アイテム/肉焼きセット

Last-modified: 2020-08-17 (月) 10:43:39

こんがり肉を焼けるハンターの必需品。
火をおこす台座部分と、生肉を乗せる支柱2本、そして生肉の骨の端に取り付けてまわすためのハンドルの3点セット。

概要

ズッチャ♪ ズッチャ♪ チャンチャチャン♪ チャカチャチャンチャチャン♪ チャカチャ♪ 
チャカチャン♪ チャカチャン♪ チャカチャン♪ チャカチャン♪ チャカチャカチャン♪(1)・(2)・

  • のところでアクションボタンを押すと、
    お馴染み〔上手に焼けました~〕のボイスとともにこんがり肉が焼き上がる。
    早すぎると生焼け肉。遅すぎるとコゲ肉。始まってすぐだと生肉のまま。
    最初の頃は、音楽が終わる瞬間にボタンを押せば良いと勘違いする新米ハンターも少なくない。
    実際には音楽が終わってから2拍後がベストなタイミングとなる。
    タイミングが分からない場合は、肉の色の変化を見て押すという方法もある。
    ただし、見てから押すとなるとタイミングはシビアで、
    ちょっと遅れるとコゲ肉になってしまう。
  • 他にタイミングを知る方法として、「太鼓の達人」シリーズに収録されている
    「モンスターハンターメドレー」の最後に肉焼きBGMが選ばれているのだが、
    曲が終わってから2拍後のこんがり肉になるタイミングで(無音のところに)音符が配置されている。
    リズムを掴むにはいいかもしれない。
    • マイハウスでプーギーを撫でる際も同じメロディ(作品によってアレンジは異なるが)が流れるので練習になる。
      上記の1・2・のタイミングでプーギーの頭上に「!」マークが出現、成功すると喜んで後を付いてくる。
      タイミングが早すぎると無反応、遅すぎると機嫌を損ねて家出してしまう。
      逃げたプーギーは1クエ消化しないと戻らないが、練習で肉を無駄にしたくないならこちらも役立つ。
  • BGMを目印にする仕様上、無音にすると難度が大幅に上がる。
    上記の音楽を頭で再生できる人でさえ、些細なタイミングを誤り焦がしたり生焼けにしてしまうこと請け合いである。
    タイミングが変わる連続肉焼きや10連肉焼きは言わずもがな。
  • 明らかに焦がしてしまった後にもお構いなしに焼いていると、最終的には自動的に引き上げてしまう。
    かなり長い時間焼くことになるので完全に炭と化しても良さそうなものだが、燃えないゴミや灰にはならない。
    その気になれば食べられるくらいの原型は留めているようだ。
    そしてやっぱり場合によっては咽る。
  • フィールドでは10秒程で焼き上げていて、「本当に焼いているのか」と疑問を持つハンターもいる。
    現実世界では10秒程度で、ましてやあの大きさの肉では中まで火が通る訳も無いが、
    MH世界の物理法則に物申しても不毛と言えば不毛。
    また初期のノベル版のように、
    クエストの制限時間のゲーム上での50分を実際の50時間と解釈している設定ならば、
    ゲームで10秒焼けば実際には10分焼いている計算になるので、これならば理屈も通る。
  • 生肉さえあればいつでもどこでも何度でも焼ける。
    さらに焼きやすくなる「高級肉焼きセット」や猫スキル「猫の調理術」、スキル「肉焼き名人」がある。
    なお、焼きやすくなると「こんがり肉G」が焼けるようになる(タイミングはこんがり肉よりもシビア)。
    その他にも、肉焼き中の音楽や〔上手に焼けました~〕のフレーズがアレンジされた物もある。
  • 水に浸かっているエリアで使うと、水面下で火が燃えるという不思議な現象が確認できる。
    これは水中戦が導入されたMH3から目立つようになった現象であるが、
    水中戦の無い他のシリーズでも水面下で肉を焼ける場所はいくつかある。
    • しかし、実際に燃える性質がある物質、燃焼を助ける酸素、発火に必要な熱の三要素が揃えば
      水中でも火を起こすことはできる(花火やロケットなどがいい例である)。
      つまり、あの小さな肉焼きセットは、実は技術力の塊なのである。
  • 基本的に地面に置いて使うものだが、坂道などの水平でない場所で使うと
