Top > 王朝の真珠
HTML convert time to 0.013 sec.


王朝の真珠

Last-modified: 2018-06-27 (水) 09:46:53

全体マップ(4.5.0) Edit

DQ6rkXWWkAAts6S.jpg

 
その他マップ画像

特徴 Edit

公園も市街地もルートが多く、簡単に裏取りや挟撃ができてしまう。よってレミングスで一点に戦力集中は非常に危険。適度に分散しつつ互いにフォローできうる距離を意識することが肝要である。
感覚的には公園に行った方が活躍し勝てる印象がある。市街地方面は平地なのでLT,MTは活躍し辛く、割と狭いので混みがちになりやすい。
レミングスがかち合った際に敵の方がHT多めの編成だと溶かされるため、その際のLT,MTのヘイト分散が重要。

北西側 Edit

公式
市街地
マップ北西隅の古代宮殿を見渡せる街区は、低速の重戦車や駆逐戦車にとって、市街地を進攻する味方に支援をするのに極めて便利な場所です。
この孤立した場所では、敵はゼロ距離射撃を行うか後方に回り込むしかありません。ここからはモニュメントの台座が見えます。つまり、遭遇戦モードで敵が陣地を占領する妨害ができるのです。
その他
町側への極端なレミは裏どり→囲まれて負けになる事に注意。市街地ルートへ進んだ戦車は余裕があれば中央広場の高台あたりから公園に支援を通しつつ前線構築で粘る。

優勢戦では特に重戦車などの本隊は広場の方に展開して中戦車がBの基地付近でスポッター兼占領し、敵が広場側に来るようだったら即刻後ろ下がって引きつけて駆逐の射線通す、町側に敵が引きこもるようだったらすぐBの占領を終えて無駄に町側に乗り込まずにポイント差で焦って出てきた敵を撃っていく様な感じで進めていけば勝率が上がる。

 

中央 Edit

公式
街の中央には、台座付きのモニュメントが立っています。このモニュメントは街の経済的成功と富を体現しています。遭遇戦モードでは、この場所で陣地争奪が行われます。この区画を素早く制圧できれば、敵の攻勢を広場へと誘導して味方による集中砲火を加えることが可能になります。車高の高い車輌でも、台座を利用することが可能です。
その他
前線を張れる戦車は手早くスポットとって突出・孤立してる敵から囲って各個撃破、制圧後速やかに市街地の裏取りに向かうのが理想である。
また、中央付近の道路は一見ヒメルズと変わりないが、実は中央に向かってゆるい上り坂。それでハルダウンを取り、中央付近に集中する戦車に対し有利が取れる。

 

南東側 Edit

公式
泉のある公園
この公園では、容易に進路を変更したり敵の側面に奇襲をかけたりできます。このため、公園は中戦車や軽戦車の主戦場となることでしょう。この区画での戦闘に勝利すれば、高速の車輌たちはマップ上の市街地にいる敵の後方に進出できます。また、駆逐戦車は丘の上に陣取り、重戦車を支援することをお勧めします。
その他
噴水側への極端なレミングスは裏取り→囲まれて負けになるため、快速車両は真っ先に中央の台座で頭出しの視界確保+後から来た車両に前線を引き継いで横取りor裏取りをした方が安定する(中央に来た戦車同士がぶつかっても手前の通路のところで視界の取り合いになってそこが前線になる)。

 

進行ルートイメージ Edit

anmanai-images.jpg

戦術 Edit


MT,LTが多い場合

MT

街ではヒメルズドルフと違って直線的なマップでないため、能動的に動けば横(というより斜めに)重戦車を突くことが出来る。公園の方は視界が開けすぎて逆に立ち回りが難しいこともある。

公園に行きスポット、若しくは市街地側を快速車両で走行しながらHTと組んで挟撃するのもあり。試合中盤以降、敵味方とも数が減って来た頃が仕掛け時である。

HT

街中の路面電車を使い、豚飯する事。曲がり角前、後退出来ない時はぜひ使おう。
残念ながら本家のPVの様にT95が路面電車ふっ飛ばすことは出来ない。

TD

市街地側では、砲塔を持たない為苦労するとこが多い。待ち伏せの状態から先制攻撃出来る様、立ち回りを工夫しよう。
公園側では、広く射線がとれるため、MT,LTのスポットから射撃出来るように立ち位置に注意しよう。



