砲弾

Last-modified: 2021-05-13 (木) 00:20:12

画像は「Wargaming.net wiki」から転載

概要

搭載砲で使用する砲弾で、搭載している砲に対応した1~3の弾種があり、最大搭載数以内であれば全種搭載して出撃することも可能。

 

公式ガイド

簡易比較表

弾種貫徹力貫徹時
ダメージ
非貫徹時
ダメージ
弾速モジュール
搭乗員被害
距離による
貫徹力減衰
対空間装甲
徹甲弾(AP)★★★★★★なし★★★★あり
硬芯徹甲弾(APCR)★★★★★★なし★★★★★特にあり
対戦車榴弾(HEAT)★★★★★★なし★★なし
榴弾(HE)★★★★あり★★★★★なし×(非常に相性が悪い)
粘着榴弾(HESH)★★★★★★あり★★★★★なし×(非常に相性が悪い)
対戦車誘導ミサイル(ATGM)★★★★★★なしなし

※榴弾(HE)・対戦車榴弾(HEAT)の弾速や硬芯徹甲弾(APCR)の距離による貫通力減衰等はティアが上がる毎にかなり改善される。

 

口径(mm)

砲弾(砲身)の直径。通常は同砲身長であれば大きいほど貫徹力や威力が増す。
口径が装甲厚より3倍以上大きい場合、跳弾は発生しない。

 

貫徹力(mm)

砲弾の平均装甲貫徹力で、命中した面の装甲がこれより低い場合は貫通の可能性がある。
入射角や射撃距離による影響もあるため、単純に数値(mm)が装甲(mm)より高ければ貫通するわけではない。

 

ダメージ(HP)

砲弾が貫通した際に与えることの出来る平均ダメージ量

 

弾数

搭載可能な弾数。
砲塔を開発することで、搭載できる弾数が増えることもある。

 

豆知識

砲塔や砲を開発・変更する際、それ以前の装弾が無くなってしまうが、これは単に無くなるのではなく、自動的に売却されているだけなので、損は無いので問題はない。いちいち残弾を0にする作業は不要。
また、現バージョンでは、新しく購入した車両もしくは新しく搭載する砲に自動で課金弾が少量搭載される仕様になった。砲弾の弾数の設定をそのままに、課金弾の購入をゴールドからクレジットにする設定をせず、そのまま出撃するとゴールドが自動で消費されてしまうので注意する必要がある。

 

通常弾種

PC版WOTと違うところは装填完了後、弾種を変えてもすでに装填(PC版でいうと スキル直感100%)されているので、敵戦車の装甲によって使用する弾をその場で切り替えることが可能。弾の特性を理解し、有利に戦おう。

 

徹甲弾(AP) Armor Piercing Shell

  • 敵装甲を貫通する事でダメージを与える弾種。
  • 非貫通時はダメージ0。
  • 入射角度が大きいと強制跳弾される。
  • 標準化(-5度)により傾斜装甲を貫通しやすい(2倍・3倍ルール等については後述)。
  • 距離が離れると貫通力が低下する「距離減衰」が発生する。
  • 破壊可能オブジェクトを貫通できる。但し貫通力は減衰する。
  • 空間装甲に強い。

戦車砲と榴弾砲に搭載でき、戦車砲の主力となる通常弾種。
炸薬はなく、弾頭部に搭載した金属の弾芯で敵装甲を貫通してダメージを与える。
装甲を貫通する事でダメージを与える弾種のため、非貫通時はダメージ0となる。
装甲を傾斜させることによって増加した実質的な装甲圧を打ち消すことができる標準化作用(AP系砲弾でのみ発生する)が大きい。APは5度分の角度を相殺して敵装甲を貫通しやすくなる。そのため、強制跳弾が起きる角度(装甲に対し20°以下)になるまでは傾斜装甲に対して非常に強い。
AP系砲弾が着弾した場所の装甲厚がその砲弾の口径より薄いとき、2倍ルールもしくは3倍ルールが発生することがある。
2・3倍ルールとは要するに、「自車両の砲弾の口径がその砲弾が着弾した場所の装甲厚の2倍超過の場合は、砲弾の標準化作用が通常より大きく働くため、傾斜装甲を非常に貫通しやすくなる。3倍超過の場合は、強制跳弾の判定を無視する(弾かれない)。」という事である。
また、強制跳弾を無効化させるだけであって、貫通力が足りない場合は貫通しません。弾かれないと貫通しないは別の意味である為、誤解しないように(弾かれなかったけど、装甲に弾がめり込んで止まり貫通はしていない所を想像してもらえれば、わかりやすいだろうか...)。

