にじさんじ語録集/にじさんじ外のバーチャル系関係者

Last-modified: 2020-05-26 (火) 12:49:09

あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行
わ行 英数字

あ行 Edit

青道アカト(あおみち -)
YouTube, Twitter
髪や瞳、服装の色がの左右で赤と青で別れている。青春の青&熱血の赤の元気がうるさい学徒VTuber。早口かつ高い男声でひたすら喋り続けるその様子は誰もがうるさいと言わしめる。にじさんじの中で主に関わりのあるメンバーは伏見ガク名伽尾アズマ。アズマと関わるようになってからはアズマの義兄という扱いをされて、にじさんじNOIZを自称する。
あくまのゴート
Youtube, Twitter
バフォメットの姿をした悪魔系Vtuber(見た目と名前がどう見ても山羊だが山羊ではない)。
悪魔とは思えぬ澄んだ歌声による歌唱力とギター演奏に定評があり、自ら作曲することも多い。一方で、にじさんじライバーの立案する地獄のような視聴者参加型企画にもよく登場しており、夢追翔の歌企画の伴奏、ジョー・力一の歌配信のサポート、町田ちまの2019年の誕生日お祝いメッセージ(おじさん構文読み上げ)にも参加。さらには、パワプロマイライフをプレイする舞元啓介のためにオリジナル応援歌を作曲・歌唱した。
朝ノ瑠璃(あさの るり)
YouTube, Twitter
「朝ノ姉妹ぷろじぇくと」に所属、活動しているくノ一Vtuber。朝ノ姉妹の長女にあたる。
忍装束の胸部に空いている、通称「バミューダトライアングル」と呼ばれる穴と立派なアレ、丈の短いスカートからチラチラするナニなどえちえちな身体が特徴。本人もノリノリでセンシティブなネタを拾ったりする。また、歌唱力もずば抜けており、過去には101曲カラオケチャレンジに挑戦し、見事達成したこともある。その活躍は配信だけにとどまらず、様々なアプリゲームで声優を担当したことも。あれ?あんまり忍んでなくない……?
にじさんじメンバーの中では渋谷ハジメとの交流が他メンバーに比べて早い時期からあり、度々コラボを行っている。また自他のチャンネルでの企画の際にドーラシスター・クレア御伽原江良などのメンバーと掛け合いを見せることも多い。
あっくん大魔王(- だいまおう)
YouTube, Twitter
2018年1月に活動を開始した、世界征服を目論む魔王を自称するが実際はバーチャル界の発展を望むただのいい人系Vtuber。
尊大な言動とは裏腹に、ヘタレ、天然、お人好し、童貞王…などなど、魔王らしからぬ要素が次々露見している。また、コラボにも積極的で、にじさんじでは渋谷ハジメらとゲーム配信で交流している。後に叶が発足した囚人組の一人でもある。罪状は「世界征服罪(→テロ準備罪)」。
2019年7/26、プロVtuberとして活動することを宣言した。
姉崎ユキミ(あねざき -)
YouTube, Twitter
通称ユキミお姉ちゃん。姉系Vtuberとして活動している17歳のみんなのお姉ちゃん。よしんばあなたの方が年上だったとしてもお姉ちゃんなのだ。いいね?
バイノーラル、雑談、ゲーム配信、大型企画など配信の内容も様々であり、コラボの頻度もかなり多い。また、多くのVtuberのサポートもしており、交友関係は非常に広い。
にじさんじでは渋谷ハジメのお気に入りVtuberであったり、ロボ子さんと文野環と一緒に「あねっころぼ」を結成したり、夕陽リリの初の外部コラボ相手の1人だったりする。シスター・クレアの配信環境のサポートも行った。
天川さくら(あまかわ -)
お笑いコンビ・タイムマシーン3号の関太が受肉した姿。
AbemaTVで放送されたにじさんじ公式番組『にじさんじのくじじゅうじ』の司会進行役としてこの姿で出演。ボブカット・メガネ・肥満体マシュマロ体型と、関氏の特徴を残しつつ可愛らしい美少女にアレンジされており、視聴者からファンアートが寄せられるなど好評を得ている。
番組内テロップでも基本的にこちらの名義が使用されており、相方・山本浩司からの「関」「関さん」といった呼びかけはスルーしている。かといって「さくらさん」と名前呼びされても「そこまで打ち解けてない」とメンドクサイ女性らしい距離感を保つなどRPを徹底させている。
「天ぷらの天に鶏皮のカワと書いて天川で~す!」
杏戸ゆげ(あんど-)
YouTubeTwitter
いちからが制作協力した有閑喫茶あにまーれ、ハニーストラップと同じ774.inc運営のブイアパに所属している。
にじさんじ内では勇気ちひろとのApex Legendsでのコラボ配信が多かったが、最近では神田笑一瀬戸美夜子らが参加したDbDコラボ等、交友関係が広がっている。
、白百合リリイとのコラボ配信にて「1番ダメ」という発言をしたところ、が拾ったことにより代名詞となり現在は「1番ダメ構文」などと呼ばれ神田笑一黛灰等によくいじられる。
一ノ瀬うるは(いちのせ -)
YouTubeTwitter
Lupinus Virtual Games所属。通称「一ノ瀬」「のせさん」など。
自称、「重度の人見知り内弁慶VTuber」「会話が下手です。世界的に養われたい、ポタクを率いるポタクです。」
にじさんじ内では瀬戸美夜子ラトナ・プティと交友がある。PUBGやApex LegendsなどFPSゲームでのコラボが多い。お互いに煽り煽られの関係になりがち。
伊東ライフ(いとう -)
YouTube,Twitter
言わずと知れたイラストレーター兼エロ漫画家。
男性。愛園愛美のママ。
娘がデビューする前からVtuberに関心を持っていたが、娘がデビューしてからは一層その強まりを見せ、現在では自身をバ美肉しVtuberとして活動している。
初期はボイチェンを使っていたが、現在は地声で配信している。
娘の配信には必ずと言っていいほど顔を出し、度々親子でコラボしたりTwitterで絡んだりする等、親子仲はとても良い。娘がコラボ配信を行うと、相手に500円のスパチャを投げていく光景がよく見られる。
娘と、その同期の三枝明那のコンビである『紅ズワイガニ』のファン。男らしくない三枝に痺れを切らしつつも、2人を壁になりながら応援している。
因幡はねる(いなば -)
YouTube, Twitter
「有閑喫茶あにまーれ」の店長。通称「ねるちゃん」「組長」。
その可愛らしい見た目とは裏腹に「陰の者」を自称、こじらせた言動や、ファンのTwitterやYoutubeなどでの言動の監視、本人直筆の「因幡組」の文字のフリー配布などが話題を呼び、あにまーれデビュー当初からまとめ動画が相当数上がっていた。基本的に配信は雑談メインではあるが、GTAVやDbDなどのプレイ実況も行う。「ぼっち」を自称しているだけあってコラボ配信は少なめであったが、最近は「Vtuber学力テスト Vakatuberは誰だ!」の主催やDbDコラボなどでかなり交流が増えてきている。
にじさんじでは、樋口楓シスター・クレアと企画で共演した他、DbDでの雪汝鷹宮リオン夕陽リリとのコラボなどが挙げられる。緑仙とはこじらせ、毒舌繋がりか、進行役として大規模コラボで共演することも多い。
稲荷くろむ(いなり -)
「有閑喫茶あにまーれ」の元メンバー。通称「おいなり」「ポンコツたぬき(狐なのに…)」など。
ゲーム配信メインに活動しており、ホラゲー、FPSを好んでプレイしていた。負けず嫌い且つ短気であり、ゲーム時はリスナーや他プレイヤーへの歯に衣着せぬ暴言や舌打ちなど、外見からは想像できぬ凶獣っぷりを顕にしていた。にじさんじではとくに渋谷ハジメやゲーマーズとのコラボ頻度が高かった。
2018年12月29日、一身上の都合によりVtuberを引退。
犬山たまき(いぬやま -)
YouTube, Twitter
女性漫画家である佃煮のりおの、男の娘なマスコットキャラクター。2018年9月29日にENTUM協力の元、バーチャルYouTuberとしてデビューした。
自身の配信で扱うネタがネットリテラシー的にアウトなもの中心(内容が内容だけに詳細を調べる際は自己責任で)という、アナーキーさはVtuber界隈でもトップクラスの危険人物。
一応、コラボで絡む際は、アウトラインを事前に聞いて参加者の水準に合わせてのはっちゃけ具合になるため、ある程度は安心していい。
アナーキーさが企業グループの中では強めのあにまーれ、ホロライブと絡むことが多く、そちらの企画ににじさんじメンバーが参加する形でのコラボが多かったが、二人コラボも2019年中旬から増加した。
歌衣メイカ(うたい -)
YouTube, Twitter
個人勢のバーチャルコスプレイヤー。upd8の一員。
Twitterに様々なVtuberのコスプレイラストを描いていたり、YouTubeやニコニコ動画のチャンネルでゲーム実況を主に行っている。
勢いの良いゲラ笑いが特徴。また、動画や配信内で実の弟と母親が参戦しするようになったためニコニコ動画に「母とコラボするヤベーやつ」の鍵タグをつけていたり、リア友に身バレしたので逆にVtuberにしてしまおうとしたりと、個人勢の中でも別ベクトルで異彩を放っている。元々姿自体は女性だが、2019年になって男の姿に性転換できるようになった。2018年にはキズナアイ主催のマリオカートキズナアイ杯で優勝、Vtuberメンバーを集めたV紅白歌合戦を開催する等の実績を残している。
にじさんじのメンバーでは葛葉のゲーマーズ男性陣とのコラボが多い。特に葛葉とは個人勢時代の頃からの仲で、兄貴分と弟分のような関係である。また、ひなPこと飛鳥ひなからボイスを監修されたこともある。ベルモンド教信者でもある。
大神ミオ(おおかみ -)
YouTube, Twitter
ホロライブゲーマーズ一期生のオオカミ系Vtuber。ゲーム配信はもちろん、占いという珍しいジャンルの配信も行っている。しっかりもので非常に貴重なホロライブの常識人かつツッコミ役。時折見せるキレ芸気味なツッコミやホロライブ幼稚園、グータンイヌーボなどの主催した企画で変なテーマをぶっこむなど芸人としても侮れない面も持つ。
にじさんじでは、FAMSとしての競演の他、そのホロライブ幼稚園にシスター・クレアを、グータンイヌーボで黒井しば戌亥とこをそれぞれ招いている。
大空スバル(おおぞら -)
YouTube, Twitter
ホロライブ二期生。総合格闘技部とe-sports部のマネージャーを務める体育会系Vtuber。ホロライブの中でもかなり破天荒な人物であり、「家が火事で焼けてクソ貧乏になったのでバイト感覚でオーディションを受けた」等々のぶっ飛んだ背景(とそれを軽く話すメンタル)もさることながら、デビュー早々、特に理由があった訳でもなくフォローした同じくスポーツ観戦を趣味とする舞元啓介が偶然目に入り挑戦状を叩きつけた。
その後、ペヤング激辛MAX ENDの早食い対決と謝罪会見と舞元コピペとかいう怪文書の朗読を経て仲良くなり、以降は黒井しばやテトラなどの他ライバーも交えて一緒にMinecraftで遊んだりと交流を深めている。舞元のことは「おじおじ」と呼ぶ。
リアクションがいいことなどもあって、かなりの弄られポジであることも舞元との共通点。ただし、ライバー達から散々な扱いを受けることが多い舞元に対し、彼女は主にホロライブ運営に弄られたり、自身のやべー企画に振り回されることが多い。そのためかは不明だが、本人は本人で、所属会社のCEO「谷郷元昭」をキャラクター、もしくはコラ素材とする「YAGOO」(なお本人は「たにごう」なので注意)を配信でイジリ倒しており、にじさんじとのコラボ時にも遠慮なく使用、更に他社対決の大型コラボの際には公認で「YAGOOとのコラボ権」が優勝賞品だった。
舞元は彼女を「クレイジー」と評しながらも大事にしており、しぐれういママやスバルのリアル両親からもそのことを感謝されている。
お嬢様
もしかして:白鳥天羽鷹宮リオン
おだのぶ
YouTube, Twitter
どう見ても織田信長まんまにしか見えないVtuber。間違われがちだがupd8所属でもないし、ピンクの髪の毛の戦国武将でもない。基本的に狂人だが、時々スっと冷静になったり、曲者揃いのキス部を纏め上げている辺りまだまともな存在なのかもしれない。主な配信内容もとち狂っており、歯磨きラジオと呼ばれるラジオで歯磨きを行う(しかもゲストも呼んで一緒に歯磨きをする)という、マニアックすぎる需要に応えている配信などが豊富。
キス部メンバー以外のにじさんじメンバーでは、マリオカート仲間である成瀬鳴との仲が比較的よい。
おだのぶキス部
Twitter, 公式サイト
おだのぶによって行われる、「耳へのテロ」と形容されるキスに耐えうる者のみが入部を許可される部活。アウトローなVtuberがゴロゴロしまくっている人外魔境と化していたりいなかったり。完全な悪ふざけで始まったコミュニティだが、何故か界隈全体に広い知名度を誇り、企業勢個人勢を問わずメンバー参加者がいる。にじさんじメンバーからはが特待生、舞元啓介が2期生として参加している。

