機械技師

Last-modified: 2021-06-07 (月) 04:52:14

機械技師

本名トレイシー・レズニック
通称技師
属性解読型

所持アイテム

機械人形通称:ロボ/ロボット
人形と人との違いはないが(本体の人格は反映されない)、負傷すれば(合計1ダメージで)壊れる。ロボットが解読中だと直接操作していない状態でも電池を消費する。電池の切れたロボットはマップから消失する

外在特質

機械操縦機械人形を操作する時の電池消費が33%減少し、ダウン中かロケットチェアに座っている時により多く消費する
虚弱板・窓の操作速度が30%低下する
機械マスター自身の解読速度10%上昇し、操作しているときの機械人形の解読速度が25%上昇する(機械人形は操作していないと100%なので注意)
仲間の解読速度が3%上昇する(機械技師自身を含む)
臆病仲間が負傷またはロケットチェアに拘束されていると解読速度が35%低下し、ゲート開門速度が15%低下する(上限2人分)

対機械技師の攻略ページはこちら

PV

長所

  • 全サバイバー中2位の解読速度を誇り、自身とロボットでそれぞれ解読できるため、解読速度が非常に速い。
    • 地味な効果ではあるが機械技師が参加しているとサバイバー全員の解読速度もそれぞれ3%上がるので実質的にチーム全体の解読速度が12%向上することになる。機械技師がデバフを受ける状況を避けることが出来れば囚人やアイテム使用時の踊り子ポストマンなどの解読速度が100族よりちょっと高い程度のサバイバーを採用するよりも有用。
  • 自身がダウンおよびロケットチェア拘束時にも解読ができる
    • 2020年4月、2021年5月のアップデートと2度も弱体化調整が行われたが、この点は弱体化後も変わらないため、徒歩型ハンターからするとファスチェ分の解読遅延を無駄にされやすく、十分脅威になりえる。ロボットの解読速度は下がっていないため、現在でも十分解読に貢献できる。
      これは吊られたら終わりの他の解読キャラとは比べ物にならない長所であり、解読キャラの中では最もパーティに入れることに意味があるサバイバーであることは弱体化後も揺らいでいない。特に「虚弱」のデバフが痛く即死しやすい機械技師にとってこれはかなりありがたい。
    • 他の解読特化サバイバーと違い36に振っての救助に向かいやすい。救助に成功さえすれば、DDしたとしても解読が出来る。無能力で救助に向かう都合上、難易度は高めな点にのみ注意。
      • 場合によっては通電に向けて救助職の危機一髪を温存することもできる。負荷をバラ撒かれた後は本体解読が絶望的になることもあるので、2負傷で負荷が掛かる前に1度目の救助に行く場合や(機械技師本体の負傷は解読デバフが掛からない)、2~3回目あたりの救助に行ったりと状況による。
      • 仮にそれで機械技師本人が狙われて即ダウンしようともロボットが無事なら解読可能なので、いっそのことチェイス能力を捨てて危機一髪を採用しても問題が起きにくいのは大きい。
      • 救助が苦手な解読型が9枠を圧迫してしまい、占い師などの9を取りたいサバイバーが6を取らざるを得なくなる、といった負担も機械技師には起きない。
  • 他の解読特化サバイバーと違い「指名手配」による居場所バレもロボットから離れていれば解読が進められる(本人が狙われる危険性はある)。
  • 短所にもある通り「焼入れ効果」に弱めだが、他の解読型と違いロボットさえ狙われなければ十分貢献可能。そもそも焼入れ効果が発動しているということはそれまで機械技師の解読デバフもかかっていないということであり、弁護士らと異なりこれを起点に機械技師を狙うのはやや相性が悪い。
  • ロボットを使えば離れた場所から安全にゲートの解放が可能。こちらは調整が発生しないので、一度ゲートに振れれば勝手に開けてくれる。
    • ただ、弱体化後は終盤までロボットの電池が残っていること自体が少ない。ロボットはあくまで解読メインで、ゲート解放はたまたま電池が余っていたら狙う位で良い。
  • 解読と治療を同時に行える(他にこれが可能なサバイバーはバーメイドのみ)。
  • ロボットは虚弱や臆病、ハンターの特質の影響を受けない。
    • しかし弱体化後はリモコンの耐久力の減りが早いため、技師本体が暗号機を回すことも求められやすい。
    • ハンター側の「パニック」や補助特質の「監視者」による解読速度低下の影響を受けない。
    • ロボット操作時でも「寒気」によるハンターの方角は表示される。
    • ロボットにカラスが集ることもない。場合によってはロッカーに隠すのも手かもしれない。
  • 機械技師が脱落した後もロボットは壊されない限りその場に残るため、耳鳴りでの索敵を妨害できる。
  • 狂眼のコンソールをロボットに解除させた状態で自動操縦状態にするとエネルギーが無くなるまで操作中のコンソールを封鎖できる。
    • 解除中はリモコンの耐久力が減らない。どちらかと言うと機械技師本人よりは遺品としてリモコンを拾った味方の利用方法として有力だが、機械技師が苦手とする狂眼が来てしまった時の対策法としては一考の余地がある。
      • コンソールを解除するたびに勇敢の演繹点を200点獲得できるため、協力狩りでは安全を確保しつつローリスクで得点を荒稼ぎできる。勇敢は比較的得点を獲得しにくいカテゴリなので相手に狂眼が居るのであれば極力狙っていきたい。
  • かわいい
    • 赤ずきん衣装やIdentityV初の水着衣装等、コスチュームに恵まれている。

