以外はC
B
C
CD補給艦を含むとD
潜水艦を含むとD
6隻編成の場合
_・(戦艦級+正規空母)1隻以上でD
_・(駆逐+海防)4隻以上でE
_・それ以外はD
5隻編成の場合
_・(戦艦級+正規空母)2隻以上でD
_・(駆逐+海防)4隻以上でE
_・海防艦3隻以上でE
_・それ以外はD
4隻以下の編成の場合
_・(戦艦級+正規空母)2隻以上でD
_・(駆逐+海防)3隻以上でE
_・海防艦2隻以上でE
_・それ以外はD
E
DH高速+以上統一でI
(戦艦級+空母系)4隻以上でH
高速以上統一でI
(戦艦級+空母系)3隻でH
(戦艦級+空母系)2隻でIマス寄り(65%)のランダム
(戦艦級+空母系)1隻以下でI
I
EF5隻以下の編成でG
(駆逐+海防)5隻以上でG
駆逐1隻以上 かつ 海防3隻以上でG
索敵不足でF
索敵スコア46?以上でG
G
IJ補給艦を含むとJ
水母1隻以上 かつ (駆逐+海防)3隻以上でJ
索敵スコア63?未満でL
69未満63?以上でランダム
69以上でM
L
M

速力強化については速力を参照
※索敵スコアについて
_・このマップの分岐点係数は 4
_・索敵スコアは索敵スコア計算式によって求める。(計算式についてはこちら→索敵スコア計算式
_・上記の索敵スコアの値は司令部レベル120の場合120未満の場合は+1以上の余裕を持つと安全域

※これらのルート分岐法則を転載する場合は、出撃データ等ソースへの繋がりを保つため、出典を用いてください。(ルート分岐法則更新日: 2020/04/19)

