ISU-122S

Last-modified: 2020-04-25 (土) 14:13:57


Tier 7 ソ連 駆逐戦車 ISU-122S

IS122S.jpg

ISU-152の車体に122mm砲を搭載した重自走砲、ISU-122の改良型。
同クラスの主砲を持つIS-2よりも発射速度に優れており、ISU-152よりも対戦車戦闘に特化していた。

本家のHDモデルをBlitzモデルに落とし込んでの実装であり、非常に美麗になる筈だったが…

たぶんこうしたかったのだと思う

たぶんこうしたかったのだと思う
※PC版に実装されている同車両をBlitzに落とし込んだもの
モデル変更しないのだろうか
ISU-122B.jpg

再販履歴
クラシー IS-2Sh とファストファイア ISU-122S

基本性能(v4.8.0)

車体Tier国籍タイプ耐久値
(HP)
車体装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
最高速度
前進/後退
(km/h)
初期
重量
(t)
本体価格
(ゴールド)
ISU-122SVIIソ連駆逐戦車100090/90/6043/1245.815,500 gda.png


実用出力重量比(hp/t)15.28
 

武装

Tier名称発射
速度
(rpm)
弾種平均
貫徹力
(mm)
平均
攻撃力
DPM
(HP/分)
精度
(m)
照準
時間
(s)
総弾数弾薬費
(Cr/G)
重量
(kg)


VIII122 mm D-25S mod. 19447.06AP
APCR
HE
175
217
64
400
340
500
2824
2400
3530
0.412.3321025 cra.png
4000 cra.png 10 gda.png
608 cra.png
2,590+18°
-6°
 

砲塔

Tier名称装甲厚(mm)
前面/側面/背面
旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
-26240-
 
射界左8° / 右8°
 

エンジン

Tier名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
VIIV-2IS70015750
 

履帯

Tier名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
VIIISU-122S54.403412,000
 

乗員

  1. Commander
  2. Driver
  3. Gunner
  4. Radio Operator
  5. Loader
 

派生車両

派生元:なし
派生先:なし

 

解説

v3.1.1 2016年11月25日に追加されたソ連TierVII課金戦車。
ベルリン課金戦車の1つ、ISU派生型。Tier7駆逐の中では圧倒的なDPM(拡張、常備品ガン積みで7.2秒/発、弾薬庫損傷状態でも12.2秒/発)を誇り、その分間火力はTier10HTをも凌ぐ。

立ち回り方

やはりこの恐ろしいDPMを生かした立ち回りを意識したい…が昨今のマップでは縮小、伐採により狙撃ポジションが激減しているのが事実である。狙撃だけでなく、そこそこの機動力も駆使し、MTやLTの一歩後ろからの随伴支援やMTに絡まれるHTを援護したりする事も視野に入れよう。

その上、貫通力が低いのも弱点である。格上重戦車には躊躇せず課金弾を撃ち込もう。その1発の貫通弾が試合を左右する事もある。
課金弾を使用せず負けるより、使用して勝利する方が稼げるのは自明の理である。ましてや射撃頻度が低い駆逐戦車である。チャンスを逃さず圧倒的手数で並み居る敵戦車を削ぎ落とそう。

また、どの駆逐戦車にも言える事だが、終始キャンプするのではなく、敵の進行ルートを予測して、逐一ポジションを変える事を意識する事。

幸い体力はかなり多い(ISUと10しか変わらない)。率先して行う必要は無いが、ノーガードの撃ち合いなど多少強引な戦闘も可能だ。

諸君の健闘を祈る。


特徴

長所

  • 非常に高いDPM(2832)
  • そこそこの機動力
  • 2本の丸太が格好良い
  • 高いクレジット収支
  • 早い照準
  • ちょっと重めの重量

短所

  • 課金弾貫通力が低い
  • 高いヘイト
  • 傾斜を含めると実際の装甲はSU-122-44の方が固い
  • 狭い射界
  • SU-122-44と比べて低い隠蔽率
  • グラフィックが平面的

歴史背景

格納

戦車研究室より

ISU-152重突撃砲の車体と戦闘室をそのまま用いて、122mm野戦加農砲M1931/37を車載用とした46.3口径122mm加農砲A-19Sを装備する駆逐戦車型への発展を指示し、その具現化として登場したのがISU-122重駆逐戦車(オブイェークト242)である。
ISU-122重駆逐戦車の戦闘室はISU-152重突撃砲と全く同じものがそのまま流用され、主砲を換装しただけである。