詳しくは本家WoTの解説ではあるが、下のリンクを参考に。(見れない方はPCでお願いします。)
参考:週刊ヴィクトリヤ日記 Vol.32「砲弾と貫通のメカニズム 後編」

なおSU-100Y の場合は課金弾が通常弾より貫徹力が減少したAPHE弾である。
貫徹力を取るか、火力を取るかは戦況に応じてである。
また、日本ツリーの戦車の課金弾は主に強化AP弾のため距離減衰の影響を受けづらいというメリットがある一方で、貫徹力の伸びが他国ほどないため弱点を正確に狙撃する必要がある。
余談であるが、WoTBでは弾かれた砲弾が別の敵戦車に直撃した場合、ちゃんと貫通しダメージを与えることができる。

 

榴弾(HE) High Explosive Shell

  • 砲弾内に充填された炸薬が爆発することでダメージを与える弾種。
  • APよりも貫通力がかなり低く(大体砲の口径の半分の数値に)設定されている。
  • 距離が離れても貫通力が低下しない。
  • 装甲を貫通した場合は、APよりも威力が高い(カタログ値のダメージを与える)。また、広範囲に搭乗員/モジュールダメージを与える。
  • 装甲を貫通しなかった場合でも、爆発範囲内の車両に最大50%のダメージを与え、以下の要素によりそのダメージは減少する。
    • 相手の装甲厚 (傾斜は考慮しない)
    • 着弾点と車両の距離 (直撃でない場合のみ)
  • 跳弾しない。
    ※音声では貫通とダメージが発生しなかった場合「弾が弾き返されてしまった」とアナウンスが入るのはシステムの仕様。
  • 破壊可能オブジェクトを貫通できない。
  • 標準化がないので傾斜装甲を貫通しにくい。
  • 空間装甲に弱い。

榴弾砲と戦車砲に搭載でき、榴弾砲の主力となる通常弾種。
弾頭部に炸薬を搭載し、貫通時、着弾時の爆発でダメージを与える。
非貫通の場合の与ダメージ「与ダメージ=(榴弾のダメージ/2)×(着弾点からの距離/爆発範囲)-1.1×装甲厚」
つまり、榴弾で装甲の薄い所を撃てば大ダメージが出るということである。
大口径主砲の場合は2ケタくらいのHPが残ってる敵に対して撃てば、弱点部位でなくても撃破することも可能である。
敵装甲を貫通しなくても爆発でダメージを与えられるが、貫通した場合は徹甲弾(AP)よりもダメージが高い。
AP弾で貫通できるかどうかわからない敵のHPが少ししか残ってない場合は、榴弾でできるだけ装甲の薄い部分を狙って確実に撃破するのもアリ。
なお装甲が非常に厚く弱点部が少ない敵車両に対しては、車体下の地面を撃つ方がそれなりのダメージを与えることができる。
APとHEのモジュール及び搭乗員へのダメージ量は同じでも、APは貫通した一か所のみにしかダメージを与えられないのに対してHEは広範囲、複数のモジュールと搭乗員にダメージを与えることができる。
履帯を必ず切らないといけない場面でHEを使うことがある理由は、上記のためである。

 

高性能弾種(課金弾)

