生物の調査書

Last-modified: 2019-08-27 (火) 01:08:50
 

生物の調査書 Edit

ガーディアンの記録を除き、すべてヘレナにより書かれたもの。イラスト付きで、野生の生態と飼育下での使用法などが書かれている。アップデートが入ると修正されることもある。また、生物学的見地から書かれた内容がゲーム内の仕様と違っていることもある。
※このページには全文を記載しています。また、バージョンや訳法等により、現行の分と違う部分がある場合があります。

 

調査書の内容 Edit

各DLC毎に分割しています。
長くなるので折りたたみます。

アイランド Edit

アイランド

生物名内容
アイランド
ベールゼブフォの調査書Beelzebufo palucocusは私が今までに見た中でもっとも巨大なカエルです。ありえないほど大きく、人間の大人をかろうじて背中に乗せることができます。 しかしベールゼブフォの皮膚と唾液の分泌物には、ほとんどの生物に対して麻酔効果があるためこれは危険な試みです。 驚くことではありませんが、ベールゼブフォは昆虫を狩ることに熟達しています。その長い舌で遠くからでも即座に獲物を捕らえ、 ほとんどの昆虫を即座に、素早く殺して素早く消化することができます。さらに昆虫のキチン質と口の中の麻酔物質を組み合わせ、 特殊な粘性物質を作り出します。 飼育下において:テイムされたベールゼブフォは、変わった乗騎になります。一風変わった人たちのための変わった乗騎です。 多くのトライブはベールゼブフォに乗る理由はないと思っていますが、大きく高くジャンプする能力を巨大な壁や崖を飛び越えるために 活用する人々もいます。 どのように乗りこなすかには関係なく、ベールゼブフォは素早く昆虫を駆除し、つねに用途のあるセメントペーストに変換する 能力のためにも採用されています。(提供者訳)
ディプロカウルスの調査書島の沼地のほぼ全域に生息するDiplocaulus natatorinutrixは、主に小魚を食べる小さな両生類です。私の考えるところ、 ディプロカウルスは島の生態系の中央よりやや下に位置しているようで、島のより小さな、昆虫でない生き物を捕食する一方で自身より大きな肉食動物に捕食されています。多くの生物に捕食されるため、ディプロカウルスは非常に憶病になり、何か問題が起こる兆しがあるとしばしば 逃げ出します。ディプロカウルスは捕食者にとっては適切でない環境へ逃げるために両生類としての性質を利用しています。ディプロカウルス特有の膨大な酸素をため込む能力によって一度に何時間も潜っていられるため、ディプロカウルスを捕食しようとする水陸両用の生物よりもさらに長く潜ることが可能です。飼育下において:ディプロカウルスを飼いならして活用する人はほんのわずかです。彼らはディプロカウルスを(中々嫌なことだけれど)酸素タンクとして実際に利用するために飼育しています。ディプロカウルスは頭部の浮袋に空気をため込んでおり、ダイバーは潜っている間彼らの浮袋から空気を吸って呼吸することができます。驚くべきことですが、ディプロカウルスは三葉虫の狩猟に関しても非常に効果的です。(提供者訳)
始祖鳥の調査書体長1メートルほどのArchaeopteryx magnamilvumは、主に樹木に生息する原始的な鳥です。彼らはできる限り地面を避け、捕食者にほとんど出会うことのない安全な樹木にとどまることを好みます。私は今までに始祖鳥が完全な飛行をするところをみたことがないので、おそらく彼らは枝から枝へ滑空する以上の上昇能力は持たないのでしょう。私にはこんなにも地面を恐れる生き物が偏食するということは考えにくいですが、始祖鳥はある種の珍しい昆虫を餌にしているようです。もっとも可能性の高い説は、虫のはびこった木に巣を作り、それらをかろうじて食糧源としてはぎ取っているというものです。飼育下において:成人の全体重を支えられるほど大きくはありませんが、始祖鳥はそれでも素晴らしい有用性をもっています。彼らは飛ぶことはできないにもかかわらず、その翼は始祖鳥につかまった人間が空中にいる場合、その降下速度を劇的に遅くするのに十分な強さをもっています。しかし彼らは一般的な食物は受け付けず、少しでもよそ者を察知すると、身を守るために滑空していってしまうので、飼いならすのは多少面倒になるかもしれません。(提供者訳)
