Top > ISU-152


ISU-152

Last-modified: 2019-03-30 (土) 22:16:50


Tier 8 ソ連 駆逐戦車 ISU-152 Edit

isu152.jpg
152 mm ML-20Sを搭載。砲の名前は違うがスペックはSU-152の初期砲と同じ
 
cd267bfd.jpg
↑152mm BL-10を搭載。口径はそのままに長砲身に変化
 
伝説的迷彩『狩人』
 

KV-1Sのシャーシを流用する重自走砲SU-152の成功を受け、新式重戦車ISでも同様の自走砲が開発された。
SU-152と区別するため、シャーシの流用元である「IS」と自走砲を意味する「SU」のかばん語である「ISU」と名付けられた。
戦闘室はほぼSU-152と共通であるが、車体がISに変わった分、戦闘室が高くなり、装甲が強化されている。

 

基本性能(v2.8.0) Edit

車体Tier国籍タイプ耐久値
(HP)
車体装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
最高
速度
(km/h)
初期
重量
(t)
本体価格
(クレジット)
ISU-152VIIIソ連駆逐戦車101090/90/604345.732,520,000 cra.png
 

武装

Tier名称発射
速度
(rpm)
弾種平均
貫徹力
(mm)
平均
攻撃力
DPM
(HP/分)
精度
(m)
照準
時間
(s)
総弾数弾薬費
(Cr/G)
重量
(kg)


VI152 mm ML-20S3.93AP
HEAT
HE
135
250
86
640
545
960
2515
2141
3772
0.482.726725 cra.png
6000cra.png 15gda.png
810 cra.png
2,500+18°
-6°
VII122 mm A-19 mod. 19376.48AP
APCR
HE
175
217
61
400
340
500
2592
2203
3240
0.432.4281025 cra.png
4800cra.png 12gda.png
608 cra.png
2,600+20°
-6°
VIII122 mm D-25 mod. 19447.88AP
APCR
HE
175
217
64
400
340
500
3152
2679
3940
0.412.4321025 cra.png
4800cra.png 12gda.png
608 cra.png
2,590+18°
-6°
IX122 mm BL-9S6.7AP
APCR
HE
225
265
68
400
340
500
2680
2278
3350
0.382.4321025 cra.png
4800cra.png 12gda.png
608cra.png
2,590
X152 mm BL-104.17AP
APCR
HE
286
329
90
640
545
960
2668
2272
4003
0.412.7201650 cra.png
4800cra.png 12gda.png
1120 cra.png
6,500
 

砲塔

Tier名称装甲厚(mm)
前面/側面/背面
旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
ISU-152-26240100
 
射界左8°/ 右8°
 

エンジン

Tier名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
VIIV-2IS60015750
IXV-2-54IS70012700
 

履帯

Tier名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
VIIISU-15254.42312,000
VIIIISU-152M54.42712,000
 

乗員

  1. Commander
    • Radio Operator
  2. Driver
  3. Gunner
  4. Loader
  5. Loader
 

派生車両

派生元:SU-152
派生先:Object 704


開発ツリー Edit

SU-152ISU-152
75,000fa.png
Gun.png
152 mm ML-20S
Gun.png
122 mm A-19 mod. 1937
18,600fa.png
Gun.png
122 mm D-25 mod. 1944
21,400fa.png
Object 704
176,500fa.png
3,660,000cra.png
engine.png
V-2IS
engine.png
V-2-54IS
32,500fa.png
Gun.png
122 mm BL-9S
44,000fa.png
suspension.png
ISU-152
suspension.png
ISU-152M
15,395fa.png
Gun.png
152 mm BL-10
75,000fa.png
 

fa.png:必要経験値

解説 Edit

立ち回り

非常に高い攻撃力ゆえに敵からのヘイトもまた非常に高く、特に中戦車などは真っ先に発見・撃破しようと接近してくる。
足回りや隠蔽率は頼りにならないので、裏を取られる可能性がある状況では狙撃ばかりにこだわらないで味方車両から孤立しない選択をすることが非常に重要である。
絶大な単発火力と貫通力をもつ本車はただ漫然とダメージを与えるだけではなく、他の味方が動きやすくなるよう支援する発想が必要となる。

 

