Top > 恐竜別役割一覧
HTML convert time to 0.022 sec.


恐竜別役割一覧

Last-modified: 2018-04-10 (火) 09:53:48

恐竜別役割(運用) Edit

恐竜ごとに何ができるかの早見表。主に初心者向けでPvE用。
基本的にいると生活水準が向上する生物達を表記。

 

能力欄は大きく分けて4種類。複数の能力がある生物も存在する。
戦闘…敵を倒す能力。
採取…資源を獲得する能力。
運搬…重量が高い、特定の資源の重量を抑える等輸送に長ける。
特殊…他の生物ではそもそも行えない行動があるか。実用的な場合のみ表記。

 

使用頻度…。表を見ても多すぎて悩んでしまう人や、初心者、タイム制限の厳しいサーバー向け。
◎…誰もがテイムしている程に優秀。または序盤等の特定期間内で毎日のように使用する恐竜。
○…テイムするとお世話になる機会が多い恐竜。
△…テイムするとたまに使う機会がある恐竜。
×…テイムすると稀に(局所的に)使う機会がある恐竜。

 

採取欄の赤字は対象物に対し最高クラスの効率を誇る生物。複数いる場合あり。
また、採取物には生成物も含む。採取出来るがそれが目的で使用しない場合は未記載。(ペットの大半がワラを採取出来る等)

 

※ここにない恐竜が役割を持てないわけではなく、あくまで参考です。
※編集者の体感なので必ずしも評価が正しいとは限らないので注意。

随時追加予定。

序盤に活躍する生物たち Edit

主にサバイバーLv60までにサドルが作れる生物達。最遅でLv62のアルゲンタヴィス。
サバイバーのレベルはLv60を境に急激に必要経験値が増える為、便宜上Lv60までを序盤と仮定しています。
下記の一覧から抜粋しただけなので後述の表と内容は重複します。
序盤に活躍、序盤から活躍、両方の意味を含みます。例:前者はパラサウロロフス等、後者はアンキロサウルス等。