か行 Edit

神楽めあ(かぐら -)
YouTube, Twitter
個人VTuberグループ「ぱりぷろ」に所属していたバーチャルYouTuber。ぱりぷろ解散と共に個人勢になった。フリーダムな振る舞いが売りの一つで、特に中国での人気が凄まじい。卯月コウの元カノであり、カップルコラボと称した動画や配信がいくつかある。ゲームメインの配信では主に渋谷ハジメとの交流が多い。また、宇志海いちごとのゲームメインのコラボも多い。物述有栖のファンで、グッズを集めたり配信で愛を叫んだりしており、2019年7月末にはコラボ配信を行った。
恐ろしく下ネタ癖が酷く、立ち絵でアレな動きをした結果ママにギブスで腕を固定されたことがある。後ににじさんじ内でデビューしたの初ツイートは多分これが元ネタ。
最近では舞元啓介にガチ恋しているが、当の舞元には地雷女属性を見抜かれ避けられている。
風見涼(かざみ りょう)
YouTube(ゲーム部プロジェクト共通), Twitter
ゲーム部プロジェクト所属の男性Vtuber。中性的で愛らしい風貌と声質が特徴の男子高校生。得意ゲームは『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズや『ぷよぷよ』シリーズ。
海夜叉神主催の『ジンジャの神様』では、同僚の道明寺晴翔と共に参加。樋口楓のモノマネを披露した。また、葛葉とは彼が個人勢だった頃からの友人であり、11月10日の誕生日配信ではビデオレターを送っている。12月に葛葉が行った、Vの者限定凸部屋での『スマブラSP』コソ練配信にて飛び入り参戦。先んじて登場した道明寺と肉迫した葛葉であったが、シリーズ熟練者の涼には全く歯が立たず瞬く間に3タテされてしまった。海夜叉神の『スマブラSP』V限定凸配信でも海夜叉と緊迫した対戦を繰り広げた。
花譜(かふ)
YouTube, Twitter
神椿レコード所属のバーチャルシンガー。現在15歳でありながら、天性の歌唱力と唯一無二の歌声で多くのリスナーを魅力する未完成の天才。にじさんじとはcount0やニコニコ超会議へ共に出演した他、花譜自信がTwitterで樋口楓鈴鹿詩子のライブの感想を呟いている等の交流があった。また、尊敬するVシンガーとして久遠千歳の名前をあげている。この縁からか、花譜1stワンマンライブ「不可解」では樋口楓が応援メッセージを送った他、なぜか笹木咲も応援メッセージを送り、彼女の「笹木は嫌われている」も会場で流れた*1
キズナアイ
YouTube, Twitter
インテリジェントなスーパーAIの美少女バーチャルYouTuber。VTuber界の始祖でありレジェンド。愛称は「アイちゃん」「親分」。にじさんじメンバーの中にも憧れている者や、ファンがいる。
物述有栖はモノマネされたことがある他、メンバー内でも特に目を掛けられている。2018年5月24日、Vtuberのみで行われるマリオカートの大会『キズナアイ杯』の開催を発表,剣持刀也,物述有栖が参加。全メンバーが予選敗退してしまったが、キズナアイは全レース出走だったため参加メンバーは全員コラボしたことになった。なお剣持刀也は途中で虚空に落ちてしまいやむなくCPUに後を託していった。そしてキズナアイ本人はCPUに負けた。2019年6月21日、物述有栖とのコラボ動画を公開。
楠栞桜(くすのき しお)
YouTube,Twitter
麻雀とFPSが好きな個人勢vtuber。人呼んで「悲しき麻雀マシーン」。(なお命名は天開司) 打つだけでなく解説実況もそつなくこなせる。
特筆すべきはそのマルチタスク能力で、麻雀配信ではコメントを拾って雑談しつつスパムに対処しエゴサをしながら麻雀を打つ彼女を見ることができる。話しながら麻雀でも結果を残すのは難しいらしく、同業者や麻雀プロからの評価も高い。なんなら麻雀を打ちながら麻雀を打てる。わけがわからないよ。楠栞桜一人で4役こなし卓を囲む麻雀大会を企画し、初絡みの郡道美玲には「気が狂っている」と評された
ルイス・キャミー舞元啓介と卓を囲んだり、郡道美玲天宮こころのコメント欄に出没したりしている。また奈羅花はデビュー時期が近く当初からラブコールを送っており、「楠栞桜がコメントに現れる前にスパナをつけている」ほど。当の楠からは素気無く扱われている。奈羅花の奈の字を忘れてしまい発狂させた。YouTubeの不具合を調べていたら天宮こころと郡道美玲のメンバーに登録していたなお奈羅花
ケリン/ヤミクモケリン
YouTube, Twitter
ミサイル大好きな例のアレ系ダークエルフVtuber。元うごメモ勢としての経験を活かし、起承転結を1分程度に収めた2Dアニメーションを制作している。かつては色々と危ないVtuber集団「BANs」の一員であったが、よりよい動画作りに専念するため2018年7月29日を境にBANsから卒業。そして自身の誕生日2018年10月12日の生放送で、まさかのupd8参加を発表した。後に師匠の魂を公募し、プロデュースしている。2019年10月13日に3D化も達成した。*2
誰もが認めるエルフのえるガチ推し勢筆頭。扱うネタが危なすぎることを除けば割と常識人であり、彼のTwitterアカウントはにじさんじメンバー以外にもゲーム部プロジェクトの面々、.LIVEのアイドル部員達、果てはいわながCOOにまでフォローされていたりする。あれ? ただのリア充なのでは……?
以前はかえる配信等でスーパーチャット芸を披露する姿が見られたが、現在は迷惑をかけたくないという考えによりROMに徹することにしており、なるべく話題も出さないでほしいとのこと。
因みに、にじさんじのもう一人のエルフについては「親戚のおじさんに似ている」とのこと。
小町ノノ (こまち -)
YouTube, Twitter
かつて御伽りざれくしょん(おとりざ)に所属していた、小野小町をモデルしたVTuber。活動初期から月ノ美兎に声や喋り方が似ていると一部で話題になっており、本人も幼少期にクローバーを食べていたというエピソードを持つことから、月ノ美兎の血縁説が出ていた。本人自身はただの限界オタクであり、月ノ美兎や樋口楓のファン。Twitterや楓と美兎の実況配信でその様子が伺える。また、KANADEROの一般抽選でチケットを勝ち取り身バレ覚悟でライブに参戦している。
2019年2月28日、運営との方針の違いなどを理由に卒業。

