Top > Valentine II


Valentine II

Last-modified: 2019-04-24 (水) 17:21:48


Tier 4 ソ連 軽戦車 Valentine II Edit

Valentine2.jpg

Valentine IIは、Valentine歩兵戦車のエンジンをガソリンエンジンからディーゼルエンジンに換装し、航続距離を伸ばすために外部燃料タンクが増設されたタイプで、700両が製造された。
イギリスからソ連にレンドリースされた事実を反映してかソ連国籍となっている。
本来の主砲は英国製の2ポンド砲なのだが、本車は実現しなかった強化計画(主砲を防盾ごとソ連製の45mm砲に換装するもの)を再現した45mm砲装備である。

 

この戦車にはマッチング優遇がありTier4までとしか会敵せず常にトップTierになる。
Pz.Kpfw. B2 740 (f) が同じくTier4優遇なので、小隊を組むならPz.B2か同じValentine IIにしよう。

 

基本性能(v5.10.0) Edit

車体Tier国籍タイプ耐久値
(HP)
車体装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
最高
速度
(km/h)
初期
重量
(t)
本体価格
(ゴールド)
Valentine IIIVソ連軽戦車47060/60/6032/1215.711,500 gda.png
 

武装

Tier名称発射
速度
(rpm)
弾種平均
貫徹力
(mm)
平均
攻撃力
DPM
(HP/分)
精度
(m)
照準
時間
(s)
総弾数弾薬費
(Cr/G)
重量
(kg)


II45 mm 20KL17.14AP
APCR
HE
51
84
12
50
30
75
857
514
1286
0.361.16114 cra.png
800 cra.png 2 gda.png
0000 cra.png
250+25°
-10°
 

砲塔

Tier名称装甲厚(mm)
前面/側面/背面
旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
IVValentine II65/65/65402402,000
 

エンジン

Tier名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
IIIAES A19016015800
 

履帯

Tier名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
IVValentine16.85404,000
 

乗員

  1. Commander
    • Commander
    • Gunner
    • Loader
  2. Driver
  3. Radio Operator
  4. Radio Operator
 

派生車両

派生元:なし
派生先:なし


解説 Edit

ソ連のTier4課金『軽』戦車…なのだが……
重戦車クラスの分厚い装甲を備えており、足も遅い。
生半可な攻撃を受け付けない装甲を生かし最前線で戦いたいところだが、後述する砲貫通の低さから、味方との連携は必須と言えるだろう。

装甲

車体・砲塔ともに全周囲の装甲厚が均等という珍しい特徴をもっている。正面を向いているだけで格下の機関砲などは結構弾いてくれるが、昼飯の角度を取ることでその装甲は更に強固なものになる。必要とあらば味方の盾となり、率先して弾受けを行うと良い。

昼飯の角度

但し高貫通金弾や駆逐戦車の弾は平気で貫通するので油断は禁物。またその装甲を過信して孤立すると、機動力の低さから容易に敵に囲まれ、体力を削り取られてしまう。常に味方と共に行動しよう。

 

主砲

重戦車として乗ることをお勧めしたが、問題は主砲である。なんとここまで来てTier2相当の砲であり、貫通力は全く不足している。よって課金弾は必須である。

例えば、Hetzerの正面車体下部。APではどう頑張っても貫通出来ないが、APCRであれば撃ち抜くことが出来る。またHetzerと言えど正面以外は非常に薄くAPでも簡単に貫通可能なため、一度側面を取ってしまえば後の対処は楽である。
ではMatildaを相手にした場合はどうか。まず側背面含め何処から撃ってもAPを貫通させることはできない。APCRで垂直部分を撃てば正面から貫通させられる*1

画像による解説

このように一部APだけではどうしようもない敵が存在するため、APCRを多めに積んでおく必要性がある。
総弾数は多いとは言えないが、余裕を持って配分しておきたい。

ここまで脅しのような内容になったが、安心して貰いたい。本車はTier4上限マッチングであり、APで対処可能な敵も少なくない。まずそう言った相手から狙うと良いだろう。

 

