探索者の記録

Last-modified: 2020-03-06 (金) 20:48:12

※情報提供受付中

 

調査書とは? Edit

ARKには、いたるところにかつてこの地にいた探索者の記録が存在する。
発見することで10分間経験値2倍のブーストを得られるほか、ARKという環境で様々なことがあったこと、そもそもARKとは何か?といったことへのヒントなど、世界観を知る上での重要な手がかりを知ることができる。また、各恐竜についてのノートも存在する。
探索者はマップごとに数人あり、いくつかのMAPにわたって旅をする探索者も存在する。
探索者によって、箱のデザインが決まっており、筆跡や言語なども違う。
ダイアウルフには調査書を発見する能力があり、Cキーでクンクンすると付近の調査書に目印を付けてくれる。

 

DLCなどで実装されたばかりの場合、英語であらわされていることもあるが、アップデートで訳されたり、また、追加されることもある。実績にも関係する。
調査書が作られた後で仕様変更されたことにより、現在のゲーム内容と齟齬があることも。ゲームバージョンによっては日本語として読むことすら困難な文章もある。
現在はPC版、PS4版の訳は統一されている模様?

調査書の座標 Edit

アイランド Edit

(クリックで展開)

記録内容筆者座標備考
アースロプレウラの調査書ヘレナ14.2/69.1
アフリカマイマイの調査書ヘレナ75.8/78.2
アラネオモーフスの調査書ヘレナ39.6/45.8洞窟(Central Cave)
アルゲンタヴィスの調査書ヘレナ21.6/53.9
アロサウルスの調査書ヘレナ16.4/10.9海底洞窟
アンキロサウルスの調査書ヘレナ15.8/26.7
アンコウの調査書ヘレナ24.6/40.1
アンモナイトの調査書ヘレナ87.5/51.5
カストロイデスの調査書ヘレナ25.1/71.8
カリコテリウムの調査書ヘレナ31.3/28.9
カルノタウルスの調査書ヘレナ33.3/41
カルボネミスの調査書ヘレナ10.9/40.4海底洞窟
ギガントピテクスの調査書ヘレナ26.6/23.6
三葉虫の調査書ヘレナ11.0/22.1海底洞窟
始祖鳥の調査書ヘレナ18.7/42.8
女王蜂の調査書ヘレナ70.7/61.1
ディプロドクスの調査書ヘレナ25.1/13.5
バシロサウルスの調査書ヘレナ52.5/17.7
バリオニクスの調査書ヘレナ30/78.1
ブロントサウルスの調査書ヘレナ31.6/17.1
ベールゼブフォの調査書ヘレナ14.8/81.4
クニダリアの調査書ヘレナ49.8/81.7洞窟(Caverns Of Lost Hope)
シーラカンスの調査書ヘレナ37/49.9
コンプソグナトゥスの調査書ヘレナ41.2/49.2
ダエオドンの調査書ヘレナ88.1/53
ディロフォサウルスの調査書ヘレナ84.3/10.2海底洞窟
ディメトロドンの調査書ヘレナ28.5/74.2
ディモルフォドンの調査書ヘレナ26.6/70.6
ディプロカウルスの調査書ヘレナ27.6/82.6
ショートフェイスベアの調査書ヘレナ40.4/83.8
ダイアウルフの調査書ヘレナ42.5/20.8
ドードーの調査書ヘレナ56.7/21.4
ドエディクルスの調査書ヘレナ47/27.5
フンコロガシの調査書ヘレナ16.5/85
ダンクルオステウスの調査書ヘレナ44/55.2
電気ウナギの調査書ヘレナ36.4/81.4
エクウスの調査書ヘレナ63.6/33.4
海サソリの調査書ヘレナ44.1/49
ガリミムスの調査書ヘレナ45.6/63.3
ギガノトサウルスの調査書ヘレナ44/66.4
ギガントピテクスの調査書ヘレナ26.6/23.6
ヘスペロルニスの調査書ヘレナ81.7/84.1
ヒエノドンの調査書ヘレナ80.7/81.9
イクチオルニスの調査書ヘレナ52.9/79.8
イクチオサウルスの調査書ヘレナ52.9/79.8
イグアノドンの調査書ヘレナ62.4/24.7
カイルクペンギンの調査書ヘレナ42.5/79.6
カプロスクスの調査書ヘレナ82.9/51.9洞窟(Lower South Cave)
ケントロサウルスの調査書ヘレナ78.3/23.6
ヒルの調査書ヘレナ85.3/53.4洞窟(Lower South Cave)
リードシクティスの調査書ヘレナ83.1/23.5
リオプレウロドンの調査書ヘレナ78.2/24.4
リストロサウルスの調査書ヘレナ68.6/59.6洞窟(Upper South Cave)
マンモスの調査書ヘレナ71.3/59.8洞窟(Upper South Cave)
マンタの調査書ヘレナ68.9/86.2洞窟(South East Cave)
メガラニアの調査書ヘレナ84.4/84.1
メガロケロスの調査書ヘレナ67.5/85.6洞窟(South East Cave)
メガロドンの調査書ヘレナ41/47.3洞窟(Central Cave)
メガロサウルスの調査書ヘレナ16.6/84.1洞窟(North East Cave)
メガネウラの調査書ヘレナ54.3/41.4
メガテリウムの調査書ヘレナ75/21.4
メソピテクスの調査書ヘレナ16.1/84.4洞窟(North East Cave)
ミクロラプトルの調査書ヘレナ48.5/21.6
モササウルスの調査書ヘレナ16.4/84.5洞窟(North East Cave)
モスコプスの調査書ヘレナ64.3/17.4
オニコニクテリスの調査書ヘレナ66.4/19.7
カワウソの調査書ヘレナ35.7/59.1
オヴィラプトルの調査書ヘレナ58.9/23.1
ヒツジの調査書ヘレナ73.3/74.1
パキケファロサウルスの調査書ヘレナ65.5/40.8
パキリノサウルスの調査書ヘレナ77.6/20.7
パラケラテリウムの調査書ヘレナ65.1/31.4
パラサウロロフスの調査書ヘレナ71.5/32.1
ペゴマスタクスの調査書ヘレナ82.2/62.9
ペラゴルニスの調査書ヘレナ71.3/47.2
フィオミアの調査書ヘレナ72.5/53.8
ピラニアの調査書ヘレナ68.1/67.6
エラスモサウルスの調査書ヘレナ68.4/59.5
プロコプトドンの調査書ヘレナ72.3/78.2
プテラノドンの調査書ヘレナ66.9/76.8
プルモノスコルピウスの調査書ヘレナ80.6/61.9
プルロヴィアの調査書ヘレナ36.6/34.9
ケツァルコアトルスの調査書ヘレナ87.4/23.3
ユタラプトルの調査書ヘレナ86.8/25
ティラノサウルスの調査書ヘレナ53.1/92.5海底洞窟
セイバートゥース・サーモンの調査書ヘレナ87.5/52.5
サルコスクスの調査書ヘレナ77.9/42.9
スピノサウルスの調査書ヘレナ75.7/79.8
ステゴサウルスの調査書ヘレナ78.3/79.1
タペヤラの調査書ヘレナ62.3/40.2洞窟(Swamp Cave)
テラーバードの調査書ヘレナ62.2/40.9洞窟(Swamp Cave)
テリジノサウルスの調査書ヘレナ67.6/48.5
ティラコレオの調査書ヘレナ32.4/66.2
ティタノボアの調査書ヘレナ36.1/92海底洞窟
ティタノミルマの調査書ヘレナ49.3/11.1海底洞窟
ティタノサウルスの調査書ヘレナ61.8/40.7洞窟(Swamp Cave)
トリケラトプスの調査書ヘレナ87.4/91海底洞窟
トロオドンの調査書ヘレナ75/78.8
トゥソテウティスの調査書ヘレナ59.9/21.3洞窟(Caverns Of Lost Faith)
ケブカサイの調査書ヘレナ79.2/32.3
ユウティラヌスの調査書ヘレナ73.9/23.6
ヘレナの記録#1ヘレナ8.5/90.9海底洞窟
