アマージョ

Last-modified: 2022-05-16 (月) 09:04:42


アマージョバランス型近接/物理
上級者向け
戦闘能力
耐久能力
機動能力
得点能力
補佐能力
価格
10000エオスコイン / 575ジェム
進化
アマカジ  アママイコ  アマージョ
特性
どんかん
(アマカジ、アママイコ)
妨害を受けたとき、その効果の持続時間を短くする。
じょおうのいげん
(アマージョ)
妨害を受けたとき、その効果の持続時間を短くする。
ユナイトわざ以外のわざや強化攻撃を3回使うと、4回目でスタックを消費して一度だけ、威力が上昇し付加効果が発生するわざを待ち時間に関係なく使用できる
通常攻撃
3回目の通常攻撃は強化攻撃となり、相手のポケモンに飛びかかってダメージを与え、防御も少しのあいだ下げる。
わざ1[R]
はっぱカッターぶつり5秒
範囲
指定した方向へはっぱを放って攻撃し、相手のポケモンにダメージを与える。
このわざは通常攻撃より急所率が高い。
レベル5になったとき、以下2つのわざから1つを選べます。
トリプルアクセルぶつり7秒
ムーブ
指定した方向へ3回転キックを繰り出し、相手のポケモンにダメージを与える。与えるダメージはキックが命中するたび増加し、わざ終了後少しのあいだ(5秒間)、キックの命中回数に応じて通常攻撃が速くなる。
じょおうのいげんによる効果:キックが命中するたびにHPが回復する。

レベル10:わざの与えるダメージが増加する。
ふみつけぶつり5.5秒
範囲
高く飛び上がり、相手のポケモンに向かって足で攻撃する。わざ命中時、相手のポケモンにダメージを与え、少しのあいだ(約0.2秒間)行動できなくする。
じょおうのいげんによる効果:わざ命中時にHPが回復する。

レベル10:わざの与えるダメージが増加する。
わざ2[ZR]
こうそくスピンぶつり7.5秒
ムーブ
体を回転させ、指定した方向へ進む。当たった相手のポケモンにダメージを与える。
命中すると、自分の移動速度が少しのあいだ上がる。
レベル6になったとき、以下2つのわざから1つを選べます。
トロピカルキックぶつり8.5秒
ムーブ
指定した方向へ飛び蹴りを放つ。命中した相手のポケモンにダメージを与え、攻撃も少しのあいだ下げる。相手のポケモンが飛び蹴りの跡に触れると、移動速度が少しのあいだ下がり、ダメージを受ける。
じょおうのいげんによる効果:わざ使用時にシールド効果を得る。

レベル11:わざの与えるダメージが増加する。
グラススライダーぶつり8秒
ムーブ
指定した方向へスライディングし、当たった相手のポケモンにダメージを与える。その後逆方向へも攻撃を行い、相手のポケモンにダメージを与えてつきとばす。
じょおうのいげんによる効果:わざ使用時にシールド効果を得る。

レベル11:わざの与えるダメージが増加する。
ユナイトわざ[ZL]
クイーンエアリアルぶつり110秒
必中
レベル9:相手チームのポケモンに飛びかかって高く蹴り上げ、空中で連続キックを浴びせてダメージを与える。キックが終わり着地した時に自分のHPを回復する。
空中にいるあいだ、蹴られている相手のポケモンとアマージョは、他のわざの影響を受けない。


バトルデータ

わざや特性の仕様と詳細

わざの細かな仕様や数値などの詳細を記載しています。
ダメージに関して特に記載のないものについては、変化前のわざはレベル3,変化後はレベル15かつ強化済みで、練習のみがわり人形に対してのものです。

