ペイント

Last-modified: 2021-10-20 (水) 09:11:40

ペイントとは?

名前の通り、自分や相手の建造物もしくはテイム済み個体に絵を描くことを言います

方法(ペイントブラシの場合)

既存のペイント方法(ブラシスプレー共に可能)

ブラシを装備して対象に攻撃するか、インベントリにある染料を染色したいアイテムにドラッグアンドドロップすることで、染色する部位を決定するためのUIが表示されます。
画面左下から使いたい染料を選択し、画面左上にある[地域]を一回クリックすると右側に表示されている生物もしくは建造物に染色結果のプレビューが表示されます。もう一回クリックすることで染色を確定します。
これら動作をもう一回繰り返すことで重ねがけはできますが、染料だけ使われるのみで色の濃淡は表現できません。

注意

  • 既存のペイント方法で染色できる生物はごく一部です。(MEKなど)
  • 最大地域数は6箇所であります。

手書きもしくはファイルインポート(ブラシのみ)

方法

ペイントGUIでアイコンをロード/セーブする
有効なターゲットオブジェクトに落書きするには、ホットバーからペイントブラシを使用してターゲットを攻撃(Lmb, RT, R2)し、ペイントの適用GUIを開きます。 このGUIでは、右側のペインに表示されているターゲット上にペイントブラシをドラッグして落書きし、左上のアイコンを使用して画像をロードまたは保存できます。 アイコンの位置は中央左上の左二つのボタンです。

画像の読み込みに必要な染料の量はターゲットのサイズに比例し、切り上げられるため、特定の色の染料が存在する場合は常に少なくとも1つを使用します。インベントリに十分な染料がない場合、不足している染料は右側のペインにリストされますが、十分な染料は左側にリストされます。 ターゲットのサイズに比例して、カスタムペイントのイメージのロード中に短い遅延があります。 したがって、たくさん色やきめ細かい物は単純な物よりも読み込みに時間がかかります。 このロード中に、必要な染料がブラシに自動的に適用され、結果を作成するために消費されます。

Ark .pntファイルを使う。

画像は.pntファイルとして保存され、ゲーム外で他のプレイヤーと共有できます。 人気の画像共有サイトについては、以下のリンクをご覧ください。 .pntファイルには、限られたカラーパレットがあります。 右側のグラフィックは、Arkの外部のカスタムペイントプロジェクトで使用でき、使用可能な色の限られた範囲を示しています。 .pntファイルのファイル名サフィックスは、対象となるターゲットのタイプを示し、イメージは、サフィックスが示すターゲットタイプのロード用にのみリストされます。 各ペイントターゲットには独自の解像度と アスペクト比 があり、これらは他のターゲットと異なる場合があります。 各ターゲットには、領域内に独自のペイント可能な領域もあります。そのため、すべての表面がカスタム画像を取得できるわけではありません。

永続性

  • サーバーをファストトラベルまたは転送すると、カスタムしたプレーヤーの塗装作業が失われます。
  • 生物がアップロードされると、カスタムした生物の塗装作業は失われます。
  • カスタムしたオブジェクト塗装作業は、アイテムを拾うと失われます。
  • 生物のクローンを作成すると、カスタムした生物のペイントが失われます
  • エクソMEKのキャリーモードでの移動は永続される

特殊なケース

街灯柱にペイントすると、放射される光の色が変わります。
戦略マップにペイントされた画像は、現在再生中の常時表示マップにオーバーレイされ、ブレンドされます。
生物や木製のアイテムに描かれた色は既存のテクスチャに溶け込み、色の外観を大幅に変える可能性があります。

染料

素材ページを参照してください。

ペイント外部リンク

月冬氏の方法紹介

https://youtu.be/jvov3XeuAMc
ペイントダウンロード場所
http://arkpaint.com/

http://arktemplates.com/
関連ページ(PS4版wiki)
https://wikiwiki.jp/arkse-ps4/ペイント

コメント

マナーを守ってコメントしましょう。
詳しくはガイドラインを参照。