ヘレナの記録#2ヘレナ91.8/71.3海底洞窟
ヘレナの記録#3ヘレナ91.0/36.2海底洞窟
ヘレナの記録#4ヘレナ90.6/13.1海底洞窟
ヘレナの記録#5ヘレナ81.5/44.7
ヘレナの記録#6ヘレナ77.2/76.4
ヘレナの記録#7ヘレナ78.8/27.7
ヘレナの記録#8ヘレナ61.2/81.5
ヘレナの記録#9ヘレナ49.4/79.2洞窟(Caverns Of Lost Hope)
ヘレナの記録#10ヘレナ52.4/59.0
ヘレナの記録#11ヘレナ69.8/61.4洞窟(Upper South Cave)
ヘレナの記録#12ヘレナ84.1/52.1洞窟(Lower South Cave)
ヘレナの記録#13ヘレナ55.2/27.7
ヘレナの記録#14ヘレナ26.3/62.9
ヘレナの記録#15ヘレナ34.1/56.1
ヘレナの記録#16ヘレナ40.7/26.1
ヘレナの記録#17ヘレナ76.8/77.3
ヘレナの記録#18ヘレナ76.6/70.7
ヘレナの記録#19ヘレナ25.1/44.6
ヘレナの記録#20ヘレナ19.2/49.9
ヘレナの記録#21ヘレナ12.6/49.3
ヘレナの記録#22ヘレナ24.9/60.9
ヘレナの記録#23ヘレナ23.9/65.3
ヘレナの記録#24ヘレナ28.9/23.2
ヘレナの記録#25ヘレナ36.2/22.4
ヘレナの記録#26ヘレナ27.7/56.4
ヘレナの記録#27ヘレナ26.0/25.6
ヘレナの記録#28ヘレナ22.3/23.4
ヘレナの記録#29ヘレナ16.3/81.2
ヘレナの記録#30ヘレナ19.2/77.1洞窟(TEK Cave)
ロックウェルの記録#1ロックウェル25.3/73.1
ロックウェルの記録#2ロックウェル83.2/24.8
ロックウェルの記録#3ロックウェル54.8/13.8
ロックウェルの記録#4ロックウェル14.1/85.9
ロックウェルの記録#5ロックウェル21.3/69.2
ロックウェルの記録#6ロックウェル46.4/83.7洞窟(Caverns Of Lost Hope)
ロックウェルの記録#7ロックウェル44.1/81.4
ロックウェルの記録#8ロックウェル64.5/34.1
ロックウェルの記録#9ロックウェル61.7/16.1洞窟(Caverns Of Lost Faith)
ロックウェルの記録#10ロックウェル75.7/71.5
ロックウェルの記録#11ロックウェル80.0/67.1
ロックウェルの記録#12ロックウェル82.6/51.3
ロックウェルの記録#13ロックウェル64.1/61.6
ロックウェルの記録#14ロックウェル58.6/49.0
ロックウェルの記録#15ロックウェル70.2/32.0
ロックウェルの記録#16ロックウェル69.5/24.8
ロックウェルの記録#17ロックウェル40.8/47.7洞窟(Central Cave)
ロックウェルの記録#18ロックウェル68.7/86.1洞窟(South East Cave)
ロックウェルの記録#19ロックウェル83.8/27.7
ロックウェルの記録#20ロックウェル86.4/26.7
ロックウェルの記録#21ロックウェル77.1/31.6
ロックウェルの記録#22ロックウェル76.0/46.7
ロックウェルの記録#23ロックウェル75.5/74.0
ロックウェルの記録#24ロックウェル76.5/61.8
ロックウェルの記録#25ロックウェル75.0/65.6
ロックウェルの記録#26ロックウェル75.8/75.5
ロックウェルの記録#27ロックウェル20.1/85.9
ロックウェルの記録#28ロックウェル78.3/47.3
ロックウェルの記録#29ロックウェル14.2/75.6洞窟(TEK Cave)
メイ・インの記録#1メイ・イン25.0/18.9
メイ・インの記録#2メイ・イン15.2/20.7
メイ・インの記録#3メイ・イン15.8/52.5
メイ・インの記録#4メイ・イン19.8/30.1
メイ・インの記録#5メイ・イン26.6/16.4
メイ・インの記録#6メイ・イン16.8/29.0
メイ・インの記録#7メイ・イン21.3/30.0
メイ・インの記録#8メイ・イン32.5/16.1
メイ・インの記録#9メイ・イン47.2/81.6洞窟(Caverns Of Lost Hope)
メイ・インの記録#10メイ・イン27.3/43.9
メイ・インの記録#11メイ・イン20.5/40.8
メイ・インの記録#12メイ・イン12.8/54.5
メイ・インの記録#13メイ・イン21.3/30.9
メイ・インの記録#14メイ・イン15.3/53.2
メイ・インの記録#15メイ・イン26.8/39.7
メイ・インの記録#16メイ・イン34.4/29.4
メイ・インの記録#17メイ・イン28.0/33.9
メイ・インの記録#18メイ・イン26.6/51.7
メイ・インの記録#19メイ・イン39.0/44.1
メイ・インの記録#20メイ・イン39.1/71.1
メイ・インの記録#21メイ・イン32.4/73.3
メイ・インの記録#22メイ・イン30.1/82.4
メイ・インの記録#23メイ・イン40.2/78.8
メイ・インの記録#24メイ・イン50.5/23.3
メイ・インの記録#25メイ・イン42.6/23.0
メイ・インの記録#26メイ・イン52.4/17.4
メイ・インの記録#27メイ・イン22.1/9.7
メイ・インの記録#28メイ・イン23.5/37.8
メイ・インの記録#29メイ・イン18.2/38.0
メイ・インの記録#30メイ・イン39.9/40.6
メイ・インの記録#31メイ・イン13.3/73.9洞窟(TEK Cave)
ネルヴァの記録#1ネルヴァ22.4/68.5
ネルヴァの記録#2ネルヴァ35.7/78.1
ネルヴァの記録#3ネルヴァ39.5/24.5
ネルヴァの記録#4ネルヴァ41.2/68.0
ネルヴァの記録#5ネルヴァ45.4/31.5
ネルヴァの記録#6ネルヴァ49.4/79.0
ネルヴァの記録#7ネルヴァ47.8/60.9
ネルヴァの記録#8ネルヴァ52.5/49.1
ネルヴァの記録#9ネルヴァ58.2/19.8洞窟(Caverns Of Lost Faith)
ネルヴァの記録#10ネルヴァ51.4/54.6
ネルヴァの記録#11ネルヴァ82.7/27.1
ネルヴァの記録#12ネルヴァ77.4/16.4
ネルヴァの記録#13ネルヴァ69.6/84.6
ネルヴァの記録#14ネルヴァ72.3/59.2
ネルヴァの記録#15ネルヴァ62.1/20.4
ネルヴァの記録#16ネルヴァ53.7/77.8
ネルヴァの記録#17ネルヴァ43.3/69.3
ネルヴァの記録#18ネルヴァ57.9/32.2
ネルヴァの記録#19ネルヴァ43.4/31.0
ネルヴァの記録#20ネルヴァ50.6/38.5
ネルヴァの記録#21ネルヴァ54.8/70.8
ネルヴァの記録#22ネルヴァ43.6/61.0
ネルヴァの記録#23ネルヴァ45.4/68.4
ネルヴァの記録#24ネルヴァ44.1/77.0
ネルヴァの記録#25ネルヴァ55.2/75.9
ネルヴァの記録#26ネルヴァ73.8/17.6
ネルヴァの記録#27ネルヴァ56.2/51.1
ネルヴァの記録#28ネルヴァ47.9/47.5
ネルヴァの記録#29ネルヴァ71.2/58.0
ネルヴァの記録#30ネルヴァ43.0/39.2
???#1???23.7/78.2洞窟(TEK Caveボスエリア)
???#4???36.2/79.0
???#7???75.6/60.5
???#10???44.4/23.7
???#13???89.2/24.4