特性
どんかん
(数値入力欄・要検証)
(解説欄・要検証)
じょおうのいげん
(数値入力欄・要検証)
バフ持続時間は4秒。特性効果で強化されたわざもスタックの対象となる
通常攻撃
通常攻撃:攻撃 x 100%
強化攻撃:攻撃 x 130% Atk + 0 x (レベル - 1) + 0
強化攻撃には追尾効果がついており、相手のムーブわざのタイミングと重なると一緒に瞬間移動してしまう現象が報告されている。
わざ1[R]
はっぱカッター5秒
ダメージ:攻撃 x 62% + 7 x (レベル - 1) + 120 x 3 Hit
(解説欄・要検証)
レベル5になったとき、以下2つのわざの1つを選びます。
トリプルアクセル7秒
ダメージ:攻撃 x 71.3% + 4 x (レベル - 1) + 96 x 3 Hit
特性発動時ダメージ:攻撃 x 114.09% + 7 x (レベル - 1) + 153 x 3 Hit
特性発動時回復量:攻撃 x 30% + 2 x (レベル - 1) + 30

強化後ダメージ:攻撃 x 82% + 5 x (レベル - 1) + 110 x 3 Hit
特性発動時ダメージ:攻撃 x 131.2% + 8 x (レベル - 1) + 176 x 3 Hit
威力上昇は5Hitで最大。命中する度におよそ5%ずつ威力が上昇する。通常攻撃加速効果は3Hitで最大。どちらも5秒間継続し、新たに命中する度、バフの残り時間が上書きされる。威力上昇効果は特性発動時のわざにも引き継がれる
ふみつけ5.5秒
ダメージ:攻撃 x 185.22% + 10 x (レベル - 1) + 243
特性発動時ダメージ:攻撃 x 296.35% + 17 x (レベル - 1) + 390
特性発動時回復量:攻撃 x 37.5% + 2 x (レベル - 1) + 75

強化後ダメージ:攻撃 x 213% + 12 x (レベル - 1) + 280
特性発動時ダメージ:攻撃 x 340.8% + 19 x (レベル - 1) + 448
(解説欄・要検証)
わざ2[ZR]
こうそくスピン7.5秒
ダメージ:攻撃 x 113% + 8 x (レベル - 1) + 260
(解説欄・要検証)
レベル6になったとき、以下2つのわざの1つを選びます。
トロピカルキック8.5秒
ダメージ:攻撃 x 75.65% + 3 x (レベル - 1) + 113
持続ダメージ:攻撃 x 7.57% + 1 x (レベル - 1) + 11
特性発動時ダメージ:攻撃 x 121.1% + 4 x (レベル - 1) + 181
特性発動時持続ダメージ:攻撃 x 12.1% + 1 x (レベル - 1) + 18
特性発動時シールド量:攻撃 x 225% + 15 x (レベル - 1) + 450

強化後ダメージ:攻撃 x 87% + 3 x (レベル - 1) + 130
強化後持続ダメージ:攻撃 x 8.7% + 1 x (レベル - 1) + 13
特性発動時ダメージ:攻撃 x 139.2% + 5 x (レベル - 1) + 208
特性発動時持続ダメージ:攻撃 x 13.9% + 1 x (レベル - 1) + 21
(解説欄・要検証)
グラススライダー8秒
ダメージ:攻撃 x 67% + 3 x (レベル - 1) + 87 x 2 Hit
特性発動時ダメージ:攻撃 x 107.2% + 5 x (レベル - 1) + 139 x 2 Hit
特性発動時シールド量:攻撃 x 225% + 15 x (レベル - 1) + 450

強化後ダメージ:攻撃 x 77% + 4 x (レベル - 1) + 100 x 2 Hit
特性発動時ダメージ:攻撃 x 123.2% + 6 x (レベル - 1) + 160 x 2 Hit
(解説欄・要検証)
ユナイトわざ
クイーンエアリアル110秒
連撃ダメージ:攻撃 x 49% + 1 x (レベル - 1) + 70 x 9 Hit
最終段ダメージ:攻撃 x 196% + 4 x (レベル - 1) + 280
野生ポケモンには使用不可。妨害無効状態の相手に対して不発する。蹴り上げられている最中の敵には味方からの攻撃も当たらなくなる。