恐竜名騎乗採取役割使用頻度その他・備考
アンキロサウルス・火打石採取ピッケルよりも高い採掘能力を持つ。金属鉱石の重量を75%軽減する。キブルをブリーディングに使用する。
イグアノドンベリー戦闘・採取・運搬高めの重量を持ち、4つ足モードなら俊足かつ無限に走ることができる。また、果実から種を取り出せるので素早く目的のものを栽培できる。種は腐敗しない食料としても役立つ。戦闘も中型相手なら撃退も可能。トリケラトプスより能力こそ高めだがサドルがLv30解禁と若干遠い。
カストロイデス木材採取・運搬・特殊水中呼吸可能、サドルに作業台の機能がある。石。木材、わら、繊維に重量50%軽減あり。木材採取ペットで最もテイムのハードルが低い。野生時に作る巣の利用価値が非常に高い。サドル解禁がLv61と遠めなので注意。
カルノタウルス戦闘俊足。序中盤に活躍する戦闘用肉食恐竜。キブルがダイアウルフ、ショートフェイスベア、トリケラトプスに有効。
ショートフェイスベア繊維・ベリー・肉・皮戦闘・採取・運搬ティラノ並の戦闘力に加え、ガリミムス並の最高速度を誇る。ハチミツの採取量が多く、蜂からのダメージも肩代わりしてもらえる。植物類、繊維、肉皮類とオールラウンドな採取が可能。微弱ではあるが気温の高低に対して耐性を付加してくれる。ただしHPが低い。テリジノサウルスに近い能力。あちらと違いやたら敵対される。
ディロフォサウルス不可-特殊ドードーと同じくキブルが優秀で、主に鉄の専門家アンキロサウルスと石の専門家ドエディクルスに有効。キブルをブリーディングに使用する。
サルコスクス戦闘アプデで強化。機動力が大幅に増強され、カルノ並の戦闘力を持った水陸両用万能ペットへ変貌した。海初進出はサルコが良い選択肢になるだろう。必要キブルがトリケラで作りやすく、サドル解禁もLv35と早め。生息は沼地なのでテイム難易度は少々高め。
トリケラトプスベリー/藁戦闘・採取ベリーを採取出来る。攻撃のノックバックが大きくダメージを受けずに攻撃出来、大型肉食恐竜に対してバフを持つので戦闘力は高め。テイム難易度も低い。サドルもLv16解禁で最序盤~序盤にかけて必須級の活躍を見せる。ただしスタミナに難あり。ベリーの採取量が全ペットの中でもトップクラスなので機動力の割に多く手に入る。キブルをブリーディングに使用する。
ドエディクルス採取石を大量に採取する能力と持ち、石の重量を75%軽減する。石建築に非常に役立つが鉱脈、水晶でも石しか取れないのに注意。
ドードー不可-特殊ドードーのキブルが優秀で空の入門プテラノドン、海の入門イクチオサウルスに有効。卵を頻繁に生むので飼料としてのキブル量産、サバイバー用の食糧生産元としても利用可能。キブルをブリーディングに使用する。
パラサウロロフスベリー/藁採取最序盤からベリーを採取出来るペット。効率は悪いがそれでも素手の倍以上の効率。重量も高めでベリーを多く持てる。索敵能力と咆哮の撃退能力を利用する事で野ざらしになりがちな序盤のテイム済み動物を守れる。キブルをブリーディングに使用する。
フンコロガシ不可肥料・原油特殊糞をいれて放浪モードに設定すると原油と肥料を作り出す。特に肥料はトイレやコンポストと比べ物にならないほど大量に作る。
フィオミアフン特殊ナンバーワン糞製造機。テイムもしやすく肥料箱時代からフンコロガシのお供まで末永くお世話になる
ユタラプトル戦闘最序盤の戦闘ペット。ボーラさえあればテイムが簡単。最序盤の護衛や肉、皮集めで活躍する。キブルをブリーディングに使用する。
アルゲンタヴィス-運搬飛行生物。中~小型生物をつかむことができる。重量が高めかつ鉱石系の軽減能力あり。サドルの作業台機能も合わせて序中盤の空中輸送及び探索に活躍する。サドルがLv62開放と遅い。(序盤の表の中で最も遅い)
プテラノドン-運搬重量が低く、小型生物しか掴めないが、サドル解禁がLv38と突出して早く、安全な南部に多数生息し、ボーラが効き、ドードーキブル要求と飛行生物の入門。アイランド生息の中では最速。使いやすい回転攻撃でサバイバー騎乗の空中戦では特に使いやすい。
イクチオサウルス-運搬水中で最速クラス。重量は高くないがテイムが簡単で、キブルもドードーなので海の入門向けと言える。
メガロドン-戦闘水中の戦闘入門向けペット。深海に生息する大型恐竜やクラゲ、電気ウナギ等の相手は厳しいがメガロドンやメガピラニア程度なら蹴散らす事が出来る。