さ行 Edit

西園寺メアリ(さいおんじ -)
YouTube, Twitter
HoneyStrap所属の悪魔系Vtuber。大人のお姉さんの雰囲気を漂わせた風貌をしており、メンバーでも落ち着きがあり、料理配信も行うなど家庭的で、同グループの周防パトラにも「お姉さま」となつかれている。…が、酒や元カレとの失敗談や、ドンキーシリーズをやっていたことからゴリラのイメージが付くなど、残念な部分も少々ある。そのドンキーを始め、高難易度のゲームをやり抜くなど根気強さもある。
外部コラボが少なめのハニストにおいて比較的外部コラボが多く、「スナックメアリ」ラジオ企画に多くのにじさんじメンバーを招いている。
他にも因幡はねるの企画で「ダメ男になれる」ことを自分の売りとして話題に出した際に、メンヘラ博士とも呼ばれる御伽原江良に、ダメ男を作る過程や対処の予想をかなり鋭く語られ大ダメージを受けていた。
しぐれうい
YouTube, Twitter
VTuber界隈では「大空スバル」のママとして知られる、人気イラストレーター。WIXOSSなどでは、にじさんじ側の公式イラストを手掛けている。本職がイラストレーターであるにも関わらず、他のVTuberにひけをとらない美声と圧倒的な清楚さをもつ、ホロライブの真の清楚担当。
ホロライブとにじさんじとの交流が多いことからにじさんじの面々ともコラボ経験があり、娘の友人である舞元啓介の他、シスター・クレア夕陽リリとコラボしている。特にシスター・クレアとはオフでお酒を飲みに行くほどの仲になった模様。舞スバ+しぐれういの三人で「大空家」コラボも何度かしているが、割とブレーキを踏まないため、他二人が困惑する場面も。
地獄企画にスバルが音を上げたため舞元とサシでコラボした際は「大空家保護者会」というコンビ名となる。
後に思い付きでロリ配信をして自爆してしまった際に、ロリコンを公言する剣持刀也にその才能を見出され、黒歴史として(ロリ配信を)無かったことにしようとする彼女を引き留めようと圧力を加えられる事態に。最終的にテトリス勝負で決めることとなり、その画力をもって本気で描いた刀子(剣持刀也の女体化)イラストを用意して、自分が勝利した際は刀子配信をさせ、負けたらロリ配信をするというお互いのキャラ崩壊を賭けた死闘(?)を繰り広げた。
獅子神レオナ(ししがみ -)
Youtube, Twitter
Re:AcT音楽部門所属の、歌を世界に届ける活動を中心にするVtuber。歌ってみたの投稿が多いがゲームのライブ配信もしており、コラボ配信などにも積極的。
Apex Legendsで葛葉黛灰、Over watchで神田笑一、Project Winterで童田明治、Dead by Daylightでは鷹宮リオン郡道美玲葉山舞鈴の3人とコラボしたことがある。にじさんじメンバーも出場したPUBGの最協決定戦にも出場経験がある。また、童田明治とはIMAGINATION vol.2で『小さな恋のうた』のデュエットも披露した。特に黛灰と親交が深く、彼の配信にコメントしたり、配信外でApex Legendをプレイし、チャンピオンをとったりしている。
渋谷ハル(しぶや -)
YouTube, Twitter
PUBGが大好きなコンビニバイトVtuber。あまりにもPUBGが好きすぎて、個人勢でありながらVtuberのPUBG大会を企画してしまう程。
この大会には解説として、ゲスト選手として静凛渋谷ハジメがにじさんじから参加した。その後、スクワッドでの大会に葛葉赤羽葉子本間ひまわりの4人がチームを組んで出場し、話題を呼んだ。この4人が「シリンソウ」と名乗る前に、多くのファンの間で呼ばれていた「最協組」という呼称は大会がきっかけのものである。また、大会前から渋谷ハジメとはちょくちょくコラボを行い、渋谷ブラザーズという兄弟コンビを組んでいる。他にも、海夜叉神花畑チャイカらとPUBGコラボを行っている。
2019年5月31日にプロジェクト一周年を迎えたupd8に加入。
島村シャルロット (しまむら -)
YouTube, Twitter
HoneyStrap所属の悪魔系Vtuberの1人。呼び名はシャル。メンバーで最も悪魔であることを強調しているが、周りからは度々天使と呼ばれている。自称ツッコミ担当だが、毎度天然ボケを炸裂させる。島村建設と称してマインクラフトの配信を高頻度で行っており、ハニスト用のマイクラサーバーを通じてメンバー内にマイクラを広めた。人見知りが激しく、Twitterのフォローだけでも非常に緊張して慎重にフォローし、外部のVtuberは苗字にさん付けと非常に丁寧。
にじさんじのメンバーの中で静凛を尊敬しており、前々からコラボしてみたいと言っていた。そして2019/04/29、初の外部コラボという形でついにその念願が叶った。他にもマイクラ繋がりかドーラとも交流を持つようになっている。
囚人組(しゅうじんぐみ )
発案の下結成された男性Vtuberグループ。
メンバーは8名(渋谷ハジメ葛葉天開司あっくん大魔王ふぇありすピーナッツくんふくやマスター)。グループ名はPUBGコラボにて、エランゲルMAPにあるPrison(刑務所)から脱出する、というロールプレイをきっかけとし、その時のコラボメンバーに加え、叶を中心に交流のあるメンバーが集められグループを立ち上げる流れとなった。ゲーム配信をメインに遠慮のない煽り合いや下ネタ、男子校的な馬鹿騒ぎノリが特徴的。
OPENREC公式番組囚人組ゲーム倶楽部でも活動。
白上フブキ(しらかみ -)
YouTube, Twitter
ホロライブ一期生兼ゲーマーズ所属のケモミミきーつねVtuber。狐であることをアピールはしているが、耳が猫耳に見えないことも無く、「あにゃー!」という悲鳴を上げるなどの言動も有り、よくネコではないかと疑われている。またオタク系の趣味趣向を持ち、ガチャ爆死が持ち芸と運営にもいじられている。ゲーマーズ枠が無いころからホロライブ内でも特にゲームが上手く、Minecraftのエンダードラゴン撃破RTAに何度も興じる実力者。
にじさんじとは、twitterでの交流の他、自己紹介配信で自分の近所にエルフの森があることに触れており、月ノ美兎発祥のミームと化した「おるやんけ」を自身をモチーフに含んだマスコットキャラクターの名前にしている。実際のコラボでは、多人数コラボの際に同席することが多く、派手ではないが堅実に場を進めるタイプ。レンチ主催の「探検!仮想マイクラ部」コラボでの異次元の作業効率を見せた他、海夜叉神主催の「ジンジャの神様」では、同じホロライブ所属の「夏色まつり」とペアを組み見事優勝した。他にも舞元啓介と大空スバルのツーショットの絵を描き、用途も含めてコラボの際に話題となった。夏色まつり主催の、郡道美玲黛灰健屋花那が参加したワードウルフでは司会進行を務め、まつりの推しである黛に限界化している彼女を励ましつつもツッコミを入れるなど相方のフォローを織り交ぜながらスムーズに場を進めた。
白鳥天羽(しらとり あまは)
YouTube, Twitter