アップデート履歴

上方修正とそれに準ずるものは▲橙字、下方修正は▼紫字で記載。
ダメージ量は初期わざはレベル3時点、変化後のわざはレベル最大時(Lv.15かつ、わざが強化済み)で記載。

日付項目変更点
22/03/14▲ステータス攻撃による体力回復効果をレベル7以降で上昇しました。
▲トロピカルキック相手のポケモンに与えるダメージ量が増加しました。
わざの待ち時間を短くしました。
  10秒 → 8.5秒
▲ふみつけ相手のポケモンに与えるダメージ量が増加しました。
22/01/26▼とくせい:
じょおうのいげん
わざをアップグレードする時、待ち時間がリセットされていた不具合を修正しました。
22/01/20▲通常攻撃通常攻撃を速くしました。
▼トリプルアクセルわざによって自分に与える効果を弱くしました。
相手のポケモンに与えるダメージ量が減少しました。
▲ふみつけHP回復量が増加しました。
回復量:268 → 380
▼グラススライダー当たった相手のポケモンの移動速度を下げる効果を削除しました。
わざの待ち時間を長くしました。
待ち時間:6.5 → 8
21/12/20▲ステータス進化に合わせて適切にステータスが成長していなかった不具合を修正。
▼トリプルアクセルHP回復量が減少。
回復量:268 * 3 → 190 * 3
21/12/10ユナイトわざ
クイーンエアリアル
説明文に「Pkm_SkillDesc_6622_001」と表示されていた不具合を修正。
21/12/09実装

レベル別防御面ステータス実数値

持ち物による補正無しの防御面ステータス実数値
物理/特殊耐久は防御/特防によるダメージ計算が入る前のダメージをどれだけ受けれるかの実質的なHP

レベルHP防御特防物理耐久特殊耐久
13100806535133435
23160856936073523
33232907337163625
435291139141934064
536331219743654220
6417816313153135090
7432817414055835337
8450818815159205642
9472420416463306015
10498322418068436477
11529424819974827049
12566727622282737763
13611531025092748662
146653351283105459790
1572984003231216311226

上記表の最終編集日 2021 12/20

レベル別通常攻撃速度

通常攻撃を行い続けた際に攻撃1回あたりにかかる秒数。数値の単位は[秒/回]

レベル123456789101112131415
装備なし0.910.910.910.910.910.860.860.860.860.790.790.790.730.730.73
ちからのハチマキ(LV30)0.860.860.860.860.860.790.790.790.790.790.730.730.730.670.67
ちからのハチマキ(LV30)の効果××

上記表の最終編集日 2022 1/20


考察

全体考察

現状では唯一となるLv4、Lv6での進化ルートと、特性によって高回転でわざを連発できる早熟寄りのファイター

アマージョに進化するとわざの使用又は強化攻撃の発動によってスタックが溜まるようになり、スタックが3つ溜まるごとに本来の待ち時間とは独立して追加効果付きのわざを1回使えるようになる
追加効果はわざ1なら回復、わざ2ならシールド付与であり、どちらも耐久・継戦能力の増加に貢献する。
加えて、攻撃わざを連発できるため火力は申し分なく、わざ2はムーヴ付きなので移動性能も高い。
この特性をきっちり理解して使えば、火力・耐久力・機動力の三拍子揃った性能を発揮できる。

短所として妨害に対する抵抗力の無さが挙げられる。
特性に妨害を緩和する効果があるものの、わざには妨害無効が一切付かないためディフェンス型に止められやすい。極端な混戦では思うような活躍ができないこともあるため注意。
前衛として継続的にファイトに参加する場合は、なんでもなおしの使用やサポート型の手厚い補助が必要となる。
また、ユナイトわざがオブジェクトに干渉できない、LH性能が低いなどの理由で対オブジェクトがやや苦手と言える。ふみつけで多少のラストヒットは狙えるものの、本職のポケモンたちには敵わないので無理はしないこと。