陸上生物 Edit

恐竜名騎乗採取役割使用頻度その他・備考
アフリカマイマイ不可セメント特殊放浪モードで有機ポリマーを増やす・セメントの代用品を生産する
アンキロサウルス・火打石採取ピッケルよりも高い採掘能力を持つ。金属鉱石の重量を75%軽減する。キブルをブリーディングに使用する。
イグアノドンベリー戦闘・採取・運搬高めの重量を持ち、4つ足モードなら俊足かつ無限に走ることができる。また、果実から種を取り出せるので素早く目的のものを栽培できる。種は腐敗しない食料としても役立つ。戦闘も中型相手なら撃退も可能。トリケラトプスより能力こそ高めだがサドルがLv30解禁と若干遠い。
エクウス-運搬・特殊俊足・ジャンプ可能。サドルにすり鉢の効果があり、石、キチンケラチンの重量を半減、セメントの重量を80%カットする。サドルがある場合投げ縄を使用して、一部生物を引っ張ることができ、後ろ蹴りは即座に昏睡値を上昇させる。焦土やラグナロクでは粘土や砂、サボテン樹液の重量80%軽減が非常に強力。
オヴィラプトル不可-特殊放浪モードにすると付近のペットの交配時間及び産卵間隔が約33%減少し、卵を獲得しやすくなる。
カストロイデス木材採取・運搬・特殊水中呼吸可能、サドルに作業台の機能がある。石。木材、わら、繊維に重量50%軽減あり。木材採取ペットで最もテイムのハードルが低い。野生時に作る巣の利用価値が非常に高い。サドル解禁がLv61と遠めなので注意。
カルノタウルス戦闘俊足。序中盤に活躍する戦闘用肉食恐竜。キブルがダイヤウルフ、ショートフェイスベア、トリケラトプスに有効。ブリーディングにも使用する。
カマキリ火打石・斧、ピッケル装備可採取・戦闘DLC:SEとラグナロクに生息。斧やピッケル、松明、剣等人間が片手で使うツールを装備出来、対応した資源を獲得する事が出来る。特に専門とするペットがいない火打ち石を集めやすい。重量はあまり高く無く、テイム難易度が高い点は注意。
ギガノトサウルス戦闘・採取エンドコンテンツ的な位置づけの恐竜。規格外の戦闘力を持つ。一見過剰に思える戦闘力だが、肉の採取量がテリジノサウルスの特化並。加えて巨躯で足が非常に速く、攻撃判定も異常に広く、生肉集めに最適。ブリーディング用の餌等のお供に。
ギガントピテクス繊維採取放浪モードにて繊維を自動採取してくれる。草が生える囲いの中で放浪させるといつの間にか繊維を百スタック単位で確保してくれる頼もしいペット。ただし、必要キブルがティタノボアキブル。
ショートフェイスベア繊維・ベリー・肉・皮戦闘・採取・運搬ティラノ並の戦闘力に加え、ガリミムス並の最高速度を誇る。ハチミツの採取量が多く、蜂からのダメージも肩代わりしてもらえる。植物類、繊維、肉皮類とオールラウンドな採取が可能。微弱ではあるが気温の高低に対して耐性を付加してくれる。ただしHPが低い。テリジノサウルスに近い能力。あちらと違いやたら敵対される。
サーベルタイガー皮・毛皮戦闘・採取死体を攻撃したときに毛皮・皮を多く採取する特性を持つ。俊足かつジャンプも可能で移動面に優れ、耐久力は低めだが攻撃力が高くある程度の戦闘が可能。ダイアウルフと似ているがこちらの方がテイム難易度が低い。
ダイアウルフ戦闘俊足・ジャンプ可能と移動面に優れる。サーベルタイガーと比べると皮採取能力とサドルがない分の防御力で劣るが、攻撃力と攻撃速度、HPで勝る攻撃的な性能。サドルがないので数を増やしやすい。ただしテイム時間が長めで場所も危険。
ダエオドン-戦闘・特殊特定の藪からレアマッシュルームのみ採取・治癒バフ能力・餌効率が独特。ある程度の高速回復を備えており、HPが高く、攻撃力も低くないのでサイズの割に戦闘が高い。
ティラノサウルス戦闘言わずもがな戦闘のエキスパート。その戦闘力はいるだけで心強い。キブルがケツァルコアトルス及びプレシオサウルスに有効。
テリジノサウルス木材/藁/繊維/ベリー/肉/皮/毛皮/キチン戦闘・採取採掘系以外のほぼすべての素材を大量に採取可能(ボーナスにより変動)。ただし重量軽減は一切ないので注意。攻撃力・攻撃速度・移動速度・旋回性能が軒並み高く、草食動物の中でも抜群の性能。更に大型肉食恐竜以外のほぼ全ての恐竜から敵対されない。ただしキブルの用意が非常に困難でかつテイム時間が異様に長い。昏睡の回復も早め。
ディロフォサウルス不可-特殊ドードーと同じくキブルが優秀で、主に鉄の専門家アンキロサウルスと石の専門家ドエディクルスに有効。キブルをブリーディングに使用する。
トリケラトプスベリー/藁戦闘・採取ベリーを採取出来る。攻撃のノックバックが大きくダメージを受けずに攻撃出来るので戦闘力は高め。テイム難易度も低い。サドルもLv16解禁で最序盤~序盤にかけて必須級の活躍を見せる。ただし移動速度とスタミナに難があり。ベリーの採取量が全ペットの中でもトップクラスなので機動力の割に多く手に入る。キブルをブリーディングに使用する。
ドエディクルス採取石を大量に採取する能力と持ち、石の重量を75%軽減する。石建築に非常に役立つが鉱脈、水晶でも石しか取れないのに注意。
ドードー不可-特殊ドードーのキブルが優秀で空の入門プテラノドン、海の入門イクチオサウルスに有効。卵を頻繁に生むので飼料としてのキブル量産、サバイバー用の食糧生産元としても利用可能。キブルをブリーディングに使用する。
パラサウロロフスベリー/藁採取最序盤からベリーを採取出来るペット。効率は悪いがそれでも素手の倍以上の効率。重量も高めでベリーを多く持てる。キブルをブリーディングに使用する。
ヒエノドン不可戦闘・特殊小サイズ生物の中では破損しないサドル型防具をつけられる点で優秀、アルファブーストと群れボーナスもあり、また獲物を収穫することでHPを回復する能力を持つなど継戦能力に優れる。防具のミートパックは装備時肉類の重量軽減及び保存期間をサバイバー比8倍にする、食料保存塩で更に倍の16倍まで高めることが可能。
ヒツジ-特殊サドル無しで騎乗でき、かなりの傾斜を楽に移動出来る。毛皮の代用品である羊毛をハサミによる毛刈りで採取可能。毛は時間でまた伸びる。また、死体から得られる羊肉のテイム効果が非常に高く保存期間も長い。高レベル個体テイムしておく事で肉食恐竜テイム時に羊肉にする事も…
フンコロガシ不可肥料・原油特殊糞をいれて放浪モードに設定すると原油と肥料を作り出す。特に肥料はトイレやコンポストと比べ物にならないほど大量に作る。
フィオミアフン特殊ナンバーワン糞製造機。テイムもしやすく肥料箱時代からフンコロガシのお供まで末永くお世話になる
プロコプトドン-特殊非常に高い機動力と積載重量を持つ移動用動物、小型動物を腹部の袋にしまった状態で移動可能で、しまい込まれたサバイバーや動物は+169の高い寒暖耐性を得られ、更にメイトブーストのかかっているメスにしまい込まれた赤ん坊動物の食料値減少の緩和、インプリント時の刷り込み値ボーナスを付与する。
マンモス木材・ベリー採取攻撃判定に木を多くとる効果があり木材の重量を75%軽減する。一匹で大量に採取・運搬が可能。ただし木材と一緒にベリーも採取してしまう。
メガロケロス戦闘・採取俊足、ジャンプ可能。雄限定だがサーベルタイガーより攻撃力が高く、ノックバックも強い。ベリーをとる能力がないため、ベリーの重さを気にすることなく大量のわらと少量の木のみを採取できる。わらを採取するペットは多いがメインで採取となるとメガロケロスが有力。
メガテリウムキチン戦闘・採取・運搬雑食の良さはクマさんと同じ。高い攻撃力に加え特定状況下ではさらに強化される。キチンを大量に採取できるほか採掘系以外を全般に採取可能。高い重量とまともな移動速度で運搬にも大活躍。また、ボスのブルードマザー戦では大活躍する。
モスコプス不可有機ポリマー採取色々な採取物にブーストを割り振れる。特に有機ポリマーの採取に長け、他の追随を許さない効率を叩き出す事が出来る。
モレラトプスベリー特殊水辺に置く、雨にあたるなどの行動で水分を750まで溜められる。砂漠の中では水は貴重(スコーチドアース)
ユタラプトル戦闘最序盤の戦闘ペット。ボーラさえあればテイムが簡単。最序盤の護衛や肉、皮集めで活躍する。キブルをブリーディングに使用する。

