M36 Jackson

Last-modified: 2021-01-11 (月) 16:56:18


Tier 6 アメリカ 駆逐戦車 M36 Jackson(ジャクソン)


改良砲塔+最終砲90mm ATgun M3を装備した状態
 

伝説迷彩「勇気」

勇気
適用中は車両名が「M36 Jackson Valor」となる。

2016年8月23日から9月6日の間販売された。
紋章から中華民国(現台湾)軍仕様のものと思われる。

 

アメリカTier6駆逐戦車
Wolverineから引き続き回転砲塔を備えている。
90mmの主砲に換装することで著しく貫徹力が向上する。特に金弾の貫徹力はtier8重戦車をも正面から貫通できるほど高い。精度も高く弱点狙撃も容易に行える。
Tier6TDの中でもM18 Hellcatと同じく高い自由度を誇り、プレイヤーの使い方次第で強力な車両になるだろう。

 

関連車輌:M18 Hellcat

 

基本性能 (v7.5.0)

車体Tier国籍タイプ耐久値
(HP)
車体装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
最高
速度
(km/h)
初期
重量
(t)
本体価格
(クレジット)
Jackson
(M36 Jackson Valor)
VIアメリカ駆逐戦車780~900100/55/5540/1128.28884,200
 

武装

砲塔:M36T74

Tier名称発射
速度
(rpm)
弾種平均
貫徹力
(mm)
平均
攻撃力
DPM
(HP/分)
精度
(m)
照準
時間
(s)
総弾数弾薬費
(Cr/G)
重量
(kg)


VI76 mm AT Gun M1A211.19AP
APCR
HE
128
177
40
160
135
200
1790
1511
2238
0.381.75496
2800 7
68
1,590+20°
-10°
VII90 mm AT Gun M37.59AP
APCR
HE
160
243
45
225
190
270
1708
1442
2049
0.351.747255
4400 11
255
2,050
 

砲塔:M36T78

Tier名称発射
速度
(rpm)
弾種平均
貫徹力
(mm)
平均
攻撃力
DPM
(HP/分)
精度
(m)
照準
時間
(s)
総弾数弾薬費
(Cr/G)
重量
(kg)


VI76 mm AT Gun M1A211.19AP
APCR
HE
128
177
40
160
135
200
1790
1511
2238
0.381.75496
2800 7
68
1,590+20°
-10°
VII90 mm AT Gun M38.00AP
APCR
HE
175
243
45
225
190
270
1800
1520
2160
0.351.747255
4400 11
255
2,050
 

砲塔

Tier名称装甲厚(mm)
前面/側面/背面
旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
VM36T7476/25/25162404,500
VIM36T7876/25/25162404,800
 
射界全周
 

エンジン

Tier名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
IVWright Continental R-975EC235020515
IVWright Continental R-975C140020516
VGMC 604642015549
 

履帯

Tier名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
VM36T4130.5287,000
VIM36T4230.5307,000
 

乗員

  1. Commander
  2. Driver
  3. Gunner
  4. Radio Operator
  5. Loader
 

派生車両

派生元:M10 Wolverine
派生先:T25 AT

 

開発ツリー

WolverineJackson
25,000

76 mm AT Gun M1A2

90 mm AT Gun M3
16,520
T25 AT
59,500
1,327,000

M36T74

M36T78
5,430

Wright Continental R-975EC2

Wright Continental R-975C1
1,620

GMC 6046
1,660

M36T41

M36T42
8,200
 

:必要経験値


 

解説

アメリカのTier6駆逐戦車。回転砲塔と-10°の俯角による自由度は高く駆逐戦車というよりは支援型の中戦車に近い使用感となっている。Ver7.5のアップデートによりその特徴がさらに濃くなった。

