Medium II

Last-modified: 2021-01-11 (月) 16:56:18


Tier 2 イギリス 中戦車 Vickers Medium Mk. II(ヴィッカース ミディアム マーク ツー)

ヴィッカース中戦車2型。進化型と言うが、実際あまり変化は無い。

 

初期のエンジンではかなり機動力が悪い。
最終エンジンを開発するとかなり改善されるので早めに開発するのがお勧め。

 

これまで通り強力な6ポンド砲は健在な上、発射速度に長けた3ポンド砲も
ラインナップに加わり、武装バリエーションが増えた。
長砲身の8-cwt 6-pdr Mk.Iを搭載できる。この砲はTier4相当であり、
高貫徹力と単発火力の大きさが整っており、非常に強力である。
ちなみに、8-cwtとは砲の重量を表している。1cwtは112ポンド、キロ換算で51kgである。
つまり、6ポンド砲の重量は408kgという事になるが、完全なマメ知識なので知る必要は無い。

 

これまで通り装甲は8mmと薄いので被弾は避けたい所。

 

基本性能(v7.1.0)

車体Tier国籍タイプ耐久値
(HP)
車体装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
最高
速度
(km/h)
初期
重量
(t)
本体価格
(クレジット)
Medium IIIIイギリス中戦車4008/8/840/1514.133,500
 

武装

Tier名称発射
速度
(rpm)
弾種平均
貫徹力
(mm)
平均
攻撃力
DPM
(HP/分)
精度
(m)
照準
時間
(s)
総弾数弾薬費
(Cr/G)
重量
(kg)


IVQF 8 cwt Mk. I8.00AP65705600.401.28035 450+16°
-7°
 

砲塔

Tier名称装甲厚(mm)
前面/側面/背面
旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
IIVickers Medium Mk. II**8/8/8322202,000
 

エンジン

Tier名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
IIISunbeam Amazon16020340
 

履帯

Tier名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
IVickers Medium Mk. II15.2443,500
 

乗員

  1. Commander
  2. Driver
  3. Gunner
  4. Radio Operator
  5. Loader
 

派生車両

派生元:なし
派生先:なし


開発ツリー

Medium IMedium III
680

QF 6-pdr 8 cwt Mk. II

Vickers Medium Mk. II**
90

OQF 3-pdr Gun Mk. II
360

QF 6-pdr 8 cwt Mk. I
2,160
Medium III
1,800
40,000

Vickers Medium Mk. II*

Sunbeam Amazon

Vickers Medium Mk. II
 

:必要経験値


 

解説

立ち回り方

やぁ、紳士の諸君、Medium Iの使い心地はどうかね?レディーファーストという言葉をちゃんと守ってるかな?
Medium Iの操作にはもう慣れたという紳士諸君、次のステップアップとしてMedium IIに乗り換えなさい。
英国紳士たるもの、産業革命のように世界をリードする存在でないとならないからね。

 

という訳で解説に移ろう。Medium IIはMedium Iを進化させた戦車だ、
と言ってもぱっと見じゃあ同じ外観にしか見えないだろう。
しかしね、よく見るとかなり違うものがあるんだよ。
だから間違い探しのように探してみなさい、勘の鋭い紳士諸君なら素早く見つかるだろう。

 

そう!どこから見ても正方形に近くなったのだ!

 

と、まぁ、外観の違いはあまり無い。
その分中身はかなり進化しているぞ。まずは武装から見てみよう。

 

攻撃力

攻撃力は先代のMedium Iと同様に高い火力を持つ砲を搭載できるぞ!
今までお世話になった短砲身6ポンド砲は、ご存知の通り。
弾速こそノロマだが、強烈な火力!Tier Iで最も強力な砲として君臨していた。
ここから更に、本車輛には連射力重視の3ポンド砲に加え、TierIV相当の威力を持つ
長砲身の6ポンド砲も選択できるぞ。

 

まずは3ポンド砲から説明しよう。ミリ換算で47mmとなるこの砲の特徴は
前述の通り、速射力だ。単発火力はあまり高くはないものの、分間12発という
これまでに無い発射速度を持つ。本来であればこの本分は巡航戦車なんだが、
TierIVのMatilda歩兵戦車が手数で押していくタイプでね……
ここで先に扱い方を習得してしまおうという計画だよ。
何、次のMedium IIIの最終砲もこの「手数タイプ」だから、
そんなに気負う必要はないよ。

 