時と場合によるが、基本的にはわざ2で敵をキャッチしわざ1と通常攻撃で削ること、集団戦では敵のエースを落とす、または追いかけ回すことを意識すると良い。

さて、後の見出しで詳しく述べるが、アマージョはわざ選択やもちもの、バトルアイテムの選択幅が非常に多い。
そのほとんどが有用であり、結果的にタンク/ファイター/アサシンそれぞれに寄せたビルド構築ないしプレイングが可能である。(あくまで"寄せた"構築であることに注意)
この”自由度”の高さこそが、他のポケモンに見ないアマージョの強みであると言える。
他方でアマージョは他ポケモンとのシナジーが出しずらい。これは役割としての個性が弱いことに起因する。(バランス型ひいてはオフタンク全員がそうかもしれない。)結局、アマージョは良くも悪くも一人で完結するポケモンである。これを意識して使うと良い。

最後に、アマージョを使いこなすにはマップおよび集団戦を俯瞰して最適解を取るマクロの力と、スタック管理や2つのわざの何方を出すか瞬時に判断する、ユナイトわざを最適なタイミングで使うことなどのミクロの力の両方が必要で、かつそれらが高いレベルで要求される。(アマージョに限らないが相手のわざctの意識も重要。)
これは相応の場数を踏んで初めて手にする“視野の広さ”が土台として必要であり、上級者向けに間違いはない。

アマージョのフルパ採用価値について
先に書いた通りアマージョは出来ることの幅が広いが、フルパは場の情報が出尽くしやすいのでスプリット(単独行動的なもの)に意味を見出しづらく、またファイトでもオフェンスディフェンス共に本職に任せた方がいいことの方が多い。加えて極端な混戦が苦手であるという点も特徴だろう。
また同じロールであるルカリオと比較した時、その決定的な差は”チームの土台として機能するか否か”である。(早い話113の上1ができるか?という事)
中盤-終盤は兎も角として、最序盤の性能でルカリオに負けているというのが非常に重い。
以上からアマージョはフルパとの相性は良くないことが知られている。
但し、公式大会(フルパ)において、アマージョを用いて確かな実績を残したチームも存在するので
全ての場合に当てはまることではない事を強調しておく。
  • 長所
    • 特性によりわざの回転率が高く、継戦火力に優れる。
    • 特性の追加効果を活用すれば機動力・耐久力も高い。
    • スタックを溜めてから参戦すれば、わざの連発で瞬間火力も出せる。
      • 以上の強みから、タイマン・集団戦問わずファイトでは無類の強さを誇る。
    • 貴重なバインド保証のユナイトわざ持ち。
    • Lv4で1度目の進化、Lv6で最終進化と進化が大変早い。更新前のわざ性能もまあまあで2進化があまり苦にならない。
  • 短所
    • lv6になるまでは取り立てて特徴が無い。
    • 連続使用を考慮した為、わざ単体では威力が控えめである。
    • ユナイトわざが妨害無効に弱い。
    • 前衛で戦うには素の耐久力が心許なく、特性による回復やシールドをうまく生かせないとあっさり倒されることも。
      • 妨害無効を一切持たないことから、カビゴンのヘビーボンバーやマンムーのこおりのきばなどの妨害は天敵。相手のわざ構成によっては手も足も出ない。
  • 補足
    • いくつかのわざは、わざの動作中にキャンセルして別のわざを使用する事が可能。例えば、グラススライダーの2段目をキャンセルしてわざ1を出せる。

わざ考察

わざ1考察

トリプルアクセル/ふみつけを女王の威厳スタックが溜まった状態で発動すると自身のHPが回復する。
回復量はヒット数に比例する(攻撃力も参照する)。全て当たった場合はトリプルアクセルのほうがふみつけより1.5倍回復量が多い。