短所

  • とにかく複雑なキャラなので初心者には向かず、ロボを使いこなせなければ話にならない。だからといってロボだけを操作していればよいわけでもなく技師本体にも気を配らねばならない
    間違ってもロボの操作に夢中になって本体の頭上にカラスをたからせ続けるなんてことのないように。
    一方でロボットは自動で調整をしてくれないため、解読中に放置してしまうとバチってロボットの居場所がバレてしまう。そのため、両方の居場所がバレないような細かい切り替え操作が要求される。
    • 全サバイバー中でもトップクラスに重要な役割ではあるが、やってることが単調かつ周囲の警戒を要するというものなので、操作していて楽しいというより疲れてくるキャラクターでもある。
    • かつてはロボをメインで操作して本体は強ポジでカラスをたからせるという戦法も流行ったが、今現在は本体もある程度は頑張らないとやや厳しい。
    • 練度が足りなかったり、スポーンが悪いと極めて事故を引き起こしやすいため編成によっては機械技師を採用しない方が良い場合もある。
      仮に吊られてもロボで解読できるとは言え、存在感が溜まったハンターに味方がそれ以上の速度で倒されるようであればそれまでであり、機械技師の負け筋になりやすいパターンである。
      そういった状況を懸念するのであれば機械技師ではなく最初から吊られにくい、存在感を献上しにくいサバイバーを採用することに越したことはない。
      今の機械技師はとりあえずパーティに入れておけば良いという強さではなくなっているため、周りの編成やマップを見て空気を読んで無理に機械技師を使わないように注意。
  • 立ち回りが人によって千差万別であるため自分に合った立ち回りを確立するのが難しい。
    • 弱体化以降様々な立ち回りが研究されてきたため、機械技師のランカー同士であっても全く異なる動きをしていることも珍しくなく、参考にすることが難しい。このページに書かれている立ち回りの項目も一例に過ぎず、絶対に正しいとは言い切れない。
      機械技師はただでさえ操作難易度が高いサバイバーであるにも関わらず、実用的なレベルまでPSを高めるには途方も無い試行錯誤を要求されるのである。決して殿堂級で占い師と傭兵を先に取られたので自分は機械技師を使う…という軽い気持ちで使用してはならない。
      36での救助に向かいやすいとはいえ、無能力で立ち向かわねばならないので、救助に関するPSも磨く必要がある。
      • その分、極めた時のパフォーマンスは全サバイバー中でも最高だと言える。もちろん苦手なハンターに対しても戦えるほどのPSがある前提ではあるが。
  • 2020年4月のアップデートによりロボットの電池が非常に早く切れるようになってしまった
    • 操作/自動解読出来る時間は約3分で、自身が吊られている時は電池の消費量1.5倍になり、更に短くなる。
    • 一度も狙われなければロボに2台上げさせることは可能だが、2台上げた後にゲートもロボに開けさせるとなると通電時の位置も調整しないと若干厳しい。
      • 1回でもロボットを壊されると、暗号機を1台上げることすら困難になってしまう
  • 殿堂級では占い師祭司傭兵に次いでBANされやすい
    • ロボットは弱体化したが暗号機を上げるスピードは変わっていないので、以前ほどではないがBANされる場合がある。
    • 機械技師をBANされたからと言って他の解読職を採用すると味方が不利になるケースが非常に多いため解読職以外のサバイバーも練習しておくことを勧める。
  • 長期戦に弱い
    • 電池の消耗が早くなった弊害で長期戦に大変弱くなってしまった。夢の魔女写真家狂眼が相手だと後半戦がジリ貧になることが多い。
  • 味方が機械技師の特質を熟知している必要がある
    • 味方が開幕早々に負傷して本体に重い解読デバフを掛けられたりロボがチェイスに巻き込まれて壊されたりすると、各種デバフによりまともな立ち回りが出来なくなってしまう。機械技師自身に高い実力があったとしても味方の理解が無ければ活躍は難しい。
      • 特に技師と囚人の組み合わせが現在の爆速パの主流とされているが、このパーティは囚人を使うプレイヤーの練度が足りないと上記のリスクが起こりやすく爆速パのメリットが全く機能しない。野良で組む場合過信は禁物。場合によっては囚人に他のサバイバーを使ってもらうよう伝えた方が良いだろう。
    • ロボットが無事な状態でチェア拘束されても、即救助されたら1台も暗号機が上がりきらない。そのうえ拘束中にチャットでロボットの解読場所を伝えても、それに気づけず上がり切れなかった暗号機がそのまま放置される、などといった「拘束中にも解読できる」利点が野良の試合では腐りやすい。
  • 血の女王白黒無常に対して致命的に弱い
    • これらのハンターは遠距離から暗号機を攻撃できるスキルを持っているため、ロボを壊されたり本体がチェイスに入りやすい。
      また、上記の通り、ロボを1回でも破壊された時点で機械技師に出来ることがほとんど無くなってしまう
      ロボを破壊されなければ解読に関しては仕事出来るので、ロボ解読を始めるタイミングは慎重に選んだ方がいいだろう。
      • もっとも周りの味方がチェイスを引き受けたりチャットを徹底するなど機械技師をサポートできる場合は以前のままとはいわないが活躍を見込める。
        血の女王か白黒無常のどちらかは必ずBANから漏れるので、機械技師を扱うのであればこの2人に対しても立ち回れるようなPSが必須となる。
  • ハンターの内在人格「焼入れ効果」にやや弱い。
    • 他のサバイバーがチェイスで時間を稼いでくれても、効果発動後タゲチェンされて追われてしまう可能性が高い。
    • ロボットは焼入れ効果で表示されないが、発動中にロボ解読をしていると
      「誰もいないのに暗号機が揺れている=ロボットが解読している」
      となるので間接的に位置がバレてしまう。試合開始から無傷で50秒経ちそうになったら警戒しよう。
      • とはいえ焼入れ効果で狙われる頃にはある程度解読が進んでいることが多いと思われる。誰かが負傷後にロボットの解読を進めるのであればロボットが見つかる心配もないため、最悪狙われてもある程度解読で貢献できる。
  • 昆虫学者との相性が悪い。
    • タゲチェンを誘発しやすい昆虫学者が味方に居ると相対的に機械技師がチェイスを引きやすくなってしまう。
      そもそもハンターによっては昆虫学者にダメージを与えて臆病デバフを発動させることすら困難であるのでそう言った意味でもタゲチェンされやすい。
      占い師がBANされた状況で頻発するが、味方に昆虫学者がおり、更に救助職が2人居るという編成の場合は機械技師以外を使用して解読加速まで粘るようにした方が安定しやすい。
  • ロボットには人格が適用されない。
    • 例えば「自らを欺く」を採用していても、ロボットがバチるとハンターに通知がいくため注意。
    • 「火中の栗」が乗らないので、電池切れが早くなった現状でキャンプ中のハンターへの救助は厳禁。
    • ただしハンターの「パニック」や「独占欲」等のサバイバーへ効果を与える人格も適用されない。
  • 「虚弱」の影響で本体のチェイス能力はサバイバー最弱。ロボットを隠す前に見つかることは死を意味する。そのためスポーン位置の把握は必須技能。最低でも各マップのデススポーンは覚えておこう。
  • 味方が負傷すると解読効率・ゲート解放速度が大幅ダウン。仲間がミスを犯すと開始早々デバフを食らう羽目になる。
    • 具体的には、非解読加速時の解読速度が1人負傷で78%(傭兵相当)、2人以上負傷で43%となる(上限2人分)。43%は野人をも優に超える全サバイバー中最下位の解読速度である。
    • この状態のデバフは凄まじく、技師以外の誰かによる1人解読と技師本体+技師以外の誰かの2人協力解読の時間を比べると、調整が全て完璧判定でも数秒しか差が出なくなる*1
      • 寸止めされていた暗号機の通電すらタイミングを外しかねないため要注意。
      • ちなみに0.5ダメは負傷状態として認識されない。
    • ゲート開放速度は、1人負傷で85%。2人以上負傷で70%。
  • リモコンを使い切ってしまうと板窓デバフ30%持ち+臆病による重い解読・ゲート解放デバフ持ちとなり、足を引っ張ってしまう
    • かつては「機械技師はロボットが本体」と冗談で言われていたが、アップデートにより最悪の形でそれが証明されることとなった
      実際のプレイでもそういった心意気で行かないと周りが負傷している中で何もできなくなってしまう。ロボットは大切に扱おう。
    • アップデートにより機械技師本体よりもロボットの方が解読速度が速くなっているため、本当にロボットが本体と化しつつある。
  • 協力狩りではロボットとの協力解読で開幕から多くのポイントを入手できるが、人数が多く常に誰かが負傷していることもざらなのでデバフ特質により本体での解読はかなり厳しく、中盤戦以降は本体での解読はほとんど進まなくなる点と、チェイスの巻き込みが多くロボットが壊されやすかったりするため立ち回りが難しい点があるので、勝利を目指す場合は周りの練度に合わせてピックするかどうか検討したほうが良い。
  • 背景推理の難易度が高い。
    • 多くがロボットに関連しているため。ロボットでの治療・救助・ゲート開放など。大人しくBot戦を利用する方が無難である。
       