    水平を保つために、そして宙に浮いているというツッコミを回避するために
    台座の裏から支え棒のようなものが出ているのが確認できる。*1
    • 坂道など片側だけが浮いてしまう程度の場所だけでなく、
      崖の縁で空中に向かって肉焼きセットを使用した場合、支え棒も延びる。
      岸壁部分から延びた支え棒が肉焼きセット全体を空中に浮かせて固定という、
      「そこまでしてそっち向いて肉を焼きたいのか」と言いたくなる格好になる。
    • 崖に半身を出した状態で肉焼きセットを使用すると、
      椅子の脚がさらに下に伸び、そこから肉焼き器の支え棒が伸びている様子が確認できる。
    • MHPの沼地エリア10等の水溜りが存在する場所で肉を焼くと、果てしなく長い支え棒が水面下に表れる。
      まさか水面下には別世界が広がっているのだろうか。*2
      最近の作品では処理上の対策が施されているが、カメラの角度によっては、微かに支え棒が見えてしまう。
  • 無印とPS2版MHGのTVCMは、肉焼きに成功しているハンターで締めるものであった。
    この結果、「モンスターを狩ってその肉を焼いて食べるゲーム」という
    正解とも誤解とも言えるイメージを視聴者に与えた。
    またこの終わり方の印象が強かったものの、ゲームの名前が思い出せず
    「CMの最後で肉を焼いてるゲームください。」と言って注文、購入する人が全国で確認されたという。
  • 他にも男の肉焼きセット、女の肉焼きセット、猫の肉焼きセット、よろず焼きセット、
    高速肉焼きセット、高級肉焼きセット、連続肉焼きセット、携帯肉焼きセットがある。
    肉を焼く事はある種モンハンの象徴でもあるためか、何気に種類が多い。
  • ちなみに、肉焼きセット使用中は姿勢が低くなるため
    MHP2Gのヤマツカミの回転攻撃を避けられることは意外と知られていない。
    ただ、ヤマツカミがちょっと低い位置に来ると当たってしまう。
    これが同期ズレが発生しがちな多人数プレイだとむしろ避けられるパターンの方が稀
    知ってる人から見ればちょっと苦笑するだけだが、
    知らない人から見るとただの馬鹿である。ご利用は計画的に。
    ちなみにボウガンのロックオン同様、ただ避けるだけではこの技を成功させたとは言えない。
    肉焼きセットを使って避けた上でこんがり肉(高級肉焼きセットならG)を焼き上げ、
    上手に焼けました~♪(もしくはウルトラ上手に、焼けました~♪)」のアナウンスを聞きつつ
    高々と肉を掲げ、なおかつ次の攻撃を回避し、可能なら攻撃に転じて初めてこの技の成功と言える。
  • ある意味モンハンの象徴とも言えるアイテムだが、中盤以降よろず焼きなどの設備が整い、
    こんがり肉を直接持ち込める余裕が出来る頃にはほぼアイテムBOX内で埃を被るようになる。
    埃を被るほど肉を保存できるアイテムBOXとは…
    たまには初心に戻って、フィールド上で肉を焼きながらお馴染みのリズムに身を委ねてみるのも一興。
    ベテランハンターでも久々にやると案外タイミングを計りかねて焦がしがちなものである。
    • ちなみによろず焼きに関してだが、
      キッチンに頼んで焼いてもらうタイプのよろず焼きが登場する作品で
      生焼け肉やコゲ肉を何らかの理由で集中して量産したい場合には、
      肉焼きセットで手動で失敗しまくる方が早い。
      特にコゲ肉に虫餌調合としての用途ができたMHXでは、
      普段からできたコゲ肉をストックしていない限りは一度に使おうと思うとすぐ足りなくなる。
      このような需要はおなじみ強走薬の在庫を大量に確保しようとした時にもたびたび発生する。
      作品によっては「G」の確保が圧倒的にラクとか言ってはいけない

MHWorld

  • 肉焼きセットに大幅なテコ入れが加えられ、様々な部分が変わっている。
    ややメカニカルな構造になったうえ、曲に変化が入り肉焼き成功タイミングが変わっている
    ズッチャ♪ チャンチャチャン♪ チャカチャチャンチャチャン♪
    チャチャチャチャン♪ チャチャン♪