敵編成

敵編成

出現場所パターンEXP出現艦船陣形敵制空値優勢確保
A:うずしおうずしお(燃料)基本喪失割合:30%(喪失上限値:40)
(電探0:-30%, 電探1:-22.5%, 電探2:-18%, 電探3:-15%, 電探4:-13.5%, 電探5:-12.6%, 電探6:-12%))
B:
深海任務部隊 前方侵入水雷戦隊
パターン1130軽巡ヘ級flagship軽巡ツ級駆逐ロ級後期型駆逐イ級駆逐イ級駆逐イ級単縦
複縦
梯形
パターン2150軽巡ヘ級flagship軽巡ホ級flagship軽巡ツ級駆逐ロ級後期型駆逐イ級駆逐イ級
パターン3200軽巡ヘ級flagship軽巡ホ級flagship軽巡ツ級elite駆逐ロ級後期型駆逐ロ級後期型駆逐ロ級後期型
C:対潜戦
セレベス海方面哨戒潜水艦 I群
パターン1130潜水カ級elite潜水カ級潜水カ級潜水カ級梯形
単横
パターン2150潜水カ級elite潜水カ級潜水カ級潜水カ級潜水カ級
パターン3150潜水カ級elite潜水カ級elite潜水カ級潜水カ級
パターン4170潜水カ級elite潜水カ級elite潜水カ級潜水カ級潜水カ級
D:戦闘なし気のせいだった。(戦闘回避)
E:対潜戦
セレベス海方面哨戒潜水艦 II群
パターン1100潜水カ級潜水カ級潜水カ級梯形
単横
パターン2120潜水カ級elite潜水カ級潜水カ級
パターン3140潜水カ級elite潜水カ級elite潜水カ級
パターン4160潜水カ級elite潜水カ級elite潜水カ級elite
F:戦闘なし気のせいだった。(戦闘回避)
G:ボス*2
セレベス海方面 旗艦哨戒潜水艦
パターン1330潜水ソ級elite潜水カ級潜水カ級輸送ワ級駆逐ロ級後期型駆逐ロ級後期型梯形
パターン2350潜水ソ級elite潜水カ級elite潜水カ級elite輸送ワ級elite駆逐ロ級後期型駆逐ロ級後期型
パターン3370潜水ソ級flagship潜水カ級elite潜水カ級elite輸送ワ級elite駆逐ロ級後期型駆逐ロ級後期型
パターン4
クリア後
300潜水ソ級elite潜水カ級潜水カ級駆逐ロ級後期型駆逐ロ級後期型
パターン5
クリア後
320潜水ソ級elite潜水カ級elite潜水カ級elite駆逐ロ級後期型駆逐ロ級後期型
パターン6
クリア後
340潜水ソ級flagship潜水カ級elite潜水カ級elite駆逐ロ級後期型駆逐ロ級後期型
H:空襲戦
深海任務部隊 主力機動部隊群
パターン1150空母ヲ級改flagship(艦載機白)軽母ヌ級elite(艦載機白)重巡ネ級軽巡ツ級駆逐ロ級後期型駆逐ロ級後期型輪形177266531
パターン2160空母ヲ級改flagship(艦載機白)軽母ヌ級elite(艦載機白)軽母ヌ級軽巡ツ級駆逐ロ級後期型駆逐ロ級後期型185278555
パターン3170空母ヲ級改flagship(艦載機白)軽母ヌ級elite(艦載機白)軽母ヌ級軽巡ツ級elite駆逐ロ級後期型駆逐ロ級後期型185278555
パターン4180空母ヲ級改flagship(艦載機白赤)軽母ヌ級elite(艦載機白)軽母ヌ級elite軽巡ツ級elite駆逐ロ級後期型駆逐ロ級後期型219329657
パターン5190空母ヲ級改flagship(艦載機白赤)軽母ヌ級flagship(艦載機白)軽母ヌ級elite軽巡ツ級elite駆逐ロ級後期型駆逐ロ級後期型227341681
パターン6200空母ヲ級改flagship(艦載機赤)軽母ヌ級flagship(艦載機白)軽母ヌ級elite軽巡ツ級elite駆逐ロ級後期型駆逐ロ級後期型233350699
パターン7210空母ヲ級改flagship(艦載機赤)軽母ヌ級flagship(艦載機赤)軽母ヌ級elite軽巡ツ級elite駆逐ロ級後期型駆逐ロ級後期型249374747
パターン8220空母ヲ級改flagship(艦載機赤)軽母ヌ級改flagship(艦載機赤)軽母ヌ級elite軽巡ツ級elite駆逐ロ級後期型駆逐ロ級後期型263395789
I:
深海任務部隊 前衛哨戒群
パターン1160軽巡ヘ級flagship軽巡ホ級flagship駆逐ロ級後期型駆逐イ級駆逐イ級駆逐イ級単縦
梯形
パターン2200重巡リ級flagship軽巡ヘ級flagship軽巡ホ級flagship駆逐ロ級後期型駆逐イ級駆逐イ級
パターン3220重巡リ級flagship軽巡ヘ級flagship軽巡ホ級flagship駆逐ロ級後期型駆逐ロ級後期型駆逐イ級
パターン4250重巡リ級flagship軽巡ヘ級flagship軽巡ホ級flagship駆逐ロ級後期型駆逐ロ級後期型駆逐ロ級後期型
J:
深海任務部隊 強襲揚陸部隊群
パターン1340戦艦ル級flagship軽巡ホ級flagship輸送ワ級輸送ワ級駆逐ロ級後期型駆逐ロ級後期型単縦
複縦
パターン2360戦艦ル級flagship軽巡ホ級flagship輸送ワ級elite輸送ワ級elite駆逐ロ級後期型駆逐ロ級後期型
パターン3380戦艦ル級flagship軽巡ホ級flagship輸送ワ級flagship輸送ワ級flagship駆逐ロ級後期型駆逐ロ級後期型単縦
パターン4360軽巡ヘ級flagship軽巡ホ級flagship駆逐ロ級後期型駆逐ロ級後期型駆逐ロ級後期型複縦
パターン5380軽巡ヘ級flagship軽巡ホ級flagship輸送ワ級flagship輸送ワ級flagship駆逐ロ級後期型駆逐ロ級後期型
K:アイテム獲得燃料+25~40(5刻み):ドラム缶(+2) 大発系*3(+3)
L:戦闘なし敵影を見ず。(戦闘回避)
M:ボス
深海任務部隊 主力機動部隊群
パターン1510空母ヲ級改flagship(艦載機白)軽母ヌ級elite(艦載機白)重巡ネ級elite軽巡ツ級駆逐ロ級後期型駆逐ロ級後期型輪形177266531
パターン2520空母ヲ級改flagship(艦載機白)軽母ヌ級elite(艦載機白)重巡ネ級elite軽巡ツ級elite駆逐ロ級後期型駆逐ロ級後期型177266531
パターン3530空母ヲ級改flagship(艦載機白赤)軽母ヌ級elite(艦載機白)重巡ネ級elite軽巡ツ級elite駆逐ロ級後期型駆逐ロ級後期型195293585
パターン4550空母ヲ級改flagship(艦載機白赤)軽母ヌ級flagship(艦載機白)重巡ネ級elite軽巡ツ級elite駆逐ロ級後期型駆逐ロ級後期型203305609
パターン5550空母ヲ級改flagship(艦載機赤)軽母ヌ級flagship(艦載機白)重巡ネ級elite軽巡ツ級elite駆逐ロ級後期型駆逐ロ級後期型209314627
パターン6550空母ヲ級改flagship(艦載機赤)軽母ヌ級flagship(艦載機赤)重巡ネ級elite軽巡ツ級elite駆逐ロ級後期型駆逐ロ級後期型225338675
パターン7580空母ヲ級改flagship(艦載機赤)軽母ヌ級改flagship(艦載機赤)重巡ネ級elite軽巡ツ級elite駆逐ロ級後期型駆逐ロ級後期型239359717
パターン8
クリア後
500空母ヲ級改flagship(艦載機白)軽母ヌ級elite(艦載機白)重巡ネ級軽巡ツ級駆逐ロ級後期型駆逐ロ級後期型177266531