立ち回り

  • 2020年4月の弱体化前と同じ立ち回りだと間違いなく地雷となるため、弱体化後の立ち回りを把握しておくこと(正しい立ち回りを行えば現在の環境でも非常に強いキャラである)。
    機械技師は解読バフを持つキャラを2人動かせること、吊られている間もロボットで解読できる点から、最強の解読キャラとされている。その分、必要な技術や立ち回りが多いが、使いこなせれば全サバイバー随一の速度で解読が可能だ。
    ただし、ロボットの操作可能時間は3分(状況により多少前後する)で、序盤にロボットを壊されてしまうと暗号機1台上げるのすら難しくなり中盤戦以降は各種デバフ持ちの貧弱な本体のみで立ち回ることになる。こうなると勝利自体が困難になるので如何にロボットを壊されないよう大切に扱うかが立ち回りの要となる。
  • サバイバー人格「寒気」はほぼ必須。
    • 強烈な板窓デバフのせいでチェイス能力は最弱クラスのため、なるべくハンターの位置を察知して見つからないような立ち回りをしたい。
    • 前述の通りロボット操作時でも機械技師への寒気の効果は表示される。ハンターの接近に気付けるようになるので、ロボット操作時に不意を突かれる危険性が減る。
  1. 開始時
    • 最低限の立ち回りとして試合開始直後にロボットを出そう。ロボットを出した際、ロボット自体は2秒ほど操作不能なため、まずは本体の移動を優先させる。
    • 2秒経ったら、出したロボットを暗号機の近くに隠し、本体は別の暗号機まで移動する。弱体化以前はロボ解読しつつ本体移動が主流だったが、現在はロボットを一度でも壊されるとまともな立ち回りが出来なくなる。ロボが見つからないように細心の注意を払うこと。
    • 当然ながらチェイス中にはロボットを出す余裕はなく、出せてもまず壊される。最低限ハンターに遭遇する前にロボットを出し、ロボットから距離を離しておきたい。

