Top > 41cm連装砲

41cm連装砲

Last-modified: 2018-03-24 (土) 02:24:09
No.008
008.png41cm連装砲大口径主砲
装備ステータス
火力+20雷装
爆装対空+4
対潜索敵
命中回避
射程
装備可能艦種
駆逐艦軽巡洋艦重巡洋艦戦艦
軽空母正規空母水上機母艦航空戦艦
備考
改修可
改修更新
41cm連装砲*1 試製41cm三連装砲*2 41cm三連装砲改
呉海軍工廠砲熕部で開発された初の純国産戦艦主砲です。
16インチ(40.6cm)を僅かに上回る、この41cm砲は「大和」型の46cm砲が登場するまで世界最大の戦艦砲でした。
これを搭載した「長門」「陸奥」は、当時世界列強の「ビッグ7」として、多くのファンに称えられていました。

ゲームにおいて Edit

  • 多くの戦艦が初期装備として持参する大口径主砲。
    • 長門/長門改/長門改二陸奥/陸奥改金剛改/改二比叡改/改二榛名改霧島改/改二扶桑改二山城改二が持参。長門型改は2つ、その他の艦は1つ持参する。
      未改造で持参するのは長門型のみ。いざ改修で必要となった時に、短期間で数を揃えるのは意外と大変。
      • 長門型からは未改造で1、改造後2と合わせて3つ入手でき、改造Lvも30と高くないため牧場による増産も可能。
        難点は長門型の入手難度の高さだが、陸奥であれば3-3、4-2、5-4等の周回マップでもドロップするため比較的入手機会は多い。
      • 金剛型はLv25の改で1、Lv75の改二で1の計2つ、扶桑型にいたってはLv80+改装設計図で1つと、どちらも本装備入手を目的とした牧場には不向き。
        入手が容易な金剛型をLv25まで育てる(1つ/Exp30000)手法もあるが、長門型をLv30まで育てる(2つ/Exp43500)手法と比べると経験値効率・燃費効率的には劣る。*3
    • 開発では本装備狙いのレシピではなく、大和砲こと46cm三連装砲の開発のついでに入手する事が多いだろう。
  • 2014/12/1アップデートで改修可能になった。
    22号対水上電探零式艦戦52型同様、改修で本装備を要求する装備が複数あり地味に引っ張りだこ。
    • 41cm連装砲…初期から1つずつ、★+6から2つずつ、★maxまで計14消費。
      • 2017年6月7日に試製41cm三連装砲へ更新可能となったが、更新には同日実装された新アイテム「新型砲熕兵装資材」が2個必要(それに加え46cm三連装砲2個も消費)。
        この点は試製35.6cm三連装砲へそのまま更新可能な35.6cm連装砲と異なるので注意。
      • 新型砲熕兵装資材は試製41cm三連装砲41cm三連装砲改に更新するときも必要になる。
        しかし、試製41cm砲と41cm改の性能差は対空・命中・装甲であるため、単に火力の高い主砲が欲しいだけならこちらの更新に軍配が上がる。
        逆に試製41cmは設計図さえあれば更新に頼らなくても量産は可能なのが悩ましい。
        今後を見据えてどちらにも使わないのもアリではある。
    • 38cm連装砲改…初期から1つずつ、★+6から2つずつ、★maxまで計14消費。(2015/2/23アップデートで改修実装)
    • 試製46cm連装砲…初期から2つずつ、★+6から3つずつ、★maxまで計24消費。(2015/2/23アップデートで改修実装)
      • さらに4つ消費して更新可能だが46cm三連装砲★+5になるため、同装備の希少性を考えるとやるべきではないだろう。
        また、更新時の消費装備数としては現在2位。(1位は25mm三連装機銃 集中配備へ更新時の25mm三連装機銃5つ)
    • 381mm/50 三連装砲改…初期から1つずつ、★+6から2つずつ、★maxまで計14消費。(2015/4/28アップデートの装備登場と同時に改修実装)
    • 試製41cm三連装砲…初期から2つずつ、★+6から3つずつ、★maxまで計24消費。(2016/2/29アップデートで改修実装)
    • 41cm三連装砲改…初期から2つずつ、★+6まで計12消費。(2017/5/29アップデートの装備登場と同時に改修実装)
    • 16inch三連装砲 Mk.7…初期から3つずつ、★+6まで計18消費。(2016/6/30アップデートで改修実装)
    • 38.1cm Mk.I連装砲…★+6から2つずつ、★maxまで計8消費。(2016/9/16アップデートで改修実装)
    • 51cm連装砲…初期から4つずつ、★+6まで計24消費。(2018/3/23アップデートで改修実装)
  • 火力補正+20と尋常じゃない上昇値を誇り、フラ戦相手でも十分殴り合える。何はなくとも主力艦隊には必要数配備したい。
    • なんだかんだで35.6cm連装砲よりもグッと火力が伸びるため心強い。
    • 史実では長門型のみに搭載された砲だが、長門砲と呼ばれる事は特になかったりする。
  • 2014/7/28アップデートで「艦型に対して、大型で過重量の「主砲」系装備を多数積載した際は命中率が低下し、フィットした主砲を搭載した場合は若干上昇する」ようになった。
    詳細な影響は検証中だが、以前の「大和砲が十分に揃った後はレベリングを考えて5-10程度所持しておく」状況から変わったため、命中率も重視して35.6cm連装砲や本装備も手元に残しておきたい。
    • 戦艦のレベリング中は、育成中の戦艦に大和砲を、随伴艦に本装備を載せて射程調整する事で、MVPを取らせ易くできる。
    • 滅多にないが素の射程が超長の大和イタリア戦艦を二隻以上同時運用する場合は、本装備による射程の調整ができない。
    • 重武装による対潜と火力支援を行う航空戦艦を運用する際、本装備を載せて攻撃順位を下げることで、他の主力戦艦の攻撃を優先して通す、といった運用もできる。
      • 航空戦艦に大和砲を二基搭載しても、反航戦以下では火力が大和型の装甲を超えず、有効打を与えられない場合が多い。
        「沈められる前に沈める」の考え方から、多少の火力を犠牲にしてでも、火力特化の艦が優先して攻撃できる戦線を組むことは十分に有意義と言える。
    • 金剛型は未改造で35.6cm連装砲を、改(改二)で本装備を持参するが、本装備の搭載で命中率低下が確認されている。