バーチャル百合お嬢様白鳥天羽。にじさんじのLiveに頻繁に現れる。特に月ノ美兎の事をみとみと様と呼んで慕っている。にじさんじ勢とのTwitterでの絡みも多い。配信が百合展開になると悶絶する。樋口楓から実質にじさんじ認定された。
白百合リリィ(しらゆり -)
YouTube, Twitter
ViViD所属のVtuber。リスナーをムチで叩いて調教する自称純粋ピュアピュア天使。
渋谷ハジメとは、彼の実施した『PUBG』突発コラボにて邂逅し、その強烈なキャラクター性や「ナイス調教」などの迷言の数々でリスナー(およびハジメ)に強いインパクトを刻み込み、以降もよくコラボするようになる。ハジメのことは「ハジメ様」と呼び、様々なメンドクサイ絡みモーションをかけるが当人からはそっけない態度を取られるという、漫才のような会話が展開されている。
また、マイクラを通じて出会った夢追翔と「白厨夢」というコラボ名で活動しており、夢追から時々にじみ出るサイコの被害に遭ったり逆に炎上を目論んだりしている。その結果夢追の相方枠を狙っていると黒井しばとの三角関係に発展した。が、最終的にはしばと絆が芽生え「袖無しブラックリリィ」として二人で夢追にダル絡みをしている。以後は夢追・しば・白百合の三人で「ドキドキトゥンクモフモフキャインキャイン」略して「DTMK」を行っている。*3
PUBGやApex Legendsを通じて瀬戸美夜子神田笑一黛灰ともコラボを行っているが、そちらでも相変わらずの模様。
独特の癖を含んだふわふわした関西弁口調が非常に可愛らしい。
すーぱーそに子
YouTube, Twitter
アダルトゲームも発売しているゲームメーカー「ニトロプラス」発祥のキャラクター。ガールズバンド「第一宇宙速度」のボーカル&ギタリストで、通称「そに子」。豊満な体つきも活かした売り出し方針に加え、メーカーもメーカーということもありアダルトゲームキャラかと思われることもあるが、ちょっぴりエチチ程度で、絶対に公式でアダルト専用商品は出さないという厳格なライン引きがされている。2006年初登場と歴史があり、当時の出演方法や映像などを見ると、実はキズナアイちゃんよりもずっと先に出現したバーチャルキャラクターと言っても差し支えない。また、楽曲はもちろん、漫画化、アニメ化、ゲーム化済で、2018年にとうとうVtuber事業にも参入、無敵っぷりは健在と言える。
にじさんじとは、REALITYにて月ノ美兎物述有栖とコラボしており、やはり体つきについていじられていた。
周防パトラ(すおう -)
YouTube, Twitter
HoneyStrap所属の悪魔系Vtuber。セクシーな衣装のロリ女王…だったはずが、男性オタク寄りの思考とドジっ子気質が合わさりあだ名が「パトおじ」になる、トラブルが起きることを「パトる」と言われる、「カニプ」なる賛否両論の激しい創作料理が好みなど、早々にキャラが崩壊し現在ではハニストの芸人枠筆頭。
配信頻度が非常に高く、ASMRに命を懸け、作詞作曲もこなすクリエイターでもあり、彼女の曲を歌ったライバーもいる。Minecraftの建築技術、センスも非常に高度で、グループ専用ワールドの他、Vtuber女子専用の「ぶいちゅっばワールド」も開設し、そちらに招く形でコラボをしたライバーを驚かせている。他にもラジオ、dbdなどでコラボを行っており、特に竜胆尊はお互いのファン同士というなかなか特殊な関係。また物述有栖のグッズも購入済でチャンネルのメンバーシップにも登録しており、配信に現れた時はスパナ付きメンバーという珍しいものを拝むことができる。異性と絡むことを好まず、別所属だが運営元の同じ杏戸ゆげとのコラボの際コメント欄に現れたに牽制していた。なおでびでび・でびるはセーフの模様。
杉ノ美兎(すぎの みと)
YouTube, Twitter
月ノ美兎の偽物。本人曰くバーチャルダイバー。2018年5月19日cluster.にて開催された「月ノ美兎のVR教室生放送」に登場。手作り感あふれるアバターで注目され、障害物競走では本人を差し置いて1位になったことなどから一気に認知度が上昇した。
「パチものであることが明白」「月ノ美兎の活動を阻害していない」「当人は一ファンとしてわきまえた言動をしている」等の点からいわなが氏からは存在を是認されており、後日月ノ美兎からも「あれでツイートが割と面白いのがムカつく」と笑いのネタにされた。偽物でありながら月ノ美兎とツイッターで相互フォローを果たしている。さらにいわなが氏のゲーム配信ではたびたび登場するなど、よい遊び仲間と化している。卯月コウは尊敬するバーチャルYouTuberの一人として挙げている。
現在活動休止中とのこと。
堰代ミコ(せきしろ -)
YouTube, Twitter
HoneyStrap所属の悪魔系Vtuber。メンバーの中でも低身長でしゃべり方も若干たどたどしい、ボクっ子な末っ子枠。…だけでは終わらず、非常にフリーダムな言動が多く、画伯でもあり相当の演技派であるなど、独特の世界観を持っている。眼帯は封印でもあるとかないとか。
にじさんじメンバーとは周防パトラと共にでびでび・でびると、REALITYの企画で物述有栖とコラボしている。「建築王」のMinecraft空間内では自身がファンと公言していた宇志海いちごと邂逅。ボートデートを楽しむ姿も見られた。また出雲霞・ホロライブの星街すいせいとともに歌動画でのコラボも行なっている。
瀬戸あさひ(せと - )
YouTube, Twitter
2018年1月デビューの男子大学院生Vtuber。ラップとトークの上手さ、そして残念なエピソードに定評がある。通称「クソメガネ」。
渋谷ハジメとは「メガネ男子」「パーカー」「大学生」…と設定がダダかぶりしており、ぽんぽこが企画した「にじさんじ模擬面接」に出演していたことなどもあり、リスナーからは「ハジメ=あさひの上位互換」「交通費が出るメガネ(ハジメ)と出ないメガネ(あさひ)」など何かと比較されたりしていた。「鎖骨出しやがって!」
後にこれが縁となっ……たのかは謎だが、ハジメや渋谷ハル、あっくん大魔王らと様々なゲームでコラボを行っている。また、ぽんぽこ24リターンズでは卯月コウと共に名取さなとコラボし、即興でコントを行った。
2019年1月28日に、奇しくも同じ姓(+メガネキャラ)の瀬戸美夜子がにじさんじからデビュー。早速Twitterでネタにするも即座にいわながCOOから反撃を受ける。以降、「にじさんじじゃない方の瀬戸」という新たな諢名が生まれた。その後はちょくちょくtwitterで兄妹としてやり取りをしている。
蒼月エリ(そうげつ -)
元HoneyStrap所属の悪魔系Vtuber。「ハニストの歌姫」と称され、ギターの弾き語り配信を主に行なっていた。それ以外にも「具理山」「ファビュラス先生」などの別キャラクターになりきっての配信など、バラエティ方面の配信も多かった。
同じHoneyStrap所属の周防パトラが作詞作曲を手掛けたオリジナル曲「蒼い蝶」を森中花咲がDMで周防パトラから許可と音源を貰い7万人記念配信で歌っていた。2019年5月、一身の都合により引退。