  2. 初手の解読
    技師の解読には主に以下の2パターンある。
    どちらかが完璧な正解という訳ではなく、どちらもポピュラーな動き方である。ただし初手二台解読は解読がとても早いが、3秒解読に慣れていないと電池の消耗が激しくなったり逆に解読が遅くなったり長期戦に厳しいデメリットもある。
    1. スポーン近くにロボを隠し、本体は離れる。別暗号機を本体解読。仲間の負傷後にスポーン近くの暗号機をロボ、別暗号機を本体で二台解読を始める
    2. スポーン近くにロボを隠し、本体は離れる。別暗号機を本体解読。初手からスポーン近くの暗号機をロボ、別暗号機を本体で二台解読を始める

      注意点

      • 上記の立ち回りは引き継ぎを分かっていない、引き継ぎの意識の低いランク帯だと無駄解読が生じ易く若干リスキーなので注意
      • 本体がロボから離れすぎた暗号機を解読すると、本体解読していた暗号機をロボが引き継ぐ時に散歩してしまい電池消費が多くなってしまうので注意
      • どちらもロボの電池をなるべく節約しつつ『ファスチェで早々に負傷してしまうと機械技師本体だけで暗号機一台を上げ切る時間が長くなること』や、『最初の救助は機械技師が行くパターンも多いこと』を踏まえた上での立ち回り。
        同時解読は悪という風習は十分に広まったが、機械技師に関しては状況次第で柔軟に立ち回る必要がある。
      また、二台解読に慣れていない場合はロボを隠して仲間負傷まで本体解読し、負傷後にロボに引き継ぎさせる手もある。
      しかしファスチェの場合にロボから離れられなかったり本体とロボが同じ場所に居る状態になり巻き込みやタゲチェンされた場合にロボが壊されやすいのでリスキーな立ち回りになる。

  3. ロボ解読について
    弱体化以前はロボット解読優先だったが、現在は万が一でもロボットが見つかってはならない。ロボットの解読は慎重に行おう。
    • ロボットは操作時に始めた行動を操作切り替え後も続ける機能があるため、解読も判定を失敗するまで自動で行ってくれる。これを活かして本体との二台解読が可能であり、「本体で3秒解読→判定の出現を防ぐためロボットを一瞬暗号機から離し再び解読→本体で3秒解読」を繰り返すのがおすすめである。
    • 機械技師のデバフにより2人以上負傷していると本体の解読能力はほぼなくなるため、そのときはデバフの影響を受けないロボットの解読に集中しよう。(ロボットを見ている間の解読効率は125%)

  4. その他の解読について
    • 弱体化前の立ち回りとして、負傷後に機械技師の解読が厳しく初手救助にも行く事が多いので同時解読するというものがあった。現在では少しでも未負傷時間に本体解読するために譲って貰い(解読デバフが付いた後でもロボで後に引き継げるため)、仲間1負傷後もフィールド上では四人解読している状況が好ましいとされている。ロボットの場合は特に暗号機を譲ってもらおう
      • ただし、非常に早い負傷の場合は仲間と初手同時解読するのもアリ。
    • ロボットや本体で最初の1台を上げた後は、チェイスを受けた・救助に行ったキャラが途中まで解読した暗号機、もしくは本体で解読していた暗号機のどちらか近い方を引き継ごう。近くに他のキャラが吊られている場合を除いて引き継ぎをせず新しい暗号機を解読するのは避けよう。(どこで誰が解読していたかわかるようにチャットはしっかり見ておく必要がある)
    • 無傷の傭兵が1ダメージを受けた場合、負傷状態が反映されるまでに時間がかかるので、デバフがかかるまでの間は本体で解読すると効率が良い。

  5. チェイスについて
    • チェイス能力は文句なしに最弱。デバフが重すぎるので「割れ窓理論」を採用しても焼け石に水な場合が多い。機械技師がチェイスで時間を稼げれば、その後ロボットでの解読が出来るのでかなり戦況が有利になるが、よほど自信がない限りはお勧めしない。
    • ハンターに見つかった場合、ロボットから離れるように逃げること。36うたた寝型の場合は極力板窓操作を避けるようにしよう。恐怖の一撃を食らってロボットの近くでダウンするようなことは避けるようにしたい。

  6. その他の立ち回りについて
    • 必要であれば救助もしよう。傭兵などの救助職が救助に行けない場合、代わりに行くのは技師の場合が多い。吊られても解読できる→チェイスの重要性が低いため危機一髪を取りやすく、救助時に椅子の近くで待機してる間も解読することができるためだ。ただし、ダウン・拘束中は電池の消耗速度が1.5倍になるので電池の残り具合によっては他のサバイバーに譲ろう。「ついてきて!」や「手を貸して、早く!」を打つと同時解読して欲しいことに気付いてくれるかもしれない。但し「手を貸して、早く!」チャットは梟消費前や仲間ダウン後には違う意味になるので注意。
    • 弱体化以前の立ち回りではダウンまで肉壁しようがダウンしたことによるデメリットは殆ど無かったが、現在は電池の減りが非常に早い為、通電が見込まれない救助や初手救助での肉壁は厳禁。
    • 以前なら通電前ゲート近くにロボットを隠しておき、通電と同時にロボットで解読という戦法が有効であったが、現在はそこまで電池が保つこと自体難しくなった。
    • 遠隔操作をする関係上、仲間が治療を求めて傍に寄っても気づかない場合があるので、操作に気を取られ過ぎないように。仲間が「手を貸して、早く」などのチャットを打っていたら一度視点を本体、またはロボットに切り替えて治療してあげよう。