  • 三連装版の試製41cm三連装砲が2014年夏イベントで、口径が近い16inch三連装砲 Mk.7が2015年12月作戦ランキング報酬として、それぞれ先行実装された。
    • 後に試製41cm三連装砲は扶桑改二の初期装備として、16inch三連装砲 Mk.7はIowaの初期装備として、それぞれ本実装された。
  • 2014/07/18アップデートでグラフィックが変更された。
2014/07/18アップデート以前の画像

以下主要な大口径主砲の性能比較表(装備最大値/大口径主砲上位早見表/テーブルより転送) Edit

装備名火力対空命中回避装甲射程入手方法改修備考追加
51cm連装砲3251-12超長イベント、改修更新大和型、長門型改、長門型改二のみ装備可編集
試製51cm連装砲3051-1超長初期装備、イベント、ランキング大和型、長門型改、長門型改二のみ装備可編集
46cm三連装砲改27622超長改修、ランキング-編集
46cm三連装砲265超長開発、初期装備、改修、イベント-編集
試製46cm連装砲2341超長イベント、ランキング-編集
41cm三連装砲改22641改修、ランキング-編集
試製41cm三連装砲2252初期装備、改修、イベント、ランキング-編集
41cm連装砲204開発、初期装備-編集
試製35.6cm三連装砲1852改修、、イベント、ランキング-編集
35.6cm連装砲(ダズル迷彩)15511初期装備-編集
35.6cm連装砲154開発、初期装備-編集
16inch三連装砲 Mk.7+GFCS243711改修-編集
16inch三連装砲 Mk.724341初期装備、イベント、ランキング-編集
38cm四連装砲改22231初期装備--編集
381mm/50 三連装砲改214-1-1超長初期装備、改修、イベント-編集
38.1cm Mk.I/N連装砲改1932改修、ランキング-編集
30.5cm三連装砲改173311初期装備-Гангутに高いフィット補正有編集
38cm連装砲改1723初期装備-編集
  • 本表による固有ステータスの他、積載艦個別のフィット・過積載補正による命中補正(-16+10程度)がある
  • 桃色は海外艦装備