アルゲンタヴィスの調査書島の空の全域にわたって、 Argentavis atrocollumには空飛ぶライバルはほとんどいません。島の他の鳥類にとって小さな気休めになることですが、アルゲンタヴィスは生きている生物にはほとんど関心がないようです。私が予想していたものと大きく異なり、アルゲンタヴィスには現代のノスリやハゲタカに典型的にみられるような首がありません。それがこの島の捕食者に対処するためにより強い首を発達させたからなのか、あるいはこれらの腐肉食の鳥の系統にとって俯いた首が一般的なものになる前の種なのかはわかりませんが、とにかくこれによってアルゲンタヴィスは嘴でより小さな生き物を運ぶことが可能になっています。飼育下において:アルゲンタヴィスは実際のところ、島でより一般的であるプテラノドンよりも速度で劣りますが、かなりのスタミナをもっており、3倍ほど長く飛行し続けることができます。さらにその可搬重量は、プテラノドンと比較すると、かぎづめに追加で乗客を支えることを可能にします。サドルが移動可能な作業台の役割も兼ねていることを考えれば、アルゲンタヴィスは長距離の移動や貨物輸送に非常に優れた生き物です。(提供者訳)
ドードーの調査書Raphus replicare(もっと一般的な呼び方をするならドードー鳥)は、おそらく私が今まで見た中でも最も愚かな生き物です。島の海岸をうろついていて、茂みからベリーを摘み取って食べており、すべての肉食動物の餌になっています。ドードーがいなかったら、島全体の食物連鎖は崩壊してしまうでしょう。このドードーの亜種は、彼らにしては信じられないほど賢い生存戦略を生み出しました。彼らは常に交配しており、私は彼らが一週間以内には完全な成体に成長することを確信しています。これが彼らが島で生息数を維持するための唯一の性質です。飼育下において:飼いならすことは可能ですが、Raphus replicareを飼育する理由はほとんどありません。荷運び用とするにはものを持ち運びませんし、多くの食糧を提供してくれるわけでもありませんし、友好を示すには知能が低すぎます。しかし、追い詰められた時の食糧減としては役に立つことができます。なので「不景気」に陥ったときのために何匹か飼っておくのもひとつの手でしょう。(提供者訳)
ヘスペロルニスの調査書アヒルと恐竜の半々の姿をしているヘスペロルニスは中型の魚を食べる鳥で、島の皮や湖でよく見かけます。首を伸ばして立てば人間の身長の三分の二くらいの大きさになるでしょうが、めったにそうすることはありません。ヘスペロルニスは、より機動性を得られる水面上を滑るように泳ぎながら、ほとんどの時間を過ごします。ヘスペロルニスは足が短すぎて機敏に動けないため、陸上生物にはほとんど驚異ではありませんが、水中においては驚くほど素早いです。水中の魚やその他の小型生物を簡単に狩ることができます。飼育下において:狩猟に有用でもなく、人懐っこいわけでもないヘスペロルニスは、主に魚をたくさん食べた後に生む卵のために飼育されています。正確に言うならば、卵は2種類の有用な資材にわけられます。一つは高たんぱく高カロリーな食糧で、もう一つは海洋で発見された原油と同じ成分です!(提供者訳)
イクチオルニスの調査書島にいる鳴き声を持つ生物の中でも、Ichthyornis piscoquusは実際にはほとんど普通のカモメのように見えます。主に魚を餌にしており、その特徴的な鳴き声は島の海岸のあちこちで聞くことができます。あなたがカモメに対して予想しているように、イクチオルニスはちょっと脅かされただけで逃げ出します。イクチオルニスは多芸で日和見主義なハンターです。主な狩りの方法は、水面近くに飛び込んで獲物を捕らえることです。しかしこれだけでは食糧原として不安定なので、イクチオルニスは自分に気づいていない旅人から食べ物を盗む俊敏な能力を発達させました。光るものに興味を示す性質は、時に油断している生存者の手から武器や道具を叩き落とすことにつながりますが、イクチオルニスはそれらをもって飛び去るには小さすぎます。飼育下において:イクチオルニスは、一度飼いならされると非常に忠実で、非常に社会的な生き物であることに私は驚きました。イクチオルニスは飼い主の肩に乗るのが好きで、嘴を使って豊富なビタミンを(もちろん魚の形で)飼い主に与えます。イクチオルニスの性質は、非常に健康的な魚を持ち帰ってくるということを除けば、狩りの獲物を家に持ち帰る飼い猫を思い出させます。(提供者訳)
