Top > 便利ネタ
HTML convert time to 0.016 sec.


便利ネタ

Last-modified: 2018-04-06 (金) 14:06:26

操作系 Edit

イベントリ上部の4つのボタンで自動で並び替えが可能(ただしドラッグ操作をすると戻ってしまう。キー操作だと問題なし)

Fキーで対象のイベントリを開く

Oキーでカーソル上のアイテムを捨てる。長押しで連続動作

Tキーでカーソル上のアイテムを移動する。長押しで連続動作

Shift+ドラッグ または Tキーで1/2移動

Ctrl+ドラッグ または Tキーで一つ移動

右クリックしたまま上下ドラッグで高速スクロール

Eキーで建てる予定の状態の表裏変更

Tキー(「口笛"一匹待機"」に設定してあるキー)長押しで口笛と感情表現のリングメニュー

上に向いて泳ぐのに加えSpaceキーを押すとさらに早く水面へ上がれる

パフォーマンス Edit

Tabキーでコンソールを開き下記のコマンドを入力しEnterキーを押すとFPS上限がかかる(数字は任意)コンソールウィンドウはTabキーで抜けられる。
t.maxfps 60

FPSを表示するには
stat fps

画面の明暗設定 Edit

暗すぎる→gammma 3
眩しすぎる→R.bloomquality 0 r.lightshafts 0
コンソールへ直接入力で設定可能

DODOボール Edit

DODOをテイムすると拾うことができることを利用して

DODOをEキーで拾い左クリックで投げる

それを友達同士で投げ合うと暇つぶしになる

空中殺法 Edit

アルゲンタビスなどで恐竜を掴んだ時に
攻撃をすると掴んでいる恐竜にダメージを与えることができる

よって、比較的安全にラプトルなどを倒すことが可能になる

調理に於ける肉の互換性 Edit

料理するとき焼いた肉と焼いた魚肉にはある程度の互換性が存在する。
例えばドードーキブルを作る時焼いた肉を焼いた魚肉に差し替えても問題なく出来上がる。
これは焼いた霜降りと焼いたトロに置いても互換性があるが、指定された肉以外は受け付けない物もある。

餌いらずDodo農場 Edit

ドードーは卵をとられても反撃しないため、木の柵や壁で囲んだ場所に野生のドードーを放り込んでおけば
卵を集めることができる。数を増やせば効率アップ、メイトブーストもつくので雄を一匹入れるとよい。
餌やサーバーのペット頭数制限を気にしなくても済む。ただし、時折脱走する。

詰まった時の対処法 Edit

複数の恐竜を引き連れているときに互いに詰まって動けなくなったが、空の上や北の海の中など降りて直すことができない・危険な場合、適当な方向を向いて「そこへ行け(初期設定は,のキー)」で移動させ、一度自分から離れてもらうとよい。ただし全員の追尾が切れてしまうので、数珠繋ぎなどをしていた場合は再度追尾を作り直す必要がある。

筏に係留 Edit

水生生物を浜辺近くに待機させておく時、筏を追尾させた状態にしておくと、近くで戦闘になって沖に泳いで行ってしまっても戦いが終わってから戻ってくる。筏に餌箱を置けば世話もしやすくなる。ただし、リードシクティスに狙われる可能性があるので筏は十分な浅瀬に置いておくこと。

乗り上げ殺法 Edit

筏に設置した土台からおろす方向にスロープをつなげ、そこに水生生物をひっかけたまま前進すると、スロープに打ち上げられた水生生物が陸上判定で即死する。マンタ・各種魚で確認。一切戦闘をせずにマンタの群れを処理したり、魚肉を得ることができる。クラゲはスロープをすり抜けるため使用不可。

サドルトーチ Edit

恐竜のサドルにたいまつを刺して明かりにすることができる。たいまつをサドルにスキンとしてセットする形。
どう見ても恐竜の頭部が焼けているものもあるが心配はない。サドルがないものは当然使えない。