併せて、戦闘室内の弾薬ケースが122mm砲弾専用のものに改められている。
主砲の122mm加農砲A-19Sは重量25kgのBR-471徹甲弾を使用した場合、砲口初速780m/秒、射距離1,000mで161mmの均質圧延装甲板を貫徹可能であった。
しかし尾栓が隔螺式のために、発射速度が1.5~2発/分と遅いのが欠点であった。

ISU-122重駆逐戦車は、122mm戦車砲D-25T(元々A-19の改修型)を搭載するIS重戦車の車体になぜ122mm加農砲A-19を搭載するのかと、存在理由が謎とされていたことがある。
しかし開発当初のIS重戦車は85mm戦車砲搭載を予定していたこと、および152mm加農榴弾砲ML-20と共用できる砲架を用いた122mm加農砲A-19の砲身生産に余力があったこと等の事情により、強力な搭載砲を持つ重自走砲を1両でも多くとの前線の希望に沿うためにISU-122重駆逐戦車が開発されたというのが真相である。

ISU-122重駆逐戦車の生産は1943年末に開始され、1944年に入り122mm戦車砲D-25T搭載のIS-2重戦車の量産が開始された後になっても本車の量産は継続され、ISU-152重突撃砲と合計で独ソ戦終結までに4,075両が生産された(両型の内訳は不明)。
そしてISU-152重突撃砲と同じく当初は軍団直轄独立重自走砲連隊(21両)、1944年11月からは戦車軍直轄独立重自走砲旅団(65両)に編制され、ドイツ本国への反攻で活躍した。

ISU-122重駆逐戦車は、ISU-152重突撃砲と比べてより明確に対戦車任務に重きを置いて運用された。
例えば、独ソ戦末期のソ連戦車軍は独立重自走砲旅団数個を持っていたが、堅固な防御拠点攻撃にはISU-152編制旅団を、そして機甲部隊の反撃が予想される戦線側面にはISU-122編制旅団を、その他の特別戦車駆逐旅団(各種の対戦車砲兵多数で編制)と共に配置するといった具合であった。

この運用によりソ連軍は、強力な戦車(パンター中戦車やティーガーII重戦車等)を先頭としたドイツ軍機甲部隊の反撃を幾度か粉砕することに成功している。
こうした対戦車戦闘においてISU-122重駆逐戦車の、重量25kgの凄まじいエネルギーを持つ徹甲弾を発射する低伸性が良い122mm加農砲の威力は絶大だった。

重量25kgの徹甲弾が命中した場合、ティーガーII重戦車でも装甲内面が剥離して吹き飛んだり、砲塔が旋回不能になる等大損害が避けられなかった。
その上、IS重戦車とは異なり装填手2名が配置されているため発射速度が早いのも特徴であった。
さらにISU-122重駆逐戦車の主砲を、新開発の60口径122mm加農砲BL-7に換装して火力の強化を図ったSU-122BM重駆逐戦車(オブイェークト243)も1944年に試作されたが、結局採用には至らなかった。

1945年からは、ISU-122重駆逐戦車の主砲をIS重戦車と共用の43口径122mm対戦車砲D-25Sに変更した、改良型のISU-122S重駆逐戦車(オブイェークト249)が生産された。
122mm対戦車砲D-25Sは鎖栓式の尾栓を採用しており、発射速度が3発/分に向上した。
砲身先端には二重作動式の砲口制退機が標準装備され、発砲時の後座量も低減されている。

またISU-122S重駆逐戦車では防盾周りの形状もリファインされ、SU-85駆逐戦車などと同型式のボールマウント式防盾となった。
ISU-122S重駆逐戦車の生産は戦後間もなく終了したが、1947年に再開された。
1947~1952年にかけて、およそ3,130両のISU-122S重駆逐戦車が生産されている。


コメント

このコメント欄の書き込みはWiki内ではなく、zawazawaに行われます。
ページと関係ないことや、モラルを欠いたコメントは控えましょう。
Mバ報告などは戦果報告板へ。
他人への誹謗中傷、晒し行為は禁止です。見つけたら通報してください。

既存のコメントに関連したコメントをするときは、既存のコメント文頭にある〇をクリック(選択)してから書き込んでください。

zawazawaでは自分が書き込んだコメントしか編集することができません。
逆に自分が書き込んだコメントの修正・削除は簡単に行えます。詳しくは「ツリー化を間違えた場合」へ。

使用可能な書式はこちら

ツリー化,枝化について

ツリー化,枝化とは?