  • 曲全体が短縮され、曲が終わった直後が成功タイミングになっている
    開発によると、これは焼き上がりが掴み辛いとの意見を受けて改められたものだという。
    経験者だと曲終了後に間を取りたくなるが、素直に終わったタイミングで○を押せば良い。
    • なお、MHWorldではお馴染みの「上手に焼けました~」と受付嬢が言ってくれる
      …のだが、作成したデータで最初の一回のみしか言ってくれず、
      定番だった従来の上手に焼けましたボイスも無くなってしまった事が惜しいと感じた人も多い様子。
    • 過去作品程の間を置いたタイミングで押すとしっかりこげる。
  • 肉焼きセットは「固定アイテム」として扱われているため常時持ち歩ける
    アイテムポーチでも消費アイテムや素材類とは別個に管理されるため、ポーチを圧迫しない。
    他の固定アイテムは釣り竿・ピッケル・捕獲ネットなど採集手段となるアイテムばかりで、
    その中に堂々と紛れ込んでいる肉焼きセットは妙に存在感がある。
    ショートカットにも常時存在するので、強敵と戦うときに邪魔だと感じるならば外してしまう事もできる。
  • コンロ部分が沈む程度の深さの水場では使用できなくなっている。
    水場や段差の付近に使用できるスペースがある場合、
    そちらの方向へ向き直って肉焼きセットを用意する妙に細かい仕様がある。
  • 本作ではスタミナの減りが緩和されていたり長距離移動しなくてもいいファストトラベルの存在から、
    一部の武器種以外はそこまでスタミナの最大値を気にする必要がなく、
    またこんがり肉を納品するチュートリアルクエストなども存在しない。
    そのためか常備されているにも関わらず肉焼きセットを使ったことがないというハンターも少なくない模様で、
    勲章(PS4のトロフィー機能と連動)の「初めてこんがり肉を焼いた」の取得率は発売後2ヶ月にして50%程度しかなく、
    なんとネルギガンテの討伐を意味する「激闘の勝者」の取得者よりも少なかった。
    2020年8月現在においてもPS4、Steam双方で「激闘の勝者」より少なく、
    どちらも取得率が50%を割っている。

派生アイテム

携帯肉焼きセット

  • MH3Gを除くコンシューマ機発売の本家作品とMHX(X)、及びMHFに登場。
    こんがり肉納品クエなど、肉を焼く事自体が必須であるクエストの支給品にある。
    支給専用品なので当然クエ終了後に返却することになるが、それ以外は普通の肉焼きセットと変わらない
    (シリーズによっては上手に焼きにくくなっている)。
    簡素な肉焼きセットであるゆえか、肉焼き中のBGMが、
    通常のBGMをラジオのスピーカーから通したような、ちょっとかすれたものとなっているが、
    MHXでは通常の肉焼きセットと同じBGMである。容量が足りなかったのだろうか
    なお、MH3体験版のものはBGMが連続肉焼きセットと同じであった。

高級肉焼きセット

  • MHG、MHP、MHP2、MHP2Gに登場。
    より効果の高いこんがり肉Gが焼ける肉焼きセット。
    入手法は山菜爺さんからの交換…なのだが、その交換の代価がとんでもない。肉焼き券×99である。
    肉焼きクエでしか手に入らず、確定報酬以外では確率も低いアレを99個も要求されるのである。
    この方法で手に入れた人はごく少数だろうが、後述の容易な入手法もあり、
    MHGやMHPでは訓練所で使ったという方も結構いるのではないかと思う。
  • MHGとMHPではイベントクエストの報酬でも手に入る。
    ただしいずれも、こんがり肉を50個納品することが条件なので慣れないと厳しい。
  • MHP2、MHP2Gではポッケポイントと交換で入手できるので、割と簡単に手に入るようになった。
    一応2%でチャチャブーの落とし物からも入手可能だが…

