舞元啓介/詳しく知りたい

Last-modified: 2020-01-27 (月) 21:50:36

口癖 Edit

  • 「ンハハハハハァ!」
    すごく特徴的な笑い声。どこかのAUOっぽく聞こえるとの声も。
  • 「クソォッ!」「クソがッ!」「クソがよォ……」
    • 「クソ」三段活用。
  • 「正気か!?」
    • 驚いた時に。メンバースタンプにも採用されている。
  • 「カチ○す」
    • 若干マイルドな暴力表現。派生として「カチのめす」も存在する。
  • 「ドチャクソ○○」
  • 「ど畜生だわ」

名言 Edit

エピソード Edit

  • 創作物用のハッシュタグを「#絵キシビジョン舞ッチ」としようとしていたが、圧倒的多数決により「#しら画」となってしまった(#しら画…82%、#絵キシビジョン舞ッチ…18%)。タグが決まって数分後、先輩によって悪い見本が投稿される。
  • 初回生放送で神田笑一パシリ包丁と言う二つ名を付けてしまう。
  • 先輩によって、ファンアートがいち早くきた自分を羨ましがる鷹宮リオンのツイートに自分の画像を載せたクソリプを送った為、リオンの幼馴染である飛鳥ひなからSEEDs二期生で唯一フォローされなくなった。 もう一つの配信タグの由来はこのエピソードからきている。
  • 椎名唯華舞元の自室そっくりの場所で配信を行っていたためスキャンダル疑惑が持ち上がった。
    • 正確には和室のフリー背景(他のVTuberも使用している)を両者が使っていたのをおしぃりぃで悪ノリしたため。これ以降同じ和室背景を使う度に実質舞元と同棲ネタが起きる。舞ハウス
  • 竜胆尊SEEDs2期生全員の身長対比表を作成したのだが、その図で春崎エアル神田笑一に思いっきり足を踏まれていたため、鷹宮リオン同情される
  • Twitterフォロワー1万人記念におととママから以前から自称していたハードボイルドさ溢れる舞元のイラストを貰った
    • なお、あまりにもハードボイルド過ぎてSEEDs二期生の女子陣や他のVTuberから「初めまして」や「誰ですか?」等のリプライが多数届いた
  • かなり負けず嫌いな性格で、同じく大の負けず嫌いな鈴原るるMH:Wで腕相撲対決になった際はモンスター討伐以上にのめり込んだ結果22ラウンドまで到達した。
    • 一見さっぱりしていそうなイメージとは裏腹に(本人は否定しているが)かなり執念深い性格が伺える。V呑みの2次会(配信外、オフ)で頼んだままで取っておいた茶漬け&味噌汁をジョー・力一に喰われ、その後しばらくネタにし続けた。
  • マシュマロの「椎名唯華良いところを20答える」という超高難易度のお題をなんとかクリアした。
  • 2018/10/23の時点で、判明しているだけでも同期ででびでび・でびる鷹宮リオンジョー・力一の3名からチャンネル登録されていなかった
  • 「ジョー・力一のモノマネのする」という無茶振りマロが届いた際、椎名から「自分がやりますよ」という旨のコメントをもらい、三下化した。
  • 椎名から全く絡みの無い相手である笹木咲へのバースデーメッセージを求められる。快く引き受け歌まで披露したが、椎名が笹木に送った動画は舞元以外物真似のネタ動画。オチに使われるわ笹木に大爆笑されるわで、Twitterで発狂するはめに。
  • 付き合った人数は合計11人。サッカーチームが作れるね!
    • メンバーや視聴者から舞元イレブンと呼ばれている。
      • 別れた彼女からプレゼントされた香水を気に入って今でも使い続けている。別に今でもその相手が忘れられないとかいう訳ではないらしい。
  • 生粋のビビり体質であり、『マインクラフト』や『7days to die』では見慣れないものに片っ端からビビっている。
  • それまでのプレイ光景から「ゲームそのものがあまり得意ではないのでは?」と思われていたものの、『マリオカート8デラックス』や『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』では一転してかなりの腕前を見せリスナーの認識を改めさせた。瞬間的な判断力を求められるアクションゲームに強いように見えるが本人によれば実は苦手。
  • 11月17日の舞元力一ラジオにて待望の新モデルがお披露目されたのだが、その際本人とおととママの口より旧ボディ(薄緑色の着物を着ていたもの)は実は「50代のロシア人」のつもりで作られていたという衝撃の事実が明らかにされた。初期モデルの肌がかなり白いのはそのせい。(実は8月9日の時点でおととママによりアラフィフのロシア人であること、また元FBIエージェントであることなどのボツ設定が明かされている。)
