Top > Type 5 Ke-Ho


Type 5 Ke-Ho

Last-modified: 2019-08-15 (木) 09:08:04


Tier 4 日本 軽戦車 Type 5 Ke-Ho / 五式軽戦車 ケホ Edit

kebo.jpg

Ke-Niには劣るもののなお優秀な俯角が武器のtier4軽戦車。
1両の試作車が完成していたらしい。
高火力と機動力を併せ持つ戦車である。

コレクター化にともなって大幅に弱体化。勝つのが困難になった

 

基本性能(v6,2.0) Edit

車体Tier国籍タイプ耐久値
(HP)
車体装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
最高
速度
(km/h)
初期
重量
(t)
実用出力重量比(hp/t)本体価格
(クレジット)
Ke-HoIV日本軽戦車48020/16/12509.8015.38140,000 cra.png
 

武装

砲塔:Type 5 Ke-Ho

Tier名称発射
速度
(rpm)
弾種平均
貫徹力
(mm)
平均
攻撃力
DPM
(HP/分)
精度
(m)
照準
時間
(s)
総弾数弾薬費
(Cr/G)
重量
(kg)


IVExperimental 57 mm Tank Gun Shin12.00AP
AP
HE
87
131
29
90
65
150
1080
780
1800
0.361.86040 cra.png
2000 cra.png 5 gda.png
26 cra.png
543+20°
-10°
 

砲塔

Tier名称装甲厚(mm)
前面/側面/背面
旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
IVType 5 Ke-Ho30/20/16362301,500
 
射界全周
 

エンジン

Tier名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
IIIType 100 Kakyuu V-615015630
 

履帯

Tier名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
IVType 5 Ke-Ho Kai12.50603,300
 

乗員

  1. Commander
  2. Driver
  3. Gunner
  4. Radio Operator
  5. Loader
 

派生車両

派生元:Type 98 Ke-Ni
派生先:Type 3 Chi-Nu

 

開発ツリー Edit

Ke-NiKe-Ho
5,610fa.png
Gun.png
47 mm Gun Type 1
Gun.png
Experimental 57 mm Tank Gun Shin
2,260fa.png
Chi-Nu
15,540fa.png
410,000cra.png
turret.png
Type 5 Ke-Ho
engine.png
Type 100 Kakyuu V-6
suspension.png
Type 5 Ke-Ho
suspension.png
Type 5 Ke-Ho Kai
1,240fa.png
 

fa.png:必要経験値


 

解説 Edit

初期砲と最終砲では火力の違いが大きい。
最終砲の試製五七粍戦車砲は単発火力90とTier相応のダメージだが、装填時間が短いため優秀な火力を持っている。走りながら撃つもよし、ハルダウンしつつポンポン撃ち込むもよし。
また、HEの貫通力もあるため同格紙装甲や格下には榴弾を使用する事も一考の価値はある。
とりあえず、最終砲を載せる他に選択肢はないであろう。
エンジン・砲塔は1種類であり、開発はもちろん砲が優先だ。

装甲

安定の紙。
もはや跳弾を期待することは罪である。
とにかく被弾を避けよう。
被弾面積を小さくするためのハルダウンは本車においても有効である。

機動性

エンジンそのものはKe-Niの最終エンジンと同一の物であるので開発が要らないのは利点であろう。
ただしKe-Niより少し重いのでKe-Ni程のスピードは出せない。それでも10トン、ラムアタックには気をつけよう。

立ち回り方

味方に随伴しての火力支援なども良いだろう。
中盤からは敵の背後を取ったり、未発見の敵を発見したりなどして戦おう。
無理をしない、中戦車や重戦車や格上にタイマンを張らない、足を止めない、が基本。移動時の照準拡散が小さいので走行間射撃には最適である。

総評

火力と足回りが高いレベルでまとまっている車両である。
被弾しないことを心がけ、戦況を上手く把握できれば、tier5戦場でも活躍ができるであろう。


特徴 Edit

長所

  • 10度取れる俯角
  • 小柄な車体による被弾面積の少なさ
  • そこそこの火力

短所

  • 装甲が紙
  • 加速とトップスピードは若干控え目
  • 良好な車体旋回に比べ砲塔旋回は遅い

初期の研究

  • 基本的には砲、履帯の順。
  • フリーで最終砲や改良サスペンションまですべての開発を終えても良い。

歴史背景 Edit

 
image.jpeg
 

wikipediaより
五式軽戦車 ケホ(ごしきけいせんしゃ ケホ)は大日本帝国陸軍が第二次世界大戦末期に開発した軽戦車である。日本陸軍の軽戦車の系列としては最後の車輌だった。
開発担当は日野重工。1942年(昭和17年)に開発が始まったが、戦車よりも航空機や艦船へ資源が優先されたために開発が遅れ、1945年(昭和20年)に試作車が1輌だけ完成したと伝えられる。しかし一枚も写真が存在せず、詳細な情報も資料が焼却されて不明で、側面図とされるものだけしか残っていない。現存する資料が少なく謎の多い車輌である。九八式軽戦車 ケニ、二式軽戦車 ケトの設計を継いだ発展型戦車で、秘匿名称としてはケニの次である。


コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 最高速 加速 旋回性能の内どれかバフされたら ルクスいらなくなるな -- 2018-01-23 (火) 16:54:28
    • それのバフが来たら完全OPなんだよなぁ ソ連ならともかく日本はないやろ -- 2018-02-12 (月) 21:50:15
  • お強いが金弾に頼りきりになってしまい金が減る減るヘルキャット -- 2018-02-14 (水) 03:24:17
    • そこは機動力で横とっていけばAPでもいけるでしょ -- 2018-03-04 (日) 12:18:10
  • しっかしいつ見ても可愛いなぁ、この豆太郎w -- 2018-04-13 (金) 20:31:10
  • こいつで敵のマチルダとかⅣ号とかの側面に回り込んでポンポコ砲で貫通させまくってたら弾薬庫吹っ飛んでキモティーー! -- 2018-08-14 (火) 04:53:15
    • マチルダかクルセーダー乗ってみ、これ以上のポンポコ砲だからさ。ところで、英MTルート進んでみてはいかがかな?悪魔の囁き -- 2018-08-14 (火) 08:29:33
      • 183「イギリスは連射力があって扱いやすいぞ」 -- 2018-09-13 (木) 16:14:24
  • あゝ、どこまでも………… -- 2018-10-27 (土) 12:09:27
  • 日本ツリーの中ではSTBに並ぶ使いやすさ -- 2018-10-27 (土) 13:57:06
  • 5.5にてツリー削除 日本LTツリーが実装される可能性は絶望的なので持ってる人は売らないように! -- 2018-11-13 (火) 21:38:40
  • ルクスの機動性下方修正(旋回性能45%減、 弾倉も6→4発)によって(今更だが)ティア4軽戦車最強の地位を手に入れた可能性 -- 2018-11-15 (木) 21:49:36
    • 実際は、単発低くなってビミョーに感じるよ -- 2018-11-15 (木) 22:16:12
      • チハ君よりかはポテンシャルが残されているきっと大丈夫! -- 2019-01-15 (火) 22:07:37
      • ケニに比べたら全然マシ。まだまだ使える。軽くて早くておもろい。 -- 2019-02-09 (土) 11:26:19
  • 主砲の火力とHP以外はナーフされてないからまだ十分戦える -- 2019-02-15 (金) 09:16:01
  • 何これ、、、強い。アプデ後から2回Mとった -- 2019-03-23 (土) 15:54:32
    • ごめん日記書いてしまった、、 -- 2019-03-23 (土) 16:09:46
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White