Oil

Last-modified: 2021-09-24 (金) 17:40:26

アイコン

特徴

原油。食糧保存庫に生肉と一緒に入れることで、干し肉を作ることができる。
またクラフト材料として、精錬炉などにと一緒に入れることでガソリンに精製することができる。
ガソリンは旋盤などの工業用建築物の動力源となる。
また、原油そのものも金庫などの高位クラフトの素材として使うこともある。


主な入手先は海底か雪原にある鉱脈からの採掘。あるいは特定の生物からの採取。
海底から採取する場合、黒い泡が立ち昇っている場所が目印。かなり深くまで潜らないと取れないので、海洋生物のテイムもしくはスキューバ装備が必要となる。
雪原にも鉱脈が追加されたため地上でも入手可能になったが、寒さ対策が必要となるため少々難易度が高め。見た目は真っ黒な大岩なので見つけやすく、採掘が簡単で数も多い。ちなみに緑の塔南の島の浅瀬にも一つだけ鉱脈がある。
三葉虫から真珠と同じく採取することが可能になったので、根気さえあれば深海まで行かずに収集できる。
フンコロガシに糞を持たせておくと肥料とともに生成する他、ヘスペロルニスの卵を調理なべで変換することでも手に入る。
一部の生物*1から5%の確率で発生するTEK生物からも採取可能。他にも特殊な素材が手に入る。
一部のマップには油田が存在し、原油ポンプで集められる。


上記、原油の他に、バシロサウルストゥソテウティスが一定時間毎にインベントリに自動生成する油が存在する。
これは原油版の有機ポリマーに相当する(生物由来の代替アイテムであり、一定時間で1個ずつ腐敗する)アイテムであるが、1スタックあたり最大100個と有機ポリマーに比べてスロット数を圧迫しない。
アフリカマイマイと違って放浪モードにしなくても自動生成してくれるし、餌も魚肉と管理も楽な為、海洋拠点などに数頭まとめて置いておくのも良いだろう。
干し肉を作る分には腐敗がある為向いていないが、ガソリン精製用としては便利であるし、数頭いれば金庫工業用グリルの材料分くらいならば十分賄える。
腐敗タイマーは2時間30分で、冷蔵庫等の効果は反映されない。

コメント

マナーを守ってコメントしましょう。
詳しくはガイドラインを参照。


*1 パラサウロロフス、ユタラプトル、ティラノサウルス、ステゴサウルス、ケツァルコアトルス