  7. 注意事項
    • ハンターが攻撃する時にロボットを出し、盾にすることで攻撃を防ぐロボガードという技術があるが、これをするために初手でロボットを出さないという行為は絶対にやめよう。偶然できる状況であったら使うというもので狙ってするものではない。
    • 万が一ロボガードをする時は極力健康状態で行う。ロボの近くでダウンするとロボの操作が出来ない風船攻撃で簡単にロボを壊されチェアに縛られる上にロボも壊される最悪の事態となる。ロボは技師本体の背中側に出るので、ハンターとの位置取りに気を付けること。
    • 「機械人形で仲間の救出」などという背景推理があるが、これをしていいのは基本的にゲート開放後に電池の余裕があるときだけである。通常の救助時にはキャンプをされていればほぼ確実に壊されるため、ダウンしてもいい本体で救助する。ロボットは大切に扱うこと。
      • これは普通に人格を組んでいればまず持っているはずの「火中の栗」がロボットに反映されず救助に時間がかかる点も大きい。
    • ファースト救助された後にハンターから殴られ赤枠状態になった際、本体を放置しロボの解読操作を優先するのはNG。本体がそのまま殴られ続けてハンターの存在感が溜まりMAXになってしまうと、白黒無常彫刻師等ハンターのキャラによっては手が付けられなくなるからだ。
    • 通電間際で機械技師が救助に行く時ロボットには解読させない方が無難。本体が救助の攻防に集中してる間にロボットが調整失敗し寸止め作りが間に合わない、救助狩りされ風船状態になった時に操作不能になったロボットが勝手に解読を終わらせ通電させてしまう等の事故は絶対にあってはならない。
    • 機械技師本体が写真世界にいる時はロボの操縦が出来ない。また、写真世界にロボの鏡像は出ない。現実世界でロボの操作をしているとロボ操作時の「ジジジ...」という音が写真世界に聞こえてしまう。ピンポイントで奇襲されるので細心の注意を払おう。ちなみに技師本体が写真世界にいる時にロボを壊されてもハンターへ通知はいかない。
    • ロボットは監視者の影響下でも解読速度は落ちないが、ハンターへの通知は行き続けるので注意。

  8. 味方に機械技師がいる場合
    • 他の解読キャラ同様に狙われないよう率先してチェイスを担当するのが良いが、心眼囚人と異なり、負傷状態に陥るだけで機械技師の機能は落ち始めるので、なるべくダメージを受けるまでの時間を伸ばしたい。ロボットが壊れやすくなった分、機械技師本人も解読を頑張る必要があるためである。とはいえ1人も負傷者を出さない時間を伸ばすのは難しいので、最低限2人以上負傷する状態を防げれば、機械技師本人が解読しやすくなる。
      • 早い段階で2人も負傷状態に陥ると機械技師の機能が一気に低下するので、ファスチェを引いたサバイバーの傍で粘着行為をして余計なダメージをもらうなどの行為は絶対にしないこと。
      • 負傷状態の仲間を治療できる場合、余裕があれば治療しよう。2人負傷状態から脱するだけでもある程度本体解読が優位に進められる。時には本体またはロボットの近くで「手を貸して早く」か「治療優先」を打ち、機械技師にも治療を要求しよう。
      • 1人飛んでしまっても、残りの2人が無傷なら機械技師の解読速度は通常通りに戻る。状況によっては見捨てを選択し、負傷している仲間の治療を優先して立て直しを図ろう。
    • 機械技師と組むサバイバーだが、中でも「囚人」の組み合わせは相性が良い……という風潮が広まったせいか、機械技師がいると祭司傭兵占い師を差し置いてピックするプレイヤーが多いが、両者がVCで繋がってもいない限りこの組み合わせは非推奨。野良では極めて連携が取りにくく、どちらか片方の連携が崩れただけでもかなりガタガタになりやすいためである。それよりかは先に挙げた3名のサバイバーで固める方が解読デバフがかかりにくいので、遥かに効率が良い。
      • 弁護士冒険家は上手く立ち回れば負傷しにくいが、機械技師がチェイスを引く確率が上がるので野良だとやはり相性が悪い。解読型で固めるよりも味方が負傷しにくいチェイスキャラを選ぼう。狙われると負傷しやすい画家は機械技師と一緒にしない方が良い。
    • ファスチェを引いた場合、チャットでハンターの位置を伝えること。ロボットが壊されるだけでも戦況は一気に不利になるので、ロボットを安全な場所に運べていないであろう開幕で機械技師を巻き込まないよう注意したい。
    • 開幕はなるべく機械技師に解読を譲ること。解読デバフが乗った機械技師に限っては協力解読を行って良いので、後半は積極的に協力しよう。
    • 救助役として機械技師が率先する場合もあるが、これは仲間が救助に行ったが故に2人負傷状態に陥るのを避けられるからでもある。無傷で救助できる術を持つ救助役が救助を請け負う場合は、その手段を惜しまずに使っておきたい。機械技師本人は救助が得意ではないので、救助狩りに強いハンターの場合は救助役を変わってあげても良い。
    • チェア拘束されたがロボットが無事な機械技師の場合、なるべく即救助は避けること。ガードNo.26などの救助狩りが得意なハンターの場合は例外だが、その場合は無理に助けるよりかは9割救助もしくは見捨ての方が良いかもしれない。
      • 逆にロボットが壊された機械技師の場合は他のサバイバーと同様の扱いで良い。無理に助けたところで解読に貢献できる可能性は低いので、この場合も見捨てで時間を稼ぐのも選択肢に入る。「うたた寝」を採用している場合はわずかながら時間を稼げる。
    • チェア拘束中の機械技師がロボットで解読を行っている場合、そのチャットを見逃さないこと。受難が発動しているならロボットの位置も把握しておくようにしたい。ロボットの配置もしくは椅子の耐久値によっては暗号機が上がりきらない場合がある。野良の場合、せっかく拘束中に解読した暗号機があるのにそれをスルーされて歯がゆい思いをした機械技師が多いと思われるので、上がり切らなかった暗号機は引き継げるようにしよう。
      • 電池が残っている場合、暗号機の傍にロボットがいると思われるので、どこで解読していたかは判別しやすい。また、忘れられがちだが機械技師のリモコンは電池があれば椅子の跡地に残っているので、拾うことで引き継いだり場所を把握することは可能である。
    • 通電後に誰かが負傷している場合は、ゲートの解読速度も下がるので代わりに開けるのが良い。うまくロボットでゲートが開けられる場合もあるので、この時もチャットは見逃さないようにしよう。
       

