Top > AMX 40


AMX 40

Last-modified: 2019-02-15 (金) 10:17:47


Tier 4 フランス 中戦車 AMX 40 Edit

amx40-min.png
QUACK! QUACK!

フランスのTier4中戦車。
その愛くるしいシルエットから、本家と同じく『アヒル』の愛称で親しまれている。
なお、PC版WoTでは軽戦車であるが、Blitzではあまりの重装甲の為か中戦車に変更されている。
長らく愛されてきたが、バージョン5.5.0でフランス戦車ツリーから消滅した。合掌。
参考動画:アヒルの生態頑張る搭乗員たち

 

基本性能(v5.5.0) Edit

車体Tier国籍タイプ耐久値
(HP)
車体装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
最高
速度
(km/h)
初期
重量
(t)
売却価格
(ゴールド)
AMX 40IVフランス中戦車50070/65/403521.86100 cra.png
 

武装

 
Tier名称発射
速度
(rpm)
弾種平均
貫徹力
(mm)
平均
攻撃力
DPM
(HP/分)
精度
(m)
照準
時間
(s)
総弾数弾薬費
(Cr/G)
重量
(kg)


IV75 mm SA325.22AP
HEAT
HE
74
100
38
120
105
140
626
548
731
0.462.3700000 cra.png
0000 cra.png 00 gda.png
0000 cra.png
1,520+20°
-7°
 

砲塔

Tier名称装甲厚(mm)
前面/側面/背面
旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
IVRenault-Balland80/60/60262302,500
 
射界全周
 

エンジン

Tier名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
IIISomua LM19020540
 

履帯

Tier名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
IVAMX 40 Bis25.23204,200
 

乗員

  1. Commander(Radio Operator)
  2. Gunner(Loader)
  3. Driver
 

派生車両

派生元:AMX 38
派生先:AMX ELC bis

 

開発ツリー Edit

AMX 38AMX 40
5,150fa.png
Gun.png
47mm SA34
Gun.png
47mm SA35
265fa.png
turret.png
Renault-Balland
1,100fa.png
Gun.png
75mm SA32
800fa.png
AMX ELC
bis

14,900fa.png
315,000cra.png
turret.png
AMX 40
engine.png
Aster
engine.png
Somua LM
400fa.png
suspension.png
AMX 40
suspension.png
AMX 40 bis
1,025fa.png
 

fa.png:必要経験値
cra.png:必要クレジット

 

解説 Edit

中戦車を名乗っているが、その分厚い装甲と足の遅さはやはり重戦車に近い。

装甲

前身から更に装甲が増し、同格ではMatildaと並んで最も防御力が高い。
単純な装甲厚で耐えるMatildaと異なり、ほぼ曲面だけで作られている為、安定して抜くには貫通力が120mm程度は必要になる。逆に撃ち下ろされると極めて脆弱になる。撃ち下ろされる恐れのある日本戦車・アメリカ戦車には注意が必要。

車体正面上部は避弾経始が強力で、狙いの甘い弾は格上でも弾く事ができる。
ただ、やはり車体下部に関しては実質垂直な為、M5 StuartのAPCRで抜かれる可能性がある。
よって、昼飯や豚飯を駆使し、なおかつ本車の火力を補ってくれる味方がいなければ、この防御力を最大限に活かしきる事はできない。
貫通力や精度に優れる砲で弱点を狙われると貫通されてしまうことも多いため、リロード中は弱点を容易に狙わせない小刻みな動きも必要になる。

 

主砲

47mm砲はいずれも使い物にならないので、改良砲塔・最終砲はフリー経験値で開発しておきたい。

  • 75 mm SA32
    本車の最終砲。
    単発火力160・AP平均貫通力74mmとTier相応のものを得るが、発射速度と照準時間が著しく低下する。
    精度こそ雀の涙程度に改善したが、依然として劣悪であり、照準時間の遅さもあって精密射撃は非常に難しい。
    同格以下ならHE弾でも貫通可能な敵が其れなりに居るので、AP弾と適切に使い分けて時間火力の乏しさを少しでも補おう。
 