HTが多い場合

MT

公園側、もしくは少し危ないが占領地から視界をとり、敵の戦力分布をよく確認した上で、側面や背後をとってハラスメント攻撃をしてみよう。入り組んだ地形が多く、視界を遮るものが多い形状を活かして敵HTをぺちぺちとうざったらしく刺して、一方的にニヤニヤしながらスコアを稼いでいこう。
但し、マップの主戦場からの距離が近いため、スポットされてパスパスとHTや控えているTDから大ダメージを貰わないように被スポットは常に頭の隅で気にしておくこと。

HT

焦りは禁物である。路面電車や壁を利用した豚飯、坂を利用したハルダウンで常に防御に重点を置き、ゆっくりラッシュの機会を伺おう。
HTにとって戦いやすいマップの特性上、せかせかと詰めていくと的になる可能性が大きくなる。
耐え、相手の装填時間を狙って落ち着いて攻撃すること、そして裏取りの警戒をすること。この二点を抑えておけば、それなりに戦えるだろう。

TD

運がなかったと嘆くべきである。
このマップでは開けた方へ行けば数少ないとはいえMTに見つかり、街ではマップの特性上待ち伏せ攻撃は難しい。
HTが多かった場合、街で味方HTに並走し、味方HTの影にひっそりと息を潜めて隙を見て課金弾なり大口径HEなりでHTの撃ち合いを有利に進めてあげるか、ブンブンと走るあの忌々しいスポられるわNDKされるわの敵MTに壁の多い地形などを利用して、日々の鬱憤をボカンとぶつけるのが良いだろう。
(どちらにせよ、本来の芋って狙撃のスタンスからは離れるが。)



TDが多い場合

MT

本来、このような場合両手を挙げて「わーい、エサが盛り沢山だ!!」
と喜ぶべき編成なのだが、このマップにおいては入り組んでいるために気をつけていないと先回りされて痛い一撃を食らう可能性が高い。
更に車体を擦り付ける壁も多いこのマップでは、敵TDにNDKを狙うよりは狙撃でぺちぺちしていき、逃げ道を確保しておくのが安定するだろう。
スポットをし、そして落ち着いて、マップをよく見て敵の戦車が何処にいるか冷静に見つめ、よく考えて判断してから動こう。公園側が戦場になった場合、早々とMTが死んでしまえば目がなくなり、仲間が一方的に撃たれてゲームオーバーだ。

HT

やることはあまり変わらない。街で昼飯の角度を取りつつ前進である。若しくは、味方が公園へ行くようなら盆地型の地形を利用してハルダウンもできる。身を隠すことに重点を置けば選択肢は幅広い。
ばったり敵TDと目があって、「こんにちドーン」されないように視界が何処まで通っているか気にしながら、お宝探し染みた雰囲気を楽しみつつじわじわと詰めてゆこう。あまりのんびりしていると柔らかい戦車から次々と昇天していくので、盾であるHTの本領発揮と言ったところだ。

TD

狙撃、待ち伏せ。以上である。敵TDとのダメージレースと言っても過言ではない。TD乗りの腕の見せ所である。街が戦場になったならば装填時間を狙って確実に敵HPを削っていき、公園ではマップの特性上被スポットは確実と言っても過言ではないが、それでも自分の被弾を最小限に抑えるためにスポットされればすぐさま隠れ、かつ射撃機会は一回たりとも逃さないように神経回路をフルに使って行動すべきだ。MTとの単発交換も視野に入れるべきだろう。
この場合如何に迅速に敵を溶かせるかに勝利がかかっているので、どんどん積極的に敵に砲弾をプレゼントしていこう。なに、出し惜しみはする必要は無い。砲弾費なら敵がスコアとEXPで涙を流しながら支払ってくれるだろう。



コメント Edit

コメントを書き込む