カイルクペンギンの調査書Kairuku waitakiは魚以外のすべてに驚くほど従順で、友好的な生き物です。正直なところ私にはカイルクペンギンがどうやって島の凍った土地に徘徊する沢山の捕食者たちとともに、寒い地方に分布することができているのかわかりません。カイルクペンギンは弱く、わずかに一つ、小さな防御法しかもっていません:カイルクペンギンの脂肪は軽量の鎧のように小さくて緻密な粒子なのです。カイルクペンギンの抱える問題に加えるとすれば、賢明な生存者は発達したトライブで製造に使用されているポリマーと同じ形質が(粒子を集中させることによって)カイルクペンギンの脂肪から精製できることを発見しました。これによって多くのトライブが「カイルクラブ」として広く知られるように、広範囲にわたってカイルクペンギンを狩る事態を引き起こしました。 飼育下において:彼らは全く戦闘の役に立たないので、戦闘用として飼う理由はありません。それでもカイルクペンギンは彼らのかわいらしさと人懐っこい性質、そして彼らの体が非常に熱いという理由からよく飼われています。カイルクペンギンのそばに居るだけで、生存者を氷山の長く厳しい夜を通して暖かくしておくのに役立ちます。(提供者訳)※カイルクラブの部分は言語ではKairu Clubbing、カイル「ク」ラブの洒落であるとともにこん棒のクラブと同好会やなんかのクラブのダブルミーニング
ペラゴルニスの調査書コウノトリやペリカンのような水鳥のはるかに大きな祖先であるPelagornis miocaenusは、現代の同族と多くの特色を共有しています。しかし、開けた深海の上で魚をとらえることに多くの時間を費やしているようです。実際、島の海岸にそって飛び回るよりも海の上で泳ぎながら羽を休めるほうが好きなので、島の海岸近くで野生のペラゴルニスを見かけることはめったにありませんでした。おそらくこの生態は生存本能によるものでしょう。結局のところ初期の中新世は恐竜の後の時代であり、ペラゴルニスは恐竜のような捕食者には慣れていないのだと思います。ペラゴルニスが人間からどれだけ素早く逃げるかを考えると、彼らに注意を払う人はほとんどいません。 飼育下において:飛行、歩行、そして水面を泳ぐ能力があるため、ペラゴルニスは島でもっとも汎用性の高い乗騎の一つですが、それなりの欠点もあります。ペラゴルニスが海面を静かに泳ぐことを可能にしている水かき付きの足は、ペラゴルニスが何かを地面から持ちあげて運ぶことを不可能にしており、これが生存者にとっては魅力的でなく感じる原因になるかもしれません。(提供者訳)
テラーバードの調査書Phorusrhacidae rapidesultorは体高8~12フィートほどの、非常に短い「飛行」しかできない大変攻撃的な鳥です。その代わり、彼らは高速スプリント中にバランスをとるために翼を利用します。その飛行は、実際には翼を羽ばたかせることによって補助され長く持続する、素晴らしく長持ちする跳躍や滑空に近いものです。Phorusrhacidaeはユタラプトルやカルノタウルス、ティラノサウルスなどの獣脚類と同じような、興味深い性質を示しています。彼らは一般的な捕食者によくみられる形質や行動パターンと共通したものを多く持っていますが、その攻撃は非常に高速なダッシュと嘴による切り裂きを行う傾向があります。飼育下において:Phorusrhacidaeは特に嫌がらせや偵察のために効果的な戦闘用乗騎です。彼らの騎乗者は獣脚類由来の高速かつ優れた地上における機動性の恩恵を得ており、さらに騎乗者は長い跳躍で彼らを滞空させることができると仮定すれば、飛行乗騎のような自由な動きのいくらかも得られるということになります。(提供者訳)