最終砲。読んで如く、最後に開発する主砲だ。
本車輛の最終砲はQF 6-pdr 8cwt Mk.I。今まで使ってきた6ポンド砲の
長砲身版になる。砲身が長くなると、貫徹力が上がり、命中率もアップ。弾速も早くなり、
そして何よりカッコいい!!
おっと、熱がこもり過ぎてしまったな。いや、失敬失敬。
徹甲弾の貫徹力は平均57mmと駆逐戦車にも引けを取らないし、
課金弾は72mmもの装甲を貫通できるから、載せておいて損は無いだろう。

 

榴弾の使用に関して、気を付けて欲しい事がある。
Tier Iで容易に貫通した榴弾だが、ここから少々抜き辛くなる。
各国は我が国に追随しようと日々努力している。無論、それは装甲にも表れる。
正面から榴弾が貫徹できるのは格下だけだと思った方がいい。
確かに榴弾は15mmの装甲なら貫徹する事ができる。しかし、それは平均値であって、
必ず貫通するとは限らない。では、どのタイミングで榴弾を解き放てばいいのか。
それは敵が側面・背面を向いている時だ。
戦車というのは大抵正面が堅くなっている。しかし、側面・背面は薄くなっているのが常識だ。
特に背面は燃料満載のエンジンがある。つまり、分かるね?
榴弾は確かに大ダメージを与えられるが、貫徹力に不満がある。
だから、基本運用はAP弾に切り替えよう。弾薬の搭載比率は覚えているね?
AP弾6:4榴弾だ。
課金弾を使いたいならAP弾6割の強化AP弾1割、榴弾が3割でいいだろう。

 

これらの強力な主砲を、女王陛下の為には使わない理由は無いだろう。
しかしだな、これらは砲塔を改良しないと搭載できない。英国紳士は焦らず行動するのが常だ、
焦らず、先に砲塔を開発していこう。
諸君ら紳士の象徴たるシルクハット(キューポラ)はそのままに、長旅になっても
困らないよう、砲塔後部にスーツケースが追加される。紳士たるもの、身だしなみは整えておきなさい。

 

防御力

防御力を見てみよう。
確かに装甲は厚くなった。しかしたったの2mmしか進化せず、8mmの装甲しか与えられていない。
いや、私も設計者に聞いたんだよ、このままでいいのかい?って。
彼らが言うにはコンセプトが3両作るまで変えられないそうだ。
まぁ……その……なんだ、頑張ってくれたまえ。
あと、このtier IIからは、すごく隠れたがり屋、だが怒らせたときの一撃が怖いと言われる
駆逐戦車というレディーも戦場でご一緒する機会が多くなるんだ。
今まで以上に慎重に。味方のレディーにご一緒して、敵方の暴れ狂う淑女に
キツ~いお灸を据えて差し上げなさい。レディーのはしたない行動を正すのは
他でもない、なのだから。

 

機動力

機動力に至っては淑女に随行できる程度は確保できるようになった。
まぁ、軽戦車などのおてんば娘には置いていかれてしまうがね。
私からはあと一つ。栄光ある孤立だけはしないように。

 

総括

この戦車は先代と同様、味方戦車の後ろから火力支援を行うのが一番だろう。
しかし覚えていてほしいのが、駆逐戦車のレディーに道を譲ってはいけない。
同格内でパンチ力が優れているとはとはいえ、内気な性格上、非常にデリケートだからだ。
時には淑女に道を譲り、時にはか弱き乙女を守るのも、紳士の務めである。

 

さぁ英国紳士よ、午後のティータイムが終わったら出発だ!
英国紳士の諸君、今後我が英国を守る為にも自信を持って出撃しなさい。
君とレディー達の健闘を祈る。

特徴

長所

  • AP90ダメージの単発火力
  • 優良なHP
  • 優秀な砲性能(3ポンドと最終砲)
  • 広い仰角
  • 傾斜のかかった前面装甲

短所

  • 紙装甲
  • 小さめの俯角
  • 大きな車体
  • エンジンが前に配置されている

    初期の研究


強力な6ポンド砲の開発を進め、できるだけ前にでない戦い方をしよう。

歴史背景

World of Tanks Wiki*より
Mk. II軽戦車は、1925年にMk. I戦車の改良型として登場した。Mk. II軽戦車では、装甲の増大とそれに伴う重量の増加、視界を向上させる為に操縦手席を前方へ移動し、サスペンションを装甲板のスカートでカバーするなどの改良が加えられているが、武装はMk. I戦車と同じであった。最終生産型として20両が生産されたこのMk. IIA軽戦車は、改良が図られたシリーズの集大成とも言える代物で、第二次世界大戦直前の1939年まで使用が続けられた事が本車の優秀性を物語っている。なお、Mk. I戦車及びMk. II軽戦車は、開発当初は軽戦車に分類されていたが後に更に小型の新戦車が登場した事から中戦車に変更されている。その為にWOT内でもMk. II中戦車となっている。