  • 自宅の敷地に住み着いていた子猫を保護し、一緒に暮らし始めた。子猫の名前は「ジョジョ」。もともとはOTN組で寝起きの社築「フェニックス」と名付けられたが、後に舞元本人によって却下され、この名前になった。
    • 好物は馬刺しとカボチャの煮付け。馬刺しは呑むように食べる。
  • 12月7日 大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALの発売に合わせて企画された、にじさんじ公式によるリレー企画に参加することが発表された。
  • 大空スバル考案のコラボ企画案に「スバル、舞元、青道アカトアニメ『ブレンドS』のOPを歌う」というものがある。アカトは嫌がっていたが舞元は乗り気だった。さらにその企画を実行する時のために用意するイラストでメイド服か男用のエプロンのどっちを着るか選択する際に、アカトはエプロンにしようとしたところで舞元がメイド服を選択したためアカトの逃げ道が消された。
  • 社築名伽尾アズマが夜通話をかけた際にランニングをしており、L4D2を持っているか聞かれたが持っていなかった為、帰ってすぐに購入し、そのままマルチモードをプレイしたらしい。
  • デビュー前には一時期花畑チャイカのバーの店員だった設定があったのだが、諸々の事情によりチャイカが断ったため雲散霧消した。しかしデビュー後からしてみれば店員でもありだったようだ。
  • 裏にじさんじの日にゲスト出演した際、MCを務めていたのが社築ジョー・力一だったため、「舞元力一の社築ゲスト回」などと揶揄された。
    • しかも、ほとんどのゲストがペアで出演している中、何故か舞元だけはソロ。徹底して不憫な男である。
  • 不穏だったり、いかがわしかったり、何か失態をしでかすとコメント欄で「🔥舞元🔥」と書き込まれ(あくまで冗談の範囲で)炎上しやすい。と言うより本人以外の配信で本人に縁もゆかりもない原因で燃えていることの方が多い。最近は名前が出ただけで燃えていたり誰かが(冗談として)炎上した際にも全く関係がなくても燃えている。にじさんじ一燃えやすい発火性ライバー。
    • 現在はそのことについて「できるだけ他のライバーの配信では控えてほしい」「見つけた場合も注意するのではなくスルーしてほしい」と発言しているため、コメント欄での舞元炎上芸は自重しよう。
    • 2019年3月5日に行われた【LIVE】懐かしロボットアニメソング縛りカラオケ大会では、「SEVENTH MOON」「突撃ラブハート」「YOU GET TO BURNING」などを熱唱、真の意味で🔥舞元🔥と化した。
  • 緑仙曰く、舞元の本当の姿はベジータ。舞元としてバーチャルライバーデビューしてしまったため言い出せないでいるらしい(諸説あり)
  • シチューには米よりバゲット派。
  • 3月23日、ユキミお姉ちゃん主催のシャドウバース大会【シャドバーチャル杯】
    決勝でのvsふぇありす戦、お互い手の内を読み当てまくる高度なデュエルで1勝1敗の接戦を進め
    臨んだ最終戦、序盤は安定した引きとプレイで有利に進め、後一歩まで相手を追い詰めるも
    とどかず、逆に盤面を支配され一転ピンチに陥る。
    しかし、デッキを信じぎりぎりまで粘り、もう後がないラストターン
    手札0枚の中、椎名らの想いを受け継いだのか、ディスティニードローを決め
    1つしかない勝ち筋を手繰り寄せ勝利、優勝。
    その姿は、正に主人公であった。
    (このとき山札27枚、とどめとなったカードはピン挿しで、
    前提のカードはデッキに3枚あったとおもわれ
    カードの性能は省くが、この勝ち筋を引き当てる確率は
    3/27x1/26+3/27x2/26x1/25=0.1425%+0.0057%=0.1482%
    とんでもない確率である)
  • 高校生の頃は授業中眠くなったら机を片付けて眠る、部室の鍵を職員室に返さずに卒業まで所持し(結果紛失扱いになり新しいカギを作られた)、
    引退後も部室を私物化する等素行が宜しくなかったとのこと。10年後の同級会で当時の教師に「お前は不良じゃなかったけど一番学校を舐めてた」
    「ほかの生徒は学びに来るがお前は遊びに来ていた」「今もお前は変わらないな」と散々に言われた。