はっぱカッター

前方範囲攻撃。 クリティカルレート+20%

トリプルアクセル

3段ヒットの範囲攻撃。女王の威厳のHP回復効果は各ヒット毎に掛かる。
(女王の威厳の発動に関係なく)通常攻撃の速度上昇と威力上昇効果が付いている。
速度上昇:要検証
威力上昇:5%/ヒット 上限30%↑

  • 長所
    • 目に見えて効果のある強力な攻撃速度上昇効果
    • 特性での総HP回復量がふみつけの1.5倍
  • 短所
    • 途中でキャンセルした場合のダメージが少ない
    • ふみつけに比べるとその場に留まる時間が長いので被ダメが増えやすい

ふみつけ

行動不能効果は0.2秒程度と僅かな時間。
動作中も通常通り移動ができる。

  • 長所
    • 瞬間的とは言え範囲で相手の行動を止められる
    • わざの動作が短いため、素早くダメージを与えられる
    • わざの待ち時間が少ない
    • 高い瞬間火力
  • 短所
    • 戦闘時間が長引く場合は、トリプルアクセルの方が何かと期待値が高い
    • 特性でのHP回復量が合計だと少なめ

わざ2考察

トロピカルキック/グラススライダーを女王の威厳スタックが溜まった状態で発動すると自身に3秒間シールドが付与される。
概ね最大HPの25%ほど(攻撃やレベルによって若干増減)でどちらのわざでもシールド量は変わらない。

こうそくスピン

指定方向移動。わざがターゲットに当たると移動速度20%上昇(1秒)

トロピカルキック

直進した軌跡に減速エリアを約3秒間設置し、触れた相手を約1秒間移動速度低下にする。

  • 長所
    • エリアから逃げるのが困難な程の移動速度低下で動きを制限できる
    • 場に残る性質から集団戦においても強力
    • 素直な軌道で逃げにも使いやすい
  • 短所
    • 特性の回転に若干不利(グラスラと0.5秒差)

グラススライダー

1段目で直進し、2段目で逆方向へと回し蹴り。
2段目を当てるとノックバックと0.5秒間の行動不能。

  • 長所
    • 待ち時間が若干短く、特性のスタックを溜めやすい
    • ノックバックと行動不能で相手の行動を直接妨害できる
  • 短所
    • 逃げに使う際は2段目の攻撃をわざ1でキャンセルする等の工夫が要る
    • ロトムをゴール付近で防衛する時の使用には向かない。ノックバックでオウンゴールしてしまう。どうしても使うならロトム移動方向と垂直に使うこと。

ユナイトわざ考察

クイーンエアリアル

相手プレイヤーを指定して発動する。相手が妨害無効の場合は不発となり90%からため直し。

敵にバインドを付与し、自身は無敵状態になる。約2秒間敵を打ち上げ、連続ダメージを与える。
着地時にHP回復する。

オブジェクトに対しては全くの無力である反面、対人では(バフ目的の)先打ち、敵エースの確定キルはもちろん、敵をオブジェクトラストヒット勝負に参加させない、回復/シールド目的、敵のユナイト技を避けるetc….多彩な使い方ができる。
しかし敵一体にしか影響を与えられないこと、妨害無効に対抗できないことから簡単で強いユナイトわざとは言い難い。
先の記述通り、多彩な場面に対応できるのは事実であり強みなのは間違いないので、どう使えば1番良いのか。これを他ポケモンよりずっと意識しないといけない。

CTが110秒程度であること(そもそも短い部類)と、単独行動力の高さからくるゴールやファームの機会の多さから、ユナイトわざの回転率は結構良い方である。
うまく回せるならば、大きな集団戦のたびに使える。

補足:

不発の場合でもおたすけバリアは発動する。

バインド状態は敵を行動不能にするccで、これにより打ち上げ中はわざの発動は妨害されないし、抜け出すこともできない。また、バインドには本来妨害無効を貫通する効果があるが、アマージョの場合ユナイトわざが発動して初めてバインドを付与できるので、これは有って無いようなものである。結局、ヤドランのように敵の妨害無効は貫通できない。