た行 Edit

高生紳士(たかお しんじ)
YouTube,Twitter
VEEMミュージック所属のVtuberグループ「ピースアパート」のメンバーの一人。TRPG配信を行うことが多いが、歌ってみた動画や実況動画、MMD動画等の投稿もしており活動は多岐にわたる。宇志海いちご鷹宮リオン家長むぎモイラでびでび・でびるといったライバー達と共にクトゥルフ神話TRPGやマーダーミステリーの配信を行っている他、卯月コウの参加したVディテクトのGMも務めている。
竹花ノート(たけはな -)
YouTube, Twitter
静凛家長むぎ雪城眞尋のママにして、バ美肉お兄さん。通称「ノートママ」。
友人に誘われて、恋声というソフトを使ってバ美肉で配信を行っていたのだが、ある日、恋声無しで配信を行ってみたら普通に喉から美少女ボイスが出た、という天性のママ。以降は地声で配信を行っている。
娘である家長むぎとのコラボ配信やみとらじに出演した際には、「ノートパパ」も登場した。
田中ヒメ(たなか -)
YouTube, Twitter
2018年3月に活動を開始したバーチャルYouTuber。「汎用ゲラ型ハレンチ娘」(公式サイトの紹介文より)。月ノ美兎と交流を持っている。2018年4月29日、『ニコニコ超会議2018超バーチャルYouTu"BAR"』にて出番が前後していたため壁越しにエールを送りあったのが最初の縁で、『RAGE 2018 Summer』にて共演した際にはトラブルによって生じた待機時間を咄哉に2人のトークでつなぐ場面も。また田中の活動1周年配信ではゲスト出演した月ノ美兎が司会的な役割を務めた。さらに樋口楓・鈴木ヒナ(田中の相棒)を交えた4人でリアル脱出ゲームに参加するなどプライベートでも親しいようだ。ちなみに運営側の田中工務店や初期からの一部リスナーを除いて「ヒメちゃん」と呼ばれるのが主だが、月ノ美兎は「田中」と呼んでいる。
ディープブリザード
YouTube, Twitter
バーチャルYouTuber『最果ての魔王ディープブリザード』として活動している。とても絵が上手く、お絵描きの技術入門動画を上げている。にじさんじの配信によく遊びに来たり、ファンアートをTwitterに上げたりしている。渋谷ハジメは「ふかゆき魔王様」と呼ぶ。魔王見習いメルティメープルとは、コラボ動画を上げている。
テトラ
YouTube, Twitter
個人勢のバーチャルYouTuber。元気な声の人間界で修行中の天使。製作に雪汝が関わっており、にじさんじメンバーとは何度もコラボしている。
彼女、黒井しば舞元啓介、大空スバルの混成コラボグループ「てばもと大」でも活躍中。
天開司(てんかい つかさ)
YouTube, Twitter
BANs所属のバーチャル債務者YouTuber。某カイジリスペクトの風貌を持つ。司会役、債務者らしからぬ面倒見の良さ、長時間耐久配信等に定評がある。にじさんじのライバーをはじめ多くのライバーやバーチャルYouTuberと交友が深く、大規模コラボ(にじBANs・ピカブイエキシビジョンマッチなど)を企画したり「囚人組」としてコラボしたりしている。囚人組としての罪状は「ラムネ単純所持及び使用罪」。
椎名唯華とは、リスナーが勝手に彼の挨拶である「おはクズ」を使用したことからお互いを認識し始め、そのままtwitterや配信でからかいあう仲となり、コラボも行った。椎名からは、そのキャラクター性がまんますぎることから「てんかいじ」と渾名され、後に復帰した笹木咲からも同様に呼称されている。*4
2019/05/10付でにじさんじネットワークに加入。同年12/31付で脱退。
電脳少女シロ(でんのうしょうじょ -)
YouTube, Twitter
.LIVE所属の清楚なAIVtuber。いわゆる四天王の1人。2017年6月末から、毎日動画投稿を続けていた伝説的存在。活動歴の長さや独特な語録などから、基本事項の説明ですら長くなってしまうので、詳しくはこちらを参照してほしい。
月ノ美兎が最も好きなVtuberの1人にして、バーチャルライバーとしてデビューするきっかけとなった存在。RAGEでのコラボやニコニコの公式放送での共演などで対面を果たした。他にも月ノ美兎の「百物語配信」では.LIVEメンバーと共に動画を送った一方で、シロの活動1周年記念の動画では月ノ美兎がメッセージを寄せている。他にもバーチャル大晦日で剣持刀也が、平成最後のバーチャル新年会でえる静凛樋口楓が対面でコラボを行った。
道明寺晴翔(どうみょうじ はると)
YouTube(ゲーム部プロジェクト共通), Twitter
ゲーム部プロジェクト所属のVtuber。ゲーム部動画の動画編集を担当している。主にプレイするゲームは「スプラトゥーン2」と「マリオカート8DX」。中二病でややナルシスト傾向がある、いわゆる残念なイケメン。
初めてにじさんじと関わったきっかけはえるが配信内で最近注目しているVtuberで道明寺を挙げてから。(その際にケリンに目を付けられるも現在は友好的?な関係)
にじさんじではゲーマーズ出身メンバーとゲーム対戦する機会が多く、とはキズナアイ杯予選(マリカー8DX)、笹木咲とは両者のコラボ企画で2回(スプラ2、マリカー8DX)葛葉とは彼の「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」の野良試合中に飛び入り参戦し、いずれも勝利を収めている。
と接戦を繰り広げたキズナアイ杯予選の際にに対し「永遠の宿敵」と称している。因みにキズナアイ杯予選で負けたら「はるちゃん」と呼んでもいいとのことだったが勝ったにも関わらず「はるちゃん」と呼ばれている。他にも共通の友人であるケリンのツイートのリプで会話を続けるなどコラボはしたことが無いものの仲のいい様子。
笹木咲とは、同じくスプラシリーズを愛好し、尚且お互い「ウデマエX」の実力者ということもあり、同ゲームでは接戦を繰り広げたことから「永遠のライバル」としている。因みに笹木からは「おはるとくん」「はっくん(パックンフラワーの言い間違いがキッカケ)」などと呼ばれている。
剣持刀也とはバーチャル大晦日で同じ場に参加したりしゃぷらじにゲストとしてお呼ばれした他、オフでもカラオケに行くなど高校生同士仲良くしている模様。
門叶困(とかない こまる)
YouTube, Twitter
にじさんじ非公式ライバルを名乗るバーチャルYouTuber。元々はおにぎりのアイコンで活動していたが、後に悪魔っぽい姿に変身した。モイラ様のファンであり、その愛の籠ったつぶやきを本人に捕捉された。(ライバルとは一体……?)ちなみにこの時の彼は、活動最初期だったことも補足しておこう。
その後、の活動開始時に名前を起因としてコラボを行ったり、念願叶ってモイラ様とコラボ配信を行ったりしている。普通に仲良しなんだよなぁ……。
ときのそら
YouTube, Twitter
カバー株式会社のVtuber事業・ホロライブに所属するバーチャルYouTuber。19歳*5。当初はYouTube以外のプラットフォームで活動をしていた・ライブ配信を重視する・本来は(ライブ配信サービス「ホロライブ」の)宣伝用キャラクターであった、というような共通点を持ちながらも、健気で初々しく清純である点が対照的なため、同じJKである月ノ美兎は視聴者から活動初期に既に高名であった彼女を引き合いに出されて「ときのそらの対義語」と呼ばれ、同じ「母性のある歌のお姉さん」である鈴鹿詩子は「ときのそらの同音異義語」「ときのそらオルタ」と呼ばれた。
2018年6月17日、ゲームイベント『RAGE 2018 Summer』にて月ノ美兎と対戦。また同28日、OPENREC.tvにて同じホロライブ所属のロボ子さん・静凛*6樋口楓とともにコラボ配信を行った。『RAGE 2018 Autumn』では月ノ美兎と再び共演。今回はタッグを組んで出場するも決勝には残れなかった。

な行 Edit

百鬼あやめ (なきり -)
YouTube, Twitter
ホロライブ二期生の魔界学校所属の和装鬼娘VTuber。いたずら好きで、よく鬼火を飛ばして他人をからかって遊んでいる。こう見えて実は生徒会長。1500年を生きる鬼神であり、一人称は『余』、リスナーたちは『人間様』と呼び、ちょっと古風な言葉遣いで話す。現世(うつしよ)に来たばかりなので慣れないことも多い。ホロライブ屈指のゲラで、特にコラボの際はかわいい笑い声が高頻度で聞ける。島を消すほどの火力も持つらしく、そちらをネタにイキることも。
にじさんじ内では、にじホロイケボ選手権にて「にじさんじレインボーダンディーズ」(夢追翔社築舞元啓介ベルモンド・バンデラス)とコラボを行った。その後、マスコッツ大戦やにじホロ雪山人狼など様々なコラボに参加している。戌亥とことは仲が良く、二人でMinecraftコラボなどをよくしている。
夏色まつり (なついろ -)
YouTube, Twitter
ホロライブ一期生のJKVTuber。ハイテンションなトークとゲラが持ち味。女の子が大好きで「一まつり多妻制」を掲げ、ホロライブの同期メンバーによく告白している。下ネタも好きで地獄配信もこなし、メンバーを巻き込んで虫を食べる企画も行ったやべー奴枠。
にじさんじメンバーとの関わりでは、海夜叉神主催の「ジンジャの神様」に同期の白上フブキと共に出演した。また、レンチ主催の「探検!仮想マイクラ部」内にて他のSEEDsメンバー(ドーラ花畑チャイカ社築)とも交流があり、特に社とはマイクラ配信以降も「27とJK」と称しコラボ配信をしている。社のことを「やしろん」と呼び、持ち前のテンションや社畜ネタいじり、突拍子もない発想等々で翻弄しており、社から「お前出禁な」と言われるのは最早日常茶飯事。
また、黛灰がデビューした当初からガチファンらしく、スーパーチャットをちょくちょく送ったり公式boothで販売された個人グッズを買い込んだりしている様子が目撃されている。9月28日の誕生日記念枠に向けてランプを送ったらしいが、公式のプレゼント規約(恐らく「電化製品」の項目)にギリギリ引っかかったらしく黛の手元には届かなかった。その後、2019年11月30日の配信でコラボし、無事(?)限界化した。
現在は星川サラに夢中になっており、口座を聞いてリアルスパチャを振り込もうとするなど、黛とは違った方向にぶっ飛んで限界化している。
かなりの美声の持ち主で、歌枠では普段のテンションとのギャップに昇天するリスナーも多い。
名取さな (なとり -)
YouTube, Twitter
個人勢のまな板ナース系VTuber。可愛らしい声とネットミームにどっぷり浸かったトークが特徴。イラストも描くことができ、自前で受肉したりVtuberのデザインを担当した。過去にギルザレンIII世のオーディションを受けていたが落選したというエピソードがある。にじさんじ内では卯月コウなどと交流があり、彼の代名詞である「いっぞ!」を使用したりしている。また、卯月コウもたびたび配信で名取さなの話題を出している。そして、ぽんぽこ24リターンズにおいて初めて共演した。でびでび・でびるとも共演したり、メッセージを贈ったりしている。また、エルフのえるを推しと公言していてメンバーシップにも加入している。
猫又おかゆ (ねこまた -)
Youtube, Twitter
ホロライブ内ユニット「ホロライブゲーマーズ」(二期生)に所属するバーチャルYouTuber。おにぎり屋さんを経営しているばあちゃんの一人娘(猫)。ボクっ娘で、塩むすび(海苔無し)とお茶漬けが好物。 さっぱりとした性格だが、マイペーストークや変わった悲鳴で視聴者やコラボ相手を翻弄することも。ばあちゃんの部屋のPCを使って、基本的に深夜にレトロゲームやまったりとしたゲーム中心に配信を行っている。
にじさんじとはボーイッシュコラボにて初コラボ。またママ(キャラクターデザイン担当)が同じ椎名唯華を姉として接しており、コラボも“神岡姉妹”(又は“神岡家”)として行われた。初回にはママ直筆の記念イラストも描かれた