ドロップ

ドロップ
ドロップ報告がないマスはグレーで示されています。
入手機会の比較的少ない艦は赤字で示されています。
期間限定ドロップ艦は青字で示されています。
※第一ボスは確定ドロップマスではありません。
編集先はこちら

戦艦級航空母艦重巡級軽巡級駆逐艦海防艦潜水艦補助艦艇
B多摩 木曾
五十鈴 名取 由良
神通 那珂
睦月 如月 皐月 文月 長月 菊月 三日月 望月
綾波 敷波 朧 曙 漣 潮
暁 響 雷 電
白露 時雨 村雨 夕立
C
E
G
第一
ボス
最上球磨 多摩 木曾
長良 五十鈴 名取 由良 阿武隈
川内 神通 那珂
夕張
睦月 如月 皐月 文月 長月 菊月 三日月 望月
綾波 敷波 朧 曙 漣 潮
暁 響 雷 電
白露 時雨 村雨 夕立
谷風 秋雲
伊168
伊8
伊19
伊58
I最上球磨 多摩 木曾
長良 五十鈴 名取 由良 阿武隈
川内 神通 那珂
夕張
睦月 如月 皐月 文月 長月 菊月 三日月 望月
綾波 敷波 朧 曙 漣 潮
暁 響 雷 電
白露 時雨 村雨 夕立
秋雲
J長良 名取 由良 阿武隈皐月 文月 三日月 望月
綾波 朧 曙 漣
白露
谷風
M
第二
ボス
金剛 比叡 榛名 霧島
扶桑 山城
伊勢 日向
翔鶴 瑞鶴古鷹 加古
青葉 衣笠
妙高 那智 足柄 羽黒
高雄 愛宕 摩耶 鳥海
最上 鈴谷 熊野
利根 筑摩
球磨 多摩 北上 大井 木曾
長良 五十鈴 名取 由良 阿武隈
川内 神通 那珂
夕張
睦月 如月 皐月 水無月 文月 長月 菊月 望月
吹雪 白雪 初雪 深雪 叢雲 磯波
綾波 敷波 天霧 狭霧※ 朧 曙 漣 潮
暁 雷 電
初春 子日 若葉 初霜
白露 村雨 夕立 五月雨
朝潮 大潮 荒潮 霰
陽炎 不知火 黒潮 谷風 秋雲
風雲
瑞穂※

※瑞穂は攻略中のみドロップ
※狭霧は2020/08/27~ドロップが確認されています。

7-2に関する攻略情報

この海域について

マップ概要

  • 2018年11月16日のメンテナンスにて追加実装。7-1をクリアすると開放される。
    • 通常海域では初めて戦力ゲージを2本備える。戦力ゲージはEOのように毎月復活する(運営Twitter)。
    • クリア後は第一ボスマス、第二ボスマス、ともに弱編成で固定される。
    • 毎月ゲージがリセットされるがEO等と違い、勲章や特別戦果などの報酬は得られない。。ただ、7-3開放にはこの海域のクリアが必要(一度クリアすれば、以後は毎月7-2をクリアする必要は無い)。
      クォータリー任務が存在し、難易度も中部海域まで到達できている提督であればそこそこの為、-海防艦狙いも兼ねて1度はクリアしてみるのも良いだろう。
      • 第一ゲージに関しては、鎮守府正面と比べて固定条件が厳しいものの、ボスマス最短到達での経験値はこちらのほうが多いため駆逐艦などの小型艦艇の育成も可能。
  • 公式告知谷風風雲水無月のドロップが判明している他、天霧狭霧のドロップも確認されている。水無月と天霧は初の常設実装となる。
  • 期間限定で海防艦松輪佐渡がドロップする(2018/11/16~継続中)。ただし、第二ボスマスの松輪ドロップはクリア前のみの模様。