コメント

このコメント欄の書き込みはWiki内ではなく、zawazawaに行われます。
ページと関係ないことや、モラルを欠いたコメントは控えましょう。
名前欄への無意味な固定ハンドルネーム(通称:コテハン)はトラブルの原因となることがあるため、無記入を推奨しています。
Mバ報告などは戦果報告板へ。コンテナ(ガチャ)結果などはドロップ報告板へ。
他人への誹謗中傷、晒し行為は禁止です。見つけたら反応せずに通報してください。非表示設定にしても通報は行われません。

既存のコメントに関連したコメントをするときは、既存のコメント文頭にある〇をクリック(選択)してから書き込んでください。

zawazawaでは自分が書き込んだコメントしか編集することができません。
逆に自分が書き込んだコメントの修正・削除は簡単に行えます。詳しくは「ツリー化を間違えた場合」へ。

使用可能な書式はこちら

ツリー化,枝化について

ツリー化,枝化とは?


  • コメント1 -- 2018-09-28 (土) 6:00:00
    • コメント1に関連したコメント2 -- 2018-09-28 (土) 7:00:00
    • コメント1に関連したコメント3 -- 2018-09-28 (土) 8:00:00
      • コメント3に関連したコメント4 -- 2018-09-28 (土) 9:00:00

上のように、関連するコメントを子要素にすることを「ツリー化」「枝化」などと言います。
この「ツリー化」を行わないと、どのコメントに対する意見なのか分かりにくくなることがあり、混乱を招くため、必ず関連するコメントをするときは「ツリー化」を行ってください。

  • ツリー化を行うには既存のコメント文頭にある、〇をクリック(タップ)し、●にしてからコメントを投稿してください。
  • zawazawaから投稿する場合は、既存コメント下部の+をクリックし、「>>〇(数字)」と表示された状態にしてからコメントを投稿してください。

ツリー化を間違えた場合

ツリー化を間違えた場合
投稿後にツリー化を行うことはできません。
後からツリー化を行う場合は、まず投稿したコメントの末端部分、投稿日時横の「zawazawaで見る」アイコンをクリック(タップ)します。

リンク先で投稿したコメントの詳細表示がされるので、「削除」をクリック(タップ)して、投稿したコメントを削除してから、再度投稿しなおしてください。

ログインするメリットとなりすまし防止

ログインするメリットとなりすまし防止

zawazawaによるコメント欄は、もちろんログインせず、誰でも書き込むことが可能ですが、ログインすることにより以下のようなメリットがあります。

  • 「なりすまし」が行われない
    「なりすまし防止」欄で解説していますが、エイリアスがログインすることにより固定されるため、他人からなりすましをされる可能性が極めて低くなります。
  • コメントごとに「通報」を行うことが可能
    ログインすることでコメントごとに通報をすることが可能になります。
    詳しくは「コメントを通報するには」へ。
  • ログインしても匿名性を保てる
    通常、ログインするとハンドルネームが表示されてしまいますが、「アカウントと関連付けない」を選択してから投稿すると、ログインしてないコメントと同様に表示されます。

Diffanaと異なり、メールアドレス、Twitterから登録可能で、本Wikiの運営会社(wikiwiki.jp)が運営しているので、比較的信頼度の高いサービスとなっています。

また、zawazawaによるコメント欄では、どのコメントとどのコメントが同一人物なのか、ある程度特定することが可能です。

  1. 同一かどうか確認するには、まず各コメント欄上部にある「すべて表示」をクリック(タップ)します。
  2. 各コメントの投稿日時の後ろに、英数字が記載されていますが、これは「エイリアス」といい、ブラウザ、回線等を総合的に判断して乱数によって自動的に設定されます。

    このエイリアスを確認することにより、投稿されたコメントがどのコメントと同一人物なのかを判断することができます。
    また基本的にブラウザ、回線を変更してもこのエイリアスは変更されないため、なりすまし防止にも役立ちます。

コメントを通報するには

コメントを通報するには

ページと関係ないコメント、他人の誹謗中傷、晒しコメントなど、不適切なコメントはコメントごとに通報することができます。

  1. 通報を行うには、まず通報したいコメントの末端に表示される、「zawazawaで見る」をクリック(タップ)します。
  2. 当該のコメントがzawazawaで表示されるので、「通報...」をクリック(タップ)します。
    なお通報する際はzawazawaアカウントでのログインが必要ですが、通報自体は匿名で行われます
  3. 通報の理由を記入し(任意)、送信をします。

また通報用フォームや運営掲示板から通報をすることも可能です。

過去のコメントはアーカイブから参照してください(表示されている場合のみ)。

アーカイブ

投稿をする前にツリー化の確認をしてください!