は行 Edit

ばあちゃる
YouTube, Twitter
.LIVEに所属する世界初男性バーチャルYoutuber。馬のマスクを被っていることや、ハイハイハイハイといいながら両腕を振る動作、「ウビバ」という独特な叫び声などが特徴。2017年8月デビューの彼も、中々に基礎情報が多いため詳しくはこちらを参照してほしい。
Vtuber界の発展と共に、生配信での安定感などが評価されており、様々なVtuberのコラボイベントでMCを務めることが多い。そのため、月ノ美兎をはじめ、何人かのにじさんじメンバーとも共演している。
ハッカドール1号(- いちごう)
YouTube, Twitter(ハッカドール総合アカウント)
DeNAが提供するニュース配信アプリ『ハッカドール』のメインキャラクターの一人。2018年3月からは2号・3号揃ってVtuberとしても活動開始、翌2019年3月31日にYouTube上の活動を引退し、8月15日にはサービス自体も終了した。
社築は予てよりこのアプリを愛好しており、それこそ漫画・アニメ・グッズ販売など幅広くメディア展開する本作を網羅し、配信中にもかかわらず通知チェックを優先するほど。配信後、公式Twitterを介し1号本人からリプライを受け大興奮し、その作品愛を長文で語りに語った結果ドン引きされた。オオアオ…
しかし、その熱意が伝わったのか2019年2月13日にまさかのコラボ配信が実現し、無事死亡した。
バーチャルゴリラ
YouTube, Twitter
音楽レーベルであるVEEMミュージックの社長を務める、正真正銘の比喩でもなんでもないゴリラ。ゴリラでありながら、自らの力に驕ろうともしないなど妙に礼儀正しいことでも知られる。歌動画をメインに活動しており、その広音域かつ多彩ないい歌声に度肝を抜かれた視聴者も多い。
にじさんじライバーの中では、にじさんじ加入前から親しかった葛葉、共通の知人を持つ舞元啓介などと特に繋がりが深い。
バーチャルねこ
YouTube, Twitter
upd8所属のねこ系Vtuber。普段は「ねこ活動」と称して1分程度の動画製作や作曲配信をしている。音楽アーティスト「Virtual Cat」としても活動しており、iTunesでインストのアルバムをリリースしているほか、様々Vtuberとの楽曲コラボをしたりDJ・ライブイベントに参加したりしている。ねこなのに。
にじさんじライバーをイメージしたインスト曲を作ることも多く、雨森小夜と楽曲を製作したことがある。
音楽ゲームも好んでおり、Twitter上のやり取りで偶然趣味の合った社築とbeatmaniaIIDXに関するコラボ対談を二回配信した。
最近はMinecraftのupd8サーバーから配信することもあり、そこでも今まで製作されてきた数々の動画に連なる独特の世界観と語彙から、不思議な空間を生み出している。
柊椋(ひいらぎ りょう)/らぎちゃん
YouTube, Twitter
装丁、ロゴデザインなどを担当しているプロのデザイナー。通称「柊先生」。
そのプロの腕で自作したロゴをTwitterを通してバーチャルYouTuberに提供するほどのファンであり、にじさんじにも氏からロゴを提供され、各種ヘッダーとして活用しているライバーもいる。そのきっかけは物術有栖とのこと
しばらくして竹花ノートの用意した肉体によりバ美肉し、「らぎちゃん」として自身もバーチャルYouTuberとなり、安土桃ともコラボした。
ピーナッツくん
YouTube(原作含む), Twitter
「オシャレになりたい!ピーナッツくん」の登場キャラクター。イキリ豆とも。
元は自主製作のオリジナルアニメーションのキャラクターであったが、ブームに乗っかりVTuberの側面を取り入れた。「にじさんじに入りたい!」「裏でやってるんだろ?」などといった過激な発言もあるが、なんだかんだで愛されている。企業でもなければスポンサーがついている訳でもない、単なる1個人ではあるが、企業勢と肩を並べるほどの人脈と企画力を併せ持つため知名度は高い。
にじさんじ模擬面接でにじさんじメンバーからもTwitterで反応されたことで実質コラボ、にじさんじメンバーに物真似されるようになる。そしてとうとう2018年5月4日から5日にかけて行われた甲賀流忍者!ぽんぽこ(忍者系Vtuber。ピーナッツくんとは兄妹の関係)主催の24時間生配信にてコラボが実現。月ノ美兎樋口楓剣持刀也いわながCOOの4名とのコラボを果たした。さらに、2018年10月6日から7日にかけて行われた第二回目の24時間生配信では、前述のメンバーに加え鈴鹿詩子伏見ガクギルザレンIII世本間ひまわり緑仙とのコラボも果たしている。また、葛葉渋谷ハジメらの所属する「囚人組」のメンバーでもある。罪状は「原宿迷惑罪」。
また、2018年冬頃からはドワンゴ主催のイベントなどでMCを担当する機会も増えてきており、そうした場でのにじさんじメンバーとの交流も多く見られる。特に2019年のニコニコ超会議では、にじさんじメンバーが登場するステージでただ1人にじさんじ外としてMCを担当していた。
ちなみに、原宿で行われたピーナッツくんの誕生日イベントには、剣持刀也がビデオレターを送って母国語で間寛平の誕生日を祝った。(リンク先、音量注意)
また、剣持刀也とは2年連続でクリスマスオフコラボをしており、てぇてぇの嵐を巻き起こしている。
ぴろぱる
YouTube, Twitter
バーチャル書家のVtuber。元々は1ファンであったが、肉体を獲得してTwitterに動画を上げるなどの活動を始めた個人勢。バーチャル書家の名に違わずその字はとても達筆。にじさんじの4コマ漫画などでお馴染みの中音ナタ先生によるみかえるメインの同人誌、「東京大惨敗」シリーズの題字にはじまり、ジョー・力一町田ちまの歌ってみた動画で全歌詞を書き上げ、ついにはにじさんじ公式イベント「にじさんじ冬の陣2019-2020」の題字までも担当した。
また、歌も上手く、歌ってみた動画をいくつか投稿している。その歌声もさる事ながら、自らの手による勢いのある歌詞の筆遣いも目を引く。
にじさんじでは夢追翔黒井しばジョー・力一らSEEDsメンバーとの交流が深い。
ふぇありす
YouTube, Twitter
両声類淫乱アキクサインコ系バーチャルYouTuber。
元々ニコニコ生放送で活動していたが、クラウドファンディングを経て受肉し、Vtuberに転生。
自力で女声を発することができる「両声類」であり、これにより度々「ふぇありすショック」を引き起こす。She is he. また、非童貞非処女・元FXガチ勢・ネオニートというロックすぎる人生から来る強烈なトークや、高いゲームの腕前がウリ。私生活は非常にだらしない。
にじさんじとの関わりについてはとの親交が非常に深く、たびたび深夜に長時間のゲーム配信を行う「かなふぇあ」コンビはVtuberの中で一番コラボ時間が長い2人とも評されるほど。配信外でもやり取りは多く、オフでも何回か会っている。
その縁もあり、渋谷ハジメとも数回共演している。他にもにじBANsに参加したり、囚人組の1人でもある。罪状は「可愛いすぎ罪(自称)」。何気に本間ひまわりの初の外部コラボの相手の1人。
2019/05/10付でにじさんじネットワークに加入。同年12/31付で脱退。
ふくやマスター
YouTube, Twitter
upd8所属のバーチャルYouTuber。通称「マスター」。
元々ニコニコ生放送で活動していたが、リスナーからVtuberについて勧められるのと同時に肉体も貰って受肉。以降はVtuberとして活動している。どう聞いても福○雅治にしか聞こえないボイスやニコ生時代から培ってきたトーク力が特徴。某番組でマツコ・デラックスに会った際には、「悪質」と言われていたが……。
にじさんじとの関わりについては、渋谷ハジメとゲーム配信や雑談配信でコラボすることが多い。囚人組メンバーでもあり、罪状は「おさわり罪」。舞元啓介とは、自然発火する男の仲。
余談ではあるが、ふくやマスターの声は元となっている某人物公認である。
星街すいせい(ほしまち -)
YouTube, Twitter
ホロライブ所属のバーチャルアイドル。個人勢→S:gnal(Vtuberグループ)加入→脱退→イノナカミュージック加入→そちらがホロライブ内部グループに→そちらから正式にホロライブに移籍、と紆余曲折を経た激動のバーチャル人生を送っている。アイドルらしく歌はもちろん、イラスト(初期モデルは自前)にテトリスもサイコパスムーブも上手い。
歌唱力は、全編ライブで構成された3Dお披露目配信ではハッシュタグがトレンド世界一位に輝くほどで、またテトリスに関しても、コラボで「強い」と評判の相手にも圧勝することからVTuber界隈でも一二を争う程と言われている。雑談枠として取られるテトリス配信では、しばしばトップランカーにスナイプされ、非公式世界大会が開催されている。
あんスタをこよなく愛し、戌亥とこ成瀬鳴とあんスタトークを繰り広げたり、朔間凛月のためにガシャ配信をするほど。
2020年3月15日、あんスタ!!の新アプリがリリースされた記念に戌亥とことの初めての歌ってみた動画をTwitterに投稿した。
また出雲霞・HoneyStrapの堰代ミコとともに歌動画でのコラボも行なっている。ほかにもオバケイドロコラボで絡んだ星川サラに「星」つながりでシンパシーを感じていたが、オバケ側(捕まえる側)になった時には「星」を奪って「川」にしようとした。
ホロライブ
公式YouTubeチャンネル, Twitter
カバー株式会社によるVtuber向け配信アプリと、Vtuber事業のことを指す。
配信アプリとしてはギルザレンIII世がこちらを使用して配信したことがある。
Vtuber事業としては、ときのそらを筆頭に、1期生、2期生、ゲーマーズと、にじさんじと似たような形で所属Vtuberが存在するが、初期から3Dモデルであるためか、ときのそら、ロボ子さん、さくらみこは別枠扱いとなっている。他のメンバーの3D化や3D配信も積極的。2019年5月より内部音楽レーベル、イノナカミュージックも始動、AZKiや星街すいせいもホロライブの一員となった。また3期生はホロライブファンタジーということで、異世界系メンバーのみで構成されている。更に、2019年年末から2020年年始にかけて4期生がデビューした。2019年12月からのプロダクション化に伴い、ホロライブプロダクションの女性VTuberグループ部門を『ホロライブ』と呼称するように変更された。露出度の高い衣装を提供することが多く、癒月ちょこやさくらみこなどの一部の言動を野放しにしており、公式のツイートでこんなことを言い出すこともあるため、リスナーどころか所属Vtuber達からもエ〇ライブ扱いされることも… 運営が所属Vtuberをイジり倒す傾向もあり、ハサミギロチン事件の後のツイートや、大空スバルの3Dモデル別人配信など、かなりフリーダム。
所属Vtuberとにじさんじメンバーとは時折コラボしている。その際の舞元スバルにて、別企業所属の二人が同時に描かれたアクリルキーホルダーの販売検討も始め、後に両社同意のもとに業界でも異例の他社コラボグッズの公式販売が決定した。
ホロスターズ
公式YouTubeチャンネル, Twitter
カバー株式会社傘下のVtuber事務所『ホロライブプロダクション』における男性Vtuberグループ。
女性Vtuberグループ『ホロライブ』と同様に1期生、2期生が存在し、2020年4月末より初のユニットグループ『TriNero(トライネロ)』として3期生がデビューした。
『ホロライブ』と『ホロスターズ』のコラボについては、花畑チャイカとグウェルのママであるikuyoan先生キャラデザのマネージャー大道シノヴを経由して行われる。
所属Vtuberである2期生夕刻ロベルは渋谷ハジメと、1期生律可は2020年2月のバレンタインにおける歌ってみた動画にてベルモンド・バンデラスと、2020年5月のUNO配信にて黛灰とコラボした。