スコーチドアース Edit

(クリックで展開)

記録内容筆者座標備考
デスワームの調査書ヘレナ18.6/46.3
トビネズミの調査書ヘレナ37.0/12.3砂丘
ジャグ・バグの調査書ヘレナ35.1/59.7
カマキリの調査書ヘレナ18.2/81.9砂丘
モレラトプスの調査書ヘレナ85.0/52.1砂丘
リマントリアの調査書ヘレナ65.0/32.6
フェニックスの調査書ヘレナ84.7/14.6
ロックエレメンタルの調査書ヘレナ79.6/32.4
モロクトカゲの調査書ヘレナ81.2/14.2砂丘
ハゲワシの調査書ヘレナ18.3/67.3砂丘
ワイバーンの調査書ヘレナ12.3/46.8
ヘレナの記録#1ヘレナ43.3/45.0
ヘレナの記録#2ヘレナ48.8/71.1
ヘレナの記録#3ヘレナ57.0/76.1
ヘレナの記録#4ヘレナ81.6/63.9
ヘレナの記録#5ヘレナ41.0/54.1
ヘレナの記録#6ヘレナ50.8/25.1
ヘレナの記録#7ヘレナ31.9/29.4洞窟(Grave of the Tyrants )
ヘレナの記録#8ヘレナ23.4/53.3
ヘレナの記録#9ヘレナ51.0/86.7
ヘレナの記録#10ヘレナ80.0/75.6
ヘレナの記録#11ヘレナ10.6/19.5
ヘレナの記録#12ヘレナ15.7/21.7
ヘレナの記録#13ヘレナ23.7/12.6
ヘレナの記録#14ヘレナ15.8/40.1
ヘレナの記録#15ヘレナ14.1/35.3
ヘレナの記録#16ヘレナ16.6/56.6
ヘレナの記録#17ヘレナ23.3/52.2
ヘレナの記録#18ヘレナ10.4/66.6
ヘレナの記録#19ヘレナ53.0/26.5
ヘレナの記録#20ヘレナ54.8/48.6
ヘレナの記録#21ヘレナ85.8/13.5
ヘレナの記録#22ヘレナ84.8/18.9
ヘレナの記録#23ヘレナ66.0/39.7
ヘレナの記録#24ヘレナ60.2/70.7
ヘレナの記録#25ヘレナ72.4/70.8
ヘレナの記録#26ヘレナ85.1/37.3
ヘレナの記録#27ヘレナ54.8/13.1
ヘレナの記録#28ヘレナ17.5/34.9
ヘレナの記録#29ヘレナ21.8/43.1
ヘレナの記録#30ヘレナ23.8/48.9
ロックウェルの記録#1ロックウェル71.8/10.5
ロックウェルの記録#2ロックウェル72.0/85.8
ロックウェルの記録#3ロックウェル84.3/13.9
ロックウェルの記録#4ロックウェル78.8/81.9洞窟(Ruins of Nosti)
ロックウェルの記録#5ロックウェル13.3/77.6
ロックウェルの記録#6ロックウェル24.2/39.0
ロックウェルの記録#7ロックウェル58.0/44.8洞窟(The Old Tunnels)
ロックウェルの記録#8ロックウェル23.4/65.1
ロックウェルの記録#9ロックウェル54.3/76.4
ロックウェルの記録#10ロックウェル86.3/69.0
ロックウェルの記録#11ロックウェル28.3/49.8
ロックウェルの記録#12ロックウェル36.2/42.2
ロックウェルの記録#13ロックウェル27.6/55.1
ロックウェルの記録#14ロックウェル36.2/68.6
ロックウェルの記録#15ロックウェル31.7/72.6
ロックウェルの記録#16ロックウェル31.3/59.8
ロックウェルの記録#17ロックウェル40.5/77.4
ロックウェルの記録#18ロックウェル39.9/86.1
ロックウェルの記録#19ロックウェル55.0/56.0
ロックウェルの記録#20ロックウェル44.6/63.0
ロックウェルの記録#21ロックウェル83.2/19.0
ロックウェルの記録#22ロックウェル81.8/17.9
ロックウェルの記録#23ロックウェル59.4/86.4
ロックウェルの記録#24ロックウェル66.0/86.6
ロックウェルの記録#25ロックウェル80.4/39.7
ロックウェルの記録#26ロックウェル25.7/52.7
ロックウェルの記録#27ロックウェル31.5/51.8
ロックウェルの記録#28ロックウェル37.1/50.0
ロックウェルの記録#29ロックウェル32.2/48.9
ロックウェルの記録#30ロックウェル30.6/44.1
ライアの石版#1ライア11.2/40.0
ライアの石版#2ライア51.4/49.4
ライアの石版#3ライア49.3/50.8
ライアの石版#4ライア86.1/68.8
ライアの石版#5ライア69.9/59.3
ライアの石版#6ライア22.2/60.8
ライアの石版#7ライア78.3/76.1洞窟(Ruins of Nosti)
ライアの石版#8ライア16.8/56.5
ライアの石版#9ライア50.3/80.3
ライアの石版#10ライア88.7/38.6
ライアの石版#11ライア76.8/69.2
ライアの石版#12ライア76.1/60.3
ライアの石版#13ライア77.4/77.9
ライアの石版#14ライア33.1/85.7
ライアの石版#15ライア27.6/88.6
ライアの石版#16ライア45.8/9.5
ライアの石版#17ライア49.1/20.3
ライアの石版#18ライア43.1/37.3
ライアの石版#19ライア43.7/59.4
ライアの石版#20ライア54.8/61.5
ライアの石版#21ライア79.7/15.5
ライアの石版#22ライア82.2/13.6
ライアの石版#23ライア62.7/44.3
ライアの石版#24ライア60.1/59.4
ライアの石版#25ライア84.6/32.2
ライアの石版#26ライア75.8/54.1
ライアの石版#27ライア37.5/40.0
ライアの石版#28ライア45.3/30.0
ライアの石版#29ライア46.6/22.1
ライアの石版#30ライア70.2/39.3
ダキヤの記録#1ジョン・ダキヤ17.7/12.3
ダキヤの記録#2ジョン・ダキヤ14.8/27.7
ダキヤの記録#3ジョン・ダキヤ66.3/14.4
ダキヤの記録#4ジョン・ダキヤ71.1/48.1
ダキヤの記録#5ジョン・ダキヤ53.3/43.7
ダキヤの記録#6ジョン・ダキヤ78.9/49.9
ダキヤの記録#7ジョン・ダキヤ30.6/53.8
ダキヤの記録#8ジョン・ダキヤ22.4/44.2
ダキヤの記録#9ジョン・ダキヤ42.3/88.4
ダキヤの記録#10ジョン・ダキヤ61.2/77.8
ダキヤの記録#11ジョン・ダキヤ24.5/77.6
ダキヤの記録#12ジョン・ダキヤ17.6/87.5
ダキヤの記録#13ジョン・ダキヤ33.6/10.7
ダキヤの記録#14ジョン・ダキヤ28.5/12.4
ダキヤの記録#15ジョン・ダキヤ39.7/41.1
ダキヤの記録#16ジョン・ダキヤ35.8/37.8
ダキヤの記録#17ジョン・ダキヤ30.4/39.7
ダキヤの記録#18ジョン・ダキヤ28.2/41.7
ダキヤの記録#19ジョン・ダキヤ45.6/34.6
ダキヤの記録#20ジョン・ダキヤ54.5/31.7
ダキヤの記録#21ジョン・ダキヤ48.7/64.0
ダキヤの記録#22ジョン・ダキヤ83.6/15.2
ダキヤの記録#23ジョン・ダキヤ63.7/10.4
ダキヤの記録#24ジョン・ダキヤ72.8/36.6
ダキヤの記録#25ジョン・ダキヤ61.1/46.9
ダキヤの記録#26ジョン・ダキヤ65.4/55.5
ダキヤの記録#27ジョン・ダキヤ78.4/55.5
ダキヤの記録#28ジョン・ダキヤ76.5/76.9
ダキヤの記録#29ジョン・ダキヤ83.4/71.8
ダキヤの記録#30ジョン・ダキヤ86.1/51.1
???#2???51.5/49.6ボスエリア
???#5???63.3/61.5
???#8???63.3/29.4
???#11???30.7/56.2
???#14???24.4/29.7