  • コメント1 -- 2018-09-28 (土) 6:00:00
    • コメント1に関連したコメント2 -- 2018-09-28 (土) 7:00:00
    • コメント1に関連したコメント3 -- 2018-09-28 (土) 8:00:00
      • コメント3に関連したコメント4 -- 2018-09-28 (土) 9:00:00

上のように、関連するコメントを子要素にすることを「ツリー化」「枝化」などと言います。
この「ツリー化」を行わないと、どのコメントに対する意見なのか分かりにくくなることがあり、混乱を招くため、必ず関連するコメントをするときは「ツリー化」を行ってください。

  • ツリー化を行うには既存のコメント文頭にある、〇をクリック(タップ)し、●にしてからコメントを投稿してください。
    Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.24.40.13.png
  • zawazawaから投稿する場合は、既存コメント下部の+をクリックし、「>>〇(数字)」と表示された状態にしてからコメントを投稿してください。
    Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.25.44.30.png
    Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.25.52.09.png

ツリー化を間違えた場合

ツリー化を間違えた場合
投稿後にツリー化を行うことはできません。
後からツリー化を行う場合は、まず投稿したコメントの末端部分、投稿日時横の「zawazawaで見る」アイコンをクリック(タップ)します。
Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.24.48.37.png
リンク先で投稿したコメントの詳細表示がされるので、「削除」をクリック(タップ)して、投稿したコメントを削除してから、再度投稿しなおしてください。
Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.25.32.74.png

ログインするメリットとなりすまし防止

ログインするメリットとなりすまし防止

zawazawaによるコメント欄は、もちろんログインせず、誰でも書き込むことが可能ですが、ログインすることにより以下のようなメリットがあります。

  • 「なりすまし」が行われない
    「なりすまし防止」欄で解説していますが、エイリアスがログインすることにより固定されるため、他人からなりすましをされる可能性が極めて低くなります。
  • コメントごとに「通報」を行うことが可能
    ログインすることでコメントごとに通報をすることが可能になります。
    詳しくは「コメントを通報するには」へ。
  • ログインしても匿名性を保てる
    通常、ログインするとハンドルネームが表示されてしまいますが、「アカウントと関連付けない」を選択してから投稿すると、ログインしてないコメントと同様に表示されます。

Diffanaと異なり、メールアドレス、Twitterから登録可能で、本Wikiの運営会社(wikiwiki.jp)が運営しているので、比較的信頼度の高いサービスとなっています。

また、zawazawaによるコメント欄では、どのコメントとどのコメントが同一人物なのか、ある程度特定することが可能です。

  1. 同一かどうか確認するには、まず各コメント欄上部にある「すべて表示」をクリック(タップ)します。
  2. 各コメントの投稿日時の後ろに、英数字が記載されていますが、これは「エイリアス」といい、ブラウザ、回線等を総合的に判断して乱数によって自動的に設定されます。
    comment2.png
    このエイリアスを確認することにより、投稿されたコメントがどのコメントと同一人物なのかを判断することができます。
    また基本的にブラウザ、回線を変更してもこのエイリアスは変更されないため、なりすまし防止にも役立ちます。

コメントを通報するには

コメントを通報するには

ページと関係ないコメント、他人の誹謗中傷、晒しコメントなど、不適切なコメントはコメントごとに通報することができます。

  1. 通報を行うには、まず通報したいコメントの末端に表示される、「zawazawaで見る」をクリック(タップ)します。
    rip1.png
  2. 当該のコメントがzawazawaで表示されるので、「通報...」をクリック(タップ)します。
    なお通報する際はzawazawaアカウントでのログインが必要ですが、通報自体は匿名で行われます
    rip2.png
  3. 通報の理由を記入し(任意)、送信をします。
    rip3.png

また通報用フォームや運営掲示板から通報をすることも可能です。

過去のコメントはアーカイブから参照してください(表示されている場合のみ)。

アーカイブ

投稿をする前にツリー化の確認をしてください!