水陸両用 Edit

恐竜名騎乗環境能力使用頻度その他・備考
ディプロカウルス水中でのみ可-採取水中でしか騎乗できないがサドル不要。スキューバ装備が揃うまでのつなぎとして、酸素をほとんど気にせず水中探索ができる。三葉虫に対し特攻あり
サルコスクス戦闘アプデで強化。機動力が大幅に増強され、カルノ並の戦闘力を持った水陸両用万能ペットへ変貌した。海初進出はサルコが良い選択肢になるだろう。必要キブルがトリケラで作りやすく、サドル解禁もLv35と早め。生息は沼地なのでテイム難易度は少々高め。
バリオニクス-戦闘・採取俊足・ジャンプ可。魚食であり、魚肉を大量に採取する。騎乗生物侵入可能な洞窟にはほぼ全てに侵入可。洞窟内での戦闘力がトップクラスで特に水中でのスタン攻撃が強力。騎乗したまま採掘や武器の使用が可能。
ベールゼブフォ-戦闘・採取・特殊水中呼吸可能。ティタノミルマ、メガネウラを倒すまたは死体を収穫することでセメントを生産。ジャンプも高いので悪路,洞窟に強い。攻撃に昏睡値上昇効果があり、陸上・水中問わず騎乗しながら遠距離武器を使えるのでテイムマウントとして利用可能。