アベレーション Edit

(クリックで展開)

記録内容筆者座標備考
バジリスクの調査書ヘレナ36.4/56.1
バルブドッグの調査書ヘレナ51.7/68.3
フェザーライトの調査書ヘレナ48.3/27.2
グローバグの調査書ヘレナ48.6/66.7
グローテイルの調査書ヘレナ46.8/72.2
カルキノスの調査書ヘレナ46.1/64.2
ヤツメウナギの調査書ヘレナ57.1/73.7
ロールラットの調査書ヘレナ27.2/63.6
ネームレスの調査書ヘレナ43.9/54.9
ラヴェジャーの調査書ヘレナ36.0/47.3
リーパーの調査書ヘレナ65.0/56.2
ロックドレイクの調査書ヘレナ52.0/49.1
シーカーの調査書ヘレナ81.4/19.9地上(南西)
シャインホーンの調査書ヘレナ55.1/52.2
ヘレナの記録#1ヘレナ44.5/20.2
ヘレナの記録#2ヘレナ22.3/49.3
ヘレナの記録#3ヘレナ25.8/48.9
ヘレナの記録#4ヘレナ26.8/62.6
ヘレナの記録#5ヘレナ28.5/45.2
ヘレナの記録#6ヘレナ27.5/39.9
ヘレナの記録#7ヘレナ32.2/40.3
ヘレナの記録#8ヘレナ27.9/54.4
ヘレナの記録#9ヘレナ31.3/56.3
ヘレナの記録#10ヘレナ34.5/61.3
ヘレナの記録#11ヘレナ55.6/23.5地上(南西)
ヘレナの記録#12ヘレナ37.0/70.2
ヘレナの記録#13ヘレナ16.6/23.6地上(北西)
ヘレナの記録#14ヘレナ18.9/15.3地上(北西)
ヘレナの記録#15ヘレナ16.8/19.5地上(北西)
ヘレナの記録#16ヘレナ50.3/72.2
ヘレナの記録#17ヘレナ54.4/74.2
ヘレナの記録#18ヘレナ57.4/69.5
ヘレナの記録#19ヘレナ57.9/61.1
ヘレナの記録#20ヘレナ57.4/51.6
ヘレナの記録#21ヘレナ63.4/51.9
ヘレナの記録#22ヘレナ63.7/47.3
ヘレナの記録#23ヘレナ67.3/45.4
ヘレナの記録#24ヘレナ68.0/37.2
ヘレナの記録#25ヘレナ70.0/31.3
ヘレナの記録#26ヘレナ69.7/29.2
ヘレナの記録#27ヘレナ76.8/30.8
ヘレナの記録#28ヘレナ82.2/40.6
ヘレナの記録#29ヘレナ81.0/45.7
ヘレナの記録#30ヘレナ87.2/46.6洞窟(Elemental Vault)
ロックウェルの記録#1ロックウェル44.6/24.1
ロックウェルの記録#2ロックウェル22.4/52.2
ロックウェルの記録#3ロックウェル29.5/53.5
ロックウェルの記録#4ロックウェル38.4/44.6
ロックウェルの記録#5ロックウェル41.3/33.4
ロックウェルの記録#6ロックウェル24.2/51.7
ロックウェルの記録#7ロックウェル29.0/56.8
ロックウェルの記録#8ロックウェル34.4/53.9
ロックウェルの記録#9ロックウェル39.7/46.8
ロックウェルの記録#10ロックウェル44.5/33.9
ロックウェルの記録#11ロックウェル50.8/40.0
ロックウェルの記録#12ロックウェル49.1/48.9
ロックウェルの記録#13ロックウェル44.4/56.9
ロックウェルの記録#14ロックウェル44.6/59.6
ロックウェルの記録#15ロックウェル47.8/56.9
ロックウェルの記録#16ロックウェル48.7/63.2
ロックウェルの記録#17ロックウェル52.8/65.2
ロックウェルの記録#18ロックウェル55.7/62.3
ロックウェルの記録#19ロックウェル54.9/56.4
ロックウェルの記録#20ロックウェル60.4/55.4
ロックウェルの記録#21ロックウェル64.0/51.1
ロックウェルの記録#22ロックウェル61.8/48.0
ロックウェルの記録#23ロックウェル61.6/39.6
ロックウェルの記録#24ロックウェル70.2/39.4
ロックウェルの記録#25ロックウェル70.2/45.4
ロックウェルの記録#26ロックウェル67.6/48.6
ロックウェルの記録#27ロックウェル70.0/53.1
ロックウェルの記録#28ロックウェル62.1/52.5
ロックウェルの記録#29ロックウェル53.5/46.0
ロックウェルの記録#30ロックウェル53.7/53.3
メイ=インの記録#1メイ=イン・リ44.3/14.8
メイ=インの記録#2メイ=イン・リ67.9/12.4地上(南西)
メイ=インの記録#3メイ=イン・リ32.4/34.4
メイ=インの記録#4メイ=イン・リ38.3/30.9
メイ=インの記録#5メイ=イン・リ40.5/19.9
メイ=インの記録#6メイ=イン・リ50.0/26.0洞窟(Old Railway Cave)
メイ=インの記録#7メイ=イン・リ45.2/31.1
メイ=インの記録#8メイ=イン・リ44.3/33.3
メイ=インの記録#9メイ=イン・リ42.1/37.2
メイ=インの記録#10メイ=イン・リ41.6/49.3
メイ=インの記録#11メイ=イン・リ48.1/38.5
メイ=インの記録#12メイ=イン・リ53.0/36.4
メイ=インの記録#13メイ=イン・リ50.4/42.4
メイ=インの記録#14メイ=イン・リ43.7/52.4
メイ=インの記録#15メイ=イン・リ52.2/53.6
メイ=インの記録#16メイ=イン・リ48.4/58.3
メイ=インの記録#17メイ=イン・リ48.2/62.7
メイ=インの記録#18メイ=イン・リ47.6/69.4
メイ=インの記録#19メイ=イン・リ51.4/61.6
メイ=インの記録#20メイ=イン・リ58.4/55.9
メイ=インの記録#21メイ=イン・リ62.4/53.4
メイ=インの記録#22メイ=イン・リ64.4/59.9
メイ=インの記録#23メイ=イン・リ64.0/65.2
メイ=インの記録#24メイ=イン・リ69.8/66.5
メイ=インの記録#25メイ=イン・リ73.2/58.7
メイ=インの記録#26メイ=イン・リ79.4/58.6
メイ=インの記録#27メイ=イン・リ83.5/60.2
メイ=インの記録#28メイ=イン・リ86.5/63.6
メイ=インの記録#29メイ=イン・リ88.6/69.7
メイ=インの記録#30メイ=イン・リ88.2/74.7
ラスティの学会誌#1ラスティ38.5/51.6
ラスティの学会誌#2ラスティ34.1/50.5
ラスティの学会誌#3ラスティ31.0/47.9
ラスティの学会誌#4ラスティ37.0/41.2
ラスティの学会誌#5ラスティ45.5/38.1
エミリアの学会誌#1エミリア46.2/35.3
エミリアの学会誌#2エミリア39.1/37.4
エミリアの学会誌#3エミリア56.2/38.4
エミリアの学会誌#4エミリア48.7/63.7
エミリアの学会誌#5エミリア24.3/65.5地上(北東)
ボリスの学会誌#1ボリス44.1/25.3
ボリスの学会誌#2ボリス55.7/52.4
ボリスの学会誌#3ボリス63.8/48.9
ボリスの学会誌#4ボリス55.7/51.4
ボリスの学会誌#5ボリス52.7/40.5
イマムの学会誌#1イマム75.3/73.5
イマムの学会誌#2イマム68.8/72.6
イマムの学会誌#3イマム72.7/62.9
イマムの学会誌#4イマム71.9/55.2
イマムの学会誌#5イマム46.5/48.7
トレントの学会誌#1トレント58.5/43.8
トレントの学会誌#2トレント70.9/49.1
トレントの学会誌#3トレント69.7/55.6
トレントの学会誌#4トレント71.8/61.6
トレントの学会誌#5トレント77.1/68.2
スカイエの学会誌#1スカイエ45.4/40.5
ダイアナのログ#1ダイアナ47.6/31.9
ダイアナのログ#2ダイアナ29.7/52.6
ダイアナのログ#3ダイアナ33.8/47.3
ダイアナのログ#4ダイアナ37.7/46.0
ダイアナのログ#5ダイアナ30.5/45.7
ダイアナのログ#6ダイアナ34.0/38.9
ダイアナのログ#7ダイアナ38.3/37.0
ダイアナのログ#8ダイアナ38.2/29.7
ダイアナのログ#9ダイアナ48.3/23.3
ダイアナのログ#10ダイアナ18.7/69.1地上(北東)
ダイアナのログ#11ダイアナ22.3/78.4地上(北東)
ダイアナのログ#12ダイアナ58.3/61.4
ダイアナのログ#13ダイアナ52.9/68.5
ダイアナのログ#14ダイアナ47.4/72.4
ダイアナのログ#15ダイアナ52.9/76.4
ダイアナのログ#16ダイアナ70.4/75.3
ダイアナのログ#17ダイアナ84.6/77.5
ダイアナのログ#18ダイアナ70.6/73.7
ダイアナのログ#19ダイアナ71.0/58.9
ダイアナのログ#20ダイアナ60.5/47.6
???#3???82.7/10.7ボスエリア
???#6???29.4/58.5
???#9???47.6/21.8
???#12???69.1/46.4
???#15???85.0/69.8