第一ゲージ

  • 第一ゲージのボスはGマス。対潜戦がメインとなり、道中の敵は(最短なら)潜水艦のみ、ボスは駆逐艦・補給艦混じりの潜水艦隊と戦う。
    • 旗艦を撃破してゲージ破壊するだけなら、対潜艦オンリーでも十分戦える(7-1を普段「軽巡1駆逐4」で周回しているなら、それから駆逐を一隻抜いた編成で特に問題はない)。
    • 一方、ボスでS勝利を狙う場合には水上艦の撃破も考慮する必要があるため、編成や装備、そして陣形の選択には注意が必要。
      • 単横陣にすればボス撃破は容易だが、砲撃・雷撃ともに期待値が大きく下がるため、夜戦を含めても水上艦を撃ち漏らす可能性がある。
      • 複縦陣にすれば対水上火力も維持できるが、十分な先制対潜艦や対潜火力があることが前提。
      • 梯形陣は、単横陣と複縦陣のちょうど中間のような性能となる。ただし、雷撃に関してはあまり期待できない点には注意。*4
      • どの陣形を選んでも、対水上火力と対潜火力のバランスがうまく配分できていれば、安定してS勝利を取ることは可能。陣形補正の詳細については各陣形による実際の効果のページを参照。
  • Gマスはマップ上で潜水艦の敵影が表示されるが、資源消費が軽減されないので注意(ボスマス、あるいは水上艦混じりの時は消費が軽減されない)。
    • Gマスはウィークリー任務の「あ号作戦」ではボスマス扱い。低コストで周回できるうえ経験値も比較的高いため、任務消化を兼ねたレベリングスポットとして人気を集めている。
      • 育成艦と随伴で合わせて駆逐3隻+軽空母1隻や3隻以上の海防艦+軽空母1隻などで最短ルートの固定が可能。クリア後最短ルートでの1周あたりの基礎経験値530~670で、3戦S勝利なら旗艦で954~1206程度。
    • ただし、イベントでボスマスが2つ以上ある時と同様にドロップ確定ではない
  • 第一ゲージ破壊で右側のエリア(H~Mマス)が開放され、Dマスから先へ侵攻可能となる。
    • 第一ゲージ破壊後は、耐久の高い補給艦がおらず1隻少ない編成になるため、任務でのS勝利はゲージ破壊後の方が狙いやすい。
    • 逆に、補給艦撃破任務目当ての提督は要注意。

ルートと編成

  • 最短ルート(CEG)を通るためには、駆逐艦・海防艦を主体とした5隻あるいは4隻の編成で挑む必要がある。
    加えて、(駆逐+海防)が3隻未満であったり、自由枠(詳細は後述)に入れる艦種によっては逸れてしまうため、出撃の際にはルート分岐条件をよく確認しておくこと。
  • 5隻編成パターン
    • 海防艦3を揃えられる場合、海防3+自由枠2の5隻編成が可能。
    • 4隻編成に比べて純粋に手数が多いため、ボス撃破自体は容易。
    • 一方、水上艦に対する火力は自由枠の2隻にほぼ委ねられるため、S勝利を狙う場合には軽空母を連れて行くと良い。
  • 4隻編成パターン
    • 海防艦が3隻に満たない場合、(駆逐+海防)3+自由枠1の4隻編成となる。
    • 5隻編成に比べ手数は少ないが、駆逐艦なら雷撃や夜戦火力にも期待できることに加え、自由枠の使い方次第ではS勝利のチャンスは十分ある。
      ただしその場合、昼戦でボス含む潜水艦をすべて沈める必要があるため、可能な限り先制対潜を増やして臨みたい。最低でも1隻は欲しい。
    • この編成パターンで駆逐艦レベリングすることが可能。特に駆逐の改二改装を狙う際には持ってこい。ただ、レベリングする艦は1-5などで改にはしておきたいところ。
  • 自由枠について
    • 真っ先に入れたいのは軽空母。
      • 開幕爆撃や彩雲によるT字不利回避など、軽空母を入れる利点は大きい。
      • 基本的には、対水上攻撃と先制対潜の両立が可能な護衛空母(大鷹改二神鷹改二瑞鳳改二乙など)が適している。
        ただし、先に軽空母に動かれると水上艦を撃ち漏らす可能性が出てくるため、水上艦への攻撃を優先する攻撃型軽空母(鈴谷航改二熊野航改二)も有力。
      • S勝利のための保険として、夜戦仕様にしておくというのも手。
    • その他の艦種では、先制雷撃のできる雷巡、阿武隈改二由良改二、対潜に特化させる場合には夕張改那珂改二などが候補として挙がる。
      • 水母や重航巡なども組み込めるため、対水上(兼夜戦)専用要員とすれば撃ち漏らしを減らすことができる。
      • 戦艦入りかつ5隻以下なら、Bマス経由となるがボスまでたどり着ける。昼戦が2巡するため、先制対潜できる艦がいなくともボス撃墜率が高まる一方、Bマスで被害を受けることも多いので一長一短。
      • 戦艦なしなら6隻編成も可能ではあるが、こちらもBマス経由となるため上記と同様の問題が発生する。
      • 正規空母・補給艦を入れるとそもそもボスまでたどり着けないため、これらの艦種は起用不可。