飛行生物 Edit

恐竜名騎乗環境能力使用頻度その他・備考
アルゲンタヴィス-運搬飛行生物。中~小型生物をつかむことができる。重量が高めかつ鉱石系の軽減能力あり。サドルの作業台機能も合わせて序中盤の空中輸送及び探索に活躍する。
イキオオミツバチ不可ハチミツ特殊テイムすることで有用な蜂蜜を得られる蜂の巣を好きな場所に設置出来る、釣り餌として最上級である他に一部の動物に対してキブル並みのテイム餌として利用出来る。草食の貴重な回復食のケーキの材料にも使われ、出来上がったケーキはヒツジとアフリカマイマイのテイムに使われる。
グリフォン運搬,戦闘ラグナロク生息。サドルが不要。ダイブ攻撃あり。二人まで同時に騎乗可能。騎乗操作してる本人が武器を使える事が最大の特徴。また、急降下の速度を横移動に利用する事で全生物中最速を誇る。
ケツァルコアトルス-運搬・特殊中~準大型生物まで掴むことができる。プラットフォームサドル対応の唯一の飛行マウントで、運べる重量も飛行種随一。
タペヤラ-特殊アイランドでは唯一のマルチサドル飛行マウント。水平移動やバックが可能。高所の建築で便利。他のサバイバーを乗せて運べ、同乗者は手持ち武器を自由に扱える為多人数プレイで特に有用。エンドコンテンツとしてTEKサドルが存在する。
プテラノドン-運搬重量が低く、小型生物しか掴めないが、サドル解禁がLv38と突出して早く、安全な南部に多数生息し、ボーラが効き、ドードーキブル要求と飛行生物の入門。アイランド生息の中では最速。使いやすい回転攻撃でサバイバー騎乗の空中戦では特に使いやすい。
ペラゴルニス有機ポリマー採取ペンギンから得る有機ポリマーにボーナス。水面に着水可能で魚に対して特攻が有り、判定も大きいので魚肉採取能力が高い。
ワイバーン肉・皮運搬,戦闘スコーチドアース、ラグナロク生息。野生卵を盗むことによるブリーディングのみで飼育可能。サドル不要。空飛ぶティラノという戦闘力。ケツァルには劣るが掴める生物が非常に多い。速度もプテラノドンより速い。図体がでかく、降りても小型生物はサバイバーを攻撃出来ず見上げていたり、中型生物はワイバーン自体にハマって動けなくなる通称ワイバーントラップも存在する。

水棲生物 Edit

恐竜名騎乗環境能力使用頻度その他・備考
アンコウ真珠採取・特殊真珠貝を採取可能。水棲生物で最も小回りが効くので水中建築のお供にもなる。光源として照らすことのできる範囲が広く水中、沿岸部の光源として利用可能。採取出来るアンコウのジェルもかがり火などの燃料として最上級の性能
イクチオサウルス-運搬水中で最速クラス。重量は高くないがテイムが簡単で、キブルもドードーなので海の入門向けと言える。
エラスモサウルス-戦闘・運搬大型戦闘向けペット。全ての能力が高水準なので快適に過ごす事が出来る。特に移動速度が大型にしては速い。テイムも浅瀬に来ない事を逆手に取ると簡単。
ダンクルオステウス鉄・原油戦闘・採取水中の採掘資源を採取可能な古代魚。高い攻撃力と自前の装甲+サドル防御でクラゲ以外ならモササウルス相手にすら戦闘ができる。致命的な欠点として移動速度とスタミナがある。
トゥソテウティス-戦闘・特殊水中最強。戦闘力が飛び抜けて高い。バシロサウルスほどの生成速度はないが原油を生み、PvPのみ掴み攻撃でほとんどの海の生物を一方的に倒せる上、つかんでいるだけで昏睡値を上昇させるため海の生物のテイムも簡単。バシロサウルスと同様に腐敗する原油を50個まで生成する。
バシロサウルス原油戦闘・特殊時間経過で腐敗タイマーのある原油を20個まで生成。水面に近いほど高速回復する。電気クラゲや電気ウナギの感電を完全に無効化する。
メガロドン-戦闘水中の戦闘入門向けペット。深海に生息する大型恐竜やクラゲ、電気ウナギ等の相手は厳しいがメガロドンやメガピラニア程度なら蹴散らす事が出来る。
名前?騎乗環境能力重要度(仮)その他・備考