調査書の詳細内容ページ Edit

登場人物、記録の内容 Edit

ページが文字数オーバーのため、現在個別ページへの分割作業中です

 

ヘレナ・ウォーカー Edit

オーストラリア出身の現代人、出身は2008年(アベレーション記録にて)の生物学者の女性。現在、ほぼすべてのDLCマップを通して記録のある人物で、生物の調査書はすべて彼女が書いたもの。この作品の看板とも言うべき人物で、当wikiのトップページやARKの公式イラストでラプトルに乗っているのが彼女である。ほぼすべてのMAPをめぐっているため、彼女の記録はARKのメインストーリーともいえるかもしれない。
記録はは現代風の英語で書かれている。箱は緑色の飾りのない箱。

記録の内容(クリックで展開)

番号内容
アイランド移植済み
スコーチドアース
#1
#2
#3
#4
#5
#6
#7
#8
#9
#10
#11
#12
#13
#14
#15
#16
#17
#18
#19
#20
#21
#22
#23
#24
#25
#26
#27
#28
#29
#30
アベレーション移植済み
エクスティンクション
#1こうやって書くのは随分と久しぶりのような気がする。ステーションでのロックウェルの件から惑星に到着までの間、私の生活は少しマンネリ化していた。新たに発見した生物のまとめ作業も大した気休めにはならなかった。今では前のほうが安全だったと考える者もいるくらい精神的に追い込まれている。確かに、彼らの言うことも一理ある。だから私たちはステーションに閉じ込められていたのかもしれない… 幸運なことに、サンティアゴの計画のおかげで時間を持てあますことはなかった。私は技術に関してはあまり詳しくない。巨大ロボットなんてもっての他だ。ただこれまでの経験から考えると、何でもいいから彼らに協力しないわけにはいかない。(Ps4版公式訳)
#2本物の地球だとはにわかに信じがたいが、サンティアゴが見せてくれた証拠は紛れもない事実だ。それでも夜がないと混乱してくる。世界の週末を楽しめるなら別だが。地球の自転が遅くなったのだろうか?それとも完全に止まってしまったのだろうか?いや、それはありえない。大気が制御不能になれば、放棄された建造物は風によって破壊され、あの巨大生物たちは波打つ海や、極端な気候、それに弱くなった重力の影響を受けて全滅していたはずだ。だがもし、頭上にある宇宙ステーションが重力バリアを作り出し、大気を修復することができたら… ともかく今はどんなことでも起こり得る状況だ。それが彼らの真の目的なのかもしれない。それか最初から彼らがこの混乱の黒幕だった可能性もある。真実がどうであれ、私はそれを解明しなければならない。どんな怪物だろうと真実の究明の邪魔はできない。(Ps4版公式訳)
#3サンティアゴが作っている機械は本当に素晴らしい! コントロールを簡略化してくれたおかげで、私のような変わり者の生物学者でもこのデカブツを自分の体みたいに動かすことができる。まさかロボットを動かすことになるとは… 完全に人生のコントロールをうしなってしまったようだ。メイ・インもシンクロすることに成功した。そして一瞬だけだったが、彼女は間違いなくかすかな笑いを浮かべていた。私はメカそのものよりも、それに救われたような気がする。彼女は激しい戦いをくぐり抜けてここに辿り着いた。その内容はあまりにも壮絶だ。特にロックウェルとダイアナの件はまさに悪夢だった。全てが終わったら、彼女が本当の幸せを見つけられるように力になりたい。彼女にはその権利がある。(Ps4版公式訳)
#4今日はサンティアゴと話をした。内容はいたって真面目だ。彼がコミュニケーションの手段としてよく用いる皮肉めいた冗談の言い合いではない。これには私もかなり驚いた。彼にオフスイッチがあるとは思ってなかった。彼はステーションで見つけたクローン装置のことを考察していた。私たちクローンは本当の人間なのだろうか?それなら、私たちには彼らの行いの責任があるのだろうか? その目的はなんだったのだろうか? どれも私自身が疑問に思い続けてきたことだ、だがこれまで話し合う機会はほとんどなかった。それは私たちが決められることじゃないと彼に言った。私たちが本当に責任を持つべきことは、私たちがこれからどうやって生きていくかだ。彼がどんな答えを求めていたのかは分からない。でも今の私にはそれで精一杯だ。(Ps4版公式訳)
#5いつも私のせいで皆が犠牲になっているような気がする。ロックウェル、メイ・イン、ライア、ダイアナ、そして今度はサンティアゴだ。あのメカを起動させる段になって、ついにあの怪物たちが攻撃を仕掛けてきた。動かせるメカは1つだけだった。だからサンティアゴがそれを使って彼らを遠くへと誘導した。メイ・インと私がスーツの電源を入れて彼らを追い払った時には、すでに彼の姿はなかった。彼の痕跡も見当たらなかった。あなたの犠牲は無題(原文ママ)にしない、サンティアゴ。あなたが与えてくれた道具があれば、全ての裏に隠された真実をきっと見つけ出せる。そしてあなたを納得させられるような答えに辿り着いてみせる。約束だ。(Ps4版公式訳)
#6キャンプ・オメガは使えなくなったため、私たちは荒れ地に向かうことにした。生存者はわずかで残ってるメカは3つーーパイロットは、メイ・イン、私、そしてカズマという短気なUREの男だけだ。つまりサンティアゴがデザインした究極兵器にはなれない。そうなると、あまりにも巨大な生物やあまりにもたちの悪い生物と出くわした時、面倒なことになる。でも他に選択肢はない。答えは荒れ地のどこかにある。それが安全な場所にあることを願うしかない。まったく、この操縦というのにはどうも慣れない。ただ私の神経系はこの機会とかなり上手くリンクしているようだ。そして望んでいたとおり、と言うべきなのか分からないが、ついに他の人には任せられないほどの重責を担うことになった。私なら自分の役割を果たせる。ともかく皆の期待を裏切るわけにはいかない。
#7この荒れ地にいる変異生物たちは、その奇怪な外見に違わずかなり危険だ。だが今のところメカで追い払うことができている。とはいえ、危険な場面がなかったわけではないが。ある日、メイ・インが突然何の前触れもなく、いわゆる突進攻撃を仕掛け、死角から攻撃を受けそうになったことがあった。私は戦術などには詳しくないが、あまりにも無謀な行為に思えた。そういったことは初めてではなかった、彼女は常にカズマや私よりも多くの敵を引き受けようとする。これは別にエゴの問題ではないだろう。サンティアゴがいなくなり、彼女は1人で生存者たちを守るという責務を果たそうとしているように見える。彼女は私がここにいることにも気付いていない。いずれその重責を分かち合える日がくるのだろうか? どうにかして彼女に理解してもらう必要がある。(Ps4版公式訳)
