重戦車

Last-modified: 2020-05-26 (火) 12:17:37

概要

重装甲と強力な主砲を持った戦場の主役的存在。ただし速度が遅く、視界も短いので他車両によるサポートが必要。また、強力な火力のある駆逐戦車の待ち伏せには注意。

 

【長所】

  • 駆逐戦車には劣るものの同格の中では優秀な砲を持ち、攻撃力に優れる。
  • 大抵の場合重装甲。前線の主力として敵の弾を弾きつつ戦える。
  • チームの主力である。

【短所】

  • 移動速度、車体旋回が遅いものが多く、総じて機動力が低い。
  • 隠蔽率が低く、車体が大きいので目立つため、被弾しやすい。
 

戦術レベルの追加情報を知りたい場合は「車種別の基本・応用テクニック」を、マップ上の進行の考え方について知りたい場合は「マップの見かた」を参照されたし。

 

戦場での役割

装甲で前線を構築、維持しながら、強力な主砲で敵を撃破し前進するのが基本。

 

【前線を構築、維持、前進】
高いHPと重装甲で前線を構築、維持しつつ、持ち前の火力で敵車両を撃破しながら前線を押し上げよう。ラッシュをかける判断をするのも大事な役割。

 

【装甲を生かし盾になる】
味方の軽、中戦車と敵の軽、中戦車が撃ちあっている場合、前に出ることで敵砲弾を弾き返して、自らの砲と後方からの味方支援で敵を撃破しよう。豚飯の体得は必須である。

 

【相手の動きを制限する】
重戦車の強さは「そこに居るのに(豚飯しているため)倒せない」という威圧感によって相手の行動を制限できることにある。迂闊に動けば攻撃を受ける形にして相手を動きにくくすると、味方中戦車は動きやすく、駆逐戦車は射撃場所を選びやすく、また狙いやすくなる。特に市街地の多く(平らな地形)では中央から後衛までの距離が標準的な視界範囲ギリギリになっており、敵に中央を越えさせなければ駆逐は見つからずに撃ち続けられるが、越えられると見つかる。その正面を守るのが重戦車の役割である。なお、敵が横から回り込む事を防ぐ、又は相手の横に回り込んでいくのは軽・中戦車の仕事。重戦車では絶対にやってはいけない。

 

戦場での注意

  • 何より大切なのは、孤立しない事
  • 待ち伏せからの側面攻撃をされないよう立ち回り、敵からの射線に十分注意しよう。特に駆逐戦車は砲旋回を犠牲にして対重戦車用の強力な火力を持っている事を忘れないようにしよう。
  • 馬力に対し車重が大きいことが多く、上り坂は特に動きが遅くなる。稜線等は容易に超えられないため、地形を意識して、極力無防備な状況にならないよう気を付けよう。
  • 重戦車は他車種に比べ視界が悪く、鈍足なので、中戦車や軽戦車に側背面を取られないよう注意。味方中戦車と一緒に行動するのが大事。
  • いくら装甲が厚いといえ、高Tierになればなるほど敵は的確に弱点を狙ってくる。重戦車乗りには、敵に弱点を狙わせない技術と敵の弾を弾く技術とがもとめられる。それらの技術については戦術指南所車種別テクニックに載っているため、重戦車乗りはぜひご参照あれ。
  • 敵に存在感を示し、相手の行動に制限をかけるのが重戦車の役目である。よって、序盤から「狙われない」「見つからない」動きをするのは基本ご法度。自分の身の安全のために隠れたり後ろにとどまっているうちに味方中戦車が狙われたり、味方駆逐が敵に見つかるような状況を作ってしまっては、重戦車の役割りを果たしているとは言えない。あえて姿を晒し、なおかつ倒されない、というのが理想の重戦車である。とはいえ、体力が減ってきたら、まだ体力のある味方と交代する事。撃破されては元も子もない。

重戦車一覧(v4.3.0)