小ネタ Edit

  • 正式名称「四五口径三年式四一糎砲」、長門型の主砲として大正4年に開発された。
    • 仮想敵国である米国が、将来16in砲(16inch【インチ】砲)を戦艦に採用するという予測から開発された(実際に米国はコロラド級戦艦に16in砲を採用している)。
  • 説明文にもある通り、初の純国産戦艦用主砲であると同時に、世界で初めて採用された16in(40.6cm)級艦砲でもある。
  • その後ワシントン条約で、戦艦の主砲上限が16inに決まったため「四五口径三年式四〇糎砲」と改称されている。
    • 別に造り直したとかそういうこともなく、改称されただけで実口径は変わっていない。じゃあ改称しなくていいジャン
    • 41cmという名称だと他国から何か言われる(16in=40.64cm)のではないかと考えて改称したらしい。
    • ちなみに艦これ以外の軍事モノから入ってきた提督のほとんどは「41センチ」とは呼ばない。「四〇サンチ砲」である。
      • という意見もあるが、当の海軍は昭和期以降「センチ」呼びになっていたという説が一般的である。
        そもそも「サンチ」という読みはフランス語が元であり、大正13年度の法改正まで公式だった。漢字は「珊」をあてている。ちなみに「センチ」は英語。
      • 余談だが、小数点をコンマ「,」と呼びながらドット「.」を書くなど、仏語と英語の混交は現代でも残っている*4
  • 砲身直径は67.4cm。大きさの割に軽量であり、優秀な砲であった。
  • 砲弾重量は徹甲弾で1,000kg。九一式徹甲弾を装備した場合砲弾重量は1,020kgとなる。
    これはネルソン級、コロラド級の搭載する初期の16in砲弾の重量(それぞれ929kg、957kg)を超える物であり、
    艦砲として運用された中ではアメリカ海軍の特殊弾頭SHS(スーパーヘビーシェル)*5*6を除くと当時世界最重量級の16in砲弾であった。
  • 破壊力も凄まじければ発射時の衝撃も凄まじい。実際に戦艦長門の艦橋射撃指揮所の露天で射撃時の衝撃を体験した黛治夫少尉*7の証言によれば、
    発砲の瞬間、腹の中の空気が根こそぎ吸い出されるような圧迫を感じ、気が付いたら真新しい雨衣のボタンが全部千切れ飛び、軍帽も吹き飛ばされていたという。
    金剛型や扶桑型の36サンチ主砲も通称「濡れ雑巾」、濡れ雑巾で力一杯頭をひっぱたかれたような衝撃で有名だったが、やはり長門型と比べると見劣りがした。
    長門から山城に移ったある若手士官は「長門に比べると豆鉄砲ですな」と余計なことを言って、山城の砲術士官に嫌な顔をされたという。
  • 改装後、その最大射程は38.4kmまで延伸され、最大射程に関しても16in砲として艦砲として運用されたものならば、当時世界最大級である*8
    • が、有効射程距離は25km程度である。それ以上先は着弾の観測が難しいからだそうだ。これに関しては、火器管制レーダーの実用化を待たなければならない。
      • 実際は火器管制レーダーを持ってしても有効射程はほぼ変わらない。というのも、レーダーだろうが目視だろうがまともに敵艦や着弾の水柱を捉えられるのが水平線のちょっと向こうまでが限界だからである。
        それ以上の着弾観測はどうしても観測機が必要となる。
    • まあ実戦でぶっ放したのがマリアナ沖海戦レイテ沖海戦くらいなので、実際の性能がどうだったかまでは推測の域を出ないのだけれど。
      少なくとも駄砲だったら天城型や加賀型などの後継艦に搭載が予定されなかった、ということは確か。
    • というわけで史実での41cm砲の活躍はほぼない。長門姉妹ふたりとも、戦闘よりも港にいる時間の方が長かったためである。
      • それどころか陸奥の41cm砲の弾薬庫が爆発して陸奥を沈めてしまっている。41cm砲の最大の戦果である
      • 名誉のために補足すれば、秘密兵器の大和型と違い、人目の付く国内沿岸でも堂々と活動できる艦で最大の砲を積んでいた都合、各種砲撃試験の殆どは長門型が担当しており、戦果こそ乏しいが成果は充分に挙げている。
    • 発射速度は昭和14年の艦隊演習時で最速40秒/発程だったという。昭和19年に一度装填した砲弾を別弾種に変更する機構を追加した。
  • 地味に搭載艦に恵まれない砲で、金剛型の後継艦「天城型巡洋戦艦」は軍縮の煽りを受けて空母に改装、長門型の後継艦「加賀型戦艦」も同じく軍縮で建造中止。
    それ以降大和型まで帝国海軍は戦艦の更新を行わず、その大和型に搭載されたのはみんな大好き46cm砲。不憫だ。
    • ちなみに赤城に搭載予定だったこれは壱岐島や対馬、韓国の釜山などで要塞の砲台として使われた。
    • また長門、陸奥の近代化改装時には加賀とその妹の土佐の主砲塔や砲身の設計が流用された。今江田島にある陸奥の第4砲塔はこの時取り外された旧砲塔。
  • この連装砲、一基の重さは約1000トン。38cm連装砲も大体同じくらい(というか少し重い)のでビスマルクは実際に問題なく搭載可能。
    35.6cm連装砲搭載艦の場合、一基当たり650トンほどなのでどう考えても過重量。載せるのであれば、基数は間違いなく減ったであろう。
    特に金剛型の場合、数が減りすぎて悲惨なことになるのは想像に難くない。
  • ちなみに、この主砲は海上自衛隊第一術科学校(旧海軍兵学校)内にて現存している。戦艦陸奥の第4主砲で、近代化改装の時に取り外されたものである。
    見学もできるので、興味のある人は是非どうぞ。