Tips.

  • 仲間へのロボ治療は、一度回復モーションに入れば本体に視点を戻しても自動的に行える。
    ※本体への治療は自動で行えない
  • 仲間から治療を貰っている時リモコンを触ると、治療の手が強制的に離れてしまうので注意(操作中はOK)。
  • ロボを操作している方面から「手を貸して!早く!」とチャットが来た場合、ロボから治療を貰いたい仲間がいる場合がある
  • 携帯品の狩人の矢立てを装備しておくと、ロボットに黒いフードが付き配色が暗くなり隠密性が増す。
    • 湖景村レオの思い出等の暗いマップだと影に紛れて見つかりにくくなる。
    • マジカルステッキを使うと逆に目立ち安いので、ランクマッチでの使用は非推奨。
  • 衣装をデスノートコラボの「弥海砂」にした上で携帯品「カメラ」を装備すると、ハンターの内在人格や補助特質「監視者」や白黒無常の無住涅槃や血の女王の鏡像等で表示されるシルエットがほぼ瓜二つになり、距離や角度によっては本体とロボットの見分けがつかなくなる。
    ただし、ロボットの衣装のメイン色が白なので隠密には向いていない。
    • ロボットの仕草も女性サバイバーと同じものになるが、性別は男性扱いなのでカウボーイと組む際は注意しよう。
  • 以前は永眠町の電車にロボットが轢かれると壊れてしまったが、アプデで壊れずにスタンするようになった。
  • ロボットで仲間を治療中に機械技師本体が他の仲間の治療で回復するとロボット側の治療進捗が何故か減ってしまう不具合が起こることがある。傭兵の治療中などで発生すると結構致命的なので注意したい。
     

ロボットについてのまとめ

  • 性能関連
    • 機械技師はダウン時、チェア拘束時にロボットの操作ができるが電池消費量が増える。
      機械技師以外のサバイバーはリモコンを持っていてもダウン時、チェア拘束時にロボットの操作ができない。
    • 風船拘束時は操作不能。
    • 治療・解読操作は中断しても調整に失敗するまで動き続ける。
    • サバイバーの内在人格が反映されない。「寒気」は技師本人にハンターが近づかれた際の表示が反映される。
    • ハンター側の内在人格が反映されない。「パニック」による解読低下も無ければ、「焼入れ効果」によりロボットの居場所がバレることはない。ただし「フクロウ(調整範囲-30%)」は機械技師本人の近くにハンターがいる場合(キャンプ中など)に反映される。
    • 例外で「耳鳴り」には反応する。機械技師が脱落してもロボットは残り続けるため、索敵妨害になる。
    • 「監視者」による解読低下の効果を受けない。ただし、居場所を知らせる効果は反映される。
    • 機械技師本人の「虚弱」・「臆病」のデバフ効果を受けない。板窓操作のバフ・デバフは無し。
    • 暗号解読速度は操作時は125%、自動操作時は100%。自動操作時に調整が発生した際に対応することが出来ない。
    • 機械技師がダウン・拘束状態ではない場合、理論上2台分の解読が可能。
    • ロボット操作時開始時と操作解除時の音は離れた場所にいる他のプレイヤーにもはっきりと聞こえる。至近距離で操作している場合、ノイズのような機械音が聞こえる。
    • ロボット操作時にチャットを打つと、レーダーにはロボットの方角が表示される。
    • 放置してもロボットの頭上にカラスが舞うことはない。
    • ロボットの操作はカラス避けにはならない。
    • 耐久力は1ダメージ分で、0.5ダメージを2発食らえば壊される。壊されると断末魔が聞こえるので、他のサバイバーも認識可能。
    • 一度壊されると電池の量が半分ほど消耗する。
    • ロボットを攻撃してもハンターの存在感は溜まる。
    • ロボットが壊されると数秒後に機械技師の居場所がハンターに通知される。
    • ロッカーの中に入れることが出来る。ただし、機械技師が危機一髪の効果発動中は入れることが出来ない。
    • 機械技師はリモコンを手放すことも可能=他のアイテムを所持できる。
    • 機械技師が脱落した後はリモコンが残るので、アイテムが持てるサバイバーならロボットを操作可能。
    • ロボットはアイテムを所持したり、箱からアイテムを取り出すことができない。
    • 声がなぜか幸運児傭兵と同じ。
  • サバイバー関連
    • 祭司のワープに入ることが出来ない。
    • 祭司の長距離ワープで呼び掛ける際、視察呼び掛けモードの場合は選択に入っていない。しかし直接呼びかけモードの場合は受け取れる。通電後等でわざわざ全体呼びかけにしている場合はゲート付近にいるロボに呼びかけている可能性がある。
    • カウボーイの縄で担ぐことが可能。性能的には男性扱い。
    • 弁護士の地図、心眼の重叩きでの位置確認にロボットは反映される。
  • ハンター関連
    • 復讐者の影、パペットの攻撃対象になる。
    • 結魂者の蜘蛛の糸に触れると通知が出る。蜘蛛の糸のデバフを受け、糸の解除も可能(傭兵と同様剥がす時の喘ぎ声が酷い)。
    • 芸者の刹那生滅は使用可能。ロボット自身も注視可能。
    • 白黒無常の無住涅槃に反映される。
    • 写真家の写真世界にロボットは反映されない。写真世界にいても現実世界でのロボット操作時の機械音が聞こえる。写真世界ではロボットを操作できない。
    • 狂眼のコンソールはロボットでも操作可能。
    • 黄衣の王の深淵触手に反応する。一方でサバイバーがダウンしてもロボットの前に触手は生えない。
    • 夢の魔女の寄生の対象にならない。
    • 泣き虫の怨霊は憑き、腐敗の息の効果を受ける。
    • 血の女王の鏡像に反映される。
    • ヴァイオリニストのデバフはロボットに反映されない。ロボットにデバフを与えても効果なし(狂想曲の音符そのものはヒットする)。
    • 使徒の愛猫に反映、影を踏むの影響を受ける。
    • 彫刻師の追尾彫像に反応する。
  • 未検証(情報募集中)
    • 冒険家が落としたお宝は拾える?
    • 踊り子のオルゴールの影響を受けない?
       