  • 装甲厚は最厚部を赤色、最薄部を水色、中間を緑色にしています。
  • プレミアム車両は名称をオレンジ色にしています。
  • コレクター車輌は名称を青色にしています。
  • 最高速度は整地上のもので、不整地では遅くなります。
  • 車両データはツリー最上のモジュールを装備した場合の性能を表記しています。
重戦車(編集)より行単位で編集可能

ソ連

・ソ連は高い装甲厚を持っていることが多い。
"KV"がつく戦車は砲塔がかなり硬く、高い信用度を持つ。車体側面も昼飯などの角度をとることで相手の砲撃を無効にさせることが可能。
ISシリーズからは格下キラーのような非常に硬い装甲、重戦車にしては早い速度を持つが、旋回性能、精度、照準時間はあまりよろしくない。
それでも他と比べ比較的癖が少ないので、重戦車の基本的な運用が出来るこの戦車は初心者から上級者まで幅広く使いやすい戦車と言えるであろう。
KV-1からKV-1S、KV-2に2分岐する。KV-2はKV-3に続き、1SはISとKV-3に分岐する。
KV-3から先は装甲が厚いものの、四角い形状が続く。豚飯が有用。
KV-1SからはISシリーズとなる。Tier8のIS-3からは低い車体に、丸い形状ですさまじい装甲を持つものが続く。KVルートに比べてバランスが良いため、ISルートよりKVルートのほうが若干玄人向けかもしれない。

Tier名称耐久値
(最大位)
車体装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
傾斜
装甲
砲塔装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
最高
速度
(km/h)
旋回速度
砲塔/車体
(deg/sec)
視界
範囲
(m)
5KV-177075/57/57-110/110/1103420/20220
Churchill III840176/76/50-88/88/762820/20240
6KV-1S96075/60/60-100/90/904322/26230
T-15095090/90/75-100/100/753520/16230
KV-286075/75/70-75/75/703516/18230
7IS1230155/90/60-100/90/903422/26240
KV-31450165/90/90-165/115/1153220/20230
IS-21230100/90/60-100/90/903422/26240
8IS-31500110/100/20220/110/1103820/30240
IS-3 Defender1550110/90/60249/172/1004026/20240
KV-41550180/150/90-180/150/1403018/17240
KV-51600180/150/140-180/150/1404021/21220
IS-61470100/100/60150/150/1003520/26240
IS-51550120/120/60201/129/903520/26240
IS-2Sh1500130/100/60170/90/904220/25240
9IS-81730120/80/60201/148/505023/28250
ST-I1780140/140/100250/160/1604016/20250
10IS-72050150/150/100240/185/945015/23250
IS-42200160/140/100250/200/1704317/25250

ドイツ

・ドイツは重戦車になったり中戦車になったりという動きが激しいので低ティアなどの説明は一部省かせていただく。
TigerIあたりは良好な装甲を持つが配置が中途半端。砲塔はキューポラが薄いので、砲塔も動かしていなければならない。
高ティアは非常に厚い装甲厚をもつ。もちろん下部が弱点。ただ、エンジンが燃えやすいという点には配慮しよう。

Tier名称耐久値
(最大位)
車体装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
傾斜
装甲
砲塔装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
最高
速度
(km/h)
旋回速度
砲塔/車体
(deg/sec)
視界
範囲
(m)
3Gr.Tr.50014/8/8-14/8/84441/36230
4Durchbruchswagen 260065/50/50-75/50/503542/32230
Pz.Kpfw. B2 740 (f)55060/60/55-46/46/463044/45230
5VK 30.01 (H)780100/80/50-100/80/603524/22240
6VK 36.01 (H)1100145/80/60-100/80/805124/24240
7Pz.Kpfw. VI Tiger1450165/82/82-100/82/824420/32240
Pz.Kpfw. VI Tiger (P)1450200/80/80-100/80/803520/20250
Tankenstein1350200/80/80-150/120/803516/18230
VK 45.031450100/80/80100/80/803822/28250
8Pz.Kpfw. Tiger II1600160/100/80220/100/803820/27250
VK 45.02 (P) Ausf. A1570120/80/80185/80/803822/28250
Löwe1500120/80/80120/80/803524/30250
9E 751800160/120/120252/160/1604016/24250
VK 45.02 (P) Ausf. B1820200/100/100252/160/1603016/20250
KpfPz 701700120/90/60200/90/604018/27250
10E 1002300200/120/150250/150/1503016/20250
Maus2500200/185/160240/210/2102514/19250