#8曲がりなりにも、メイ・インの説得に成功した人物が、結局戦いに頼らざるを得なかったというのは何とも皮肉な話だ。私は何度も戦術について説明しようとした。だがほとんどいつも、メカのために考案した私の馬鹿げたタッグチームの動きを彼女に実勢に見せることになった。ドシエ・ドライバー、バイオビースト・ボム、Gデイ・メイト… どれも最高のできだった!彼女が1つも採用しなかったのが不思議でならない。それでも少しは彼女も理解してくれたようだ。素晴らしい夕食や、ラプトルに関するおしゃべりなどはなかったが、しばらくの間、私たちは島にいたころのような生活を送った。最悪だ。「古き良き日」に導かれて恐竜の住む島に漂着してみると、自分の人生の酷さがよく分かる。だがこれが現実だ…(Ps4版公式訳)
#9まさか実現するとは思ってなかった。しかも驚いたことに、それが上手く機能したのだ! メイ・インがメイ・アイ・ヘルプ・ユー作戦をやってみたいと言った時、頭でも打ったかと思った。でも私たちはそれを本当に実行した。サンティアゴがここにいないのが残念だ。本当に最高の気分だ!ただ正直に言うと、私はずっと怖かった。私はいつも死を覚悟してあれに乗っている、でもあのメカを降りるつもりはない。いつもメイ・インに頼るわけにはいかない、彼女だけで戦いを乗り切れるわけがない。彼女もそのことを理解してきたようだ。(Ps4版公式訳)
#10私の記憶が移植されたものだということは理解している。ただあまりにも鮮明なので、まるでそれが自分のもののように感じてしまう。今でもそれが私の礎になっている。確かに受け入れがたいことだ。でも仕方がない。 (原文ママ)はダーウィンで育った。海岸線に日が沈み、雨期になると激しい嵐が訪れ、折を見てはカカドゥでボランティア活動をした。私は生意気な奴で、常に大発見を求めていた。でもいつも問題ばかり起こしていた。どうやら今もそれは変わってないらしい。私は今でも新たな冒険を探し求めている。これが終わったら、この荒れ地で探しものを見つけたら、次はどうする? これが私の最後の冒険になるのだろうか?そうは思えない。(Ps4版公式訳)
#11ここにいない今でもサンティアゴは私たちに力を貸してくれている。前に彼から聞いた。彼が見つけたシグナルだが、どうやらついにそれを捕らえたようだ! 私たちは数時間前にそのシグナルを受信した。しかもどんどん強くなっている!少し作業をすれば、その発信場所を三角法で特定できるはずだ。そこに何があるのかは分からないが、宇宙ステーションやこの惑星の状況に関係している可能性が少しでもあるのなら、調べないわけにはいかない。これこそが皆が求めていた希望の光だ! 私たちはさらに一歩前進した!(Ps4版公式訳)
#12何を悩む必要があるんだ? 私たちはついに手がかりを手に入れた。それなのに死にたくないからと、洞窟の中に隠れるつもりなのか? 確かにこのシグナルの先に何があるのかは分からない。でもそこに行かなければ意味がない!頂上に何があるのか確かめるにはその山に登るしかないんだ!明日、この件について決を採る。今にも胃がねじ切れそうだ。ここまで来たのに、いくつか手が上がるだけで全てが台無しになるかもしれない。確かに、投票に負けても1人で行くことは可能だ。だが問題はそんなに単純ではない。メイ・インは間違いなく反対票を投じる。(Ps4版公式訳)
#13全員が私と同じ考えを持ってるわけではない。だからといって彼らが間違っているわけではない。その事実に気づけたのはメイ・インのおかげだ。何と言ったのかは正確には覚えていないが、この荒れ地で重要なのはあのシグナルだけだというようなことを言った気がする。だが彼女の返答に私は凍りついた。「あんたの言い方はまるでロックウェルみたいだ」私は言葉を失った。その代わりに、メイ・インがしゃべり続けた。私とは違い、彼女はここの謎に興味がない。宇宙ステーション、世界の終わり、どちらに関してもだ。彼女の望みはただ1つ、私たちをーー私をーー守ることなのだ。それ関して(原文ママ)は感謝しかない。とにかく、私には… 考える時間が必要だ。(Ps4版公式訳)
#14いつもとは逆のことばかり起こる日のようだ。私はじっくり考えるためにコッソリと抜け出した。するとメイ・インが話をするために私を追ってきた。その内容の大半は私たちが話題にすることを避けていた人物、つまりダイアナのことだった。私の傷口を開いたから、自分の傷口を開いた、とメイ・インは言った。公平な取引には思えなかった。彼女がネックレスをつかんでいる様子と、それをくれた女性のことを笑顔になりながら語っているその姿からは優しさがにじみ出ていた。それこそが彼女の差し出したものだった。決して癒えることない深い傷に抗い続けるには、かなりの意志が必要だ、しかし…それが一緒に足を引きずりながら前に進むための助けになるかもしれない。それにお互いを支え合えば、いずれはこの状況を乗り越えられるかもしれない。最終的にはメイ・インが投票先を変更し、そして可決された。私たちはシグナルを追跡する。(Ps4版公式訳)
#15シグナルが強くなるにつれて、発信源にもう少しで辿り着けるという思いが強くなっていった。今日の午後、その瞬間がついに訪れた。それはとてつもなく巨大な建造物で、地平線に迫るほどの大きさだった。自分に問いたい。これは私の想像どおりだったのだろうかと。どうやらこの遺跡は私たちを歓迎していないようだ…もちろん酒など用意されていない。残念なことだが。それはともかくとして、そこだけは他の建造物から独立しているように見えた。まるで別々に作られたかのようだ。ステーションと何らかの繋がりがあったとしても不思議ではない。それなら動力があることも説明がつく。その建造物の目的に関しては、突き止める方法は1つしかなさそうだ…(Ps4版公式訳)
#16
#17
#18
#19
#20
#21
#22
#23
#24
#25
#26
#27
#28
#29
#30
 

生物の調査書 Edit

ガーディアンの記録を除き、すべてヘレナにより書かれたもの。イラスト付きで、野生の生態と飼育下での使用法などが書かれている。アップデートが入ると修正されることもある。また、生物学的見地から書かれた内容がゲーム内の仕様と違っていることもある。

生物の調査書

※長いので別ページに分割

 