機動性

出力重量比は8.91(hp/t)。AMX 40と良い勝負であり、つまるところかなり鈍足である。初動を誤ると合流する前に味方が溶けてました、なんてことになりかねないので味方の動きはよく確認しておこう。
履帯の性能が高いため意外と小回りが利く。

 

総論

カテゴリでは軽戦車だが、重装甲で鈍足のため戦場では重戦車のような役割を担う。味方と共に行動し、チームの盾となって優秀な装甲を生かそう。
なお、砲塔が硬い上に投影面積が小さく、俯角も十分に取れるためハルダウンが有効である。

 

特徴 Edit

長所

  • 分厚い装甲
  • 砲塔、車体共に全周において装甲厚変化が無い
  • 優れたクレジット収支
  • 実は全車両中2位の照準速度

短所

  • 歩兵戦車故に足が遅い

歴史背景 Edit

格納

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • この車両でtier3車両と格差プラを組んだ場合、マッチング優遇はどうなりますか? -- 2018-10-04 (木) 23:18:00
    • マッチングは3-4ゾ。3に乗る人が常にボトムなのと敵側が全部4になるパターンもあり得るけど、4同士で組むよりはマシ。 -- 2018-10-05 (金) 10:29:01
      • 返信ありがとうございます!3と組んだ場合はマッチング優遇働くんですね。 -- 2018-10-05 (金) 16:36:51
      • 格差プラは両チームに来るようになってるはずだから、低ティア格差プラだと相手が見つからなくてなかなかマッチしないとかないだろうか -- 2018-10-05 (金) 17:15:09
  • 今度のアプデでマジもんのゴミになっちまったな。マッチング優遇ではなく強制ボトム状態だ。 -- 2018-11-14 (水) 04:58:46
    • それなだからこいつは即売ったわ、普通にツリーの強い子バレンタインが居るからこの子もう要らない…。 -- 2018-11-26 (月) 03:23:33
      • コレクター化した英バレンタインは5と当たる。優遇無しtier4の車輌はボトム率高いし、弱体化も5の車輌よりきついからスペック的にはつらいゾ。 -- 2018-11-26 (月) 09:15:35
  • tier 4-3マッチでも一体倒すのにやたら時間かかってワロタ…全部APでもDPM700切ってるし、B 2共々売ったらゴールド美味しいです -- 2018-11-26 (月) 09:50:28
  • 砲ゴミすぎて流石に草 -- 2019-01-23 (水) 15:51:55
  • マチルダの下位互換 -- 2019-02-01 (金) 01:00:53
  • オファーで売られてて草 即ゴールド化されますね... -- 2019-02-13 (水) 07:15:05
  • エンジンbuffが来るらしいが最高速が重戦車並だからからどっちにしろ・・・。それより致命的な砲のbuff欲しい -- 2019-02-20 (水) 14:22:58
    • トレモでちょっと乗っただけだが、平坦なら30kちょっとまですっと出るし、だいぶ変わった感じよ。本家も乗ってみたが少し下りでも24k位だった。 -- 2019-02-21 (木) 13:26:47
  • 主砲の貫通力が大幅に上昇したので編集、ありがてえ! -- 2019-03-27 (水) 21:22:39
    • 単発ダメージも40/25から50/30にあがってたので再 これけっこう強いのでは? -- 2019-03-27 (水) 21:25:14
  • 久しぶりに乗ったらめちゃめちゃ強くなっててびっくりした、今のこいつにマッチング優遇必要ないんじゃないのか? -- 2019-04-07 (日) 00:05:30
    • また貫通40代に戻るみたいでっせ... -- 2019-04-07 (日) 09:06:27
      • ファッ!?貫通力半分やんけ…これだからWGは -- 2019-04-08 (月) 20:04:49
      • 貫通が88/121になってるぞ。発射速度も上がってない? -- 2019-04-12 (金) 09:35:16
  • Ver5.10で貫通84mmから51mmに下がるってよ、貫通ほぼ40%もナーフだと、アホくさ、さよなら -- 2019-04-23 (火) 09:58:28
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White






*1 実際は相手の角度や距離減衰により100%貫通させられるとは限らない。味方により強力な砲を持った車輌が居るのであれば、彼らに対処をお願いして自分は支援に回るのも一つの手である。