アロサウルスの調査書ティラノサウルスより小さくて素早く、カルノタウルスよりも大きくて遅いAllosaurus therotribusは、群れで生活し狩りをする獣脚類です。ほとんどの攻撃的な獣脚類は単独で行動していますが、アロサウルスは3匹で群れを作っています。その中の一匹が群れのリーダーで、他の個体はつがいか第二位の雄です。人間がトライブを結成するうえでの利益を見出しているように、アロサウルスは群れで狩りをするように進化しました。そののこぎり状の歯は獲物を傷つけ出血させ、逃げることを困難にします。アロサウルスが獲物に噛み傷を負わせ速度を鈍らせると、群れの残りのメンバーが素早く息の根を止めます。飼育下において:だれもが飼育下のアロサウルスを理想的だと思っているわけではありません。速度を重視する人は一般的にカルノタウルスを飼育し、純粋なストッピングパワーを求める人はティラノサウルスを選びます。しかしアロサウルスの騎乗者は出血を誘発する攻撃や関連して動く能力のようなアルファパック状態を、武器戦闘と効果的に組み合わせることができれば戦闘の流れを変えることができると尊重している傾向があります。(提供者訳)
アンキロサウルスの調査書島のほとんどの群れで生活する生物と異なり、Ankylosaurus crassacutisは小規模な家族単位で生活する傾向にあります。私は彼らは小さいグループにこだわることができるのは、その信じられないほど分厚い皮膚のおかげだと考えています。島の草食動物の中で最大のものではないにもかかわらず、アンキロサウルスは倒すのが難しい生物の一つです。その分厚い、鎧のような皮膚は、彼らを獲物にする中サイズの捕食者のいくらかに匹敵するものとなっています。無謀な肉食動物はアンキロサウルスの尻尾で殴られてしまい、彼らのとげで傷つくことが多いようです。飼育下において:訓練されたアンキロサウルス最大の特性は、疑う余地もなくその巨大な尻尾にあります。この尻尾は島の資源を含んだ岩をたやすく粉砕するおど協力です。島の裕福なトライブの一つは、鉱山や採石場でアンキロサウルスの部隊を運用しています。この生物の金属に対する親和性は、金属鉱石の重量を大いに軽減して運ぶことを可能にします。(提供者訳)
バリオニクスの調査書Baryonyx aquafulguarはカルノタウルスのように大きな肉食動物ですが、島の頂点捕食者に匹敵するほどの大きさではありません。深海の捕食者やスピノサウルスほど強くはありませんが、バリオニクスは非常に泳ぐのが速く、島のほとんどの生物を脅かすのに十分なほど機敏です。そして素早く、危険な恐竜であるにもかかわらず、バリオニクスは魚や水生生物ばかりを捕食しています。バリオニクスの極めて特殊な代謝は、栄養価の高い魚肉を食べた後に素早く傷を回復させることができるようです。もしかしたら、これはバリオニクスが陸上生物をほとんど襲うことがない理由、かもしれません。飼育下において:バリオニクスの水場での狩猟能力は、一度飼いならされれば海洋生物をより効果的に狩猟できるようになることを意味します。速さと強さを兼ね備えたバリオニクスは、頻繁に陸と水中を行き来し、単純な強さよりも敏捷性とスピードを重視する人にとっては理想的な選択肢となります。(提供者訳)
ブロントサウルスの調査書私が島でみた巨大生物の中で、Brontosaurus lazarusは今まで学んできたどの竜脚類よりも大きなものです。実際、この恐竜は非常に巨大なため、他の生物のほとんどを穏やかに無視しています。私はラプトルの群れが小さな恐竜を引き裂いて食べている横で、ブロントサウルスがそれには全く気付かずに餌を食べ続けていたのを見たことがあります。飼育下において:非常に従順なため、ブロントサウルスは素晴らしい群れの一員になります。平和的なトライブは信じられない量の物資を運ぶために利用し、戦闘的なトライブは軍隊を指揮するために利用します。その大きさと強さから、ブロントサウルスは島において「プラットフォーム」のサドルを載せられる特別な生き物の一種となります。ただ残念なことに、この強力さはブロントサウルスを飼いならすのにとても長い時間がかかることも意味します。何人かはこれがアパトサウルスやドレッドノート、アルゼンチノサウルス、あるいはほかの竜脚類だと考えるかもしれませんが、ここは奇妙な島であり、研究を行っているのは私一人です。私はこの属がブロントサウルスだと確信しているし、だれも私に異議を唱えることはできません。私の研究であり、私のルールなのです。(提供者訳)