男の肉焼きセット

  • MH2、MHFに登場。
    高級肉焼きセットとほぼ同等の効果を持つ肉焼きセット。
    BGMは木管楽器主体のどこか民族音楽を連想させるアレンジで、
    男の声で「ホッ!ハッ!」と合いの手が入る。
    しかも曲の終わりに情けない感じで「ああ~ぁ」という謎の声が入る。
    焼き上がった時には野太い男の声で
    上手に焼けました~!(チェストォォォオ!)」と、やたら熱いボイスで締める。
    ウルトラ上手に焼いた時は
    (押忍!)ウルトラ上手に!焼っけました~!(チェストォォォオ!)」とやはり熱い。
    入手方法は、狩人道場でのポイントと交換する方法と、
    猟団部屋のハリセンネコに猟団チケット×99と交換してもらう方法がある。
    前者はかなり面倒だが、クロオビ装備を作ろうとコイン集めをしていればポイントが嫌でも溜まる。
    欲しい人はそれを使うといいだろう。
    後者に関しては、99枚もの猟団チケットを所持しており、かつ猟団ランクが10以上である事が条件となるが、
    人によってはこちらの方が楽かもしれない。

女の肉焼きセット

  • MH2、MHFに登場。
    男の肉焼きセットと同じく、高級肉焼きセットとほぼ同等の効果を持つ肉焼きセット。
    BGMは男の肉焼きセットとは対照的に金管楽器を使ったジャズのようなアレンジで、
    BGMと同時に女性のコーラスが流れて非常に色っぽい。
    たまに行商婆ちゃんが売りに出すが、4980zと肉焼きセットにしては非常に高価。
    しかし、MH2ではイベントを進めるのに必要となる、
    よろず焼きセットの作成に使える肉焼きセットの中では一番入手が容易なので、
    雪山でのクシャルダオラとの最終決戦の前には嫌でも買うことになる。
    なお、キングチャチャブーからも剥ぎ取れるが、
    キングチャチャブーと戦える頃にはほぼ間違いなくいらないだろう。
    MHFでは、マイガーデンの掘り出し物でもたまに貰えたりする。
    そんなことをしなくとも雑貨屋で普通に売っているのだが。(4980z)
    また、男の肉焼きセットと同じく猟団チケット×99との交換でも入手可能。

猫の肉焼きセット

  • MH2、MHFに登場。
    高級肉焼きセットとほぼ同等の(以下同文)
    説明文によれば「アイルー御用達の一品」らしい。
    BGMには猫の声でコーラスが入り、通常「上手に焼けました~♪」となる焼き上がり時のボイスも猫の声。
    入手法は山菜爺さんからの交換…なのだが、その交換の代価が高級肉焼きセット以上にとんでもない。
    肉球のスタンプ×99である。
    イベントクエストを除けば、メラルーから2%の確率でしか入手できないアレを99個である
    もしMH2オフ専で、かつ正規の手段でこれを持っているならば、
    その人物は肉焼きセット1個の為に(少なくとも)5000匹以上のメラルーを虐待した鬼畜ハンター狩った
    狩人の鑑とみていいだろう。
    ちなみに、オンラインであればイベントクエストの報酬として普通に手に入る。
    この差はいったい何なのだろうか…。
    MHFでは男の肉焼きセット、女の肉焼きセットと同じく猟団チケット×99と交換でも入手可能。
  • 男の肉焼きセットと女の肉焼きセットも含めて、
    この3つはよろず焼きキットと調合することでよろず焼きセットになる。
    なお、調合リストを埋めたい場合は、3つとも全て調合する必要がある。
    MH2のオフ専ならばリタイアを利用すれば消費せずに済む。
    だいぶ手間ではあるが、肉球のスタンプを猫の肉焼きセットに交換→調合→リタイアとすれば、
    スタンプも手元に戻る。

高速肉焼きセット

  • MH2、MHFに登場。
    その名の通り、高速で肉が焼ける肉焼きセット。
    BGMは通常の肉焼きセットのそれを倍速にしたもので、上手に焼くタイミングも相応にシビア。
    しかし、まどろっこしい肉焼きの時間が短縮できるのはそれなりに魅力的である。
    これも入手法は山菜爺さんからの交換だが、星鉄×99と他に比べれば良心的。
    星鉄は使い道が少なく、遅かれ早かれ持て余す事になるので、
    どうせならジャンボ村の住人の依頼をガンガンこなし、これと交換しよう。
    MHFではニャカ漬けの壺にもえないゴミを入れて虹色まで放置するだけで
    星鉄を簡単に量産できるため時間がかかるものの他と比べて入手しやすい。
    また、例によって猟団チケット×99と(以下略)