第二ゲージ

  • 第二ゲージのボスはMマス。第一ゲージとは一転、ボスはヲ級改flagshipを旗艦とする機動部隊。潜水艦をかわしつつボスマスへ向かうことになる。
  • ボスマスの制空値がかなり高く、道中には渦潮(Aマス)と空襲(Hマス)も存在するため、これらにどう対応していくかが大きなカギとなる。
    • ボス強パターンに対する優勢ラインは359。道中被撃墜を考慮し、出撃時制空値で380前後を見ておくこと。
      • おおよその目安としては試製烈風 後期型で6スロ程度。岩本隊や烈風 一一型クラスの艦戦であれば5スロでも足りる。
      • 道中にはツ級がいるため、爆戦で制空値を稼いでいる場合には400付近まで盛っておきたい。空襲マスを経由する場合も同様。
    • ボスで劣勢以下だと、敵空母が戦爆連合(空母CI)攻撃してくるので要注意。せめて拮抗にはしたいところ。
  • クリア後は弱編成に固定される。攻略時に任務や掘り用のS勝利が難しい場合、クリア後に挑戦するのも手。制空値が大きく変わるので、編成や装備の自由度は上がる。

最短ルート(BCDIM)

マップ上の最短はCDIMのように見えるが、分岐条件で始→CとC→Dの両立できる組み合わせがないため実際にはBCDIMが最短となる。

  • (戦艦+空母)3隻以下かつ正規空母1隻以下かつ(駆逐+海防)2隻以上かつ軽巡2以下で、高速統一。
    (戦艦+空母)を1隻以下にする場合に限り低速艦を入れても確定最短可能。
  • 低速艦を入れた場合は(戦艦+空母)が2隻以上でランダム(おそらくH寄り)、3隻以上で確定Hとなる。
    また速力関係無しで(戦艦+空母)が4隻以上だとH固定となる。
  • (駆逐+海防)1隻以下、正規空母2隻以上などの編成では開幕Aに行くのも注意。
  • (戦艦+空母)の3枠の割り振り方とその特徴については以下の通り。
    • (正規空母1+軽空母2)の場合
      • 全マス1順のため砲撃戦の事故率は減るが、その一方軽空母・駆逐艦の雷撃事故率が急激に跳ね上がる(特に単縦陣を引いたとき)。
      • ツ級絡みで艦載機がさらにぶっ飛びやすい。そのかわり制空値に余裕はできやすい。
      • 注意点として道中ボス共に戦艦が一切含まれない(Jマスにしか出ない)ので、ボス戦では手数不足に苦しめられるかもしれない。
        駆逐艦は高火力艦を投入したい。防空は高火力艦の汎用カットインで妥協するのも検討を。
    • (正規空母1+軽空母1+戦艦1)の場合
      • 戦艦を入れることで砲撃戦が2順化するため、雷撃事故や旗艦撃ち漏らしのA敗北を減らすことができる。純粋な耐久力や火力といった面でも期待値は高い。
      • 編成例としては、高速戦艦1・正規空母1・軽空母1・航巡1・駆逐2など。
      • 一方で、道中/ボスマスともに砲撃戦の被害は上昇しやすい。空母の装備もかなりカツカツになるので、軽空母は艦戦ガン積みも考えよう。
      • このルートではバランスが良い編成。
    • (正規空母1+戦艦2)の場合
      • Intrepid改や加賀改、赤城改二といった搭載数の多い空母に艦戦をガン積み(置物化)し、残りの制空をイタリア戦艦やZara、航巡などの水戦でカバーするという方法。
        装備の質にもよるが、艦戦4+水戦1~2あればボス強パターンに対しても優勢が取れ、水戦の数を増やせば空母に爆戦を積む余裕も生まれる。
      • 夜戦空母に夜間戦闘機を積んでおけば、艦戦キャリアでも夜戦に限っては攻撃することが可能。
      • 道中では駆逐艦が砲撃戦でダメージを受けやすく、安定性はやや低い。昼火力そのものが高いためボス攻略自体は安定する。
      • 補強増設で4スロ化(高速化で2スロ使う)した伊勢改二・日向改二で制空支援を行えば、正規空母を置物化しなくても優勢が取れる。空母の火力が出せ攻略も安定するのでお勧め。
    • (空母系0+戦艦3)の場合
      • 伊勢型改二や航巡、由良改二など、空母以外の艦だけで制空値を稼ぐという方法。
        上位艦戦や改修済み水戦を駆使すれば、ボス強パターン相手に優勢を維持しつつ全員で弾着することも可能となる。
      • 他の編成に比べて資源消費が軽いため、必要制空値の下がったクリア後の周回に向いている。