カルノタウルスの調査書Carnotaurus pressorは、中型と大型の中間くらいの捕食者です。それは主にスピードを生かすことのできる、平らで開けた土地に生息しています。さらに、より大きな捕食者に対しては逃げるよりも戦うことを好むようです。カルノタウルスの角は、狩りよりもライバルと戦うために使われることの方が多いようです。だからといって彼らの角が危険でないということではありません。彼らはそれでも大きな獲物を骨抜きにすることができるのです。カルノタウルスは大型の捕食者の中では比較的小さな部類に入ります。ティラノサウルスが島の「ライオン」だとするなら、カルノタウルスは「チーター」というところでしょう。カルノタウルスの本当の脅威は、彼らに見つかったらあなたが逃げることができないということにあります。飼育下において:カルノタウルスの役割は明白です。ラプトルよりも大きくて早く、ティラノサウルスよりもはるかに小さいもののスピードでは勝ります。長く走った後の疲労状態が短かったことから、もっともバランスの取れた乗騎の一つといえるかもしれません。(提供者訳)
コンプソグナトゥスの調査書島でもっとも小さな捕食者の一つであるCompsognathus curiosicariusは、ペット、厄介者、あるいは脅威であるとみることができます。一匹でいる場合、コンプソグナトゥスは危険でも攻撃的でもありません。しかし、大きな群れでは肉食動物としての基本行動を思い出します。コンプソグナトゥスの群れがある程度以上の大きさになると、群れの考え方は常に「攻撃する」ように変わるようです。なんらかの理由から、コンプソグナトゥスは人間をもともと恐れていません。むしろ、人間とサバイバルのための道具に大いに興味があるようです。彼らはこの興味から人間のほうに引き寄せられ、この発見を探求するために群れの仲間を呼び寄せる傾向があります。これは通常、前述の群れによる攻撃につながり、危険な結果をもたらします。飼育下において:コンプソグナトゥスは、他のコンプソグナトゥスが近くにいると群れの攻撃性が高まり、攻撃力とスピードがますます高まります。さらに、彼らの危険に遭遇したときの合図はかなり遠くまで届くため、トライブとそのペットたちに危険をより効果的に警告し、いわゆる「コンピーギャング」を形成する可能性を高めます。(提供者訳)
ディロフォサウルスの調査書Dilophosaurus sputatrixは奇妙な生物です。それは一般に知られているディロフォサウルスのちょうど半分より大きいくらいで、捕食者から襲われるのと同じくらい頻繁に戦っています。Dilophosaurus sputatrixはディロフォサウルス族に共通しないいくつかの特徴を持ちます。彼らは非常に鋭い鳴き声と、首の周りに皮膚でできた襟飾りをもっています。私はこれらは仲間をひきつけるためと、獲物やもしかしたら捕食者を威嚇するために用いられていると考えています。Dilophosaurus sputatrixはただ獲物を攻撃するのではなく、狩りを行う前に毒を吐き出して相手を弱らせ麻痺させます。飼育下において:彼らの鋭い叫び声と侵入者を遠距離から攻撃できる能力によって、ディロフォサウルスは「番犬」にもっとも適しているようです。体が小さいので、乗騎としては適していません。(提供者訳)