エドモンド・ロックウェル卿 Edit

19世紀ごろのロンドンの科学者と思われる男性。キブルやロックウェルレシピの製作者。
アベレーションまではヘレナとともに皆勤賞で、もう一人の主役といったポジション。典型的な学者で、世は科学の発展の時代であったため、エレメントを発見し、「新しい元素を発見した!」と自分の名前を入れて名付け、研究へのめり込んでいく。そしてその果てには…
記録は英語の筆記体で記されており、箱はアンティーク風。

記録の内容(クリックで展開)

移植済み

 

メイ・イン・リ(PS4版ではリー) Edit

中国は三国時代、黄巾賊の乱のころの中国の女性。この時代に女性の身で戦士として活躍していただけあって、戦いの描写が多いが、探索者の中でも突出た強さを持っている。銃を持った相手や数人組相手に弓矢で一人で勝つなど、もはや一騎当千というほかない強さを持つが、一方で人との縁に恵まれず、独立したまま恐竜に囲まれビーストクイーンと呼ばれるようになっていく。
アイランドのラストで死が疑われたが、アベレーションでまさかの再登場。
記録は古風な中国語で書かれ、墨と筆で書かれたような雰囲気。箱は古銭のような飾りが特徴。

記録と内容及び座標(クリックで展開)

番号内容
アイランド移植済み
アベレーション移植済み

※長いので別ページに分割

 

ガイウス・マーセラス(マルケルス)・ネルヴァ Edit

ローマ時代の百人隊長、男性。百人隊長だけあって統率力があり、彼の記録は主にトライブや戦争についてのものが多くなる。
まとまらない部下の悩みなど、PVPを遊んでいるものならば、彼に共感できるかもしれない。彼の記録は現在、アイランドにしか存在しないが、アベレーションのある記録において彼に触れたものがある。
記録はラテン語で書かれ、封をされたツボに入っている

記録の内容(クリックで展開)

移植済み

 

ジョン・ダケイヤ(ダキヤ) Edit

おそらく19世紀のネイティブアメリカ人、ギャングと強盗どもの親玉を経て法執行官。
1880年ごろのアリゾナ州テキサス当たり、いわゆるワイルドウェストの出身。スコーチドアースに登場。

記録と内容及び座標

移植済み

 

ライア Edit

古代エジプト文明の女性神官。調査書はなんとヒエログリフで書かれている。スコーチドアースに登場。

記録と内容及び座標

移植済み

 

ダイアナ・アルトラス Edit

(プレイヤーたちからすると)未来人、地球連合共和国軍のパイロット。アベレーションに登場する。TEK装備を身に着けた一団を率いており、オベリスクをハッキングしようとするなど、ARKシステムを理解しているようだが…
記録は電子記録的な表現(記録ではなくログ)がされており、英語で書かれている。箱はTEK風。

記録の内容(クリックで展開)

番号内容
アベレーション移植済み
エクスティンクション
#1
#2
#3
#4
#5
#6
#7
#8
#9
#10
#11
#12
#13
#14
#15
#16
#17
#18
#19
#20
#21
#22
#23
#24
#25
#26
#27
#28
#29
#30
 

大学院生 Edit

ラスティ・スタフォード、エミリア・ミューラー、ボリス、トレント、イマム、スカイの6人が存在するが調査書としては「とある大学院生」でひとくくり(PS4では卒業生。調査書も卒業日誌となっている)。現代人。
記録は大学ノートのページなどに英語で書かれており、鞄に入っているものが多い。鞄がいくつあったとか考えてはいけない。

記録の内容(クリックで展開)

移植済み

 

Corrupted skin Edit

???シリーズを集める事で獲得出来るスキン。DLC:エクスティンクション 実装前イベントで一ヶ月ごとに1種類ずつ計5種追加された。
???シリーズの調査書は特別で、経験値2倍ではなく4倍ブーストを得られる。調査書2倍ブーストとは別枠。
見た目は黒いツタのようなものに囚われたような見た目。ちょっとエッチ

部位記録名マップ座標備考
???#1アイランド23.7/78.2TEK洞窟ボスエリア(ボスエリア侵入後左奥)
???#2スコーチドアース51.5/49.6ボスエリア(開始地点すぐ右)、PS4版はバグで未実装。
???#3アベレーション82.7/10.7ボスエリア(開始地点のほぼ反対側)
???#4アイランド36.2/79.0
???#5スコーチドアース63.3/61.5
???#6アベレーション29.4/58.5
レギンス???#7アイランド75.6/60.5
レギンス???#8スコーチドアース63.3/29.4
レギンス???#9アベレーション47.6/21.8
胴体???#10アイランド44.4/23.7
胴体???#11スコーチドアース30.7/56.2
胴体???#12アベレーション69.1/46.4
籠手???#13アイランド89.2/24.4
籠手???#14スコーチドアース24.4/29.7
籠手???#15アベレーション85.0/69.8
 

情報提供欄 Edit

  • 記録名はステータス画面でアイコンに表示される名前、マップ、内容を添えてくださるととてもありがたいです。(PC版ではいまだに元の分らわからない日本語訳になってしまっているものも多いです。)〇〇版公式日本語訳等の場合、それも添えてくださると別途乗せることができます。拾った場所覚えてない!という場合でも、公式WIKIに乗っていますので、記録名さえあれば調べることができます。わかる部分だけで構いません。