車体

正面は90mmに増して正面から榴弾に貫通されることはなくなったが、傾斜は緩く依然頼れるものではない。
防盾は170mm相当で丸みを帯びており、そこそこの防御力を持つ。射撃時以外は車体を左右に動かして大きな防盾を撃たせるようにして弾きを狙っていこう。
また、主砲が右側にオフセットしているため、戦闘室左側は狙われやすい。障害物を利用できる時は左側を隠すといいだろう。
正面から破壊されることは稀であるものの、両側面上部には広く弾薬庫判定が存在するので側面からの被弾や大口径砲相手には注意が必要である。

側面は戦闘室が80mm、履帯裏が90mmとなかなかの厚さである。機会は少ないだろうが、長い装填時間中に豚飯するといったことも一応可能。

 

他国車両を圧倒する強烈な単発火力・貫通力を持ち、これまでのソ連駆逐戦車の一つの極致となるような車両である。
主砲の選択肢は多いが、最終砲はBL-10一択であり、BL-10にたどり着くまでも初期砲のML-20Sを使い続けるのが一般的である。
122mm砲はそれぞれ貫通力不足とツリー構造の問題から使用されることはほとんどない。

122mmの詳細
  • 152 mm ML-20S
    SU-152の榴弾砲とほとんど変わらない性能をもち、またBL-10と似た運用ができるため多くのプレイヤーがBL-10までの中継ぎに使用する。
    とはいえ装填速度、精度の面で大変な苦労を強いられる。
    幸いHEATの貫通力は250mmとそれなりにあるが、使用する機会がSU-152より増え金策に苦しむことになる。
  • 152 mm BL-10
    通常弾単発火力640、貫通力286mm(課金弾329mm)とTier8には分不相応とまで言える性能を持つ。
    口径の割に装填速度が速くDPMは高いが、悪い精度に照準の遅さと拡散の広さが相まって体感精度は非常に悪い。
    弾の配分について
     

隠蔽率

SU-152よりさらに悪化し、ドイツ車ほどではないにしても被発見率は高めである。
とはいえ狙撃運用が大前提となる車両であるから、大きな茂みや木を倒すなどして車体を隠し、射撃後はすぐ隠れることを徹底する必要がある。

 

機動力

ISの車体を流用しているので速力は良好であるが、旋回に時間がかかる。
前線での運用に耐えうるものでは無いのであくまで機動性は陣地転換用と認識しよう。


特徴 Edit

長所

  • Tier8としては異常な貫徹力
  • 課金弾がAPCR(オブジェクト貫通ができる)
  • 大きい防盾
  • まれに謎弾きが起きる
  • 側面装甲が90mmある(深めの豚飯ができる)

短所

  • 駆逐戦車としては低い隠蔽性
  • ガバガバ砲
  • 薄い前面装甲
  • Tier8車輌の中で最低のHP
  • 少ない弾数(20発)
  • 微妙な旋回速度

初期の研究

  • SU-152と122 mm D25 mod. 1944までの砲が、ISとエンジンがそれぞれ互換する。
  • 152 mm ML-20Sを使用し、152 mm BL-10の研究を直接目指すのが一番手っ取り早いだろう。