ユナイトわざ固有のバフ/シールドは着地時に付与、おたすけバリアのシールドはボタンを押した時点で付与。
打ち上げ中は味方のおたすけバリアは付与されず着地時に付与される。相手も同様で打ち上げ中には一切の支援は通らない。

わざ考察

わざ1の選択により方針がほぼ決まる。わざ2は好みである。4つの技、4つの組み合わせそのいずれも平均点以上のポテンシャルを持っているから自分に合うものを使えば良い。

トリプルアクセル型

特性の圧倒的回転率による継戦を得意とする。 瞬間火力は低いが、継続火力は踏み付けより上。
ふみつけよりはスタック管理が楽。
ふみつけと比べてその場に留まる時間が長いので被ダメが多い。いかに多く回復/シールドを貼るかの勝負。
オブジェクトコントロール性能が低め。但しHPを削るのは早い。
特性を最大限活用するので“アマージョ”というポケモンを楽しみたい人はトリプルアクセル軸がおすすめ。
ファイターもしくはタンク的運用になる。

ふみつけ型

相手の懐に入り込んでふみつけを2-3回叩き込む事で瞬間火力を出す事を得意とする。特性が回しづらいので、アクセル軸に比べて脆くなるが先に敵を倒してしまえば問題ないだろう、という感じ。
本職には劣るがラストヒットも多少望める。ブレバアローに多少近いかもしれない。
(ファイターもしくは)アサシン的運用になる。

わざ2について

  • トロピカルキック
    減速が強力。平地では特に強力だが、敵ゴール、オブジェクト前などではグラスラほどの存在感はない。タイマンはもとより、2~3人と戦う時に重宝する。グラスラと違って行動不能が付いてないので敵の行動余地が増える。その分被ダメも増える。HPラインの見極めが大事。
    クールタイムがグラスラより0.5秒長いが、わざ1がどちらであってもあまり気にならない。
    打つ時にごく僅かな溜めがあるので、敵のスキル避けはグラスラと比べて癖がある。
    ドットダメージは地味に嬉しい。
  • グラススライダー
    引っ掛けとノックバック(0.5秒CC)を持つので相手をキャッチするのが得意。
    平地では勿論、敵をゴールに入れない/オブジェクトに近寄らせないなど、重要オブジェクトの前で役に立ったりする。どちらかと言うとタイマン向けのスキル。
    すぐわざが出るので、サナのみらいよち、アローのブレバなど事前にマークが出るスキルを避けやすい。


その他考察

ルート選択考察

  • 上ルート
    アマージョはLV6がパワースパイクの1つである。特にダンベルを積むとき、上ルートでも7:20または7:00迄にアマージョに慣れる可能性が高い。故に下や中央でなくともカジリガメ戦で影響力が出しやすい。故に22年4月環境では上ルートが推奨。
    (十分なpsがある前提ならば上残り→カウンタージャングルというムーブをする事で亀の獲得是非に関わらず敵と2-3LVの差をつけ中盤以降で大活躍…と言ったこともできる。)
  • 下ルート
    上ルートより経験値が多い。LV6までのアマージョは没個性的であるが、一応はっぱカッターのでラストヒット勝負には参加できる。
  • 中央エリア
    確実にレベル6になれるかつ、没個性的な時間をほぼノーリスクで乗り切れるというメリットがあるが、
    1蜂ガンクも強いわけでは無いし、他に優先すべきポケモンがいるはずなのでオススメはしない。(が弱いわけではない)

もちもの考察

アマージョの構成に正解はない。たくさんの型を試して自分によくフィットするものを選べば良い。
ファイターまたはアサシン軸の場合オフェンス持ち物2つ+サポート持ち物1つが多くの場合フィットする。
アクセル軸タンク運用ならオフェンス1つ+サポート2がフィットする。