最新の8件を表示しています。 コメントページを参照

  • ライアの石版#22「シューの風の力を利用すべく、ギリシャのチームは羽根付きの風変わりな塔を建てている。その様子を見ながら、私達が今まで成し遂げてきたことに私は驚嘆した。何もない荒野から出発したノスティは、短期間で本物の街へと発展したのだ。偉大なるファラオ達ですら、その偉業をうらやむだろう。砂嵐と怪物達の存在はあるものの、砂漠の脅威は日々消えつつある。犠牲者の数も、人々の苦しみも、どんどん少なくなっている。おそらくいつの日か、脅威は完全に消え去るだろう。その日が来れば、これまで耐え忍んできた苦難と犠牲は全て報われる。」 -- 2019-05-14 (火) 00:28:43
    • #23「この数日の間、偉大なオベリスクの光が今までに見たことがないリズムと強度で点滅している。夜に見ると一際美しく、心地良い光景だ。星空に向けて歌を唄っているようにも見える。これも神の思し召しなのだろう。ハトホルが私達を祝福してくれているのだ。祝祭を催すわけにもいかないので、代わりに特別な儀式と祈りを日没後に行うことにした。今のところこの試みは上手くいっていて、全員がそれぞれの信仰心や活力を新たにしている。この光の祭典はいつまで続くのだろうか?」 -- 2019-05-14 (火) 00:29:09
    • #24「脅威がそこら中に潜んいる中で、信仰を持たないジョンはどのように現状と向き合っているのだろうか。彼は安全が保障されている場所でも、武器を傍に置いて眠ることをやめようとしない。オベリスクが危険だと突然言い出すのも頷ける。私には信仰があるし、ジョンのことも信用している。あの飛行トカゲから私達を守ってくれると信じている。オベリスクは脅威でないと信じている。そして彼の考え方さえも許容できると信じている。しかし、この件に関しては彼からの歩みよりも必要だと思う。オベリスクのことになると、周りが見えなくなりすぎている。」 -- 2019-05-14 (火) 00:29:39
    • 次回、ノスティを悲劇が襲う -- 2019-05-14 (火) 00:32:23
      • ここまで追加編集しました。不備があれば訂正お願いします -- 2019-05-17 (金) 22:09:15
  • ダケイヤの記録#25「彼女に期待したのがそもそもの間違いだ。ライアは長い間、その信仰を守ってきた。今さらワイバーン数頭を処理したからといって、彼女を変えられるわけがなかった。交渉の相手が俺だったとしても… しかしあきらめたわけではない。ワイバーンだろうと、カマキリだろうと、巨塔だろうと、この街に、彼女に、危害は加えさせない。彼女のグループには特段の護衛を付ける。彼女がそれを受け入れるかは関係ない。彼女は拒むだろう… それどころか、この先の数日間は俺は星を見ながら眠ることになるかもしれない。それでもいい。これを長い目で見た投資と考えよう。」 -- 2019-05-18 (土) 01:15:05
    • #26「あれほど用心していたのに、予期せぬことが起きてしまった。昨日、塔が光りはじめたと同時に嵐のような稲妻を巻き起こした。俺は猫に乗り、急いでライアを探しに行った。しばらくすると、まるでノスティ全土を飲み込もうとするかのように地面が崩壊しはじめた。平常心でいるよう努めながら、ライアを乗せて逃げていると、猫が倒壊した建物を飛び越えようとして地面に飲み込まれていった。何とか生き延びたものの、残ったのは2人だけだった。逃げている途中、岸壁に掴まるサシャを見つけだが、俺にはどうすることもできなかった。俺達が唯一の生存者だ。」 -- 2019-05-18 (土) 01:15:41
  • ライアの石版#25「一体何がいけなかったの?あらゆる試練と苦難の中でも、ハトホルやアムン・ラー、全ての神々への信仰は失わなかった。それどころか、教えを広め、祭壇を作り、彼らを祭る式典もとり行った。なぜだ?!なぜオベリスクは空を明るく灯し、私の新たな家に破滅を送り込んだ?なぜ神々は大地をバラバラに引き裂き、私が作り上げた物や仲間を地の底に叩き付けた?私が何をしたと言うのだ?ジョンがいなければ、こんな質問もできなかった。最後の行動として、私を見捨てた神々に救済を乞いながら死んでいたはずだ。」 -- 2019-05-18 (土) 01:16:23
    • #26「亡くなった人々のことで胸が一杯だ。生徒たちの笑顔が見える、学ぶ意欲を見せている。ギリシャの笑い声が聞こえる、愉快に大笑いしている。ジョンの忠誠なる部下の差し出す手が見える、そして彼女は暗闇の中に消えて行った。ジョンは自分を責めないようにと言ってくれる。あれは予期せぬ出来事だったと。しかし、彼らを破滅へ導いたのは、破戒の権化を崇拝させたのは私だ。それを導いた私が罪を感じずにはいられない。ジョンのようにどうにかしてこの感情を閉じ込め、今を生きる必要がある。失ったものを引きずり続ければ、今あるものでさえ失ってしまう。もうそんなことはさせない。神でさえ彼を奪うことは許さない。」 -- 2019-05-18 (土) 01:16:56
  • 移植済みのコメントを削除しました。 -- 2019-06-15 (土) 12:45:02
  • ガリミムスの調査書:だれかに島で最も速い生き物は何かと聞かれるとき、ガリミムスは常に比較対象になります。島のほとんどの装甲を持つ生き物と異なり、ガリミムスはほとんど何者をも追い越すことができる能力のために、強力な防御手段にでることはありません。臆病な草食動物のガリミムスは、平和で見通しのよい草原でも緊張して見えます。捕食者に対して危害を加える手段を持っておらず、ただ逃げて安全を保つためだけにその敏捷性を活かします。私は野生のガリミムスが、スピードトレーニングを受けたユタラプトルを追い抜いたのを見たことさえあります!飼育下において:飼育下のガリミムスの使い道については一般的に2つの立場があります。ある人たちは敵対的な生き物を効果的に攻撃することができず、ほとんど資源も集められないので基本的にトライブの負担になっていると考えています。別の人たちはガリミムスの素晴らしいスピードと長距離をジャンプする能力が、偵察と探索のために最適なものだと考えています。しかしながら、どちらの立場の人たちも、複数のトライブメンバーを迅速に輸送する能力に関しては、非常に有益であるという意見には同意しています。 -- 2019-07-14 (日) 22:06:00
    • ギガノトサウルスの調査書:Giganotosaurus furiosaは巨大な捕食者で、ティラノサウルスやスピノサウルスよりも大きいです。ギガノトサウルスに追いかけられたり、追い詰められることはほぼすべての生物にとって確実な死を意味します!ギガノトサウルスと直接戦うことは全くいい考えではありません。攻撃が当たるたびにその怒りは急速に膨れ上がり、その怒りをもって蓄えたエネルギーをさらに用いて鉄のような顎による咬傷を次第に致命的なものにしていき、またスタミナを強化します。これに加えてその巨体はギガノトサウルスが途方もない量の攻撃を受け止めることを可能にします。そしてあなたは正面から攻撃するよりも、一般的には避けるか裏をかくような生物を持つようなほうがいいでしょう。飼育下において:ギガノトサウルスを飼いならすのは危険な挑戦です。その怒りの反応は、飼いならされているときでさえ味方のトライブを一時的に標的にすることがあります。とくに怒っているならば、ギガノトサウルスは乗り手を投げ捨てることさえするかもしれません!それでもその強大なサイズと力は、いくつかの勢力が大きなリスクを背負ってさえも戦争において恐怖を抱かせるための「重要な」生き物として飼いならそうと試みていることを意味します! -- 2019-07-14 (日) 22:06:16
    • イグアノドンの調査書:私が島で遭遇した多くの生き物の中でも、Iguanodon vicissitudinisはその時の必要性によって移動の方法を切り替えるという、明らかに用途の広い能力をもっています。通常は島の森林や草原に生息する無気力な二足歩行の草食動物ですが、スピードや小回りが求められる状況ではすぐに四足歩行の姿勢に変わり、全く別の生き物のようにふるまいます!二足歩行の間、イグアノドンは親指のスパイクで素早く突き刺す攻撃を行うことができます。四足歩行の時は、全力疾走しながらも無限のスタミナを供給されているようです!飼育下において:興味深いことに、イグアノドンの親指のスパイクはイグアノドンに果物から種を取り出す能力も提供し、農業者が種付けのために、果物の山を種の山に簡単に変えることを可能にします。その非常に効果的な果実収穫能力と大きな運搬能力は二足歩行でのイグアノドンの優れた機動性と合わせて、必要な時には迅速な逃走や機敏な防衛をやってのける理想的な農業労働者にします。 -- 2019-07-14 (日) 22:06:36
      • 提供者訳。 -- 2019-07-14 (日) 22:06:47
  • ロックウェルの記録#24の 座標76.5/61.8ではなく、 76.4/68.1 です。 -- 2019-09-03 (火) 22:00:50
    • メイ・インの記録#13の 座標21.3/30.9ではなく、 21.3/40.9 です。↑ともにPS4です。 -- 2019-09-03 (火) 22:48:41
  • エクステンションの記録が投稿されてるけどなかなか編集されないですね… -- 2020-01-13 (月) 23:54:01
    • この手の編集ってかなりの時間かかるのでしょうか? -- 2020-01-13 (月) 23:54:45
      • 情報提供するのもページを編集するのも利用者の善意であって義務ではないので、自分が欲しいと思ったのなら自分で編集すべき -- 2020-01-14 (火) 01:22:52
  • そういえば見つけたHLN-A記録のおおまかな場所や座標はここに投稿でいいのかな? 公式でもまだまとめてないような気がするし。 -- 2020-02-19 (水) 11:09:57
    • 一応、見つけたHLN-A記録を投稿。座標はGPSでしゃべり出す位置を調べたものだけど、後に正式に載るだろう公式の座標からはある程度ずれてると思うのであくまで参考までに。どれもTEKやオベリスク風の青か赤で輝く大きな建築物が目印。 -- 2020-03-06 (金) 20:35:03
      • SE。外に二つ、洞窟に二つ。外は56.7/56.3、40.0/47.8、赤い建造物が目印。 -- 2020-03-06 (金) 20:39:10
    • アベ。一つがまだ不明だが、恐らく各層に一つずつ? 地上:28.0/76.1、上層:37.3/60.1、中層:27.9/46.9 -- 2020-03-06 (金) 20:48:12
コメント: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White