ま行 Edit

巻羊(まきひつじ)
YouTube, Twitter
通称「まきちゃん」。「グリムノーツ」などのゲームでイラストを担当しているイラストレーターにしてバ美肉おじさん。『世話焼きキツネの仙狐さん』を連載中のリムコロ(通称「リムちゃん」)と共にVtuber活動をしている。
「バ美肉」という単語を生み出した1人で、リムコロとともにバ美肉の走りとなった存在。
でびでび・でびる語部紡のママでもあり、でびでび・でびるとは特殊な形で親子コラボを行った。
万楽えね(まぐら -)
YouTube, Twitter
元淫乱系・現セクシー系Vtuberの万楽えねのこと。BANsメンバー。通称「エネキ」、天開司からは「おふくろ(デザインを担当した経緯から)」とも。
活動当初にかなりヤバいゲームの生配信を行った結果、チャンネルBANまで後一歩の所まで行ったためその後はR-18要素はFC2で行うというように、ゾーニングを行っている。しかし、度重なるコラボなどを通じてVtuber界隈の中では比較的本当の意味で清楚だとも言われていたり(ムッツリ清楚とよく言われている)。イラストも上手く、マガジンポケットに連載を持つ漫画家としての面も持つ。
かなり初期からのにじさんじファンであり、月ノ美兎の生配信によくスパチャを投げている。また、鈴鹿詩子のBAN解放時には月ノ美兎と共にコラボを行った。他にも多くのにじさんじライバーと仲が良く、渋谷ハジメともゲームを中心としたコラボを行っている他、ミラティブで勇気ちひろとのコラボや、宇志海いちごとオフラインで映画を見に行ったこともある(リンク)。いわながちゃんの遊び友達の1人でもある。
マスター
もしかして:ふくやマスター
湊あくあ (みなと -)
YouTube, Twitter
ホロライブ二期生のおっちょこちょいなドジっ子マリンメイドVtuber。堅実なゲームプレイスキルとそれに似合わぬハイテンションさが売り。
ことあるごとに発狂し奇声を上げる、思い付きで地獄のような企画を立ち上げ自爆するなどの奇行を繰り返すため「ホロライブ1の狂人」とも噂されており、発狂する様はリスナーの通称「あくあクルー」になぞらえ「あくあ狂う」と呼ばれている。
椎名唯華ガチ恋勢であり、コラボやTwitterでは事あるごとに彼女に絡み、もてあそばれている。コラボ外でも絡みまくっており、妹ポジションの猫又おかゆなどに内なる椎名を見出すなど病的なレベルで懐いている。
皆守ひいろ(みなもり -)
YouTube, Twitter
ENTUM所属のヒーロー見習いVtuber。常日頃から元気が良い体育会系で、他人のことでも自分の事のように喜んだり、感動のあまり傍観者なのに当の本人以上に泣いてしまったりする程情に熱い。ヒーロー見習いらしくカッコイイものには目がない上に、可愛い女の子にも目がないという点も少年漫画っぽさがある。
にじさんじメンバーでは赤羽葉子ベルモンド・バンデラスと仲がいい。特に、赤羽葉子、そしてふくやマスターの4人は社の垣根を超えた「クレイジー戦隊」というグループを結成する仲である。また、ベルモンド・バンデラスとはPUBGの大会出場チーム「鍋」のメンバーでもある。
また、あんさんぶるスターズ!をこよなく愛するVtuber達による、「Vあんスタ部」の初期メンバーとして戌亥とこと意気投合したり、成瀬鳴を拉致してきた。
2019年12月31日、所属事務所ENTUMの活動終了と共に活動終了。
深雪ちゃん(みゆき -)/深雪
もしかして:ディープブリザード
紫咲シオン(むらさき -)
YouTube, Twitter
ホロライブ二期生の魔法使いVtuber。幼い見た目通りのお子様ムーブが特徴で、不満がある時の「ね゛え゛え゛え゛え゛え゛!!!」という声とときのそらからもいじられるほどの寝坊が代名詞(?)ともなっている。
にじさんじとはお子様ムーブ繋がりの魔界ノりりむを始めとして、何度かコラボをしている。

や行 Edit

有閑喫茶あにまーれ(ゆうかんきっさ -)
あにまーれ公式アカウント
『にじさんじの妹分』を銘打って彗星のごとく誕生したバーチャルYouTuberグループ。いちから株式会社が制作協力に携わっている(運営は別団体)。可愛い見た目に反してアウトゾーン寄りを攻め続けるメンバーもおり、あまつさえ不仲を自分たちから話題に挙げたり(現在は焼き肉を通して改善)と、尖った面も多い。主にらん、くろむを中心として、にじさんじメンバーとの交流も深い。
初期メンバーは5名(因幡はねる宇森ひなこ宗谷いちか日ノ隈らん稲荷くろむ)。2018年8月30日からはupd8の一員に。2018年12月29日、稲荷くろむが卒業。2019年10月9日、宇森ひなこが引退。2020年2月から新メンバー風見くく柚原いづみが参加。4月25日から新メンバー白宮みみ*7灰原あかね羽柴なつみが加入・配信を行った。
癒月ちょこ(ゆづき -)
YouTube, Twitter
ホロライブ2期生の悪魔にして保健医。綺麗でエチエチな見た目が目を引くが、中身も結構エチチチチ。特にカワイイ女子に目がなく、同僚やホロライブ外のVtuberに手を出すこともしばしば。主な配信はえちえちなバイノーラルや悪魔らしいDbD配信、そしてホロライブ内外のVtuberを丸裸にする「身体測定」配信など、コラボへの積極性が高い。ホロライブ内外を巻き込んだ企画も多数行っている。
にじさんじの中では鷹宮リオンでびでび・でびる八朔ゆずらSEEDsメンバーや、どことなく趣味が近しい雪汝、同じくDbDプレイヤーでもある夕陽リリ、殴り合い相手としてクソガキ御伽原江良などと交流がある。
夕刻ロベル(ゆうこく -)
YouTube, Twitter
ホロスターズ2期生の隠れ家的BAR「ROBEL(ロベル)」のマスター。お店の開店前や空いている時に配信を行っている。初配信の4日後にいきなり「おねショタ論」について語り出す配信を行うおかしな一面もあるが、ホロスターズにおいては常識人かつ俗に言うママ枠であり関西弁の効いたツッコミがキレる。
特に、2020年5月にホロライブプロダクションが開催したホロコミでは、ホロスターズのトークコーナーにてホロライブ側の先輩に該当する白上フブキ、夏色まつりを相手に抜群のトーク力を魅せた。
主な配信は朝活としてアイドルマスターシャイニーカラーズを配信。新しく始めた層向けに攻略知識を広めたり、コミュ鑑賞を通して布教活動をしている。また、雑談配信も頻繁に行っており、地獄めいた内容を含んだ企画を思いついたら有言実行するなどしている。
渋谷ハジメとはあっくん大魔王、歌衣メイカとの雀魂コラボを経て、Twitter上で意気投合した模様。
幼龍埜ゆい(よるの-)
VGaming所属のVTuber。Apex Legends等のFPSゲームを好んで配信している。もとより仲の良かった一ノ瀬うるは、白雪レイドとともにと「劇団ポチ」という名称でApex LegendsやEscape from Tarkov、Stardew Valleyなど様々なゲームでコラボ配信を行なっている。