装甲

  • 車体
    今までは謎に車体下部が硬く上部が薄かったがVer7.5にて大きく仕様変更された。
    数値は100mmと以前の114mmより薄くなったように見えるが、下部ではなくちゃんと車体上部の装甲厚であり傾斜込みで実質165mm程*1と格上中戦車の通常弾まで跳弾が可能となり、著しく防御力が向上した。
    一方で今まで硬かった車体下部は65mmの装甲厚しかなく傾斜がない部分では数値のままであるなど弱点になってしまったのでここを隠すことが運用の基本となる。
    また、側背面も25mmから55mmへ大幅に強化され同格中戦車並の数値になったため、多くの車両から榴弾が刺さるような状況は少なくなった。
    ただしあくまでも駆逐戦車であり昼飯や豚飯は緊急的な使用に留めておくのが良いだろう。
     
  • 砲塔
    砲塔に関しては、アメリカ特有の優秀な砲塔となっており、防盾部は200mm弱の砲弾ならシャットアウトする。俯角も勿論良好で、ハルダウンを得意とする。
    ただし防盾に覆われていない砲塔脇は45mm~50mm程と薄く、蓋に至っては25mmしかなく格下どころか多くの榴弾が貫通可能なので過信は禁物。
 

主砲

初期砲は引き継ぎで貫徹力、単発火力、DPM、精度いずれも低く搭載する価値はない。主砲が命であるため急いで最終砲に換装しよう。

  • 90mm AT Gun M3
    本車の大きな特徴でもある主砲。ヘルキャットと同じ主砲で互換性はあるが性能が異なっている。
    最終砲で単発225という高い単発火力に高いDPMであり高火力を誇っていたがVer7.5によりDPMがナーフされ低くなってしまった。
    それでも回転する砲塔や俯角による自由度は駆逐戦車としてはかなり高い。また砲塔旋回は遅いものの、車体旋回と合わせれば40°/sを超えるのでNDKにも対処できる。
    そして何より課金弾の貫徹力が243mmもあり、格上の重戦車でも易々と正面から貫通することも出来るだろう。(例外あり)
    精度も悪くなく、収束も早い為非常に扱いやすい主砲となっている。
 

機動性

最高速こそ中々速いものの、出力重量比が低く前身よりももっさりした動きになっている。
旋回も遅くは無いがやはり駆逐戦車と言ったところであり、MTのような速さはない。しかし上記の通り砲塔もあるお陰でNDKには対抗しやすいので駆逐としては問題無い。

 

隠蔽率

砲塔があることの弊害として、背が高くなってしまい他のTDよりも隠蔽は悪化してしまっている。
前身のWolverineよりも悪く、意外なところで見つかってしまうこともある為、ルート選びや動きには細心の注意が必要。

 

総論

Ver7.5で同郷のヘルキャットと共に大きく仕様が変わり、あちらは高火力と高い機動力を持ち低い防御力を特徴とするのに対しこちらは低火力と中機動力に並の防御力を特徴とするなど棲み分けがなされた。
装甲が強化されたとは言えハルダウンは盤石ではないためどっしりと構えるのも難しく、本車の立ち回り的には以前とあまり変わらず前線のやや後ろで火力支援に徹することが理想である。
もっとも同格の戦車はガバ砲であることが多く体力が比較的高めになったのも合わせて、距離と相手を見極めればある程度の前線維持も可能である。
バフによりヘルキャットと比べてある程度堅実な立ち回りが出来るようになったため、他の多くの支援系戦車の立ち回りを学ぶには良いかもしれない。

 

特徴

長所

  • 良好な俯角
  • 堅牢な砲搭
  • 硬い正面上部
  • 課金弾の優秀な貫通力

短所

  • 絶望的な車体旋回速度と砲塔旋回速度
  • 駆逐としては低いDPM
  • 中戦車運用するにはやや物足りない機動力

初期の研究

最終砲が強力なので優先的に開発しましょう


歴史背景

wikipediaより

 
 

M36ジャクソン GMC(ガン・モーター・キャリッジ)は、第二次世界大戦中に生産・使用されたアメリカ合衆国の対戦車自走砲(戦車駆逐車)である。名前は南北戦争中にアメリカ連合国の将軍であったストーンウォール・ジャクソンに由来する。
戦車駆逐大隊が運用する自走砲としてM7 3インチ砲を搭載したM10 GMC及びM1 76mm砲搭載のM18 GMCは、それなりの活躍を見せたものの、パンター中戦車やティーガーといったドイツ軍重戦車を正面から撃破するには力不足であった。また、それ以前からより強力な対戦車向けの火砲の戦車への搭載が検討されており、M1 90mm高射砲を原型としたT7戦車砲が開発された。