  • ちからのハチマキ
    割合ダメージの追加から、対人はもちろん対カジリガメや対サンダー等の削りに強くなる。
    強化攻撃によってもスタックは溜まるため、速度増加部分も素敵。
    トリプルアクセル軸では通常攻撃をたくさん使うので相性◎
  • もうこうダンベル
    わざ1の攻撃力によるダメージの伸びが良く、特性から回転率も良い為、火力向上手段として優秀。
    わざ1、わざ2の強化効果も攻撃力を元に算出されており、耐久面の向上も見込める。
    トリプルアクセル軸はもちろん、ふみつけ軸で特に強力(攻撃に係る倍率がふみつけの方が高い)
    最もゴールを狙いやすい序盤は、アマージョが最も没個性な時間でもある為、無茶はしない心掛けが大事。
  • するどいツメ
    わざの回転率が良いため、追加ダメージを狙いやすい。しかし追加ダメージは単体にしか効果がないので、複数相手にできるアマージョには少し惜しい持ち物。
  • じゃくてんほけん
    もうこうダンベルの簡易版とHPの補強。2~3ゴール相当の攻撃力上昇を手軽に得つつ、HPも多少補強できる。
    特性による強化効果も攻撃力依存とは言え、流石に直接HPを上げた方が瞬間的な耐久力は高くなる。
    どちらの用途でも中途半端になりがちだが数値は悪くなく、両方を1枠で補強したい場合には選択肢に。
  • ピントレンズ
    アクセル軸のAA速度上昇とよくフィットしている。

  • おたすけバリア
    ユナイトわざの回転は良い方で、相性が良い。HP増加もそれなりに。
    妨害無効状態の相手に撃って90%からの溜め直しになった場合も、おたすけバリアの効果は発動する。
    シールド付与は発動時で、ユナイトわざ中は飛び上がっているので、自身への効果時間が実質約3秒程度しかないのは玉に瑕。
  • きあいのハチマキ
    戦闘時の回復効果としては最高の効力を持つもちもの。
    一度発動した後の待ち時間80秒というのが重いものの、耐えて次に繋げさえすれば逆転できる局面は多く、非常に強力。

  • ゴールサポーター
    中盤から終盤にかけての強引なゴールや事故防止。
    序盤の低点数ゴールは無くても決まる事が多く、そちらの課題は決めた後の退避手段になりがち。
    序盤でも動かしづらくなった点数をたたき込むには有用。上手く決まれば早い段階での進化を狙える。
    わざ2強化効果のシールドと併用すると、ゴールを入れる幅が広がる。
  • エオスビスケット
    ゴールを重ねる必要はあるが、待ち時間に左右されず高い耐久力を得られる。
    比較対象になるもちものがどれも強力で、6回ゴールを決めた上で積極的に戦闘するという状況でないと見劣りしがち。

バトルアイテム考察

トリプルアクセル軸

  • プラスパワー
    とにかく特性を回したいアクセル軸は、プラスパワーの攻撃速度上昇とフィットする。
    また効果時間が8秒間なので、分かりやすい継戦ポケモンであるアクセル軸ではプラスパワーの最大限効果を活かせる。

ふみつけ軸

  • だっしゅつボタン
    わざ2があるとはいえスキル回転率が悪いのでいざという時に役に立つ。
    そもそも便利。

どちらにも

  • スピーダー
    ダンベル採用と特にフィットする。スピーダーがなくてもダンベルは詰めるが、有れば安心。
    ダンベル積みとか、インベードする時とか多少強引なプレイングをしても逃げれるようになるのでうれしい。
  • なんでもなおし
    元々CCに対抗する手段がないので持っていて損はない。特にふみつけ軸のとき、1セット確実に行動できるのはありがたい。
  • きずぐすり
    レベル1で約900、レベル13で約1500回復する。クールタイム30秒で、Maxビスケットと大体同じのサステイン上昇が見込める。


その他のデータ

ホロウェア


コンサートスタイルアマージョ
入手方法:ランクマッチシーズン3エキスパート・クラス1到達報酬



フロンティアスタイルアマージョ
入手方法:ジルトレーダーズにて購入1050


紹介動画


コメント