  • おだのぶキス部二期生面接半ば強制的に出場。帰りたい気持ちを抑えつつなんとか地獄のような数分間を健闘した結果、無事キス部二期生として採用された
    • この地獄のような配信を視聴する際は心を強く持って臨んでください。
  • 2019年8月に勃発した大規模なきのこたけのこ戦争に際して、たけのこ派であることを表明した。
  • Vtuber甲子園にて、にじさんじ農業を見事に優勝へ導いた。
    • 最強の投手キズナアイをもつ歌衣メイカのupd8商業、おなじみ豪運の椎名唯華が率いるにじさんじ高校、互いに切磋琢磨してきた大空スバルが指揮を執るホロライブ女学院たちを見事打ち破った。
    • 決勝戦はまさかの大空スバル。互いに一歩も譲らない試合模様を見せ、7回まで互いに無失点のまま激しい投手戦を行った。
    • 8回裏、内野ゴロからの泥臭い1点を奪いその点を守り切り見事優勝に輝いた。
  • 健屋花那初ツイートに「なるほど、わかる」とリプライをした。*2大丈夫か?
  • 2019年10月1日の夜中。泥酔しながらマインクラフトをプレイした結果一緒にサーバーにインしていたアルス・アルマル椎名唯華流の挨拶と称して「二人っきりだね///」チャットを送ったところ(当然のごとく)気持ち悪がられ慰謝料にダイヤモンド10個を請求されてしまう。しかし、この要求に「10個でいいのか?」と挑発で返す意味不明な行動の結果、ダイヤの要求数が100個に跳ね上がってしまう。チャットの様子をスクショされ動かぬ証拠を握られてしまうが、この期に及んでなおこのままバックレることを考えている有様であった。椎名のこと悪く言えないぞ舞元
    • しかもその後すぐ懲りずに同様の流れを行った結果、要求数が一度300個になったが、頼み込んだ結果100個に戻してもらえることになり、感覚がマヒした結果アルスがいい奴だったのかもしれないと思い始め、「崇拝して良いですか?」と聞きどん引きされる。そして配信終了してからしばらくアルスの配信のコメント欄に居座った。
      ダイヤはおよそ1時間後修繕や幸運のエンチャ本と共に舞元啓介拠点へとアルス・アルマルがお茶目たっぷりに返還した。
  • 2019年10月15日にYoutubeチャンネル登録者数10万人達成。
    • 先に10万人達成した相方に倣って10万人達成まで耐久配信を行おうとしたが、配信開始30分前に達成してしまい盛大な企画倒れとなった。#そんな所まで相方に倣う必要ないんだぞ舞元そしてしれっと配信タイトルとサムネの内容が10万人達成記念に変わっていた。
      • 耐久ができなくなったのでジョー・力一をゲストに招いての凸待ち配信となったのだが舞元力一出張版、コメント欄に現れたりにじさんじネットワーク天開司が来たりした程度で肝心のにじさんじメンバーが凸に来ない。裏で放送や放送準備があったからで気軽に凸れるような仲のライバーがいなかったわけでは断じてない。筈。そして一応の切り予定時刻が近づくにつれどんどん凸しづらくなっていく雰囲気に。
  • VTuberを見始めたきっかけが電脳少女シロで、かなり古くから見ていたらしい。合間合間で見ていたある日この界隈が盛り上がっていることを受けてやってみたいという思いと同時に武器がないことも自覚していた。*3
  • 「同棲までしていた彼女に全財産を持ち逃げされる」という壮絶な過去を持つ。その後舞元は三年間ほど他人と会話することすらできない状態になるほど心に傷を負った(家族とはかろうじて話せた)。人間全般(特に女性)が苦手だったり、マイクラ等の配信で疑心暗鬼に陥りやすいのはこれが原因かと思われる。同じ理由で、いまだに他人が一緒にいるところで寝ることができないらしい。本人的には今が幸せだからそれでいいとのこと。
  • にじさんじサーバーに稀に生成される『化石』をみつけるべく化石発掘まで寝ないと意気込んで耐久配信を始めたが、化石の生成率の低さを甘く見積もってしまい、21時間+途中休憩9時間を挟みながら不眠で発掘を続けるも、4枠目の開始を予告し3枠目を終了した午前6時、長い休憩に入った舞元はそのまま目覚めることは夜21時までなかった……。
  • リングフィット アドベンチャーに色々準備して挑戦。腰のヘルニアを労わりつつ、専門的知識を披露しながら農家としての体力・筋力を存分に見せつける配信になる。…………がしかしJoy-Conのバッテリーの充電を忘れる。
    切れては再充電を繰り返す、RTAばりの目まぐるしいプレイとなった。