機動性

20km/h台だった最高速度が35km/hになり、亀の這うような速度で移動する生活ともオサラバ……かと思いきや、やはりこれまでの戦車のアキレス腱であったアンダーパワーは本車でも健在。
大体の速度はやはり20km前後で、重戦車より遅い事も少なくない。
少しの上り坂でも速度が削がれやすく、5~10km/h程度に落ちてしまう程で、味方に追従する事すら困難を極める。
もちろん敵側面への攻撃はとても難しいので、基本的には正面戦闘を請け負おう。

砲塔・履帯の旋回速度も一部の重戦車並みに遅く、砲塔を改良するとむしろ砲塔の旋回性能が低下する有様。
快速戦車に機動戦を仕掛けられる事が多いので、周囲の状況には気を配りたい。DPMの低さも相まって、1対1で接近戦を仕掛けられる状況はできるだけ避けるべき。特に、格上の軽戦車や中戦車はこちらよりも、機動力も攻撃力も上なので、支援のない状況では、逃げることも出来ず撃破されることが多い。
本車が愛玩動物たる所以である。

 

総論

機動力・砲性能・偵察能力などを投げ捨てて分厚い装甲を得たものの、肝心のその装甲を活かせずに、割と簡単に撃破されるケースが多いという、悲しみを背負った戦車である。
特に格上戦場での無力感は半端ではなく、味方への依存度が非常に高い。
ともかく、味方の重戦車と共に行動する、味方の盾になる、の二つを基本的な方針として運用していこう。
味方の盾になる場合は、正面バイザー部を障害物で隠しつつ、小さい角度で車体を晒したり、その特徴的な砲塔部だけを晒す等で装甲を最大限活用していきたい。
そのようにして敵の射撃を誘い、ある時は履帯を狙ってアシストし、ある時は重戦車と共に敵の戦列にプレッシャーを与える…本車に求められるのはそんな戦い方だろう。粘り強く戦えば勝利の決め手となることも不可能ではない。
ただし、格下の中・軽戦車が多い試合では本車の装甲がまさしく一騎当千の活躍をさせてくれるので、ここぞとばかりに戦場の主役となろう。

軽戦車と名ばかりの低速車輌は此処まで、次からはいよいよ軽装甲高機動の正統派軽戦車が続く。

 

特徴 Edit

長所

  • 優れた装甲
  • アヒル
  • 相手を癒す

短所

  • 非常にトロくさい機動性
  • 使い勝手の悪い主砲

初期の研究

  • 改良砲塔と最終砲を用意しよう。47mm砲は無力である。また、75mm砲はBDR G1Bの初期砲と互換性があるため、B1から先に開発するといい。

歴史背景 Edit

詳細

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • アヒルの生態動画まで作ったのに消されてしもうた。かなc -- 2018-11-13 (火) 23:41:06
  • アップデートでアヒルちゃんがフランス戦車ルートから消えたんだけど -- 2018-11-14 (水) 06:58:40
    • アップデート内容くらい確認しろよ情弱 -- 2018-11-14 (水) 07:11:19
  • 性能はともかくアヒルらしい初期砲塔が無くなったのが悲しい -- 2018-11-14 (水) 12:19:06
    • アヒル砲塔にしておけばよかった、と思ったけど強制的に変更されるの? -- 2018-11-15 (木) 00:12:48
      • そりゃそうでしょ -- 2018-11-17 (土) 08:55:31
  • 長年…? -- 2018-11-15 (木) 09:41:56
  • 低ティアの貫通ナーフされたから前より強くなった気がする。金玉必須だけど。 -- 2018-11-17 (土) 08:41:32
  • みんなのアイドルを返せ! -- 2018-11-18 (日) 23:10:35
    • 運営という犬に狩られてしまったようだ -- 2018-11-22 (木) 01:59:08
      • バフという救いのアヒルたちがやってくるぜ、きっと -- 2019-01-13 (日) 18:05:50
  • こいつで初Mとクレとフリー経験値貯めたのはいい思い出… まぁ、今でも使ってるが -- Sophia? 2018-12-03 (月) 17:23:30
  • 裏取る足もないし貫通もない。ただのデコイ。 -- 2018-12-07 (金) 15:10:32
    • 装甲「そうか?」 -- 2019-01-13 (日) 18:12:47
  • 初期砲塔のアヒルっぽさがまた良かったのに…消されて亡くなってしまった (T-T -- 2019-01-13 (日) 20:02:40
  • この迷彩、似合ってるかな [添付] -- 2019-02-15 (金) 10:17:19 New
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White