農地延長 Edit

筏の上に灌漑を引くことはできないが、地上から延ばした灌漑が筏の上にくるようにすれば筏の上の畑で灌漑を利用できる。
これを利用すれば水上に畑を作ることができる。地面が傾斜して灌漑が引きづらかったり、地上部分が狭いときに。
電気設備は筏と地上をつなぐことはできないので発電機の同パターンは不可。

野生羊の利用法 Edit

羊は野生のままでも毛刈りができる。野菜ケーキがなくテイムができない場合でも、柵で囲んでおけば定期的に羊毛をとれる。
ケーキが作れる環境であっても、ペットの最大数など気にする場合に利用できるが、脱走やデスポーンの可能性はある。
常に動いているため、毛刈りは少し面倒。

寝袋で簡易GPS Edit

寝袋を設置してファストトラベルの画面にすることで、大体の位置が確認できる。
そのままキャンセルして寝袋を回収すれば何度でも使えるので序盤に便利。

いらなくなった恐竜の利用法 Edit

恐竜は所有権放棄前の命令を保持したままになるため
無抵抗にした後所有権放棄すると、反撃されなくなる
この状態で倒しても経験値が得られるため、最期の奉公をしてもらおう
カワウソなどの弱いペットのレベル上げにも使える。
PvEモードでは使えない

食べ物の賞味期限延長 Edit

食べ物の賞味期限は、移した側の賞味期限で上書きされる。
これを利用し、例えば【腐りかけの肉10個】→【新鮮な肉1個】に移動させると、腐りかけの肉が【新鮮な肉11個】になる。
これは食べ物以外(有機ポリマーなど)でも有効。

肉を大量に腐らせる Edit

普通、1スタック内の物は賞味期限が切れると1つ腐り、残ったものは賞味期限最大から再スタートするが、
スタックを分解してしまえばすべて一度に腐らせる事が出来る。
腐りかけの肉20個を持つ→スタックをすべて分割→20個の腐った肉が完成。
更に、上記の食べ物の賞味期限の上書きを応用すると、
①分割した腐りかけの肉の方に新鮮な肉を移動
②スタックをすべて分割
あとは①②を繰り返すだけで一瞬で数百個の腐った肉を作ることも可能。

特殊な採取方法 Edit

2コマンドで特殊な採取方法が存在する。どのやり方も1コマンド目の攻撃が対象にヒット判定を出す前に2コマンド目を押すのが条件
左+C …パワー依存でC採取。(死体に左+Cをするとひっかき攻撃でパワー依存の皮/キチンのみ剥ぎ取り)。この入力を成功すれば木を伐採せずベリー採取せず敵に攻撃する事が出来る。
C+左…デリケート依存で肉剥ぎ取り&木からワラを多く採取。
この2つを応用すればパワー特化/デリケート特化でもやれる事が大幅に増える。
・・・同wiki内のテリジノサウルスの記事より引用

足元を攻撃 Edit

ティタノミルマソルジャーやコンプソグナトゥスなどの背の低い敵を倒した後、死体を何度攻撃しても採取出来ない事がないだろうか。
ヒット音や出血エフェクトは出ているものの、攻撃はギリギリ届いていないのである。そんな時…
足元を見ながら攻撃、と同時にしゃがんでみよう。
しゃがみに合わせて攻撃判定も下がるので、剣・斧でも地面まで届くようになる。
(この際、ヒット音・エフェクトが出ない事があるが採取できるので問題ない)

水分の応急処置 Edit

ベリーは若干の水分を補給できる。
ただし一つにつき0.2とかなり少なく、計算上だけでも全回復に5スタックもの一気食いが必要になる。
消化に時間がかかるため回復は非常にゆっくりしており、走ったりすると再び脱水したりすることもある。

