リザードン

Last-modified: 2021-12-04 (土) 05:56:15


リザードンバランス型近接
初心者向け
戦闘能力
耐久能力
機動能力
得点能力
補佐能力
価格
6000エオスコイン / 345ジェム
進化
ヒトカゲ  リザード  リザードン
特性
もうかHPが半分以下のとき、急所率が上がる。
通常攻撃
通常攻撃で連続ダメージを与えられる。進化すると通常攻撃の距離が長くなる。相手のポケモンがやけど状態の時は、通常攻撃で与えられるダメージが増加する。
わざ1[R]
はじけるほのおぶつり6秒
遠隔
ほのおを吐いて攻撃する。わざ命中時に相手のポケモンがやけど状態になり、自分の移動速度が少しのあいだ上がる。
レベル5になったとき、以下2つのわざから1つを選べます。
かえんほうしゃぶつり5.5秒
遠隔
レベル5:ほのおを激しく噴き出して攻撃する。わざ命中時に相手のポケモンがやけど状態になり、自分の移動速度が少しのあいだ上がる。

レベル11:わざ・やけど両方のダメージが増加する。
ほのおのパンチぶつり6秒
ムーブ
レベル5:ほのおを込めたパンチで攻撃する。わざ命中時に相手のポケモンにダメージを与え、つきとばす。また、つきとばした相手のポケモンをやけど状態にする。

レベル11:通常攻撃が命中するたびにわざの待ち時間が短くなる。
わざ2[ZR]
ほのおのうずぶつり10秒
範囲
範囲内にいる相手のポケモンをほのおのうずに閉じ込める。わざ命中後から継続ダメージを与え、相手のポケモンの移動速度も少しのあいだ下げる。
レベル7になったとき、以下2つのわざから1つを選べます。
だいもんじぶつり8秒
範囲
レベル7:大の字のほのおで攻撃する。ほのおは地面で燃え続けているあいだ、相手のポケモンに継続ダメージを与える。また、相手のポケモンの移動速度も少しのあいだ下げる。

レベル13:わざの与えるダメージが増加する。
フレアドライブぶつり10秒
ムーブ
レベル7:ほのおをまとって突進し、相手のポケモンをふきとばす。このとき自分はシールド効果を得る。

レベル13:ふきとばした相手のポケモンの移動速度も少しのあいだ下げるようになる。
ユナイトわざ[ZL]
アースクラッシャーぶつり120秒
必中
レベル9:相手チームのポケモンをつかみあげ、空中から地面へ叩きつける。その後一定時間のあいだ障害物を無視して移動できるようになる。ユナイトわざを使っているあいだは通常攻撃で与えるダメージが増加し、相手のポケモンをやけど状態にする。また、相手のポケモンにダメージを与えると、自分のHPが回復する。