 

開発

 

T7(後にM3)はT1E1重戦車やM10の試作型に搭載するなどの実験が行われた。90mm砲の威力は十分であったが、前方に向けて絞り込まれた形状のM10の砲塔ではスペースが足りないため、より大型の砲塔が必要であることがわかった。

1942年12月、即応弾薬庫とカウンターウエイトを兼ねる鋳造製の後方張り出し部を付けた新型砲塔を、M10A1に載せたT71とM10に載せたT71E1の二つの試作車が完成。前者が90mm砲搭載自走砲 M36ジャクソンとして採用された。

本車はM10系からの改造や新規生産で、各型合計2,324輌が生産された。

 

武装

 

M36の主砲である90mm T7戦車砲は、敵である8.8 cm FlaK 18/36/37高射砲やティーガー戦車の主砲に匹敵する威力を持っていた。この砲は後に、砲口にシングルバッフル型のマズルブレーキが追加された。

戦後、フランス軍の装備車輌のようにダブルバッフル型のマズルブレーキに変更したものや、土浦の陸上自衛隊の保有車輌のように主砲にエバキュレーターが増設されたM3A1に変更され、車体前方機銃が追加された物もある。これは朝鮮戦争にも現れているため、日本の赤羽にあったデポで改造された仕様ではないかと言われている。

 

バリエーション

 

M36
M10A1から改造された1944年10月からの量産型。90mm砲は榴弾の威力も大きかったため、歩兵の直接火力支援にも多用された。しかしM10同様に砲塔上部が開放されており、防御力が劣っていたため、現地改造で開放部前半をカバーする装甲を取り付けた例もある。これは後に正式な改修キットが作られたが、大戦中にはほとんど間に合っていない。
M36B1
M10A1からの改造だけでは需要を満たしきれないため、M4A3戦車の車体にM36の砲塔を載せたもの。シャーマンの車体そのままなので車高は上がったが、前方機銃もそのままで装甲は戦車駆逐車用車体よりも厚い。フィッシャー社で187輌が生産された。
M36B2
T71E1の量産型。試作車に付いていた対空機銃のリングマウントは廃止され、他の量産型同様のシンプルな銃架に載せられている。1944年いっぱいで生産が終了していたM36であったが、バルジの戦いでの苦戦などから強力な90mm砲を持つ本車の需要が増大、アメリカン・ロコモーティブ社で672輌が生産された他、モントリオール・ロコモーティブ社で52輌のM10からの改造が行われた。しかし、大戦末期の登場であったため実戦には間に合わず、戦後多くが同盟国に供与されている。砲塔上部開放部分前半をカバーする装甲キットは、当初から標準的に導入されている。

 

第二次大戦後の実戦参加

 

M36系列は大戦後、西側同盟国やユーゴスラビア連邦に供与された。

朝鮮戦争では日本を経由して投入され、また、フランス軍もM36B2を受領、インドシナでの戦争で使用した。

パキスタン軍にはM36B2が供与され、印パ戦争に用いられた。

ずっと後のユーゴの各共和国による連邦離脱を巡る内戦では、連邦とクロアチア双方でM36B1とB2が、T-55やM-84に混じって実戦で使用された。これらはエンジンをT-55用のディーゼルエンジンに換装していたという。

イラク戦争ではイラク軍が装備していたM36B2がM36B1やM47パットンと共に発見された。入手経路および戦闘記録は不明。

コメント

このコメント欄の書き込みはWiki内ではなく、zawazawaに行われます。
ページと関係ないことや、モラルを欠いたコメントは控えましょう。
名前欄への無意味な固定ハンドルネーム(通称:コテハン)はトラブルの原因となることがあるため、無記入を推奨しています。
Mバ報告などは戦果報告板へ。コンテナ(ガチャ)結果などはドロップ報告板へ。
他人への誹謗中傷、晒し行為は禁止です。見つけたら反応せずに通報してください。非表示設定にしても通報は行われません。

既存のコメントに関連したコメントをするときは、既存のコメント文頭にある〇をクリック(選択)してから書き込んでください。

zawazawaでは自分が書き込んだコメントしか編集することができません。
逆に自分が書き込んだコメントの修正・削除は簡単に行えます。詳しくは「ツリー化を間違えた場合」へ。

使用可能な書式はこちら

ツリー化,枝化について

ツリー化,枝化とは?