ディプロドクスの調査書島の中で最も大きな生き物の一つであるにもかかわらず、Diplodocus insulaprincepは島に生息する竜脚類では小さな方です。ディプロドクスは体の大きさと知能の代わりに、最高速度と耐久性を発達させました。完全に成体になったとき、彼らは一般的には巨大なブロントサウルスの半分ほどにしかなりません。ディプロドクスはどうやって島で生き延びているのか私を混乱させる生き物の一つです。彼らはとても頭の鈍くてお人よしな動物で、このことがしばしば彼らに致命的な損害をあたえます。彼らは捕食者から何度も繰り返し攻撃されるまで決して逃げず、無意味な友情的な試みを何度もすることを好みます。いくつかの変わった理由から、ディプロドクスは人間を大いに信頼していて、人間に反撃するところを見たことがありません!飼育下において:ディプロドクスの小さめの胴体ゆえに、彼らは他の大きな生き物がつけられる「プラットフォーム」タイプのサドルを支えることはできません。これを補うために、多くの部族はかわりに10人の乗客を安全に輸送することを可能にする11人乗りのサドルを使用します。ディプロドクスの乗客は遠隔武器を使用し、ディプロドクスを守ったり、移動中に近くの敵を攻撃したりすることができます!(提供者訳)
ガリミムスの調査書だれかに島で最も速い生き物は何かと聞かれるとき、ガリミムスは常に比較対象になります。島のほとんどの装甲を持つ生き物と異なり、ガリミムスはほとんど何者をも追い越すことができる能力のために、強力な防御手段にでることはありません。臆病な草食動物のガリミムスは、平和で見通しのよい草原でも緊張して見えます。捕食者に対して危害を加える手段を持っておらず、ただ逃げて安全を保つためだけにその敏捷性を活かします。私は野生のガリミムスが、スピードトレーニングを受けたユタラプトルを追い抜いたのを見たことさえあります!飼育下において:飼育下のガリミムスの使い道については一般的に2つの立場があります。ある人たちは敵対的な生き物を効果的に攻撃することができず、ほとんど資源も集められないので基本的にトライブの負担になっていると考えています。別の人たちはガリミムスの素晴らしいスピードと長距離をジャンプする能力が、偵察と探索のために最適なものだと考えています。しかしながら、どちらの立場の人たちも、複数のトライブメンバーを迅速に輸送する能力に関しては、非常に有益であるという意見には同意しています。
ギガノトサウルスの調査書Giganotosaurus furiosaは巨大な捕食者で、ティラノサウルスやスピノサウルスよりも大きいです。ギガノトサウルスに追いかけられたり、追い詰められることはほぼすべての生物にとって確実な死を意味します!ギガノトサウルスと直接戦うことは全くいい考えではありません。攻撃が当たるたびにその怒りは急速に膨れ上がり、その怒りをもって蓄えたエネルギーをさらに用いて鉄のような顎による咬傷を次第に致命的なものにしていき、またスタミナを強化します。これに加えてその巨体はギガノトサウルスが途方もない量の攻撃を受け止めることを可能にします。そしてあなたは正面から攻撃するよりも、一般的には避けるか裏をかくような生物を持つようなほうがいいでしょう。飼育下において:ギガノトサウルスを飼いならすのは危険な挑戦です。その怒りの反応は、飼いならされているときでさえ味方のトライブを一時的に標的にすることがあります。とくに怒っているならば、ギガノトサウルスは乗り手を投げ捨てることさえするかもしれません!それでもその強大なサイズと力は、いくつかの勢力が大きなリスクを背負ってさえも戦争において恐怖を抱かせるための「重要な」生き物として飼いならそうと試みていることを意味します!
イグアノドンの調査書私が島で遭遇した多くの生き物の中でも、Iguanodon vicissitudinisはその時の必要性によって移動の方法を切り替えるという、明らかに用途の広い能力をもっています。通常は島の森林や草原に生息する無気力な二足歩行の草食動物ですが、スピードや小回りが求められる状況ではすぐに四足歩行の姿勢に変わり、全く別の生き物のようにふるまいます!二足歩行の間、イグアノドンは親指のスパイクで素早く突き刺す攻撃を行うことができます。四足歩行の時は、全力疾走しながらも無限のスタミナを供給されているようです!飼育下において:興味深いことに、イグアノドンの親指のスパイクはイグアノドンに果物から種を取り出す能力も提供し、農業者が種付けのために、果物の山を種の山に簡単に変えることを可能にします。その非常に効果的な果実収穫能力と大きな運搬能力は二足歩行でのイグアノドンの優れた機動性と合わせて、必要な時には迅速な逃走や機敏な防衛をやってのける理想的な農業労働者にします。
の調査書
の調査書