バトルデータ関連

わざや特性の仕様と詳細

わざの活用方法や細かな仕様や数値などの詳細を記載していきます。
ダメージに関して、特に記載のないものはレベル15で練習のみがわり人形に対してのものです。

特性
もうか
(数値入力欄・要検証)
(解説欄・要検証)
通常攻撃
合計460(115×4Hit)
1発の通常攻撃で最大4Hitする。
複数人へのHitも見込めるので、集団戦や野生狩りのときは意識しておこう。
わざ1[R]
はじけるほのお6秒
合計399(レベル1のとき)
着弾239、DoT合計160(32×5)
Hit時、相手にやけど状態を付与する。
特性によりやけど状態の相手に与えるダメージが増えるため、この技を使ってから通常攻撃を撃つと効率良くダメージを稼げる。
また、遠距離からの瞬発火力にも使える。野生ポケモンに当てて横取りを狙えると美味しい。
レベル5になったとき、以下2つのわざの1つを選びます。
かえんほうしゃ5.5秒
合計1576
着弾1116、DoT合計450(92×5)
Hit時、やけど状態を付与する。また、自分の移動速度を上昇させる(約3秒)。
リザードンの技の中では最も射程が長く、野生ポケモンの横取りにも活用できる。
アップデートでCTが短くなり回転率が上がったため積極的に使えるようになった。
野生ポケモンや敵を倒せばユナイトの回転率も上がるので、使える場面ではどんどん使っていこう。
ほのおのパンチ6秒
合計1877
着弾1417、DoT合計450(92×5)
Hit時、相手にやけど状態を付与する。また、相手をつきとばす(ノックバック)効果あり。
フレアドライブとの違いは、やけど状態の付与で通常攻撃のダメージアップも期待できる点。
また、敵のいない方向へ使用することもできるので逃げる手段としても使えることは覚えておこう。
わざ2[ZR]
ほのおのうず10秒
合計931(レベル1のとき)
着弾311、DoT合計620(62×10)
技の性質はだいもんじと同じ。
進化前の貴重なダメージソースとなるので、野生狩りのときに上手く使おう。
足止めしてくれる味方に合わせるのも効果的。
レベル7になったとき、以下2つのわざの1つを選びます。
だいもんじ8秒
合計3555
着弾1025、DoT合計2530(253×10)
DoT(継続ダメージ)と移動速度減少の効果がある範囲攻撃を展開する。
だいもんじのDoTはやけどは別扱い(やけどのDoTと重複させられる)ので、かえんほうしゃやほのおのパンチでやけどを付与すればより効率的にダメージを狙える。
完走すればリザードンの技の中では最もダメージ量が多くなるので、いかに相手をだいもんじの中に留まらせておくかが重要。
フレアドライブ10秒
1085(1Hit技)
Hit時、相手をふきとばす(スタン)効果あり。
またHit時に自身にバリアを付与する。このバリアは約5秒間持続する。
一瞬だが相手を足止めできる貴重な効果があり、味方と合わせる起点として活用できる。
バリアのおかげである程度タイマンにも強くなれるのもポイント。
ユナイトわざ
アースクラッシャー120秒
ちきゅうなげ9912(相手HPにより変動) 炎ダメージ1600~2000程度
使用中は地形無視、妨害無効で移動可
ちきゅうなげは技ダメージ、炎は通常攻撃ダメージとして計算される。炎のダメージは急所発動でブレやすいので目安程度に。効果時間は炎6回を目安にしておこう。
発動時に対象指定が必要なため奇襲には向かないが、壁も妨害も受け付けずに継続火力を出せるのが最大の強みで、位置関係を無視していきなり後方に控える低耐久アタッカーやサポートを潰しに行ける。ただし、いくら強化状態とはいえ集中砲火を受けると撃墜されてしまうほか、突っ込みすぎて倒しきれなかった場合はまず間違いなくKOされる。ムーブ技の習得状況にもよるが、生還できるラインの見極めが重要。

アップデート履歴

上方修正とそれに準ずるものは▲橙字、下方修正は▼紫字で表示。
ダメージ量は初期わざはレベル1時点、変化後のわざはレベル最大時(Lv.15かつ、わざが強化済み)で記載。

日付項目変更点
21/09/22▲ほのおのパンチ複数の相手ポケモンにヒットした際に、やけど効果を与える対象を修正しました。
複数Hit時、Hitした全ての相手にやけど効果を付与するように変更
▲かえんほうしゃ移動速度の上がり幅を増やしました。
移動速度上昇効果の増加
▲だいもんじわざの待ち時間を短くしました。
8秒 → 6.5秒
⚫︎ユナイトわざ・アースクラッシャー次のとおりわざの内容を変更しました。
「相手チームのポケモンをつかみあげ、空中から地面へ叩きつける。その後一定時間のあいだ障害物を無視して移動できるようになる。ユナイトわざを使っているあいだは通常攻撃で与えるダメージが増加し、相手のポケモンをやけど状態にする。また、相手のポケモンにダメージを与えると、自分のHPが回復する。」
ユナイトわざゲージが溜まりにくくなりました。
わざを解除できるタイミングの不具合を修正しました。

・【飛行状態→任意のタイミングでちきゅうなげ】から【発動時に対象を選んでちきゅうなげ→飛行状態に移行】へ変更
・CT100秒 → 116秒 に変更
・ちきゅうなげ時、ハピナスのしぜんかいふくが発動すると技が強制終了していた不具合を修正
21/08/04▲かえんほうしゃわざの待ち時間を短くし、相手のポケモンに与える効果を強くしました。
7秒 → 5.5秒
やけどダメージ:184 → 368
▲ほのおのパンチ相手のポケモンに与える効果を強くしました。
突き飛ばし距離の上昇
▲だいもんじわざの待ち時間を短くし、相手のポケモンに与える効果を強くしました。
11秒 → 8秒
移動速度低下効果の増加
21/07/28不具合修正もちもの「ちからのハチマキ」をもたせたとき、意図していないタイミングで効果が発動していた不具合の修正