アメリカ

Tier名称耐久値
(最大位)
車体装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
傾斜
装甲
砲塔装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
最高
速度
(km/h)
旋回速度
砲塔/車体
(deg/sec)
視界
範囲
(m)
5T1 Heavy Tank780127/76/41-127/83/833530/25230
T1475050/50/50101/101/1013421/20230
6M61040102/86/41-150/86/833528/25240
7T291250120/76/51279/127/1023514/25250
M6A2E11300191/44/41191/89/2082923/24250
8T321550127/76/51298/197/1523520/25250
T341600102/76/51279/127/2033518/25240
M6A2E1 EXP1500191/44/41191/89/2082923/24250
9M1031700203/51/38127/127/513420/28250
10T110E52000254/76/38203/127/703720/25250
T57 Heavy Tank2000203/50/38127/137/503536/30250

イギリス

イギリスは、Tierによって特性が変わるため、よく中、上級者向けと言われる。Tier4のMatildaは格上並みの非常に硬い装甲を持ち、正面を向けるだけでも弾けるが、Tier5、Tier6のChurchillシリーズは、垂直装甲のため、豚飯やよそ見と言った技術が必要になる。Tier7のBlack Princeや、Tier8のCaernarvonなどでは、硬い砲塔だけ出して攻撃するハルダウンが有効である。Tier9以降は、「努力が報われる」と言われるほどの高い砲性能を手に入れるが、引き続き技術がないと安定して弾くことは出来ない。初心者に勧められるルートではないが、その分使いこなすと強力なルートである。

Tier名称耐久値
(最大位)
車体装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
傾斜
装甲
砲塔装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
最高
速度
(km/h)
旋回速度
砲塔/車体
(deg/sec)
視界
範囲
(m)
1Mk I* Heavy Tank55015/5/12-15/0/02544/30210
4Matilda59075/80/55-95/95/952830/24230
5Churchill I840177/63/50-88/88/762620/17240
Excelsior770114/31/108-114/92/923922/25240
6Churchill VII1100152/95/50-152/95/952020/20240
TOG II*154076.2/86/50.8-114/86/53.31432/20240
Churchill Mk. VI1100176/76/50-152/95/952021/23240
7Black Prince1450180/95/25-152/95/952020/17240
8Caernarvon1600130/51/38165/112/1123436/24250
9Conqueror1850130/51/38152/89/703425/24250
10FV215b2100152/101/76254/152/1013425/33255

日本

ガルパン仕様のTiger I.

Tier名称耐久値
(最大位)
車体装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
傾斜
装甲
砲塔装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
最高
速度
(km/h)
旋回速度
砲塔/車体
(deg/sec)
視界
範囲
(m)
6Kuro Mori Mine?1100100/82/82-100/82/824020/24240

中国

Tier名称耐久値
(最大位)
車体装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
傾斜
装甲
砲塔装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
最高
速度
(km/h)
旋回速度
砲塔/車体
(deg/sec)
視界
範囲
(m)
8Glacial 1121500120/80/60240/130/603226/28240

フランス

Tier名称耐久値
(最大位)
車体装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
傾斜
装甲
砲塔装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
最高
速度
(km/h)
旋回速度
砲塔/車体
(deg/sec)
視界
範囲
(m)
4B160070/65/6065/75/553040/24230
5BDR G1 B78080/50/60105/86/603226/24230
6ARL 441000120/50/50110/30/303722/22240
7AMX M4 mle. 45145090/40/40100/70/403530/24240
8AMX 50 100160090/35/3090/30/304532/25250
9AMX 50 1201750100/80/60100/80/605032/28250
10AMX 50 B2100170/30/30150/50/305030/25250