下記は2020年4月の弱体化前の記事となるので要注意。

アーカイブとして残してあります

機械技師は解読バフを持つキャラを2人動かせること、吊られている間もロボットで解読できる点から、最強の解読キャラとされている。その分、必要な技術や立ち回りが多いが、ゲームを左右する能力のあるキャラクターである。ランクマでは真っ先にBANされるほどの強キャラなので、ぜひ使えるようになろう。

  1. 開始時
    • 最低限の立ち回りとして試合開始直後にロボットを出そう。ロボットを出した際、ロボット自体は2秒ほど操作不能なため、まずは本体の移動を優先させる
    • 本体である程度の距離を取ったら、出したロボットで解読を開始し、後述の3秒解読の要領で本体を移動させよう。こうすることで同時に2台の暗号機を解読することができるようになる。さらに本体が吊られてしまった場合もロボットで解読を続けることができる
    • 本体とロボットを近くの暗号機に配置してしまうと、ロボが壊された直後にチェイスが始まってしまったり、本体のチェイス中にロボットを破壊されたりするため、ロボットで解読できない状態で吊られてしまう危険性がある。なるべく遠くで解読しよう
  2. 解読
    • 他のキャラのファーストチェイスが始まる前であれば、本体を隠密させてロボットだけで解読しよう。他のキャラがファーストチェイスが始めた後は同時解読をしよう
    • ロボットは操作時に始めた行動を操作切り替え後も続ける機能があるため、解読も判定を失敗するまで自動で行ってくれる。これを活かして本体との同時解読が可能であり、「本体で3秒解読→判定の出現を防ぐためロボットを一瞬暗号機から離し再び解読→本体で3秒解読」を繰り返すのがおすすめである
    • 機械技師のデバフにより2人以上負傷していると本体の解読能力はほぼなくなるため、そのときはデバフの影響を受けないロボットの解読に集中しよう。(ロボットを見ている間の解読効率は125%)
    • 複数解読は悪と言う風習は十分に広まったが、機械技師は例外となる。ロボットに暗号機を触らせた後本体が他の近い暗号機に向かったら既に誰かいたと言う経験があるだろうが、「傭兵などのどうせ追われないキャラ以外のファーストチェイスが既に始まっているならば」後から技師本体が来た場合その暗号機を絶対に譲らなければならないわけではないのである。
      理由は3点、
      • まず早々に負傷した場合譲られた技師ではその暗号機を上げきれない
      • 技師がファースト救助に行くことが多くDDするまで壁をすることもあるので余計に上がりきらず残ってしまいやすい
      • 以上のデメリットを踏まえると譲った側の散歩の時間の方が無駄になりやすい、こととなる。
        よって基本的には技師本体とは同時解読をしても問題ない場合が多いため、技師が来たのに譲らない!と怒るのではなくこの人はわかってると考えよう。もちろんロボットが来た場合はすぐに譲るようにしよう。
  3. ランクマッチにおいて
    • ロボットや本体で最初の1台を上げた後は、チェイスを受けた・救助に行ったキャラが途中まで解読した暗号機、もしくは本体で解読していた暗号機のどちらか近い方を引き継ごう。近くに他のキャラが吊られている場合を除いて引き継ぎをせず新しい暗号機を解読するのは避けよう。(どこで誰が解読していたかわかるようにチャットはしっかり見ておく必要がある)
    • 通電間際にロボットをゲート近くに配置しておこう。ゲートを開ける際には判定がないため、ロボットの電池残量が少なくてもゲートの開門をスタートさせた後、切り替えて本体で自由に動くことができる。通電させるのは本体や他のキャラに任せよう。デバフで解読効率が下がりきった状態でも寸止め暗号機ならあげることはできる
    • 必要であれば救助もしよう。傭兵などの救助職が救助に行けない場合、代わりに行くのは技師の場合が多い。吊られても解読できる→チェイスの重要性が低いため危機一髪を取りやすく、救助時に椅子の近くで待機してる間も解読することができるためだ。通電待機時での救助では、ロボットを寸止めの暗号機に配置させることで本体が救助狩りされてもロボットに通電させるという動きも可能
  4. 注意事項
    • ハンターが攻撃する時にロボットを出し、盾にすることで攻撃を防ぐロボガードという技術があるが、これをするために初手でロボットを出さないという行為は絶対にやめよう。偶然できる状況であったら使うというもので狙ってするものではない
    • 万が一ロボガードをする時は極力健康状態で行う。ロボの近くでダウンするとロボの操作が出来ない風船攻撃で簡単にロボを壊されチェアに縛られる上にロボも壊される最悪の事態となる
    • 「機械人形で仲間の救出」などという背景推理があったが、これをしていいのは基本的にゲート開放後に余裕があるときだけである。通常の救助時にはキャンプをされていればほぼ確実に壊されるため、ダウンしてもいい本体で救助する。ロボットは大切に扱うこと
      • これは普通に人格を組んでいればまず持っているはずの「火中の栗」がロボットに反映されず救助に時間がかかる点も大きい
    • 通電間際で機械技師が救助に行く時ロボットには解読させない方が無難。本体が救助の攻防に集中してる間にロボットが調整失敗し寸止め作りが間に合わない、救助狩りされ風船状態になった時に操作不能になったロボットが勝手に解読を終わらせ通電させてしまう等の事故は絶対にあってはならない
    • 写真世界にいる時はロボの操縦が出来ない。現実世界でロボの操作をしているとロボ操作時の「ジジジ...」という音が写真世界に聞こえてしまう。ピンポイントで奇襲されるので細心の注意を払おう
    • ロボットは監視者の影響下でも解読速度は落ちないが、ハンターへの通知は鳴り続けるので注意
    • ロボットが単独で一台上げるまでの時間は64.8秒。技師が椅子に座らされてから読み始めた場合、完捨てすると技師がうたた寝に振っていなければ誰かがロボの暗号機を引き継がなければならない。調整に失敗するとうたた寝込みでも間に合わない事も。vcで連携を取っている場合は素早くここらへんを計算して、必要なら4割見捨て、9割見捨てに切り替えよう。
       