  • 高速統一の5隻編成、という手もある。(戦艦+空母)3隻以下・駆逐2隻が必要なのは変わらないが、最短を通りつつ2隻まで正規空母を編成できるようになる。
    • 数が減る分、手数不足が深刻になるので一隻は戦艦を組み込みたい。

  • 戦艦も空母も入れない雷巡主体の編成も考案されている(軽巡1雷巡3駆逐2、低速可)。
    軽巡を1隻のみ旗艦で甲標的持ちにすれば先制雷撃4本、かつ精鋭水雷戦隊 司令部の単艦退避も可能。随伴雷巡は退避可能
    • ボスでは連撃やヲ級のカットイン攻撃を受けるが、雷撃で押し切れば勝ち目は十分ある。

渦潮経由ルート(ABCDIM)

  • (戦艦+空母)3隻以下かつ高速統一。
    • 最短ルート編成の軽空母枠を正規空母に、駆逐枠を航巡や雷巡、軽巡などに置き換えたパターン。
  • 水戦で制空を稼ぎ、複数の正規空母で開幕爆撃を行うなど手数が増やせ、戦爆連合CIも狙いやすくなる。
  • 高レベルの雷巡や阿武隈改二/由良改二であれば先制雷撃と先制対潜を両立できるため、総じて先制攻撃に重点を置いた編成といえる。
  • 一方で、渦潮で燃料を消費することによる燃費の悪化、被弾率向上(=修理費増)といったリスクがある点には注意。
    • 電探2個で燃料ペナルティを受けるのはボス戦だけとなり、費用に目をつむれば道中・ボス戦共に安定して攻略できる。

空襲経由ルート(BCDHIM)

  • (戦艦+空母)4隻、もしくは低速艦を複数用いるパターン。
    • (戦艦+正規空母)を4隻にするとAに逸れてしまう点には注意。また、正規空母は1隻以下でないとやはりAに逸れる。
      そのため、戦艦3+軽空1、戦艦2+正空1+軽空1、などの編成にする必要がある。
      • (駆逐+海防)が2隻必要と言う点も変わっていないため、残る2隻はほぼ自動的に駆逐に確定する。
  • 速力の制約がないため、より高火力な艦が使える、航空戦艦での制空補助がしやすい、といった利点がある。
  • 前述の2つに比べ、戦闘回数は増えるものの空襲なので弾薬ペナルティはない。また、燃料ペナルティも渦潮経由よりは軽くて済む。
  • ただし空襲マスの制空値はボスマス同様非常に高いため、艦載機(ボーキ)の消費は激しい。駆逐大破の危険性も残っている。

渦潮&空襲経由ルート(ABCDHIM)

  • (戦艦+空母)6隻という重量編成でゴリ押しするパターン。
  • ボス到達時点での燃料ペナルティがキツい(電探無しだと残約20%、3積みでも残30%程度)ため、ボスマスの被弾率は高め。
    重量編成という事もあり、ボスマスで中・大破が出ると資源消費がかさむ事になる。
  • 一方で、空襲経由ルート同様弾薬ペナルティは発生しないので、道中・ボスともに圧殺できる。
    • 任務用に、ボスマスをクリア後弱編成で固定させたい時は、こちらのルートでさっさと終わらせるのも一つの手。

高速+化ルート(ABCDIM または BCDIM)

  • 全員を高速+以上で統一すれば、(戦艦+空母)6隻でもHマスの空襲を回避できる模様。固定かランダムかは要検証。
  • 渦潮対策のためには電探を積むか(駆逐+海防)2隻を入れる必要があるが、どちらにしても装備枠が限られているため、火力の低下は避けられない。
  • 資源消費や安定性の面から見ても、素直に空襲マスを経由したほうが得策と思われる。

任務関連

ゲージを割ると、ボスマスが弱体化編成で固定される。
要求制空値、随伴の強さともに目に見えて緩和されるので、編成に条件がつく個別任務は、状況が許すならばゲージ破壊後に挑戦したい。

定期任務

(クォータリー)泊地周辺海域の安全確保を徹底せよ!