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 編集ミスでコメントが数件コメントが消えてしまいました。一応指摘された部分は分かる範囲で修正しておきました -- 2018-01-04 (木) 14:31:49
  • イクチオサウルス水中最速ってなってるけどマンタよりも速いの? -- 2018-01-13 (土) 01:42:13
    • 速度は同じでレベルアップ加算するとマンタの方が早くなります -- 2018-01-13 (土) 02:31:49
  • 水陸両用にサルコスクスの記載がほしいですね。備考としては水中をスタミナを消費せずに高速ダッシュできる。上下移動は遅い。騎乗撃ち可。戦闘力、重量もそれなりにあり、海の資源回収や水棲生物をテイムするためのマウントとして優秀。陸上では普通にダッシュはスタミナを使う上、ダッシュしないと鈍足。とかでどうでしょうか? -- 2018-03-06 (火) 16:10:46
    • 編集ついでに熟考したのですが、まず騎乗撃ち。これは取り回しの意味でカエルの存在が大きく、戦闘、重量面ではバリオのほぼ下位互換なので有用とはいい難いですね…。ただ、もうすぐサルコの強化があるのでそれ次第で返り咲くかもしれません -- 2018-03-06 (火) 17:09:29
      • むう、残念。海に進出する際のマ騎乗ペットとしてとても役に立ったのでオススメしたのですが… -- 2018-03-06 (火) 19:34:18
      • TLCで晴れてリスト入りおめでとう! -- 2018-03-23 (金) 00:28:52
      • 気づくのが遅れました。ありがとうございます! -- 2018-04-18 (水) 10:35:51
  • テス。コメント欄がおかしいので手を加えてみました -- 2018-03-06 (火) 17:06:16
  • アルゲンタヴィスのサドルレベル62って序盤なのか…? -- 2018-03-22 (木) 20:01:48
    • というかどこまでが序盤でどこからが中盤でどこからが終盤なんだ -- 2018-03-22 (木) 20:06:20
      • 具体的に何レベルで序盤が終わるとかそういうゲームじゃないもんな -- 2018-03-22 (木) 20:22:26
      • クラフトで分けるなら作業台以前、作業台後、旋盤後?手に入る恐竜はマップで大きく違うしなぁ -- 2018-03-22 (木) 20:42:41
    • Lvの表見てみれば分かるよ。Lv60から急激に必要経験値が伸びる。アルゲンはギリギリ序盤入りって感じ -- 2018-03-22 (木) 23:44:22
      • じゃあ中盤はどこまでだろう。個人的にはアルゲンは中盤(の開始当たり)クラスだと思ってた -- 2018-03-22 (木) 23:56:48
      • アルゲンテイムできたら中盤スタートって感じだよなあ となると中盤じゃねえの -- 2018-03-23 (金) 00:11:35
      • アルゲンテイムで中盤スタートだろうねぇ。中盤の終わりはボス倒してレプリ作製に取り掛かるあたりじゃないかな -- 2018-03-23 (金) 00:36:00
  • バシロが生成するものが墨になってるけどバシロは油じゃね? -- 2018-03-25 (日) 11:38:40
    • 説明文よく見てみ、イカのやつを流用したから墨になってる -- 2018-03-25 (日) 12:00:22
      • まぁ、こういう指摘もあった事だし、特に意味も変わらないので省略しますね -- 2018-03-25 (日) 15:21:14
  • 我らがカマキリ大先生がいないぞ 採取戦闘力洞窟性能どれをとっても一級品だと言うのに(なおテイム難度 -- 2018-03-25 (日) 11:39:52
    • アイランドでやってるから詳しくわからないのでここに説明書いてくれたら足せるよ -- 2018-03-25 (日) 15:32:43
  • テリジノ等、便利だけど別にいなくてもなんとなるのが多いので重要度は素直に使用頻度へ変えたほうがいいのでは? -- 2018-04-07 (土) 18:52:41
    • それをいったらほとんどのことはプレイヤーの手で出来ちゃうからなぁ。いたら使う度ってのは上に書いてあるし -- 2018-04-07 (土) 19:25:09
      • だから素直に使用頻度の表記でいいじゃないですか?と言ってるわけですよ -- 2018-04-08 (日) 07:54:10
      • まぁ言葉が気になる人がいるなら変えたとこで対して影響無さそうだから編集しちゃっていいんじゃない? -- 2018-04-08 (日) 09:37:08
      • この手の事はぶっちゃけ指摘するより変えましたって事後承認の方が早いぞ、揚げ足取っても喧嘩になるだけだ -- 2018-04-08 (日) 12:12:17
      • ページ設立者です。使用頻度に変えても全然良いと思いますよ~ -- 2018-04-08 (日) 13:19:54
コメント: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White