多国籍

Tier名称耐久値
(最大位)
車体装甲厚
前面/側面/背面
(mm)



砲塔装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
最高
速度
(km/h)
旋回速度
砲塔/車体
(deg/sec)
視界
範囲
(m)
7Nameless1350150/80/40120/80/803222/29240
Lupus1300100/80/80130/45/453618/23240
Predator UM1320135/75/45150/35/653223/35240

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 最近は脳死でmtルート行く味方が多いから、鈍重戦車はますます活躍しずらい -- 2020-03-28 (土) 13:01:21
  • ルート選び間違えるのはまあいい、駆逐の横に並んで後ろから†孤高なる狙撃手(スナイパー)†をやってる奴は許さない -- 2020-04-15 (水) 19:19:41
  • 最近になってまた芋って茂みに隠れる狙撃ごっこHTが増え始めたけど原因はなんでしょうね。にわかには信じがたい話ですがbotに芋をさせるプレイヤーもいるとかなんとか -- 2020-04-15 (水) 21:48:22
  • 最近中戦車にも物凄い多いんだけど敵が見えた瞬間に敵前逃亡して職務放棄するプレイヤー多すぎる。重戦車乗ってる=俺が主力!偉いぜ!って思ってるのか知らないけど役割を放棄して狙撃ポジに入ったり駆逐戦車のところまで逃げてきたりとめちゃくちゃなプレイヤー多すぎる。 -- 2020-05-06 (水) 19:36:53
    • 正面張ってると思いきや、裏取りしに来たMTにHT全員向かった時は流石に笑ったわ -- 2020-05-06 (水) 19:49:15
  • 芋るのも論外だけど押すべき時は押せよってね。何で枚数有利なルートの時にもじもじ撃ち合いしだすんだ -- 2020-05-07 (木) 13:39:16
  • カッパーフィールドだど、重戦車で丘上を守ってる時に味方が全員下るのに付いていけないし、ついていこうとしても途中で撃たれそうだから、そのまま下がって守ってたら「芋」呼ばわりされたわ。やっぱ危険覚悟で下るべきかな? -- 2020-05-11 (月) 10:15:58
    • 低地に敵が降りると全員でわざわざ降りて群がるのはnoobあるある。敵が残ってたら、そのあとどうすんねんて。 -- 2020-05-11 (月) 11:11:09
  • 下がってというのは、引き下がってという意味。 -- 2020-05-11 (月) 10:16:40
    • 戦車はChurchillⅠ -- 2020-05-11 (月) 10:18:02
  • そもそも守ってる方が強いんじゃないかと思う、一人だけ突撃しても皆がついていく訳じゃないし。 -- 2020-05-11 (月) 10:19:06
  • 所謂『装甲が薄くて足がある重戦車』の扱いが難しい…。ヘイトを切りつつ機動力を活かして前線に火力支援ってよく言われるけど具体的にどうすりゃいいの?中戦車みたくクロスファイア組めばいいの?? -- 2020-05-26 (火) 09:10:32
    • is8は中戦車よりに操作、俯角のある戦車はマップの傾斜を利用して防御姿勢。クロスファイアが理想だけど最初は味方にくっついて射線切りながら援護射撃とかかな。 -- 2020-05-26 (火) 10:10:59
    • 相手が撃てない状況をいかに見極めるかやね。別の味方狙ってるときはもちろん、発砲直後とか(狙撃には注意)。 -- 2020-05-26 (火) 11:34:57
      • 逆に自分を狙いに来てるときは、自分の装甲見て、何としても一発当てに来たいと思うはずなので、そこにどこまでのリスクを負わせるか。自分や味方を強引に撃ちに来たら、後衛の狙撃や履帯切りで、お釣りを多く渡せたら良し。 -- 2020-05-26 (火) 11:38:27
  • SU152乗った後にブラプリ乗ると単発にマヒしちゃう -- 2020-05-26 (火) 12:17:37
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White