レベル別防御面ステータス実数値

持ち物による補正無しの防御面ステータス実数値
物理/特殊耐久は防御/特防によるダメージ計算が入る前のダメージをどれだけ受けれるかの実質的なHP

レベルHP防御特防物理耐久特殊耐久
13200703435733381
2ABCDE
3ABCDE
4ABCDE
537711068144374280
6ABCDE
740661249549064709
8ABCDE
9ABCDE
10521919515069156523
11ABCDE
12ABCDE
13ABCDE
14ABCDE
1577003502691219111152

上記表の最終編集日 2021 12/4


考察

全体考察

近~中距離DPSアタッカー。移動しながら出せる直線範囲型の通常攻撃、そしてやけどによる持続ダメージが特徴。

バランス型と言う割にはすべて攻撃スキルで構成されており、移動速度増加、スロウ、打ち上げと補助効果も充実。
また通常攻撃には進化の度に射程が伸びると言う特徴があり、近接扱いでありながら中距離攻撃ができるというユニークな性質を持つ。
そしてユナイトわざは相手を捕らえてHP依存の大ダメージを与える後に地形無視で高速移動しながら超強化された通常攻撃を撃ちまくれるというもので、初撃の単発威力、強化部分の突破力、共に高い水準にある優れもの。

通常攻撃は進化を経るたびに射程が延びるが、逆に言えば低レベルだと射程が短くほぼ近距離戦闘となってしまう。
加えてわざが更新されるまでは瞬間火力もなく、きちんと特性を理解していなければ野生ポケモンを狩ることすら苦労してしまう。
2進化の宿命として耐久も低いので、序盤は雌伏の時を強いられることになる。
また強みの大部分を占めるユナイトわざは、初撃部分が妨害無効に弱いと言う重大な弱点を抱えており、使用する場面の見極めは他のポケモン以上に重要。

当初はユナイトわざに全ての強みが集約されるポケモンだったが、数回のバージョンアップを経て通常時のわざ性能が強化された反面、ユナイトわざは前述の弱点を抱える形となってしまった。
それでも最大の強みがユナイトわざであることには変わりはないが、現在はユナイトわざを回してその爆発力に賭けるだけではなく、やけどを生かした平時のゴール防衛や局地戦もこなしてこそ真価を発揮するポケモン。
公式には初心者向けと書かれているものの、序盤が弱いことや進化後もきっちりした判断を求められる事などから、実態はゲームを通しての戦略や立ち回りに慣れた中~上級者向けのポケモンと言える。

  • 長所
    • やけどのスリップダメージ+やけどの相手には威力が上がる通常攻撃により、戦闘・野生狩り問わず十分な持続ダメージが出せる。
    • ユナイトわざによる突破・追撃性能。自衛手段を持たない後衛を一方的に狩れる。回転率も高い部類。
    • 移動速度増加と各種行動制限による高い追撃性能。
  • 短所
    • 序盤は射程が短く火力、耐久ともにないため、戦闘が発生すると厳しい。
    • 肝心のやけどを自力で与える手段がわざ1とユナイトわざのみであり、やけどを与えていない相手に対するダメージ力は平凡。
    • バランス型としては防御面のステータスが貧弱で打たれ弱い。

わざ考察

わざ1考察

はじけるほのお

着弾すると小さく弾けて範囲内の敵に命中する遠距離攻撃。やけど付与。
やけど無しのヒトカゲの通常攻撃はあまりにも貧弱なのでしっかり当ててから殴ろう。

かえんほうしゃ

  • 長所
    • 前に出る必要がないので安全に削りを入れられる。
    • 命中時の移動速度アップが追うにも逃げるにも便利。
  • 短所
    • 若干の溜めがあり、動き回る相手に当てづらい。