通常弾に比べて貫通時のダメージが低下するが、貫徹力が増す弾。
ゴールドで購入可能なため、通称「課金弾」もしくは「金弾」などと呼ばれることが多いが、クレジットでも購入可能である。

Ver3.9アップデートでHESHとAPHE以外の課金弾は通常弾に比べダメージ量が-15%となるように一律に調整された。

 

【1 = 400 の比率で購入できる。

 

 

硬芯徹甲弾(APCR) Armor Piercing Composite Rigid Shell

  • 基本的にAPと同じ。
  • APよりも弾速が速い。
  • APよりも貫通力が高い。
  • 距離が離れると貫通力が低下する度合い(距離減衰)が、APよりも高い場合が多い。但し高ティア戦車のAPCRは弾速と距離減衰を両立していることも多い。
  • 標準化がAPより若干弱い(-2度)。

戦車砲に搭載出来る高性能弾種。
徹甲弾(AP)よりも硬い金属の弾芯を使用するため、貫徹力が高い。また、弾速も早い。
距離による貫徹力減衰はAP弾より大きいが、交戦距離がPC版より短くなりがちなBlitzではあまり気にする必要はない。
APに比べると標準化の作用が小さいが特性は同様である。APとAPCRの貫通力の差が少ない一部の戦車では傾斜装甲に対してAPを使った方が装甲貫通しやすくなる場合があるが、非常に稀なので気にする必要はあまりない。
純粋なAPの強化版といった特性なのでHEAT弾より扱いやすい。
搭載するにはゴールドか、多くのクレジットが必要。
また、本ゲーム中で最も弾速が速い砲弾はChieftain/T95の課金弾APCRである。
なお、一部のTier7~10戦車では距離減衰が少ないAPCRが通常弾として扱われている。

 

対戦車榴弾/成形炸薬弾(HEAT) High Explosive Anti-Tank Shell

  • AP系砲弾と同様に敵装甲を貫通する事でダメージを与える弾種。
  • 非貫通時はダメージ0。
  • APよりも貫通力が高い。
  • APよりも弾速が遅い(例外有り)。
  • 距離が離れても貫通力が低下しない
  • 破壊可能オブジェクトを貫通できない。
  • 標準化が起こらないので、貫通力が全く同じAP・APCRと比較すると傾斜装甲を貫通しにくい。
    ※但し一概にHEATは傾斜に弱いと言う訳では無い(これについては後述)。
  • APよりも強制跳弾されにくい。
  • 空間装甲に弱い。

爆発エネルギーの集束効果によって発生させたメタルジェットで、敵装甲を貫通しダメージを与える。
装甲を貫通する事でダメージを与える弾種のため、非貫通時はダメージ0となる。
APよりも貫徹力が高く、距離が離れても貫徹力が低下しない。
AP系砲弾よりも強制跳弾が起きる角度(装甲に対し5°以下)が非常に小さいので、強制跳弾されることは滅多にない。
標準化作用がないため、同一貫通力のAPやAPCRと比べると傾斜装甲に対して貫通しにくいという現象が起こる。また、同様に2倍・3倍ルールも発生しない。
ただし元々の装甲圧が非常に薄い相手に対しては、APやAPCRの強制跳弾の角度(相手から見た豚飯の角度で言えば20°以下)を超えても貫通可能な場合もあるので、傾斜に弱いとは一概には言えない。
空間装甲に対して非常に弱く、空間装甲としても機能する履帯に当たるとAP弾と違い履帯吸収されやすい。
敵がこの弾を撃ってきた際には赤い弾道が見え、「ジュワァ」という装甲が溶ける音がする。
搭載するにはゴールドか、多くのクレジットが必要。
通常弾と課金弾の両方、または通常弾のみがHEATの車両も僅かながら存在する。

 

粘着榴弾(HESH) High Explosive Squash Head Shell/(HEP) High Explosive Plastic Shell

  • 基本的にHEと同じ
  • HEより貫通力が高い

弾頭部を薄く軟らかい金属で構成し、可塑性のあるプラスチック爆薬を充填した弾種。
撃破のメカニズムはこうである。

 