歴史背景 Edit

wikipediaより

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 100.01の128mmAPで防楯上部かな?貫通した。 側面でもマンモスに体当たりしたらHPズバッと取られるから撃つだけにしないと死ぬ。54LWの高速ラムでHP48のマンモスと引き換えに648ダメ貰って割りに合わない。 トレモ以外でこんな事したらバッシング喰らう。 -- 2019-03-23 (土) 17:55:08
    • もしかしたら分かってないのかもしれんけどラム(体当たり)は接触する部位の垂直装甲厚、速度の他にお互いの重量差が関わってくるで、あと防盾抜けたことに関しては上に書かれてることまんまや -- 2019-03-26 (火) 19:53:17
  • 榴弾抜かれない程度にはある正面装甲、クソデカ防盾、バ貫通バ火力主砲、そして安定のバイアス・・・。これぞOP駆逐なのでは?(HP低いけど)ただ自分が乗ってる時の味方ゴミ率高い気が。。。 -- 2019-04-04 (木) 13:39:13
    • ゴミ率高いんじゃなくて駆逐だから余計にそう感じるだけだよ。 -- 2019-04-04 (木) 13:41:09
    • 駆逐としてはかなり強いのは事実なんだけどそれ以外カス同然だからOPはない -- 2019-04-04 (木) 14:03:09
    • それはまあ弱点もありますけど、後方支援とかの砲性能で殴るような仕事をする分には、どこぞのハロウィンとかのぶっ壊れとまでは言わなくとも十分OPだと思うのですが・・・。個人的にはこの車両以上に与ダメ(と味方に対するストレス)稼ぎやすい車両は無いような気がします。単純に自分のガレージとpsが貧弱なだけかもしれませんけどね。 -- 木主 長かったらすみません? 2019-04-04 (木) 19:33:55
      • そもそもOP=ぶっ壊れやで。『ぶっ壊れとまでは言わなくても』なら単なる強戦車。どうにも最近OPと強戦車を混同してるっつか気軽にOPOP言うようなコメを希によく見るな -- 2019-04-04 (木) 20:46:35
      • やたらダメ稼いでくれると思ったら、一部の格上駆逐より砲性能良いじゃん。個人的にOPとは思うけど、ここで議論しても結論は出ないな -- 2019-04-10 (水) 15:54:55
      • 昔はぶっ壊れって言われてたな。今はもっと凶悪なの多くて普通って感じ。 -- 2019-04-10 (水) 20:23:55
    • THE・駆逐って感じ。OPってのは120-1みたいな奴のことを言うんや -- 2019-04-04 (木) 22:35:52
  • 10戦して未だに4000ダメ超えないんだけど、うまい立ち回り方とかある? -- 2019-04-10 (水) 15:27:20
    • 駆逐としての動きを徹底する あまり自分で戦場を作るのは得意としないので無理に動こうとするな -- 2019-04-10 (水) 15:28:46
  • 多くのプレイヤーがML20を中継ぎに使うという記述に騙され、乗りだし楽だと勘違いするやついそう。BL10積まないとただの相対的に劣化したSU152でクッソ酷い目に遭うからな。 -- 2019-04-13 (土) 01:23:46
  • 精度悪い -- 2019-04-14 (日) 01:03:58
  • 前身から打って変わってこちらはTDらしく後方からちまちまやらないと一気にHPなくなるから腕が試されるな。しかし通常弾で300mmも有る割には弾かれることが多いんだが -- 2019-05-10 (金) 06:10:43
  • 精密砲身付ければ0.35まで収束できるし言うほどガバ砲じゃなくね? 当たりゃほぼ貫通するんだし。 -- 2019-05-15 (水) 03:42:54
    • その高貫通がガバさを相殺してるってのもある。 -- 2019-05-15 (水) 04:25:43
      • 絞りきってても砲弾が虚空の彼方へ飛んで行ったりするしね -- 2019-05-15 (水) 07:32:14
      • あるね。ハルダウンしてるやつを狙撃して地面耕すと悲しくなる -- 2019-05-16 (木) 01:51:36
  • このルートで一番の苦行かな。周りのヘルスが上がった結果相対的に火力下がって無茶が効かないしSU152ほどMTサクッと轢き殺せない。車両自体が悪い訳じゃなくて環境についていけてない感がある -- 2019-06-15 (土) 21:24:03
    • …何言ってんだ? -- 2019-06-15 (土) 23:20:47
    • ISUが苦行は流石に草 -- 2019-06-16 (日) 01:07:20
    • SU-152と扱い違うのは分かるよ 苦行とは思わんがね…… -- 2019-06-16 (日) 02:22:55
    • これがblitzクオリティ -- 2019-06-16 (日) 08:40:58
    • 駆逐のくせに無茶できたSU-152が異常なだけなんだよなぁ…。前身より前に出にくくなっただけで相変わらず駆逐としてはクソ強いぞ。てかコイツで足踏みしてたらこの先進んでも碌なことにならないねぇ…。 -- 2019-06-16 (日) 16:05:24
  • これを苦行に感じるならこのツリーの開発をここで止めておくことをお勧めするよ (^^) -- 2019-06-21 (金) 23:51:23
  • おすすめ拡張教えてください -- 2019-06-22 (土) 08:33:23
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White