この装備についてのコメント Edit

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • デイリー分で46砲レシピ回してるが全然来ないな・・・ -- 2017-07-29 (土) 15:43:20
    • 牧場と並行して集めるほうが早い。出ないときはとことん出ない -- 2017-08-05 (土) 14:33:43
  • 完全に産廃砲となってしまった・・・ -- 2017-08-16 (水) 02:20:38
    • 改修素材として大活躍じゃないか、これ自体の改修品を量産しちゃったのは散々止めた方がいいといわれていたから自己責任としか言いようがないが。 -- 2017-08-30 (水) 15:26:25
    • 砲のおやつ -- 2017-08-31 (木) 14:36:59
  • これの改修マックスが2本ある件… ま、まあ演習に出す戦艦に載せっぱなしにするにはちょうどいいし(震え声) -- 2017-09-04 (月) 18:37:51
  • これの更新に新型砲熕兵装資材が必要(それも2個も)なのは設定ミスなのかもしれないな、これの★10改修した人は少ないだろうし今更変えないだろうけれども。 -- 2017-09-12 (火) 22:39:55
  • うーん、そろそろ長門型牧場を始めるべきなんだろうか・・・。支援艦隊でも未だに現役だし改修に数が必要だしで需要の割に手に入りにくいな。 -- 2017-09-28 (木) 01:53:51
    • 主砲レシピを普段まわしてないならそうやって作るのもいいかもね、いまは -- 2017-09-28 (木) 01:56:54
    • 秋刀魚漁3-3やってれば陸奥ドロで割と集まるよ。ついでに戦艦枠にその陸奥入れて牧場もいいかもね -- 2017-09-30 (土) 15:56:33
    • 倉庫圧迫しないようにLv30のままのむっちゃんが増えていく・・・。 -- 2017-09-30 (土) 17:42:15
    • 長門型の改造には、弾900の鋼800に経験値か。日々の開発は艦載機で手一杯だし、安いほうかな? -- 2018-01-07 (日) 22:09:47
  • 一部「+★6」となっていた部分を、表記方法を統一し「★+6」に修正しました。何か問題点があれば指摘をお願いします。 -- 2017-11-02 (木) 14:49:02
  • 試製41も十分ある状況でこいつno -- 2017-12-13 (水) 20:06:31
    • おっとミスった。ともかく中途半端にこいつの★6と★7があるけど、どうしたもんかねぇ…… -- 2017-12-13 (水) 20:08:03
      • 伊勢型の主砲として残しておくのがいいんでないかな 自分は★MAXが2個と★9が4個あるけど★9のを伊勢型に標準装備させてるー -- 2017-12-27 (水) 07:08:39
      • 返答さんきゅ、なるほどなー。とりあえず諸々改修終わるまで伊勢型二隻に乗っけ放しにしておくわー -- 2018-01-08 (月) 20:56:00
  • 秋月砲やら水戦の改修にリソースが割かれてる間に、これの牧場用にキープしていた長門型がどんどん増えていく・・・どうしたもんやら(貧乏性) -- 2017-12-22 (金) 23:49:54
  • いざ戦艦系装備の改修始めるとこの砲いくつあっても足りないですね。30本以上用意してあったのが全部なくなった。有用な戦艦主砲の素材が大体コレだ。 -- 2018-01-14 (日) 06:02:56