  • デカいぬいぐるみを見るとプロレス技をかけたくなる。
  • えま★おうがすとにdiscordにて、「舞元さんって、サキュバスなんですか? 」と問われ舞元は「せやで!!!!」と認めていた。そのSSがツイッターに投稿された直後、舞元と飛鳥ひなと合同でサキュバスボイスドラマの販売が発表 され、名実ともに舞元は公式サキュバスとなった。
  • 2019/12/14、本間ひまわり&夜見れな主催のトゲキッス二体&「ゆびをふる」縛りの大会にエントリー。当日は友人?のマスクドいちからを駆り出す舞元だったが、繰り出したトゲキッスはどちらもまさかの調整後のセーブ忘れで技構成がロールバックされていた。
    • ガチ謝罪したのちに、主催者の提案で再ロールバックを行うため試合は一時繰り下げになった。またその際、マスクドいちからはマスクを脱いだ姿で現れ、その正体が舞元啓介であることを明かした。
    • 改めて行われた試合ではトゲキッスの名前を「ほんとうに」「すみません」に改名して繰り出す。……が、初手で0.333%の勝ち確技を引いてしまった結果、結論から言うと以降大会でヒール役として試合をしていくことを決意した。何が起きたのかはぜひアーカイブで確認してほしい。
  • 12/21、剣持刀也主催のにじさんじ杯マリカ杯に出場。直前まで上京していた事もありほぼ練習出来ず。そんな中でも安定した走りを見せた。
    • 舞元が参加したCリーグの前に行われたBリーグにて、主催者である剣持刀也が敗退し発狂したという内容がコメントにより伝えられる。剣持が速いことを知っていた舞元は驚きながらも情報が来るたびに爆笑、本放送で叫び続ける彼を煽るために予選突破を狙う。が、5位と1点差という剣持と全く同じ形で敗退してしまった。正に明日は自分が剣持刀也。余談だが、今回の下馬評で予選は抜けると言われていた面子のなかで敗退してしまったのは舞元と剣持だけである。
      • その後も大会は進み舞元の枠が終了した後に始まったEリーグへ。Eリーグの夕陽リリを除いたハッピートリガーが皆6位だったのだが、剣持に「舞元さんも含めてハピトリは皆6位」と何故か括られることになりTwitterで困惑することとなった。なお、当のリリもまさかの6位になってしまったため、Fリーグで6位だった出雲霞もろともハピトリの一員になった
  • 有馬記念同時視聴配信において、1番人気のアーモンドアイを軸として馬券を購入するも、同レースで引退するリスグラシューへの手向けとして、1枚だけリスグラシュー軸で購入した三連複が見事的中。10万円をかけた勝負で20万円バック、大勝利を果たした。*4
  • 見た目に反して、全裸では寝られないし、パンツ一丁で歩き回ったりもしない。本人曰く、大雑把なところは大雑把だが割と潔癖症なところがある、とのこと。しかし、これを聞いたジョー・力一からは解釈違いを喰らってしまった。
  • 仮眠を取っていた際に暇を持て余していた椎名唯華に呼び出され、寝起きの状態で突発コラボに参加させられる。直前に椎名に目をつけられていた郡道美玲剣持刀也も合流。椎名がUNOをやりたがるが舞元は持っていなかったため買わされそうになる。しかし、当の椎名もUNOを持っていないことが発覚。急遽お絵かきの森コラボをすることになった。
    • 剣持刀也「仕事って農家ですか?」
      舞元啓介「農家じゃないんだけど作業があって」
      剣持刀也「もう農家じゃなくなったんですか?」
      • 田んぼは使えないけどちゃんと農家です。舞元力一公開録音の準備などをしていた模様。
    • 1ゲームだけ行い、最下位になった郡道の奢りでご飯を食べようという会話の後に配信は終了。しかしその数分後…
    • なお、UNO購入を回避したかに見えた舞元だったが、その後、ういママの要望により結局購入した模様
  • 2020年1月13日、風俗失敗談語り配信完全に思いつきで始めてしまう。収益化剥奪やガチ恋勢の消失など様々な懸念をされつつも、配信開始30分前には既に1000人以上が待機し我先にと風俗の失敗を語り始める異常事態が発生。そんな中始まった配信は誰も予想していなかった程の盛況ぶりで、最大同接は2万人を突破。糸目の大学生百合犬夢の国の住人などの同期もコメント欄に駆けつけ、配信の最後は「人生初のデリヘルで50代既婚子持ちの女性に尻穴を開発されかけるも痔が切れたことで事無きを得た」という舞元自身のとんでもエピソードで幕を閉じた。ちなみにこのエピソード、ライバ―デビューわずか二週間前の出来事である。