ノーダメージで高所から落下 Edit

恐竜はプレイヤーが乗っていなければ、どんな高さから落ちても無傷である。
これを利用し、高い所から騎乗したままジャンプし、
地面に着地する直前に騎乗を解除すると、恐竜もプレイヤーも無傷で高所から降りる事が可能。
騎乗解除後、サドルの上に立つ状態になる恐竜であればほぼ成功するが、そうでなければ放り出されてダメージを受ける可能性が高い。
が、ユタラプトルやアンキロサウルスなどの騎乗位置が低い恐竜の場合は、地面に近い位置で騎乗解除できるため無傷で成功しやすい。

釣り竿で蜂蜜の腐敗をリセット Edit

武器にセットする弾薬は「セットしている間は腐らない」「セットしたものを取り外した場合腐敗までの時間がリセット」という特徴がある。といっても通常はすでに別のスタックを持っている場合そこに統合され、腐敗時間もそちらに合わせるため(食べ物の賞味期限延長を参照)あまり意味はない。
ただし蜂蜜はスタックしないという性質上、このシステムを利用して腐敗までの時間をリセットできる。
「すでに蜂蜜をセットした」釣り竿を一本用意し、蜂蜜をそこへドラッグさせると「つけていた蜂蜜を外し、ドラッグした蜂蜜をつける」と判定されるため、結果として腐敗までの時間がリセットされた蜂蜜が現れる。次々釣り竿にドラッグするだけで無限に消費期限を延ばせる。

Hキーで迷子探し Edit

Hキーは様々な情報を表示させるキーだが、自分の仲間の恐竜に対して▽のようなアイコンを表示する機能もある。
さらにこの▽は、恐竜に近づいた時に名前が表示される距離よりも若干広く、壁などの遮蔽物も関係なく優先して表示される。
迷子を探すときに地味に役に立つので、よく仲間の恐竜を見失う人は覚えておこう。
ちなみに表示されるのは現在選択されている命令グループに属する恐竜。
うまく利用すれば特定の恐竜を探したり、わかっているものを表示しないようにもできる。

飛行型恐竜で高速攻撃 Edit

飛行型の恐竜の通常攻撃のインターバルは空中時と接地時で別枠扱いになっている場合があり、
それが適用される恐竜は、【着地>攻撃>離陸>攻撃】xn …とする事で高速攻撃を行うことができる。
地面がある事前提になるのと、敵とのガチンコの殴り合いになるため体力・スタミナ管理を怠ると危険なので注意。
アルゲンタヴィスでこれを使うと、恐らく最速でDPSが1.8倍くらいになる。

この恩恵を強く受けられる恐竜とそうでない恐竜があるようなので要調査。
確認済み恐竜:アルゲンタヴィス / プテラノドン
不可or効果薄恐竜:ケツァルコァトルス

洞窟で飛行型恐竜に乗る Edit

プテラノドンなどの恐竜で飛行状態のまま洞窟へ入ろうとすると不思議な力で降ろされてしまうが、
騎乗したまま飛行せずにヨチヨチ歩いて洞窟内部へ入っていけば降ろされることなく入場できる。
ただし一度でも飛行状態になれば強制的に騎乗が解除され、洞窟中で再度騎乗することは出来ない。

建材を狙った所に置く Edit

建材をスナップさせる時、狙った所に緑表示が出せない事がある。それをある程度改善する事が出来る。
建材スナップポイントを表示(緑や赤枠出した状態)し、Eキー(アクセス)で裏表の変更、Qキー(素手の切り替え)で置けるスナップポイントの切り替え。
ただし、サーバーでプレイ中だと建材がボタンを押した時と設置された位置がズレるアノ現象はそのままなので注意。