参考

  • 【荘園のことを教えて】企画
    COAIII事務所公式Twitterより

    機械技師上位ランカーTokiさんへのインタビュー内容(2019.12.20)





 

おすすめ人格

  1. 36 受難 起死回生 膝蓋腱反射2
    オーソドックスな人格。
    無能力HP2で救助に行くことが求められるので途中にある人格の反面教師集団心理の存在も非常に大きい。
    ハンターの接近に気付きにくい、ハンターがどこから来てるのか分からない事が多い人は膝蓋腱反射1にして寒気を取る方が良い。(高ランクでも寒気を取っている人は少なくない)
     
  2. 36 受難 起死回生 寒気 うたた寝3
    技師の長所を伸ばす人格。やや不安定である
    技師本体は圧倒的にチェイス最弱キャラであり見つかったら即死は免れない。即死をすると言うことはどうしても見捨ての盤面が多くなる。見捨てで最大限活かされるうたた寝の数秒は馬鹿にならない
    ロボが出ていれば実質的にうたた寝の効率は更に高くなる
     
  3. 39 受難 起死回生 寒気 うたた寝3
    他に救助役が居る時の構成。39にするときは予め味方に言っておこう
     
  4. 36 受難 起死回生 寒気 自らを欺く3
    ※ロボットには人格が乗らないため、ロボットでバチるとハンターに通知が行く。
    初心者ランク帯の野良技師向け。VCでは不要。
    全くチャットを打たない味方に対応する為、本体でわざと暗号機をバチらせ転禍為福でハンターの位置を確認後、ロボットと本体の動線を決める。
    聖心病院の院内や軍需工場の工場など強ポジに湧いた時に特に有用。味方が全くチャットを打たずに倒れようと予めハンターの位置補足しておけば救助待機もしやすい。解読効率を下げないよう3振りしたい。
    初動に本体解読を挟むため、ファスチェスポーンは必ず把握しておくこと。弱いポジにスポンした時はロボットを適当なところに出し、本体は安全な場所に駆け込んだ後ロボットを操作し索敵と解読を始める。
    味方がチャットを必ず打ってくれるようなランク帯になったら他の人格の方が良い。
     
  5. 36受難 起死回生 寒気 生存の意志3
    技師がロボの近くでダウンするとハンターは技師を風船状態にしてロボを殴る。
    このとき、椅子から遠い場所でダウンしていたり、味方の暗号機に寄せようとしたり、地下に持って行こうとするときにもがけることがある。
    毎回役に立つ訳ではないものの、ここぞと言うときにもがけるととても気持ちいい。野人やオフェンス、探鉱者などの粘着キャラがいるときには一考の価値あり。
     

コメント欄

機械技師の対策ページのコメント欄と共有されています。
旧コメント


*1 コメント欄の有志の検証だと協力解読の時間は72秒。100族による1人解読の時間は80秒