麺屋舞元関連 Edit

  • 2019年4月よりラーメン作成販売ゲーム「チャルメラ」を深夜に飯テロを目的として配信している。(体調などに問題が無ければ)ラーメンを食べながら見ることを推奨。
  • ラーメン作成の際は、自身の作成と同時にリスナーやその場に居合わせたVtuberに作成してもらい勝負をするスタイルが基本となっている。
  • 初回では魚介メインのラーメン「舞元魚介スペシウム」を作成するも、ゲーム中最低評価*5の☆1を叩き出す。その後リスナー側の作成したラーメンは、ほとんどが高評価だった。
    • 特にリスナーである「コウロギ」「サンダードレイク」(敬称略)両名の合作である「コウロギサンダーメン」は☆9の高評価で客入りも非常に良好であったため、しばらくは販売数による条件解禁のためにコウロギサンダーメンを主力商品として売りさばく姿が頻繁に見られた。☆9作成が安定してからも、これらの活躍から配信や関連ネタではよく名前が挙がる一品となっている。
    • 後々の配信で「いかにネタに走るか」「いかに☆1を出すか」を重視したラーメン作成をリスナーと共に行ったが、どんなに低くても☆2止まりだったため、この☆1の異質さが強調される結果となり、本人も☆1を作れることをイキリ出すようにすらなった。
  • 作中で、語尾に「ッス」を付けるキャラクターが出た際は「『誰か』を思い出すのでやめて欲しい」と(辛そうにしながら)何度も言っていたが、シナリオを進めて行くと、無言キャラである主人公のおじさんのサポートキャラと言うひたすらしゃべるレギュラー枠にそのキャラが昇格してしまった。気軽にやる配信のつもりがとんだ地雷が潜んでいた。
    • なお加入後に、更にもう一人「ッス」キャラが現れたと思ったら、最終的に仲間と共に現れ、全員が「ッス」キャラだったため、更なるダメージを積み重ねていった。
    • その次の配信の時にはサポートキャラの方の「ッス」には慣れたようだが、二人いるとやはり辛い模様。
  • 「ラーメン大会が開かれる」というイベントの際には、身勝手な言い分をする周囲の面々に非常に怒り、何がおかしいか、悪いかを切々と語った。
  • ある配信では「自分の自己満足かもしれないが、引退したラーメン好きのライバーへの手向けに☆10ラーメンを捧げたい」と漢気を見せ、見事に☆10ラーメンを完成させた。そして高価な食材を使いすぎたせいか屋台を出した地域の客層と合っていなかったせいかあまり売れなかった。いいものなら売れるなどというナイーブな考えは捨てろ
    作成したラーメン一覧