ほのおのパンチ

  • 長所
    • 発生が早く、判定も広めで当てやすい&LHを取りやすい。
    • +になった後は短いスパンでやけど付与と攻撃が行える。
  • 短所
    • 前に出るので耐久不安のリザードの間は使いづらい。
    • やけど対象は最初に当たった一匹のみ。敵が重なると思った相手をやけどに出来ないことも。

わざ2考察

ほのおのうず

着弾地点にダメージフィールドを発生させる。ミツハニーの取り合いなどで便利。
直撃ダメージもあるので、脱出ボタンを切って逃げる相手の追い打ちにも使える。クールタイムが10秒と長いので大事に使おう。

だいもんじ

  • 長所
    • 強めのスロウとフルヒット時の圧倒的なダメージ。ゴール下やレジェンドピット内にいる相手に強力な圧を掛けられる。野生狩りも早い。
  • 短所
    • 移動技の豊富な相手には効果が薄い(ルカリオなど)

フレアドライブ

  • 長所
    • 突進+スタンで追い打ちに便利。相手の移動技に合わせて切ると、移動先まで追いかけてくれる。バリアはタイマン性能の補助になる。
    • 攻めの起点はやけど付与のある技1なので、「ほのおのパンチ」ほど突進技であることのリスクは少ない。
  • 短所
    • 低威力かつクールタイム長めで「だいもんじ」採用型よりも火力で劣る。

わざセット考察

かえんほうしゃ+だいもんじ型(わざセット1)

上下レーン選択時に向く遠距離攻撃型の構成。
どちらのわざも長射程で扱いやすく、野生ポケモン狩りにも向いているため、強力なユナイトわざのチャージを高速化できる。
純粋な殴り合いに弱いリザードンが安全な位置から攻撃できるため、比較的倒されにくいというメリットも。

「だいもんじ」は地面にスロウ付きダメージゾーンを展開できる。
野生ポケモン相手には継続ダメージをフルヒットさせ、プレイヤー相手にはダメージとスロウ効果により直接的な踏み込みを牽制できる。
「かえんほうしゃ」はやけどによる持続ダメージを直線範囲攻撃として撃ち込め、続く通常攻撃の威力も上げられる。

欠点としては奇襲にやや弱い点が挙げられる。
だいもんじのクールタイム中に踏み込まれると辛く、かえんほうしゃを外すと加速による延命もできなくなってしまう。
後手で放つことで外すリスクは減らせるが、不利な駆け引きとなる点は覚えておきたい。

  • 長所
    • 遠距離から相手をゴリゴリ削ることができるうえ、位置調整もしやすい。
    • 野生ポケモン狩りの効率が良い。
  • 短所
    • ムーブわざやシールドが使えなくなるため、一層耐久が低くなる。

ほのおのパンチ+フレアドライブ型(わざセット2)

ムーブわざのみで構成された型。中央エリアに行く役割を持ちたい場合にオススメ。
Lv5で使える「ほのおのパンチ」は、高速移動+やけど+吹き飛ばしと優秀な効果のため、覚えたらすぐに上下レーンへ相手を倒しに向かえる。
当てた後はやけどにより通常攻撃の威力も上がるので、追撃もしっかり当てていこう。
「フレアドライブ」を使えるようになってからは、シールドが付与できる「フレアドライブ」から仕掛けるようにすれば安全性が高まる。

  • 長所
    • ムーブわざ2つによる高い急襲性能。
      特に敵と距離を詰める際の機動力・安定性にすぐれる。
  • 短所
    • 遠距離攻撃手段がなく、敵と密着しての戦闘を強いられる。
    • ムーブわざ2種だがフレアドライブは方向を指定できず、逃走に使えるのは実質ほのおのパンチのみ。

かえんほうしゃ+フレアドライブ型

シールドを張りつつ敵を打ち上げる攻めの起点となる「フレアドライブ」。
移動速度上昇効果と持続ダメージを持つ追撃に向く「かえんほうしゃ」。
対プレイヤーや野生ポケモン狩りどちらもそつなくこなせるバランス型の構成。
「フレアドライブ」→「かえんほうしゃ」→通常攻撃によるコンボはわかりやすく強力。

ただし撤退に使える技はなく、こちらの射程=敵の射程であったり、ムーブ技で詰められる距離であることが多い。
特にフレアドライブを使い切った状態で接近を許すとかなり厳しくなる。