  • 主砲改修やると、恐ろしい勢いで減っていく上に、うちは41㎝の6と試製41の7が2本ずつしかないから、ストック -- 2018-02-01 (木) 18:32:54
    • 失礼しました。しておきたいのだけれど、倉庫がパンパンで改装できず、すでに長門が2人に陸奥が13人。もう母港も限界まで拡張しちゃったし、イベント近いのにどうしよう。 -- 2018-02-01 (木) 18:35:58
      • 陸奥なんて通常海域でもそこそこ落ちるしそんなに貯め込む必要性を感じない -- 2018-02-01 (木) 21:12:49
      • 母港拡張するかさっさと陸奥を解体するかお好きな方を。 -- 2018-02-01 (木) 21:28:59
  • 今さらだけど この三連装じゃない「連装砲」ってところに惹かれて1本始めから改修する・・・もうガマンできない! -- 2018-02-05 (月) 04:30:18
  • 41cmが余るがネジが余らず扱いに困る...さすがに捨てられんし...。くっ・・・夜間戦闘機め・・・ -- 2018-02-28 (水) 22:14:58
  • だだ余りしていた41cm砲、なんと51cm砲が最低24個食べます。やったね! -- 2018-03-24 (土) 02:21:01
    • 20本以上抱えてもう廃棄任務で使おうかと思ってたが冬イベで手に入ったアイオワ砲と51砲の改修であっという間に消えてしまった -- 2018-03-25 (日) 10:29:26
  • 30基あれば、試製41や41改の改修してもおつりくるぜと思っていた・・・昨日の朝とある主砲の改修するまでは(白目 -- 2018-03-25 (日) 10:41:06
  • 腐るほどあった41cm砲がまさか不足するとは アイオワ砲と51cmの改修が重なったのが痛い -- 2018-03-27 (火) 22:24:21
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 新型砲熕兵装資材が2個必要
*2 新型砲熕兵装資材が2個必要
*3 1戦辺りの燃料/弾薬消費は金剛型16/22、長門型20/26。1戦辺りExp1000とすると金剛型30戦(480/660)で1個、長門型は44戦(880/1144)で2個。1戦辺りExp300としても金剛型100戦(1600/2200)で1個、長門型は145戦(2700/3770)で2個。改造資材(弾薬/鋼材)は金剛型が600/400、長門型が900/800。
*4 小数点記号は仏式が「,」英式が「.」である
*5 大質量の徹甲弾のこと。例えばアイオワ級の艦砲である「16in砲Mark7」は従来は砲弾重量1,016kgの「Mark5徹甲弾」を運用していたが、新たに「Mark8徹甲弾」として砲弾重量1,225kgのスーパーヘビーシェルを運用することで長射程においても高い打撃力を維持した。
*6 質量が大きい砲弾は落下時のエネルギー損失が少ないため、落角の大きい遠距離砲戦では有利になる。代償として最大射程が二割ほど短くなるが、アメリカ海軍は通常徹甲弾の有効射程と同等だとして実用上問題無しとしていた。
*7 のち海軍大佐。大和艤装副長、砲術学校教頭、秋津洲や利根の艦長などを歴任。若い頃から砲術キチガイで有名で、この「人体実験」も彼自身が発案し志願したもの。
*8 試製砲や沿岸砲などでは、米16in56口径Mark4やソ連の406mm50口径砲B-37 Pattern1937や、ドイツ40.6cm52口径砲SK C/34などは、いずれも46cm砲の最大射程42kmを超えている