Top > Pulmonoscorpius
HTML convert time to 0.008 sec.


Pulmonoscorpius

Last-modified: 2018-07-20 (金) 12:20:47
pulmonoscorpius.jpg
種属Pulmonoscorpius gigantus
時代シルル紀


基礎値と成長率 Edit

能力基礎値成長率(野生)成長率(テイム後)[**]テイム完了時補正
Health300(E)60+27%+0.5
Stamina200(D)20+10%-
Oxygen150(D)15+10%-
Food1500(D)150+10%-
Weight200(E)4+4%-
Melee Damage15[*](E)0.75+10%+110%
Movement Speed100.0%-+5%(B)+100%
Torpor150(E)9-+0.5
  • テイム時のレベルが高いほどステータスは上昇します。(移動速度以外)
  • 個体ごとにステータスにばらつきがあります。
  • [*]この基礎値に実際のゲーム内で表記されている倍率をかけたものが与ダメージとなります。
  • [**]テイム直後の能力値を基準として増加します。

特性 Edit

■行動

攻撃前方に尻尾と鋏で攻撃
採集攻撃時に死体からRaw Meat、Prime Raw Meat、Chitin、Hide、Keratin、Peltを採集(対象により採取できるものは変化)
特殊行動なし
備考尻尾で攻撃時に与ダメージの3倍のTorporを10秒かけて上昇させる
 

■生態

生息域主に洞窟、山岳、北東の島
気質攻撃的
産卵あり
ドロップRaw Meat , Chitin
備考
 

■テイム

テイム・騎乗共に可能、テイムは通常の手法、騎乗にはサドルが必要
テイム時の餌Raw Meat < Spoiled Meat
サドル制作に必要なレベル22
備考

補足 Edit

プルモノスコルピウス。石炭紀に存在した巨大サソリ。石炭紀は大いに植物が繁栄し、空気中の酸素濃度が高く昆虫類などが大型化したことで知られる(よく博物館や図鑑などで見る巨大トンボなどもこの時代)。
本種はサソリが海中生物(ウミサソリ)であった時代から陸上種となっていった時代の生物で、現代知られているサソリ類と殆ど変わらない姿でありながら1メートル前後という巨大なサイズを誇った。

■ゲーム内では
尻尾から繰り出される一撃はTorpor(昏睡値)をじわじわと上昇させる効果を持ち、安易に接近戦を仕掛けると気絶状態にさせられてそのまま餌にされてしまうだろう。
足音が独特なので接近に気付く事は難しくないが、洞窟内だと足場や視界が限られている場合が多いため一筋縄ではいかない。足自体は速くないため、広い空間が確保出来ればやり過ごす事も出来る。

騎乗すると毒針がプレイヤーに当たりそうと評判。
一度ペットに出来れば、狩りにテイムに大活躍な非常に頼もしい存在になるだろう。
また、水面を浮くように移動する特性を持っており、見た目に反して水辺での身のこなしが軽い。
メレー(攻撃力)を上昇させると毒量が増える。
餌は生肉よりも腐った肉のほうが効果的(むしろ生肉は回復量が低い)で、非常に維持が楽。

昏睡攻撃について
10秒かけて昏睡値がダメージの3倍値上昇という効果。プレイヤーの麻酔矢や麻酔弾のように 一気に上げる効果は無い。更に、残り時間は上限を超えて加算されないので、最大限の効果を発揮するには昏睡効果が終わる直前に1回ずつ攻撃を当てねばならない(具体的には10秒ごと)。連続で攻撃しても目標の体力を削るだけなので注意。昏睡値が体力の3倍より高い相手だと、当然倒れる前に死ぬ(体力の低いガリミムスや昏睡値が非常に高いメガテリウムが該当する)。



テイム用マウントとしてはベールゼブフォもいるが、そちらと比較した場合プルモノスコルピウスはテイムしやすく、ヘルスと重量ではこちらが勝る。


一番の需要はKibble作成だと思われる。
余談だがサバイバーがサソリの胴体を足に挟まる事が非常に多い。ログアウトして位置をズラすか、サドルを付けて未然に防ごう。


アベレーションにも登場、上層のいたる所に出現。
見た目はハサミや尻尾の先端が光っている。
よくロールラットやステゴにケンカを売っては返り討ちに合っている姿が見られる・・・。
ティラノが居ないこの世界においてはキブルの需要はあまり無く、また凶悪なアベレーションの面々の前では戦力としても期待できないためテイムする意味はあまりないと思われる。キブルに関してはカエルが居るため完全に需要がないわけではない。
相変わらず足と胴体の間にサバイバーがスタックするのでテイムしたならサドルを装備させよう。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 酸素が低いのでちょっとした川でもよく見てあげないといけないね、レベル150くらいあったがすぐ溺死してしまった -- 2018-02-11 (日) 21:12:20
  • この子、カメラに合わせてその場で回転するから方向転換が凄く楽。 -- 2018-02-22 (木) 21:27:12
  • こいつもいずれカルキノスみたくハサミで生物掴めるようにならんかねぇ -- 2018-02-25 (日) 20:35:27
    • 大きさ的にドードーとかサルしかつかめなさそう。 -- 2018-02-25 (日) 21:20:52
      • 肩乗せと両鋏の猿3匹による一斉射撃とか野良トロオドン二刀流による昏睡攻撃とかいう回りくどい遊びができるんじゃないかと個人的に思ってるんだが -- 2018-02-26 (月) 16:03:00
      • 後者楽しそうだけどトロオドンの昏睡が人間にしかきかないのが痛いな -- 2018-02-26 (月) 16:40:12
      • ミクロでプレイヤー叩き落としてからトロオドン押し付けるっていうこともできなくもない…かも。 -- 2018-02-28 (水) 23:11:33
  • 拠点にこいつとロールラットを置けば気分はウェイストランド -- 2018-03-05 (月) 10:18:23
  • メイトブーストかからないけどボアとかに比べれば全然卵産んでくれるから助かるわ -- 2018-04-03 (火) 02:35:32
    • かかるよ、交配不能なだけで -- 2018-04-03 (火) 07:14:49
  • 賢者洞窟で高レベルのオスメステイムしたのに入り口だせないのかよコイツ… -- 2018-04-17 (火) 02:01:37
    • アーティファクトにダウンロードしてオベリスクで引き出せなかったっけ? -- 2018-04-22 (日) 21:19:38
  • こいつや蟹みたいな腐肉食は食べるために殺すんじゃなくて殺すために殺すみたいだから周囲に手付かずの草食の死体が残ってることが多いね。 -- 2018-05-03 (木) 19:25:07
  • 全身が紅多めの個体を捕獲して、「scarlet・needle」と名前を付けている。 -- 2018-05-03 (木) 20:08:07
  • コイツの体でハマったときは移動命令でも脱出できるよ -- 2018-07-08 (日) 23:36:54
  • 初心者は多少無理してでも早めにコイツを捕まえるべき。本領発揮はキブルだけど、序盤なら騎乗用としても十分やれる。 -- 2018-07-14 (土) 17:52:37
コメント: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White