マイライフ関連 Edit

  • Vtuber甲子園の息抜きの為に開始されたシリーズ。最新回は#13(ドラフト怖い野球人生)。長時間になることが多く、時々コメ欄にライバーが出現する。
    舞元が野球選手として楽天で大暴れするのがメインの流れだが、Vtuber甲子園時に育成した選手5人(内3人がにじさんじライバーの名を冠している)が#8以降参戦。更にサクサクセスで作成したライバーが大量参戦することも確定した。
    • #9以降、雨森小夜から素材を提供され、OPとEDがついた。「啓介…❤️」
      更に、白上フブキからも素材をもらう始末。「啓…ちゃん…?」
      そして#10ではういママからも。「啓介、くん?」
      追い討ちをかけるかのように天開司からもボイスを貰った。「新井が悪いよ新井が!」*12
      その上、飛鳥ひなと朝霞しおからもボイスを貰った模様。その情報を公開した配信では、ジョー・力一が素材を公開収録したが、舞元の手元に届くことはなかった。
      更にはあくまのゴートからも応援歌を送られた。
      みんなで歌おう舞元応援歌
      そして大空スバルも提供を考えているようである。ここにいる面子だけで9人(しかも誰にもせびっていない)。
    • にじ農の面子は#8で竜胆尊、#9.5で剣持刀也が登場。尊様はキャラ崩壊が酷く、剣持は再現性が高すぎて舞元にキレられる。
      葛葉と非ライバーの相馬、松尾は今の所出てきていないが、ライバーの3人に関しては成績が時々確認される。
    • 上記のボイス提供8人+にじ農から参戦した3人+サクサクセスで作成した23人で、現在マイライフに関わっているのはなんと34人。マイライフは最大30年分遊べるので、その間にまた新たな繋がりが生まれるかもしれない。もう一度書きますが、この企画はVtuber甲子園の息抜きから始まりました。舞元自身もボイスを貰うことは嬉しいものの余りに多いため持て余している。

以下登場した人物を掲載していく(随時更新予定)

舞元&にじ農出身
サクサクセス組

主な関連人物 Edit

  • ジョー・力一ジョー・力一
    • 舞元力一ラジオでの相方。相棒とも呼ぶほど。
    • 舞元は彼の面白さに絶対の信頼を置いているが、その分気遅れする面もあったとのこと。
  • 飛鳥ひな飛鳥ひな
    • エピソード欄にある絡みの他に、ボイス販売の際に協力してもらっている。
    • 2019年12月13日、ついに合同でサキュバスボイスドラマが公式で期間限定発売され、念願(?)の公式サキュバスコンビとなった。
  • 鷹宮リオン鷹宮リオン
    • 絡まれることがある。彼女の呼び名の一つ「お嬢」は舞元発のものが広まったと舞元は語っている。
  • 椎名唯華椎名唯華
    • 配信の背景が一緒だったことをリスナーからネタにされ、その後いじられ続けている。
    • Vtuber甲子園での対戦相手の一人で、にじさんじメンバーのドラフトも行った。
  • 社築社築
    • 同じママから生まれた先輩。年齢的には舞元>社なのだが、舞元は「社さん」と呼び、社は「舞元」と呼んでいる。
    • お互いがお互いのネタが通じる数少ない相手のため、コラボ配信内ではここぞとばかりにネタが飛び交う。
  • 雨森小夜雨森小夜
    • コラボもしているが、小夜の配信中のコメント欄に舞元が現れたときに彼女ムーブ的な言動をしたことから一連の絡みがある。
    • その配信内で「付き合っている大人の女性のような言動」で、呼ぶときも下の名前である「啓介」呼びしたことがすべての始まりで、
      舞元側もVtuber甲子園で彼女の登録名を「センシティブ雨森」にするいじりを見せた。
      その後も「数種類の『啓介』呼びの音声素材」、更には「『3年目の浮気』のカラオケ音源+女性パート素材」など、自身の音声素材を(特に頼んでいないのだが)送っている。

