洞窟(アベレーション)

Last-modified: 2019-12-13 (金) 15:59:39

アベレーションDLCの洞窟のページです。
随時加筆修正受付中

Old Railway Cave(48.3°, 27.2)
アーティファクト:Artifact Of The Depths (堕落のアーティファクト)
20180203101031_1.jpg
生息生物
アースロプレウラ・ユタラプトル・グローテイル・メガネウラ・ラヴェジャー・カルノタウルス・プルモノスコルピウス・カルキノス・メガピラニア・セイバートゥースサーモン・デンキウナギ・クニダリア・シーカー
攻略ヒント
第1階層にある洞窟。シーカーが生息しているものの、ネームレスがいないため発光生物なしで挑むことができる。
入口が極端に狭く、騎乗可能な生物は入ることができない。ただし、中にいる生物はテイム可能であるため、サドルを持ち込んでそちらに乗ることは可能(もちろん外には出せない)。アーティファクトに行きつくには常に落下の危険が伴う。落下してもどこからでも一応歩いて戻る道はあるが、大体が水場であり、クラゲやウナギ、カルキノス(時にアルファ)といった凶悪極まりない連中を生き延びなければならない。
なおアーティファクトも突き出した高台に設置されており、せん滅を怠っていると、取ろうとしたときに後ろから突き落とされることになる。
ここでクレート漁りをする場合、破壊可能な岩にふさがれた隠し部屋に1か所判定があるため見逃し注意。
さらに詳しい情報は該当ページを参照。

Hidden Grotto(55.2 , 65.9)
アーティファクト:Artifact Of The Shadows
Hidden_Grotto_(Aberration).jpg
生息生物
アンコウ・デンキウナギ・ティタノボア・クニダリア・プルモノスコルピウス・アースロプレウラ・バリオニクス・ベールゼブフォ・ディプロカウルス・アフリカマイマイ・フンコロガシ・カルキノス・ディメトロドン・ネームレス・グロウバグ・シーカー・ヤツメウナギ・セイバートゥースサーモン
攻略ヒント

最下層手前、中層大地底湖にある縦穴から侵入する洞窟。
かなりの距離を潜って進まないといけない場面が多いのでスキューバタンクは必須。
ネームレスも出現するので発光生物も必要になる、回復アイテムに余裕があるならヤツメウナギに吸い付かれるのも手。
ジップラインアンカーによる移動が出来ないと進行、生還が非常に困難になるのでアンカーとラインモーターも必ずもって行きたい。
道中の水中はクニダリア、デンキウナギ、アンコウ、カルキノス等々手ごわい相手が多く、水中ではショットガンが使えないため高品質なハープーンランチャーやクロスボウが必要になる。作れるのであればTEKライフルが最適だろう。
カルキノスに掴まれてしまうと食事が出来ず回復不可能となり、ショットガンの使えない水中ならそのまま死亡コースなので特に注意したい。
内部でバリオニクスをテイムできると多少楽になる。
デンキウナギとクニダリアの電気攻撃はハザードスーツで防ぐ事ができる為持っていくと便利だ。
ただしクニダリアの強制騎乗解除を防ぐことはできないので注意。
スキューバータンク&フィン・戦闘用防具一式・ハザードスーツ・武器各種・弾薬・アンカー・モーター・回復・食事等、これだけでかなりの重量となる。
ソロでの攻略はぎりぎりの重量で何を持っていくか、何を現地調達するかが重要となる。
内部では寝袋を置くことが可能だ。
アベレーションの洞窟の中ではここが最難関だと思われる。

Elemental Vault(82.4, 48.2)
アーティファクト:Artifact Of The Stalker
Elemental_Vault_(Aberration).jpg
生息生物
アースロプレウラ・カルノタウルス・メガロサウルス・シーカー・フェザーライト・ネームレス
攻略ヒント

ハザードエリアに存在する洞窟。
当然内部は全域がハザードエリアの為ハザードスーツ必須となる。
洞窟は入口(高い段差有)・内部共に広く恐竜で探索可能。
洞窟の構造からロックドレイクでの探索が一番向いているだろう。
敵の数は多いがドレイクに乗っていると基本的にノンアクティブ状態が維持され、触れる距離にいてもこちらから攻撃しない限り敵は攻撃してこない。
ただしシーカーは例外でドレイクの透明化状態であっても接近し過ぎるとアクティブになってしまう。
ネームレスが沸く為発光生物は持って行ったほうが良いだろう。
道中は発光を切り替えて進むよりも、常に発光させてシーカーとの距離を保ちつつドレイクの透明化を駆使しながら進むほうが安定するだろう。
シーカーをタゲってしまった場合のみ戦闘となるだろうが、その際に他の恐竜に攻撃が当たって周辺の恐竜が一気にアクティブ状態となる事があるので注意。
また騎乗を解除すると周辺の恐竜は一気にアクティブ状態へと変わりプレイヤーに襲いかかってくるのでクレートを取る際は周辺の恐竜を事前に一掃しておいたほうが良い。
ノンアクティブだと油断していると思わぬところで敵をアクティブにしてしまい大量の敵を相手にするはめになったりもする。
ソロで探索する場合は低Lvのドレイクだと数に押し切られてそのまま食い殺される事もある。
敵の恐竜にぐるりと囲まれた状態での戦闘になる事が多いので身動きが取れず離脱できない状態となったりするので戦闘には十分注意しよう。
またアースロプレウラの酸攻撃が騎乗者に当たるとノーマルスーツの場合一発で壊されてしまうので着替えは多めに持っていくといい。
洞窟内にいるフェザーライトはテイムの餌やりをしても動かずに止まったままなのでテイムがやり易くお勧めだ。


コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 上層と下層の洞窟には調査書が一つずつある -- 2018-10-17 (水) 00:40:21
  • 下層の洞窟のクレート見たことないけどある?ドレイクBP欲しくて見て回ってるけどクレートがなさすぎて -- 2019-04-09 (火) 21:33:21
    • 滝の下あたりに赤があった -- 2019-04-10 (水) 01:26:51
  • 下層の洞窟のクレートは入って最初の分岐の左側に一つとそのすぐ上に一つ。滝のそばのくぼみに一つとその上に一つ。同時に複数は沸かないっぽいですね。 -- 2019-06-05 (水) 12:05:04
コメント: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White