スコーチドアース Edit

スコーチドアース

生物名内容
スコーチドアース
カマキリの調査書このカマキリのような生物は、興味深いと同時に恐ろしい存在でもあります。記録されている中では、手を大きく開いてものを掴んだり道具を使うことができる唯一の昆虫というだけでなく、人類以外の生物の中では比類無いレベルの知能を持ち合わせています。カマキリ同士の交流時にカマキリが発する音の中に、明らかなパターンが見つかったことすらあります。まるで何らかの方言を使っているかのようでした。この交流についてはぜひとも掘り下げて研究したいところですが、カマキリを間近で観察するのは、極めて危険です。そのサイズや知能、非常に遠距離からでも獲物に飛びかかれる能力を考慮すると、見つかったら一気に群がられて殺されるかもしれません。注意した方がいいでしょう。飼い方。危険な行為ではありますが、カマキリを上手く飼い慣らすことができれば非常に役に立つでしょう。そのユニークな爪のおかげで戦闘時に槍や長槍といった近接武器を操ることができ、資源収穫時には道具を使うこともできます。この能力によってカマキリは非常に強力なマウントあるいは歩兵となっており、収集者としても非常に効率的な生物となっています。(PS4公式訳)
ジャグバグの調査書素早く飛ぶ昆虫であるジャグバグは2種類存在し、外骨格に赤と緑どちらの模様がついているかという点でのみ見分けることができます。この2種類は生態面においても行動面においても、ほとんど同じです。唯一はっきりと違う点は、背中についている伸縮自在な袋にどのような資源を集めるかという点のみです。緑の模様が付いたジャグバグは水を集め、赤の模様のジャグバグは原油を集めます。このユニークな能力のせいで、ジャグバグは自然界の捕食者と人間のサバイバーの両方から狙われています。正しいタイミングで緑のジャグバグを見つければ命が助かるでしょうし、サバイバーは赤いジャグバグが作り出す原油をあらゆる用途に使うことができるでしょう。飼い方。島の多くの昆虫同様、ジャグバグを飼い慣らすことはできません。サバイバーにとっての利点は、狩ったときに手に入る資源ぐらいでしょう。(PS4公式訳)
デスワームの調査書巨大なKhorkol arraklsは現地の人々から一般的に「デスワーム(死のミミズ)」と呼ばれていますが、本当にミミズなのかはどうか怪しいところです。水棲動物である二イソメなど一部の条虫類といくつかの類似点はありますが、その生態は環形動物類とは異なっているようです。しかし、名前の「デス」という部分はこれ以上ないほど的を射ています。デスワームは間違いなくこの砂漠における最上位の捕食者です。無謀にもエンドレステューンズに足を踏み入れた者は、その大きさや獰猛さに関わらず必ず貪り食われることになります。デスワームはほとんどの時間を砂漠の地中で過ごし、一噛みで獲物を貪るときだけ地上に飛び出します。デスワームを切り抜けるには、最初の一突きを避けられるかどうかにかかっています。その直後に一瞬だけ動きが止まるからです。理論上はその間に縄張りから逃げ出す隙ができます。まあおそらく無理でしょうが。飼い方。デスワームを飼い慣らそうとしてもほぼ確実に失敗し、苦しんで死ぬことになるでしょう。この砂漠のサバイバーは、なんとしてでもデスワームの縄張りは避けるべきです。(PS4公式訳)
フェニックスの調査書飛行生物の中で最も謎の多い生物であり、何世紀にもわたって語り継がれてきた伝説以外には、フェニックスに関する情報はほとんど存在しません。このような伝説は時間とともに変化してきましたが、火を浄化と復活の象徴とする点は今も変わっていません。フェニックスは永遠に死と復活を繰り返すことでこのプロセスを実現しているのです。フェニックスは砂漠の強烈な熱波によって生まれ、いわゆるこの“加熱”が終わることで、一瞬のうちに灰に戻ると考えられています。多くの生物に対して中立的ですが、一噛みで標的を炎上させる能力があるため、怒らせると危険であることは間違いありません。飼い方。フェニックスをなだめるのは、文字通り、火遊びをするようなものです。テイムが終わるまでに何度もフェニックスを炎上させることになるでしょう。その過程で塵や灰になる者を何度も目にしてきました。怒りを静めたフェニックスは、燃えることで体力を回復します。体が小さいために乗ることはできませんが、その強力な炎は計り知れないほどの戦力になります。さらにフェニックスがいれば美味しい焼きこんがり肉をすぐに作ることができ、生きた炉として利用すれば、好きなときに鉱石を精製することもできます。(PS4公式訳)
ハゲワシの調査書ハゲワシは、サハラやサヘルやネゲブ砂漠に住んでいる、Toraos trachellotosとTorgos negevensls(一般的にミミヒダハゲワシと呼ばれています。)の仲間だと考えられています。彼らと同じように、ほかの生物の腐った死体を食べる腐食動物であり、食べ物を守るときにだけ攻撃的になります。このことから、ハゲワシの集団が頭上を旋回していたら、注意した方がいいでしょう。これはつまり、その下に、戦闘で傷を負った生物がいることを意味しているのです。飼い方。巨大な羽を持っているにも関わらず、荷物運びには向いていません。また驚くほど軽量です。サバイバーの中にはハゲワシをテイムして、自分の肩に乗せている人もいます。興味深いことに、ハゲワシは分割された胃袋を持っており、そこに生肉を保存してゆっくり腐らせることができます。この特性を利用すれば、理論的には、料理用の肉を保存することができるはずです。(PS4公式訳)
の調査書
の調査書