にじさんじ外のVtuber Edit

  • 大空スバル(YouTubeTwitterホロライブ非公式wiki
    • ホロライブ二期生所属のライバー。舞元を「おじおじ」と呼んで慕っており、「舞スバ」と称して二人で頻繁にコラボを行う仲。
    • 本人は声すら公開していない時点で、絡んだことの無いおっさんにコラボを申し込むというスバルの暴挙から始まった奇妙な縁だが、結果的に芸人コンビ的な良好な関係を築いている。基本的にはとんでもない企画を持ち寄って地獄を見ることが多い。にじさんじ外のバーチャル系関係者も参照。
      • 交通事故のような絡まれ方をしたものの、舞元にとっては彼女がいなければ引退していた可能性もあったほど影響力の強い人物で、記念放送などの裏話で度々話題に挙がる。
      • なおこの申し出に関して運営は、流石ににじさんじは「やめておいたほうがいい」というスタンスだったが、ホロライブはノリノリだったとのこと。
    • 初コラボで、デビュー1週間のスバルとの激辛ペヤングMAXEND早食い対決(トッピング等による工夫あり)をする。
      ジャッジ:ホロライブ一期生 白上フブキ 対決ルール
      結果は舞元の勝利に終わったが、ロキソニンによるドーピング(実質プラシーボ)をしていたことが発覚し、審判の意向により、罰ゲームとは別にしばらくの間Twitterアイコンを淫キュバス舞元にする罰が下された。
      • ちなみに負けたスバルは罰ゲームで、全力ルイズコピペならぬ全力舞元コピペを動画にすることとなった。
        なお完成したものはスバル曰く"事案"。聴いた舞元本人も「"これを世に出してはいけない"」と判断を下した。
        結果、謝罪会見配信で2人一緒に全力舞元コピペを朗読した。コピペ台本はこちら
    • 自分のハロウィンボイスを購入してくれた大空スバルとディスコードで会話する時、自分のハロウィンボイスを垂れ流しにして攻撃される。
    • 大空スバルの3Dお披露目配信にお祝いで出演。元々裏での出演予定希望者に入っていた(なおアポはその後)が本人は予定が合わないと言っていた為、スバルにとっては大きなサプライズとなった。
      ちなみに出演予定希望者に他のメンバーはフルネームで書かれていたのに対して自分だけ『舞元』としか書いていなかった。
    • にじさんじマスコッツとホロライブマスコッツが対決するマスコッツ大戦において、大空スバルのマスコットであるスバルドダックにFXで有り金を溶かした舞元啓介が描かれた。
    • Vtuber甲子園では決勝戦の対戦相手同士となったが、その際には本人たちも周囲から見てもかつてないほどバチバチした状態だったとのこと。ちなみにこの企画の参加者でスバルだけが今までパワプロに全く触れたことがなく、基本的な遊び方をスバルに教えたのは舞元だった。
    • 2019年9月にはコラボ1周年を迎え、再びMAXEND早食い競争を開催。今回も舞元が勝利したが、スバルとの友情をたたえ舞元も罰ゲームをやると発言。そしてなぜか最終的にフブキから舞元が一番きつい罰ゲームを要求される
      • 1周年を記念して、ついににじさんじ・ホロライブ公認の舞スバ公式グッズが発売決定。企業案件ではないライバー発案の事務所横断コラボグッズは権利の帰属が曖昧になることからこれまで前例がなかったが、これを見事に覆しての発売決定となった。
  • しぐれうい(YouTubeTwitter
    • 大空スバルの担当イラストレーター。通称ういママ。2019年5月に自らも個人勢のVTuberとして活動開始。スバルとの親子コラボと舞スバを合体した「大空家」としての異色コラボを何度も行っている。
    • 総じて常識人の評価を得ている人物なのだが、舞スバ絡みでは暴走したお茶目な面を覗かせることが多い。
    • 上記舞スバグッズのデザインを担当することが決定。これにより仲の良い相手としてだけではなく、イラストレーターとライバーとしての直接的な関わりも生まれたことになった。




*1 その場にはOTN組もいたが、はっきり登録してると言ったのは社築のみだった。
*2 2019/09/19のツイートより
*3 2019/10/26のV呑み配信にて
*4 なお、1番人気であったアーモンドアイは枠外であったため、この馬券を買わずにアーモンドアイ軸を貫いていたら、当たり馬券無しで10万円負けてしまうところだった。
*5 実際にはこの下に評価不能(☆0)がある事が後に判明した
*6 タレ選定
*7 ダシ選定
*8 具選定
*9 現:山口麺バー
*10 現:子持ちロリコンだよ
*11 旧:福岡グルメ三昧よかとちゃんねる
*12 ちなみに、ういママのボイスは初収録であり、また司はボイスを販売しないと自身の雑談配信で公言しているため、共に貴重なボイス素材である
*13 基本的に刀也君呼びの舞元だが、この事件があった#9.5では全て剣持か剣持刀也呼びとなった。#10では刀也君呼びに戻った