1.着弾と同時に砲弾が変形し、敵戦車の表面装甲に付着。
2.爆発するとホプキンソン効果という現象により貫通する事なく爆発の衝撃が装甲板を伝わる。
3.すると、敵装甲の内側を剥がして破壊するスポール破壊という現象が起きる。
4.敵の乗員、モジュールにダメージを与える事が出来る*1

 

単に貫通力の高い榴弾と思えば無難か。
基本的に口径が105mm以上の主砲を搭載するイギリス車両にて使用できる。
具体的には、FV215b (183)Centurion 7/1FV4202CharioteerConwayTortoiseConquerorFV215bChieftain Mk. 6Vickers CRVickers Lightに積まれている。
また、パンユーロやドイツ車両のPrototipo Standard BRu251leKpz M 41 90 mmにも積まれている。
なお、このゲーム内では正式名称を除いて単に「榴弾」としか表記されてない。

 

対戦車誘導ミサイル(ATGM) Anti-Tank Guided Missile

  • ミサイルには散布界がないため、照準を向けた場所に正確に当たる。
  • ミサイルの範囲と飛行時間はその燃料容量によって制限される。燃料が切れると、ミサイルは空中で爆発する。
  • 主砲はミサイルが標的に当たるか、爆発した後でのみ再装填される。
  • 敵装甲を貫通する事でダメージを与える弾種。(AP弾と同様と言うこと)
  • 非貫通時はダメージ0。
  • APよりも貫通力が高い。
  • APよりも弾速が超遅い。
  • 距離が離れても貫通力が低下しない。
  • 破壊可能オブジェクトを貫通できない。
  • APよりも強制跳弾されにくい。
  • 標準化がないので、貫通力が同一なAP・APCRと比較すると傾斜装甲を貫通しにくい。
  • 空間装甲に弱い。
  • Ver7.5現在、通常戦闘での使用は不可

アップデート6.7で追加されたHEAT系の砲弾。通称ミサイル。HEAT弾と性能が似ているが、HEATよりも非常に低速。非常に低速ではあるが、ミサイルは照準を向けた所に飛んでいく(=弾道の操作が可能)なため、かなりの活躍を期待できる。ミサイルを操作することによるメリットは以下にあるように多い。物陰に隠れている敵を攻撃できる。ミサイルの入射角を調整して傾斜装甲を無効化したり、装甲の薄い天板を攻撃できる。曲線に飛べるという利点を利用して地形的に有利な上から敵を攻撃できる。但し、初心者でもすぐにそのような高難易度の技をマスターできるというわけではない。使いこなすには練習を重ねる必要がある。
ver6.9現在、搭載車輌は米国軽戦車T92E1XM551 Sheridanの2両である。
アップデート7.5において上記の2輌のATGMがHEATに置き換えられたため、一般的な使用は不可能になった。
ver7.5現在、アップデートと同時に実装されたコレクター車輌Sheridan Missileでのみ乱闘を除く特別戦及びトレーニングルームにおいて使用可能。

 

コメント

他人を誹謗中傷する、荒らし行為を助長するようなコメントはせずモラルを尊重したコメントをお願いします。
マルチポスト・連続投稿は控えてください。
荒らしには原則として反応せず、通報して下さい。