電線等を土台に合わせて置く Edit

電線やパイプを置く時、収納箱を置く時、土台に対してズレ無しで置く技術。スナップポイントはない。
やり方はいたって単純。土台にハシゴを置き、登り状態になり、降りるだけ。
ハシゴはアクセス時に左右への視点が固定されるので、土台に対して完璧に合わさっている状態になる。
そのまま移動するとマウスの僅かなズレで左右に動いてしまう可能性があるので、K視点推奨。
設置位置が遠く、狙った場所に置けない!という場合はマウスではなく、キーボードの十字キーにて上下を調整すると良いだろう。
足元ギリギリに置きたいならしゃがむ事でほんの僅かに縮められる。
また、K視点を使うことで、緑枠では分かりづらい奥行き、冷蔵庫や工業炉がめり込んでないか確認する事も可能。

公式サーバーでアイテム検索で絞り込んだ後に全転送を行う Edit

自鯖や非専用、ローカルでは問題なく行えるが公式サーバーでは行えない。
公式サーバー民ならば絞り込んだ後全転送を押しても何も起きず戻るだけ…という経験が有るだろう。
実は英語名で検索すると、何も表示されないが何故か全転送を行える。(例:皮は皮と検索するのではなく、hide と検索)
サーバーの言語に依存しているのが原因?の模様。

菜園を重ねて置く Edit

菜園(大)のみ可能。バグか仕様か不明。恐らく開発は意図していない手法。
設置する際、設置範囲ギリギリまで離れてから置くと何故か菜園(大)の上に菜園(大)を置くことが出来る。
日光は通すので、土台1マスで野菜4種など色んな作物を育てる事が出来る。
また、土台の支えを必要としないので疑似的に空中階段を建造する事も可能。
ただし、一番下の菜園が壊れると上の菜園も全て壊れるので注意。

アーティファクトを複数持ち帰る Edit

通常、アーティファクトはサバイバーが一つしか所持出来ない。複数持ち帰る為には一般的には以下の2種。
・プラットフォームやイカダ等の移動出来るものに収納箱を設置、洞窟でアーテイファクトを取っては収納し、一度に沢山持ち帰る
・複数人サバイバー攻略し、一人1個ずつ持ち帰る

バグか仕様か不明だが、これとは別にOtterは何故かアーティファクトを5個持つ事が出来る。頭装備を付けると4個までになる。
サバイバーと合わせてソロでも最大6個のアーティファクトを一度に持ち帰る事が出来るようになる。

水辺は暖かい Edit

正確に言うと、陸と水の境界部分…足だけ水に浸かっている状態の時だけ何故か温度が高い。
(Hキーで地形の名前を表示すると「水中」となる)
雪山などにおいて、陸上での外気温が-10℃でもこの部分だけ3℃だったりするので、意外と全裸で長生きできたりする。
装備や恐竜が揃わないうちは様々な状況で寒さに苦しめられる事もあるだろうが、これを知っていれば多少生活しやすくはなるだろう。

効率的に食料値・水分維持 Edit

食料値や水分の減少量は、基本減少量に加え、「スタミナが回復する”時点”での気温」で大きく上下する。
つまり、食料値の減少が加速する寒冷地でスタミナ限界まで走り回っていたとしても、
”スタミナが回復するタイミング”で暖かい場所に居ればいつも通りの減少量となる。熱い場所も同様。
あえて一定間隔で小走りをはさんだり、ジャンプするなどしてスタミナを消費し続け、
適当な温度の場所で回復を行えば、食料値・水分の減少を最大限まで抑えることが可能。

グリルの豆知識 Edit

グリルが焼く肉の数は12個 / 20秒。
この焼き上がりにかかる20秒のカウントは「同種の肉が一つでも入っていれば」開始されるため、
最初に霜降り肉を1つだけ焼き始め、15秒あたりで霜降り肉を11個突っ込めば、
後に入れた霜降り肉は実質5秒未満で焼ける事になる。
このやり方で冷蔵庫から必要分だけ取り出して焼くようにすれば、
アルファ恐竜などから採れた大量の霜降りを一つも無駄にすることなく焼き上げられる。