巡礼

Last-modified: 2021-02-23 (火) 16:11:45
収録拡張コスト種別効果
冒険4イベントターン中に1度だけ:
あなたの旅トークンをひっくり返す(ゲーム開始時は表向き)。
表向きになった場合、あなたが場に出している異なる名前のカード3枚までを選び、選んだカードと同じカードを1枚ずつ獲得する。

概要

旅トークンをひっくり返す効果を持ち、表向きになった場合は場に出ているカードを獲得できるイベント
巡礼のみで旅トークンをひっくり返す場合は、4コイン1購入権を2回支払うことで、ようやくカードを最大3枚獲得できる計算になる。
個別にカードを購入するのと比べると即時性に欠けるが、普通に購入するのが困難な高額カードや、ポーションor負債コストを持つカードを獲得できれば、非常にコストパフォーマンスが良いと言える。
カードをまとめて場に出す意味でも、コンボデッキで真価を発揮する。
なお、同名のカードは選べないので、金貨3枚を獲得する、というような動きはできないので注意。

利用法

  • 巡礼は1ターンに1回しか購入できないので、前哨地使節団で追加ターンを得ることで購入回数を増やせると良い。
  • 4金払って山守巨人の効果を早めるという利用法も可能で、逆もまたしかり。
  • 高額カードと相性が良く、短期決戦のゲームには向かないので、植民地場白金貨獲得を狙うのには向いていると言える。

詳細なルール

  • 巡礼の購入は1ターンに1度しか行えない。
  • 巡礼の厳密な処理は以下の通り。

巡礼を購入した

  1. 旅トークンをひっくり返す。
    この時、旅トークンが裏向きになれば、ここで処理を終了する。
  2. 旅トークンが表向きになれば、この時点で場に出ている異なる名前のカードを最大3枚まで選ぶ。
  3. (2)で選んだカードがあれば、そのうちのいずれかのカードについて、可能であれば同名カードをサプライから1枚獲得する。
  4. (2)で選んだカードが(3)で選択したカード以外にまだあれば、そのうちのいずれかカードについて、可能であれば同名カードをサプライから1枚獲得する。
  5. (2)で選んだカードが(3)(4)で選択したカード以外にまだあれば、その残ったカードについて、可能であれば同名カードをサプライから1枚獲得する。
  • (2)のタイミングで、場に出ている異なる名前のカードを0枚選ぶ(=カードを獲得しないことを選択する)、ということもできる。
  • (2)のタイミングで選ぶカードは、場に出てさえいればよい。このターンに使用したカードである必要はない。
    • 前のターンから場に出続けている持続カードや、このターンに呼び出したリザーブカードも、選ぶことができる。
  • (2)のタイミングで、全てのカードを選ぶ必要があり、選んだ場合は以降の処理で可能であれば必ず同名カードをサプライから1枚獲得する。
    • (3)でカードを獲得したことに対し、牧羊犬でリアクションすると、新たに牧羊犬が場に出ることになるが、この時点で(2)のカード選ぶタイミングは過ぎているので、牧羊犬を新たに選ぶことはできない。
    • (3)で(官吏などの)カードを獲得したことにより、(2)で選択した他のカードが場から移動した場合でも、(2)でカードを選択したことは無効にはならず、(4)or(5)の処理で選択したカードを獲得する。
  • (2)で選んだカードと同名のカードがサプライにない場合、(3)(4)(5)の処理でのカード獲得に失敗する。
    • 廃墟分割された山札のように異なる名前のカードを含む山札の場合、山札の一番上に(2)で選択したカードと同名のカードが公開されていれば、(3)(4)(5)の処理でカード獲得する。
  • 2019年のルール変更とエラッタに関連し、以下のカードの処理時に注意。
    • はみだし者大君主は、使用されると場を離れるまでカード名を含めて「はみだし者/大君主で選んだカード」として扱われなくなったので注意が必要。
      巡礼の効果で獲得できるのは「はみだし者/大君主」の方である。
  • 相続した屋敷」は、相続後も「カード名は『屋敷』のまま、屋敷トークンが乗ったカードを使用するアクションとなっている」ので、エラッタ前と同様の注意が必要となる。
    巡礼の効果で獲得できるのは屋敷である。

コメント

  • こちらを誤って解釈しているようだったので直しました。 -- 2018-09-27 (木) 01:35:29
  • そのページをもう一度よく読んでください。元々の文章であっています。 -- 2018-09-27 (木) 02:24:19