上記を理解の上でコメントを書き込む

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • blitzで弾速最“遅”ってどの車両の何かわかります?個人的な予想だとSP1Cの榴弾だと思うんですがこれ以上遅いやついますか?(ATGMは除いて) -- 2020-06-02 (火) 13:03:54
    • BH曰く少なくとも、ティア7-8マッチングでsp1cの3弾種どれも最下位、順番に630、630、338(m/s) -- 2020-06-02 (火) 13:41:41
    • 返信呼んでくれるかわからんけど、T82のHEATのが305m/sみたいよ。 -- 2021-01-20 (水) 18:08:27
  • モジュールにはダメ入ったけど、Hpのほうにダメージが入らなかったっていうのが非貫通って認識でおk? -- 2020-06-02 (火) 13:35:35
    • その非貫通ってのが実質的な意味なのかゲームシステム的な意味なのかで違う。実質的にはHP温存出来てるし非貫通みたいなもん。だけど、ゲームシステム的には貫通されてる。HTで履帯吸収含めて弾きまくったと思ったら、リザルト画面では履帯吸収は貫通扱いされてて非貫通1とかしょっちゅう。 -- 2020-06-04 (木) 09:11:45
      • すまんコメントの流れ見ずに返信したわ。二つ上の木に対して枝付け忘れた感じか。なら3倍ルールはあくまで「強制跳弾判定をされなくなる」ってもの。クッソ浅い角度で当たったなら口径が3倍だろうが貫通力不足で抜けない可能性はある。 -- 2020-06-04 (木) 09:19:24
      • ↑↑履帯を貫通されて本装甲で非貫通の場合、非貫通1と表記されるのは当たり前ではないか? -- 2020-06-04 (木) 09:53:33
      • 当たり前ではない。全く理解ができてない。せっかく枝1が書いてくれてるからよく読め -- 2020-08-17 (月) 01:45:54
    • (強制跳弾で)弾かれたんじゃなくて(貫通力不足で)非貫通だっただけだろ。ってことでしょ。強制跳弾されない=必ず貫通する、じゃないからな… -- 2020-06-04 (木) 10:00:04
  • 強制跳弾以外で跳弾されるのは、単純に貫通力が足りなかった場合って認識でOK? それともそもそも角度以外が原因で跳弾することってないのか。 -- 2020-08-16 (日) 20:55:31
    • 角度がついて実質装甲厚が増えたことによる貫通力不足で跳弾したということでよいと思います。 -- 2020-08-17 (月) 09:14:34
  • ATGMの説明、「弾道の「操作が操作が」可能」になってるで -- 2020-08-27 (木) 19:26:59
    • 直してあげて -- 2020-08-27 (木) 20:35:49
    • サンキュー!直しました! -- 2020-08-27 (木) 21:05:45
  • 公式ガイドのリンクが切れてます。 -- 2020-10-07 (水) 14:39:50
    • PCでは接続できますよ。 -- 2020-10-13 (火) 10:24:52
  • 今日の今日までゴールドでしか金弾買えないと思ってて今まで広告のゴールド集めて使ってたわ… -- 2020-11-04 (水) 17:57:16
    • 凄w広告で貯めるとかすぐ飽きて萎えちゃうやつw -- 2020-11-05 (木) 00:48:03
    • ちなみにどのくらい貯まった? -- 2020-11-05 (木) 00:48:53
  • 課金弾ナーフされた後は高貫通低ダメージ低貫通高ダメージで棲み分け出来てるはずなのに値段って変わるのね -- 2020-11-14 (土) 04:57:53
  • ミサイル使えなくなってた -- 2020-12-05 (土) 15:34:03
  • 敵の真後ろを取った場合、HEで砲塔背面を狙った方がダメージ出たりしますか? -- 2021-02-08 (月) 18:35:18
    • 何故車体より堅固な砲塔を狙うのか謎だが、すぐ下に最も柔らかい車体後部があるじゃろ、そこにHE弾をブッ刺スのじゃよ!アメ車など容易に貫通できる -- 2021-02-08 (月) 19:30:21
  • 距離で減衰するのは貫徹力だけ?ダメージや弾速は変化なし? -- 2021-05-12 (水) 22:48:23
    • そうです -- 2021-05-13 (木) 00:20:12
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 2~4については通常の榴弾でも発生する。と言うかゲーム内の爆風(非貫通)ダメージはこれを再現したものである。つまりHESHは本来「ほぼ貫通しなくなる代わりに非貫通ダメージを強化した榴弾」となるのだが…