輸送

Last-modified: 2020-07-07 (火) 10:28:16
収録拡張コスト種別効果
移動動物園3イベント次のうちから1つを選ぶ。; 「サプライからアクションカード1枚を追放する」、「追放にあるアクションカード1枚をあなたのデッキの上に置く」

概要

追放経由でアクションカードをデッキの上に手に入れることができるイベント。多少手間はかかるが、高額なカードやポーションコストを含むカードを序盤から手に入れる事が可能となる。

利用法

  • 初手3-4であれば、2ターンとも輸送を購入することで、どんなアクションカードでも3ターン目に打つことができる。
    • 支配ならず者などの高コストアタックを先打ちしたり、鍛造などの高コスト高圧縮カードをいきなり使用できる。
    • 初手で8負債のカードを入手する方法としては、輸送二回の方が純粋に得だが、1ターン目で輸送し、2ターン目で実際に購入することでデッキ2周目に2枚刺しする選択肢もある。
  • 王室の鍛冶屋市街など、序盤では強くないカードを追放マットに得ておき、中盤で実際に購入することで2枚体制にする。
  • ラクダの隊列で追放マット送りにしたアクションを、輸送でデッキトップに移動する。
  • 賞金稼ぎ強制退去で追放マット送りにしたアクションを再利用する。
  • 門番はアタック効果で獲得カードが追放マット送りとなるが、輸送はこれをデッキトップに移動できるので、アンチカードになっている。
  • 品評会博物館を用いるゲームで、デッキには混ぜたくないアクションを入手するのに利用する。
  • 輸送でのカード入手は、獲得時効果を伴わないため、不利な獲得時効果を持つカード(大使館呪われた村など)をデメリットなしに手に入れられる。
    • カード獲得ではないため、他のプレイヤーの鷹匠のリアクション対象にもならない、という地味なメリットもある。
  • 輸送でデッキトップに移動したアクションを、博打で即座に使用する、というコンボもあるので、覚えておくとよい。

詳細なルール

  • 輸送が対象とする「アクションカード」とは、そのカード自身がアクションカードかどうかのみを見る。そのカードのサプライの山札がアクションの山札かどうかは関係ない。
    • 例えばの山札は(ランダマイザーの表記に則り)としては「勝利点-城の山札」と扱われるが、小さい城華やかな城は「アクション-勝利点-城」なので、輸送の効果で追放マットに移動させることができる。
    • 相続購入後で、屋敷がアクションとして扱われる状態であれば、輸送の効果で屋敷を追放マットに移動させることができる。
    • 廃墟はサプライにあるアクションなので、輸送の効果で追放マットに移動させることができる。
  • 輸送の効果以外で追放マットに置いたアクションカードも、輸送の効果でデッキトップに移動させることができる。
  • 輸送の効果は、どちらも「カードの獲得」にあたらないので注意。
  • 輸送の効果で追放マットに移動できるのは、サプライにあるアクションカードのみである。
    • 例えば、はサプライにあるカードではないので、追放マットに移動できない。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White