実装日:2018年11月16日
旗艦指定:なし
随伴指定:自由枠6
達成条件:第一ボス(Gマス)勝利Sx3、第二ボス(Mマス)勝利Sx3
他海域達成条件:

  • 1-5ボス勝利Sx3
  • 7-1ボス勝利Sx3

補足:

  • ボーナス戦果を得られる任務の一つ。(+300

(クォータリー)戦果拡張任務!「Z作戦」後段作戦

実装日:2019年8月8日
旗艦指定:なし(第1艦隊指定)
随伴指定:自由枠6
達成条件:第二ボス(Mマス)勝利Sx1
他海域達成条件:

  • 5-5ボス勝利Sx1
  • 6-2ボス勝利Sx1
  • 6-5ボス勝利Sx1

補足:

  • ボーナス戦果を得られる任務の一つ。(+400

(イヤーリー/9月)歴戦「第十方面艦隊」、全力出撃!

実装日:2020年9月17日
旗艦指定:なし
随伴指定:妙高足柄羽黒高雄神風より2人+自由枠4
達成条件:第二ボス(Mマス)勝利Sx2
他海域達成条件:

  • 7-3第二ボス(Pマス)勝利Sx2
  • 4-2ボス勝利Sx2

単発任務

任務名実装日旗艦指定随伴指定達成条件他海域達成条件備考
航空戦艦戦隊、戦闘哨戒!2019/03/27なし航戦2+自由枠4第二ボス(Mマス)勝利Sx11-4ボス勝利Sx1
1-5ボス勝利Sx1
2-3ボス勝利Sx1
選択報酬
「第五航空戦隊」、縦横無尽!2020/03/27なし翔鶴瑞鶴秋雲+自由枠2第二ボス(Mマス)勝利Sx13-5ボス勝利Sx1
5-2ボス勝利Sx1
6-5ボス勝利Sx1
選択報酬
合同艦隊機動部隊、出撃せよ!2020/05/20なしの艦娘より航空母艦1+自由枠5第二ボス(Mマス)勝利Sx13-4ボス勝利Sx1
4-3ボス勝利Sx1
5-2ボス勝利Sx1
選択報酬
最精鋭「第一航空戦隊」、出撃!鎧袖一触!2020/08/27なし赤城改二/改二戊加賀改二/改二戊/改二護
+自由枠4
第二ボス(Mマス)勝利Sx15-5ボス勝利Sx1
6-2ボス勝利Sx1
6-5ボス勝利Sx1
選択報酬
改装最新鋭軽巡「能代改二」、出撃せよ!2021/02/05能代改二駆逐3+自由枠2第二ボス(Mマス)勝利Sx12-4ボス勝利Sx1
3-2ボス勝利Sx1
7-1ボス勝利Sx1
5-3ボス勝利Sx1
選択報酬
西村艦隊、精鋭先行掃討隊、前進せよ!2021/03/30最上改二/改二特時雨満潮朝雲山雲より2人+自由枠3第二ボス(Mマス)勝利Sx12-3ボス勝利Sx1
7-3第二ボス(Pマス)勝利Sx1
6-4ボス勝利Sx1
選択報酬
新しき翼。改装航空母艦「龍鳳」、出撃せよ!2021/04/22龍鳳改二/改二戊時雨改二+自由枠4第二ボス(Mマス)勝利Sx12-2ボス勝利Sx1
2-3ボス勝利Sx1
2-4ボス勝利Sx1
2-5ボス勝利Sx1
第1艦隊指定
選択報酬
改白露型駆逐艦「山風改二」、奮戦す!2021/09/28なし山風改二/改二丁江風改二海風改二より2人+自由枠4第二ボス(Mマス)勝利Sx12-2ボス勝利Sx1
5-1ボス勝利Sx1
6-4ボス勝利Sx1
選択報酬
奮戦!精鋭「第十五駆逐隊」第一小隊2021/10/15なし黒潮改二親潮改二+自由枠4第二ボス(Mマス)勝利Sx22-4ボス勝利Sx2
5-4ボス勝利Sx2
選択報酬



以下補足

航空戦艦戦隊、戦闘哨戒!