  • 長所
    • 攻め時にわかりやすく強力なコンボがある。
    • 遠近特化構成のいいとこどりでどんな距離にも対応できる。
  • 短所
    • そこまで射程が長くないため近距離バランス型など狙われやすい距離で戦うことになる。
    • 逃げスキルがないため、狙われると厳しい。

ほのおのパンチ+だいもんじ型

かえんほうしゃ+フレアドライブ型と同じく、ムーブわざと遠隔わざを両立したバランス型の構成。
ムーブわざの「ほのおのパンチ」はフレアドライブとは違いシールド付与は無いものの、対象指定ではなく方向指定なので「敵のいない方向に使って逃げる」「壁を抜ける」といった使い方ができる。

遠隔わざの「だいもんじ」はかえんほうしゃと比較すると発生がやや遅く、敵をやけど状態にさせる効果がない。
代わりに持続ダメージを与えるので、野生ポケモンやカジリガメなどのオブジェクトを倒すのが早くなる。
また減速効果もなかなかに強力で、狭い通り道に撒くことで敵の到達を遅らせたり、ゴール攻防時の嫌がらせにも。

  • 長所
    • 味方と組んだ際の選択肢が多く、攻めも逃げも柔軟に対応できる。
    • 継続ダメージとスロウを与えるフィールドを作れるので集団戦も得意。
  • 短所
    • フレアドライブ採用型に比べると攻勢時にやや脆い。
    • わざが2つとも方向指定なため、相手の移動先を読んで狙いを定めなくてはいけないときがある。



その他考察

初期育成考察

LV5の進化&わざ更新までの素の火力は最低クラスで、未進化サポート型並と言っても過言ではない。
「やけど状態の相手には通常攻撃ダメージが増加する」という特性を強く意識しよう。

  • 初期技2種のうち、最初に取るべきは「はじけるほのお」。先手でやけどを入れることができ、野生ポケモンの処理が格段に楽になる。
  • 「ほのおのうず」は継続ダメージが入る。習得したら相手チームが攻撃中の野生ポケモンに重ねて安全に横取りを狙おう。
  • 他に初期からやけどを入れられるポケモンにエースバーンとゲンガーがいる。
    味方はもちろん、敵にいた場合にも横取り狙いに活かせる。相性自体はさておき、覚えておくと役に立つかもしれない。

ルート選択考察

  • 上ルート
  • 下ルート
  • 中央エリア

もちもの考察

  • ちからのハチマキ
    通常攻撃主体となるため、相性の良さは説明不要。
    ただし追加割合ダメージは発動にクールタイムがあるため、全段に乗るわけではない。
    検証によるとリザードンには攻撃速度上昇の効果がないらしい?
  • ピントレンズ
    バランス型(急所率20%)かつ通常攻撃主体のキャラクターなので相性がいい。
    特性の「もうか」と組み合わせ、低HPからのユナイトわざ発動で形勢逆転を狙える。「おたすけバリア」とセットで起用したい。
  • するどいツメ
    わざ1でやけど→通常攻撃を一連の流れとして持つリザードンと相性がいい。
    リザードンの通常攻撃は近接にしては長いが、鈍足効果は問題なく発生する。
  • きあいのハチマキ
    特性発動圏で耐え、小競り合いの勝率を上げる。
    下記の理由から「おたすけバリア」との相性が若干悪いので、防御系アイテムを一つ選ぶのなら一考。
  • おたすけバリアエナジーアンプ
    ちきゅうなげのモーションが長過ぎるため、実質の効果時間は3秒ほど。
    とはいえ、ユナイト後の強化状態で暴れたいリザードンには採用価値がある。
    きあいのハチマキと違い、サンダー戦のユナイトわざで確実に発動するが、急に消失するバリアにはくれぐれも注意。


その他のデータ

+がついている見出しをクリックすると展開できます。

ホロウェア


せんちょうスタイルリザードン
入手方法:ジルトレーダーズにて購入1200



スポーツユナイトスタイルリザードン
入手方法:ジルトレーダーズにて購入350



アクティブユナイトスタイルリザードン
入手方法:ジルトレーダーズにて購入350



たきびスタイルリザードン
入手方法:ジルトレーダーズにて購入350



たつじんスタイルリザードン
入手方法:シーズン3バトルパス購入特典


紹介動画


コメント