連続肉焼きセット

テッテレテッテレテテッテーテン♪ テッテレテッテレテテッテーテン♪
テッテレテッテレテテッテーテン♪ テッテッテッテッテン♪(1)・(2)・
テッテレテッテレテテッテーテン♪ テッテッテッテッテン♪(1)・
テッテレテッテレテテッテーテン♪ テッテレテン♪(1)・

  • MH3、MH3Gに登場。肉を二つ同時にセット可能で、
    生肉を時間差をつけて置くことで、連続で焼き上げることが出来る肉焼きセット。
    この2作品はよろず焼きに相当するシステムがないため、こんがり肉を量産する際は必需品となる。
    生肉とこれをモガの森に持ち込んでひたすら肉焼き→帰還は誰しも経験があるはず。
  • ダッシュボタンを押し続けると、先に焼き始めた肉の隣で次の生肉を焼き始める。
    ダッシュボタンを離すか生肉が無くなるまで、続けて肉を焼き続けられる。
    • ダッシュボタンを押して焼く」という説明がわかりづらかったのか、
      使い方がわからないという新米ハンターが続出した。
      中には本当にダッシュしながら使うと誤解する者も…。
      なお、ダッシュボタンとはRボタン(wiiリモコン+ヌンチャクではZボタン)のことである。
    • 連続肉焼きモードに入ると、肉を台座の右側、左側…と交互に置いていくのだが、
      その際、肉を回すレバーの手をよく見てみると、肉を置く一瞬だけ反対の腕でレバーを回す、という
      無駄に凝ったモーションを見せてくれる。
  • 従来の肉焼きセットと音楽が異なる。初めて使うと新鮮。
    しかし、早く慣れないとコゲ肉量産機になりかねないので、
    いきなり連続で焼かず何個か練習に使うと良い。
  • 最初の1個は従来の肉焼きセットと同じタイミングだが、
    2個目以降は音楽が途切れて1拍後に肉が焼き上がる。
    慣れないと1個目だけ生焼けになってしまったり、2個目以降を焦がし続けたりしかねないので注意。
    慣れれば簡単にこんがり肉が量産できるようになる。
  • ちなみに、上手に焼けました~♪は最後の1個を焼き上げたときにしか言ってくれない。
  • チャチャのお面の一つである肉焼きのお面は、これを改造してお面にした物である。
    そのためこれを付けさせておけば、生肉さえあればいつでも連続肉焼きが出来る。
    また、生肉を渡すと自分で焼いてくれる。
    この時の焼き加減はお面の熟練度によって変化し、熟練度が上がるほどこんがり焼けやすくなる。

余談

  • 『スヌーピー ライフ』と『モンハン:ワールド』のコラボでは「マシュマロ焼きセット」なるものが登場する。
    これは文字通りマシュマロを焼くための道具で、本来肉をセットする場所にマシュマロをセットする。
  • 空想科学読本の公式サイトにて「肉焼きセットの火力は現実世界で再現可能か」という質問に作者が独自の回答を示している。
    詳細はリンク先を参照して欲しいが、ハンター超人説が改めて立証されるというオチがついている

関連項目

アイテム/よろず焼きセット
システム/よろず焼き
システム/10連よろず焼き
スキル/肉焼き
オトモ/肉焼きのお面
モンスター/キングチャチャブー - 肉焼きセットを王冠として頭に乗せている。
モンハン用語/上手に焼けましたー
アイテム/生肉 - 生肉のままだ…
アイテム/生焼け肉 - 生焼け肉が出来た
アイテム/こんがり肉 - 上手に焼けましたー!
アイテム/コゲ肉 - コゲ肉になってしまった


*1 この措置が施されるのは肉焼きセットに類するものだけであり、肉焼きのお面を装備したチャチャ及びカヤンバには適用されない。宙に浮いているというツッコミ回避とはなんだったのか……
*2 水面での風景の反射を簡易的に表現するため、反転させた世界が広がっている。この方法を採っている場合、MHでは描画負荷の軽減を図ってかハンターやモンスターの反射は表示されない。