ら行 Edit

レンチ
YouTube, Twitter
Vtuber界隈では「工具系作曲家系Vtuberレンチ」のことを主に指す。名前の通り、スーツを着たレンチの見た目をしている。楽曲制作や歌を歌うことを得意としており、ギルザレンIII世のテーマ曲である「古城より愛を込めて」、物述有栖の「背伸びのワルツ」の作曲者としても知られるスーパー工具。また、「探検!仮想マイクラ部」というマイクラのコラボ企画を発案し、Vtuber界隈にMinecraftブームを起こす火付け役にもなった。この仮想マイクラ部にはドーラ花畑チャイカら多くのSEEDs出身メンバーが参加した。
ロボ子さん
YouTube, Twitter
ホロライブ所属の高性能ロボットVtuber。のんびりと落ち着いた喋り方が特徴的で、Fortniteのプレイが得意。一方で、配信では度々高性能とは思えない言動を見せることがあり、ポンコツ扱いするリスナーも。初期の3Dモデルはかなーりエチチチチな露出率であったこともあり、最近はパーカーを羽織った姿で登場することが多い。
コラボに関してはかなり積極的。にじさんじとの関わり合いも深く、樋口楓と歌コラボ動画を出したり、椎名唯華にポケモンピカブイの大会で3連ハサミギロチンで3タテを食らったりしている。

わをん Edit

英数字 Edit

ARu子(あるこ)
YouTube, Twitter
お散歩実況や寿司屋即興ソングなど奇抜なことをしている某有名ブロガーのようなVtuber。にじさんじとは月ノ美兎と仲がよく、みとらじ出演経験もある。そしてアキネーターにて素顔を月ノ美兎に晒された。
BANs(バンズ)
公式Twitter
個人Vtuber達によって形成されたVtuberグループ。設立者は微糖カイジだが、現在のリーダーは天開司。
BAN経験があったり、その危険性があるVtuber達が集っているのだが、Vtuber界全体のことを考えてもおり、「危ない奴ら」という立ち位置はキープしつつも確固たる人気を得ている。
設立までの詳しい流れやメンバーについてはこちらを参照。
決起日時が2018年の3月17日と、にじさんじ2期生のデビューと近かった関係もあり、決起集会のツイートを静凛がRTしていたり、決起集会当日にもにじさんじメンバーが生放送へ来るなど、初期の頃から繋がりがあった。その後もコラボなどで親交を深め、2018年8月24日~9月1日には「にじさんじ×BANs 夏休みゲーム大会」が開催され、様々なメンバーが普段では見れないコラボを行った。現在もBANsメンバー主催の企画ににじさんじライバーが参加したりなど交流は深い。
ENTUM(エンタム)
Twitter
Vtuber専用配信アプリ「IRIAM」の運営元でもある、「株式会社ZIZAI」によって設立されたVtuber事務所。四天王の1人であるミライアカリやFPSの得意な猫宮ひなた、共に3Dモデラーとしても活躍するもちひよこと届木ウカなど、Vtuber黎明期から活動しているメンバーも多い。だが、一方で事務所の知名度は妙に低く、所属しているVtuber達がその事をしばしばネタにすることもある*8
にじさんじでは、もちひよこと勇気ちひろの個人勢の頃からの関係が有名。他にもミライアカリと猫宮ひなたが月ノ美兎と「バーチャルさんは見ている」での共演、皆守ひいろの多数にじさんじメンバーとのコラボ(当該項目参照)など、関わりの深いメンバーも多い。
2019年12月31日をもって事務所としての活動を終了した
HoneyStrap(ハニーストラップ)
公式YouTubeチャンネル,公式Twitter
略称、通称は「ハニスト」。いちから株式会社が制作協力している(運営は別団体)バーチャルYouTuberグループ。初期メンバーは5名(周防パトラ蒼月エリ島村シャルロット西園寺メアリ堰代ミコ)。
あにまーれの公式ライバルで、夜のカフェがテーマ、可愛い系のあにまーれとは異なってセクシーな衣装で統一されているが、セクシー路線は当人たちのキャラにより崩れ、現在は仲良し芸人グループのイメージが強い。そしてあにまーれよりずっと清楚(本来の意味で)。そしてグループとしてMinecraftを活用することに関しては、コラボや共同制作はもちろん、運動会や(ある意味)3DLiveを行うなどVtuber界隈でもトップクラス。
2018年8月30日、upd8への加入を発表。現時点ではでびリオン竜胆尊が周防パトラとよくコラボをしている。
2019年5月22日、蒼月エリが卒業・引退した。
MonsterZ MATE(もんすたーずめいと)
YouTube, Twitter
株式会社Balusに所属する男性2人のVtuberユニット。通称MZM。
キャップを被った吸血鬼のコーサカと、眼鏡をかけた狼男のアンジョーの2人組。コーサカがラップ、アンジョーがメインボーカルの形で1MC1Voの音楽ユニットとしても活動しており、アルバムもリリース済み。一方で、歌動画以外の動画ではコラボ相手とロシアンシュークリームをやったり、「エロゲのお兄さん」と呼ばれるほどのマニアックなトークを繰り広げたりしている。
にじさんじメンバーをチャンネルに呼んでのコラボはまだ無いが、外部コラボなどにもかなり積極的なコーサカ*9は多数メンバーとコラボを行っている。特に、「かなにゃん」ことや、舞元啓介ベルモンド・バンデラスジョー・力一、天開司、環右金と共に行っている「V呑み」のメンバーとの中が良い。コーサカ単体のラジオでは上記メンバー達に加え、他に飛鳥ひなドーラなどがゲストに呼ばれ、軽妙なトークを繰り広げた。また、ベルモンド・バンデラスはナレーションとして彼らの動画に参加した他、鈴鹿詩子はコーサカが司会を務めたTUBEOUT!SESSIONS vol.2で共演している。
SUMOMOXqX(すもも)
プロフィール・経歴, YouTube, Twitter,
DetonatioN Gamingに所属するプロゲーマー。愛称は「すももん」、にじさんじライバー・リスナーからは「園長」「先生」などとも。顔出し済みだが、青いウサギの「もぴょ」をアバターにVtuberとしても活動している。かつては東方二次創作キャラクター「すくすく白沢」のアバターを使っていた。
元々は「オーバーウォッチ」のプロゲーマーだったが、「PUBG」のプロゲーマーに転向。高い成績を残している。
にじさんじでは、ゲーマーズのが「PUBG PARK」で初コラボ。このコラボを皮切りに、その後もはじめにじさんじライバーとコラボをするようになる。有名所ではゲーマーズ2期生メンバーである笹木咲闇夜乃モルル本間ひまわりと共にPUBGをプレイし、ゲーマーズに振り回されるその姿から「#すもも幼稚園」というタグが作られた。以降も魔界ノりりむ宇志海いちご葛葉など、新たな園児(?)たちと交流を深めた。その他にも渋谷ハジメにドン勝指南をしたり、いちごとのコンビでドン勝を達成したり、モルル、ドーラ海夜叉神との4人で「角組(つのぐみ)」、葛葉魔界ノりりむ卯月コウと「ルーザーキングス」を結成するなどゲーマーズを主としてにじさんじと交流を深めている。声優の島崎信長からはゲーマーズのエース美少女Vtuberだと思われたこともあった。
最近ではAPEXの配信や動画投稿が増えており、そうした場面では勇気ちひろ夜見れなとのコラボがよく見られる。
upd8(あっぷでーと)
公式YouTubeチャンネル, 公式Twitter
キズナアイ親分を運営している会社、「Active8」によるプロジェクト。多くの人に勘違いされがちなことであるが、厳密に言えばupd8は事務所ではない。そのため、メンバーが加わる際の表現も「所属」ではなく「参加」とされている。大規模なゲーム大会企画者や歌って踊れる女の子、多彩なコンテンツクリエイターなど、参加メンバーたちの個性も豊富。「Vtuberを、ブームではなく文化にする」というプロジェクト理念の下に活躍中。
なお、upd8のトップであるActiv8社CEOの大坂武史氏は、ダークエルフのVtuberであるケリンが参加する際の動画で弄られて以降、一頭身の状態でのイラストをケリンに描かれたり*10、ヴィレヴァン福袋の中からキズナアイちゃんがいらないと判断したものを机の上に置かれたりと全力でいじられている。なぜこうもV企業のトップは弄られるのか……。
VirtuaReal Project
VirtuaReal公式のbilibiliチャンネル, プレスリリース, にじさんじ公式サイト/member
「にじさんじ」の運営を行ういちから株式会社が、中国にて共同プロデュースしているバーチャルライバープロジェクト。メンバーは2020年01月14日現在全20名で、bilibiliを活動の場としている。一期生と二期生から光一を除く4名が2019年6月29日にbilibiliで物述有栖緑仙リゼ・ヘルエスタとコラボ配信を行った。また2019年7月14日に上海のMixing Roomで行われたイベント「超V派对」には樋口楓静凛とともに本プロジェクト一期生の2名が出演した。

*1 花譜のオリジナル曲の多くを手がけるカンザキイオリ繋がりか?
*2 ただし、現状では3Dはイベント向けのものであり、動画では引き続き2Dモデルを使用するとの事
*3 上記のもやしばvsゆめしら配信のお便りが由来
*4 実は、司のあだ名の1つとして「カイジ」がある、という設定はデビュー前からBANsメンバーによって提案されていたのだが、あまりにも司呼びが定着してしまったため流行らなかった、という経緯がある。
*5 2019年5月19日現在。サザエさん時空に居るにじさんじのJK組と違い誕生日(5/15)を経て年齢を重ねている。
*6 彼女はときのそらのファン(そらとも)である。
*7 活動開始自体は2019年5月から行っており、因幡はねる主催の企画に参加したこともある。
*8 これはENTUMメンバーの多くが動画主体で活動していること、箱らしさの強いコラボなどの少なさなどがあると思われる
*9 アンジョーのコラボ数が少ないのは、彼がバイトを行っているから。
*10 なお、大阪氏本人はとても気に入っているらしく、twitterのアイコンに使っている