  • コメント1 -- 2018-09-28 (土) 6:00:00
    • コメント1に関連したコメント2 -- 2018-09-28 (土) 7:00:00
    • コメント1に関連したコメント3 -- 2018-09-28 (土) 8:00:00
      • コメント3に関連したコメント4 -- 2018-09-28 (土) 9:00:00

上のように、関連するコメントを子要素にすることを「ツリー化」「枝化」などと言います。
この「ツリー化」を行わないと、どのコメントに対する意見なのか分かりにくくなることがあり、混乱を招くため、必ず関連するコメントをするときは「ツリー化」を行ってください。

  • ツリー化を行うには既存のコメント文頭にある、〇をクリック(タップ)し、●にしてからコメントを投稿してください。
  • zawazawaから投稿する場合は、既存コメント下部の+をクリックし、「>>〇(数字)」と表示された状態にしてからコメントを投稿してください。

ツリー化を間違えた場合

ツリー化を間違えた場合
投稿後にツリー化を行うことはできません。
後からツリー化を行う場合は、まず投稿したコメントの末端部分、投稿日時横の「zawazawaで見る」アイコンをクリック(タップ)します。

リンク先で投稿したコメントの詳細表示がされるので、「削除」をクリック(タップ)して、投稿したコメントを削除してから、再度投稿しなおしてください。

ログインするメリットとなりすまし防止

ログインするメリットとなりすまし防止

zawazawaによるコメント欄は、もちろんログインせず、誰でも書き込むことが可能ですが、ログインすることにより以下のようなメリットがあります。

  • 「なりすまし」が行われない
    「なりすまし防止」欄で解説していますが、エイリアスがログインすることにより固定されるため、他人からなりすましをされる可能性が極めて低くなります。
  • コメントごとに「通報」を行うことが可能
    ログインすることでコメントごとに通報をすることが可能になります。
    詳しくは「コメントを通報するには」へ。
  • ログインしても匿名性を保てる
    通常、ログインするとハンドルネームが表示されてしまいますが、「アカウントと関連付けない」を選択してから投稿すると、ログインしてないコメントと同様に表示されます。

Diffanaと異なり、メールアドレス、Twitterから登録可能で、本Wikiの運営会社(wikiwiki.jp)が運営しているので、比較的信頼度の高いサービスとなっています。

また、zawazawaによるコメント欄では、どのコメントとどのコメントが同一人物なのか、ある程度特定することが可能です。

  1. 同一かどうか確認するには、まず各コメント欄上部にある「すべて表示」をクリック(タップ)します。
  2. 各コメントの投稿日時の後ろに、英数字が記載されていますが、これは「エイリアス」といい、ブラウザ、回線等を総合的に判断して乱数によって自動的に設定されます。

    このエイリアスを確認することにより、投稿されたコメントがどのコメントと同一人物なのかを判断することができます。
    また基本的にブラウザ、回線を変更してもこのエイリアスは変更されないため、なりすまし防止にも役立ちます。

コメントを通報するには

コメントを通報するには

ページと関係ないコメント、他人の誹謗中傷、晒しコメントなど、不適切なコメントはコメントごとに通報することができます。

  1. 通報を行うには、まず通報したいコメントの末端に表示される、「zawazawaで見る」をクリック(タップ)します。
  2. 当該のコメントがzawazawaで表示されるので、「通報...」をクリック(タップ)します。
    なお通報する際はzawazawaアカウントでのログインが必要ですが、通報自体は匿名で行われます
  3. 通報の理由を記入し(任意)、送信をします。

また通報用フォームや運営掲示板から通報をすることも可能です。

過去のコメントはアーカイブから参照してください(表示されている場合のみ)。

アーカイブ

投稿をする前にツリー化の確認をしてください!


*1 以前と比べると2倍以上