  • 5スロで艦戦を載せられる伊勢改二,日向改二を使うと楽。残りは正規空母と軽空母(あるいは巡洋艦)、駆逐艦2で固めると良い。
    航空戦艦を高速化しても空襲が減るだけなので、空襲に目を瞑った方が装備の自由度は上がる。
  • また、前述のように「航戦2+戦艦・正規空母」6隻の超重量編成でも、ボスマスには普通に到達可能。
    道中撤退要素はほとんどなく、ボスもほぼS勝利確定するため、安全に行くなら力押しも悪くない。
    • 伊勢型改二の2隻に正規空母4隻、上位の艦戦を伊勢型に1スロずつ、空母勢に2スロずつ合計10スロほど積むと、
      空襲マス・ボスマスともに制空権確保を維持しつつ蹂躙していくといった荒業もできる。

「第五航空戦隊」、縦横無尽!

  • 「A逸れを回避できる駆逐2隻」と「A逸れが確定する正規空母2隻」を同時に編成しなくてはならないというちぐはぐな編成を要求される任務。
    • 軽量最短ルート、やや重めの渦潮ルート双方の利点を潰してしまう編成条件なので、ゲージを割ってボスを弱編成に固定させてからの攻略がオススメ。
  • 編成の基本は渦潮ルートを通る形で、自由枠は「高速戦艦+航巡(制空補助)」で二巡化させるか、「正規空母+重巡系」で制空周りと開幕攻撃を重視するかのどちらかが一般的。
    自艦隊の練度と装備と相談して選択しよう。
  • 変則的な攻略法として、5隻編成、かつ高速統一で最短ルートを通る考え方もある。うずしおの燃料消費がなくなるのでペナルティも和らぐ。
    その分手数は減るので、雷撃事故を防ぐ&ボスのA敗北を防ぐために自由枠は砲撃を二巡化させる高速戦艦(または高速化させた低速戦艦)一択。
    • ただでさえ少ない手数をあえて減らす5隻編成の場合、戦艦は昼夜ともに高火力な高速化した武蔵改二が最善だろう。
      次点は制空補助の可能な高速化した伊勢型改二、夜戦火力の高いBismarck dreiや金剛改二丙か。

改装最新鋭軽巡「能代改二」、出撃せよ!

  • 旗艦に(火力高めとは言え)軽巡指定、耐久力に欠ける駆逐3隻を随伴に必須、自由枠が2隻分しかない、など、かなり厳しい編成条件を課せられている。
    他の任務以上に、ゲージ破壊後の制空弱編成を固定化してから挑みたい。
  • ボスで制空権を取りたい場合、自由枠は「正空1+軽空1」で最短ルートを通るか、「正空2」でうずしお経由ルートかのいずれかが無難。
    • 火力が低めの駆逐を3隻入れなければならず、砲撃戦が1巡しかしないため、道中の雷撃事故、ボスでの撃ち漏らしなどの危険性が高い。
    • 空母は無理に爆撃機を入れてカットインを狙うより、攻撃機は艦攻で統一して、開幕の撃破効率を高めた方が良いかもしれない。
      • 駆逐艦にはできるだけ高火力の艦を用意し、秋月砲+対空電探カットインなどで、火力と対空面での両立を目指そう。
        特にうずしお経由ルートは電探搭載で燃料ペナルティを軽減させることが重要となる。
  • 砲撃戦を2巡させたい場合は「正空1+戦艦1」で高速統一最短ルート。
    • 伊勢型改二を採用すればボスで航空優勢も可能。最短ルートの場合は高速化が必要のため、補強増設込みでも火力はかなり低くなる。
    • 空母編成でも言えることだが、駆逐3隻入りということもあって航空優勢は必須ではない。航空均衡で妥協すれば「正空1+高戦1」でも装備に十分余裕ができ、艦攻の数も増やせる。
      • 戦艦を採用して航空均衡にする場合、駆逐は夜戦火力よりも昼戦と防空面のウェイトが大きくなる。秋月型やFletcher級のカットインが決まればボスの棒立ちも狙える。
  • 高速統一をしておかないと空襲が増える可能性が出てくる。ボスマス以上に制空値が高いため避けることを推奨する。

7-2 情報提供

【7-2 情報提供コメント欄】

※南西海域(7-2)の情報提供のコメント欄です。司令部レベルも記載お願いします。

過去ログ

※南西海域(7-2)の情報提供のコメント欄です。司令部レベルも記載お願いします。
勝利時の獲得艦娘報告ここではなくドロップ報告にお願いいたします。

7-2
タウイタウイ泊地沖

クリックで拡大

*1 艦これ改の内部データでは「巡洋戦艦」と「戦艦」に分けられている
*2 対潜戦だが通常消費になる
*3 特大発動艇+戦車第11連隊」は対象外
*4 2019/02/28メンテにて、雷撃は据え置きのまま、昼戦火力・対潜火力・回避率の上方修正が行われた