苦労

Last-modified: 2022-07-03 (日) 17:59:51
収録拡張コスト種別効果
移動動物園2イベント+1 カードを購入
あなたは手札からアクションカード1枚を使用してもよい。

概要

手札からアクションカード1枚をプレイできるイベント。2コインでアクション権を買っているとも言える。
ただし購入フェイズでのプレイとなるため、ドローカードをプレイして財宝カードを引いてきたところでそれを使用することはできない。
仮想コインを生み出すアクションカードや工房系カードでステロを組んだときなど、用途は限られているだろう。

利用法

  • 金量さえあれば、疑似アクション権になる。
    • 海賊船ステロを組む際、このカードを使って5金を生む海賊船2枚で8金を生み出して属州を買う。
  • 2金以上を生むアクションカードであれば完全に撃ち得となる。
    • 民兵道化師記念碑など2金を生みつつメリット効果を持つカード、あるいは出納官のような3金以上出るカードならば使用しない手はない。
    • 手札から財宝を出し終えた後で救貧院を使用すれば、差し引き+2コインとなり、財宝多めのデッキでも使える。
  • 手札から財宝を出し終えた後、苦労で策士を使用すれば、手札1枚を捨てるだけで済むので強力。
  • 財宝を場に出してから苦労でレプラコーンを使用すれば、場に7枚のカードを並べやすい。
  • 場に石切場玉璽などを出した後にアクションを使用することで、これらの恩恵を受けたアクション効果を発揮する。

詳細なルール

  • 苦労による使用はアクション権を消費しない。
  • 苦労を購入してアクションカードを使用するのは購入フェイズであることに注意。
    • は必ず財宝を使用する。
    • 人狼は必ず+3ドローになる。
    • 行商人のコストは変動している。例えば、アクションが場に2枚あれば4コストになっているため、工房で行商人を獲得できる。

コメント

  • 「レプラコーン」の「願い」獲得条件は7種類ではなく7枚です。 -- 2022-06-11 (土) 19:36:30