アベレーション Edit

アベレーション

生物名内容
アベレーション
の調査書
の調査書

エクスティンクション Edit

エクスティンクション

生物名内容
エクスティンクション
の調査書
の調査書
 

コメント欄 Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 追加してほしい生物情報あれば、直接wikiに追加していただくか、コメント欄にお願いします。 -- 2019-08-23 (金) 20:40:08
  • ケントロサウルス調査書:野生では:Kentrosaurus aethiopicusは近縁種であるStegosaurus regiumよりもかなり小さい一方で、自衛についてははるかに手ごわいといえるでしょう。それは群れが近くにいる状態で遭遇した場合、間違いなく島の草食恐竜の中でも上位に位置する階級チャンピオンと言えるでしょう。とても鋭い防衛のためのとげのおかげで、ケントロサウルスを攻撃する生き物は逆に負傷する可能性が高く、攻撃を行えば最も厚い皮膚や鎧ですら貫通することが可能です。私は個人的に、ケントロサウルスがたった一回の「突き刺すような」動きではるかに大きな捕食者を打倒したのを目撃したことがあります!ケントロサウルスを過小評価することは、特に相手が群れでいる場合、致命的な失敗となることがあります。数匹で群れている場合、ケントロサウルスはより攻撃的になり、防衛するなわばりが広くなります。飼育下において:そのとげと気まぐれな性格のために、ケントロサウルスに乗るサバイバーの試みはほとんど成功していません。しかし、飼いならされたケントロサウルスの群れは、居住地の防衛や大きな肉食動物に挑戦することにおいて効果的です。一度攻撃によって相手が突き刺さったら、ケントロサウルスは敵を何度も地面にたたきつけ、長く激しい戦いの流れを変えることに役立ちます! -- 2019-08-23 (金) 21:43:30
    • メガロサウルス調査書:野生では:島の他の大型獣脚類と同じく、Megalosaurus noctedominusは攻撃的な洞窟の捕食生物であり、軽く見てはいけません。他のほとんどの獣脚類と違って、主に夜行性の生き物です。夜明けが近づくと、メガロサウルスは昼間の間、比較的安全に眠って過ごせる静かな場所を探し始めます。逆に言えば、日中にたたき起こされた場合、メガロサウルスの動きは著しく緩慢です。どちらにせよ、その主な戦い方はターゲットに噛み付き、鉄のごとき顎でがっちりととらえることです。メガロサウルスが顎を閉じた場合、逃れられるのは大型の生物だけです。その後、メガロサウルスは死ぬまで獲物をかじり続けます。それは心底恐ろしい光景であり、トライブが機敏な敵に対して採用する、恐ろしい戦術となります。飼育下において:メガロサウルスは最も強力な獣脚類ではありませんが、宵闇における襲撃者としては依然として高い人気を誇ります。夜行性の性質により、夜のメガロサウルスはより手に負えなくなり、攻撃を避けたり、スタミナを節約したり、より効果的に攻撃するなどいくつかの才能を強化されます。 -- 2019-08-23 (金) 21:43:54
    • ミクロラプトル調査書:Microraptor Gnarilongusは、島で最小の非鳥類恐竜の一つです。ミクロラプトルは体の大きさのために非常に素早い、獰猛な肉食動物です。ミクロラプトルは大きさに関係なく、あらゆるものに対して攻撃的で、自分を頂点捕食者だとおもいこんでいます。特に一匹ではない場合、目に入った人間を攻撃します。狩りをするとき、ミクロラプトルの速度は武器の一つにすぎません。持続的に飛行することはできませんが、その翼によってジャンプ中に数秒間滞空することができるのです。これによって、ミクロラプトルは獲物の弱点を攻撃したり、小さな川魚を探すことができます。注目すべき点として、この生き物はこの能力を使って、気づいていない人間を乗騎から蹴り落す傾向があります。飼育下において:ミクロラプトルは武装した敵に対抗する最強手段ではありませんが、敵の騎乗者を乗騎から引きずり落とすのに特に適しています。ミクロラプトルの弱い生物を攻撃する性質は、猛烈な跳躍で騎乗者を攻撃する間、乗騎を無視できるということを意味します。 -- 2019-08-23 (金) 21:44:19
    • 以上、英wikiから翻訳。 -- 2019-08-23 (金) 21:46:33
  • 他探索書ページにある生物欄は消す方向なのかな? -- 2019-08-23 (金) 23:39:50
    • 生物専用ページはいらない?確かに文字数やばいかな、とは思ってるけど。 -- 2019-08-27 (火) 01:08:50
コメント: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White