Top > スキル選択に困ったら
HTML convert time to 0.015 sec.


スキル選択に困ったら

Last-modified: 2018-05-23 (水) 18:16:49

このページについて Edit

本作はReputation(いわゆるレベル、以下Rep)を最大まで上げても全てのスキルを取得できる訳ではありません。
そしてスキルの数も5つのクラス×3列のツリー×ツリーに6個のスキルで、90個。それぞれにBASICとACEがあるので実質倍の180個と多種多様。
始めたばかりの初心者にスキルページを見て選べというのも酷でしょう、というわけで少しは選ぶ参考になれば幸いです。

各クラスについて Edit

本作には5つのクラスがあり、各クラスはそれぞれ異なる3つのスキルツリーを持っています。
各クラスとツリーの内容を簡単にまとめると次のようになります。

  • MASTERMIND: 回復、チーム全体へのバフ、狙撃といった補助的な能力を担う
    • Medic: 回復系設置アイテムや蘇生能力を強化する
    • Controller: 人質の確保や活用に特化
    • Sharpshooter: 武器の精度向上や遠距離の敵へのダメージ向上など精密射撃を重視
  • ENFORCER: 最前線で撃ち合うスタイルに適した能力を担う
    • Shotgunner: ショットガンの性能強化に特化
    • Tank: 強力なアーマーが使用可能になるなど耐久力を重視
    • Ammo Specialist 所持・取得弾数の増加による攻撃面での継戦能力の向上を重視
  • TECHNICIAN: Jobを素早く進めるスキルや装備品の強化を主に担う
    • Engineer: Sentry Gunの強化に特化
    • Breacher: ドリル、Trip Mine等のJob進行を早める装置の強化を重視
    • Oppressor: クラス内では異色の戦闘特化型で、主に連射系武器を強化する
  • GHOST: ステルスを補助したり、軽装ならではの戦い方をサポートする能力を担う
    • Shinobi: 敵に見付からずにJobを進めるPlan A向きの能力に特化
    • Artful Dodger: 移動速度や回避能力を高めるスキルを重視
    • Silent Killer: 消音武器や軽装を強化するスキルを重視
  • FUGITIVE: ハンドガン、ダウンからの復帰、近接格闘など、変則的な能力を担う
    • Gunslinger: ハンドガンの強化に特化
    • Revenant: ダウン前後の戦闘能力や復帰手段の強化に特化
    • Brawler: 近接攻撃や体力と引き換えに攻撃力を得るスタイルを強化
 

「じゃあスキルポイントが限られているなら、戦闘したいからENFORCER、ステルスしたいからGHOSTみたいな感じで振ればいいのか。」
…と思う人もいると思いますが、各クラスの低Tier帯には汎用性の高いスキルもあり、純粋な一点特化では走るとすぐに息切れする、バッグ運搬に時間がかかる等の不都合が生じます。
一方で各クラスのスキルを満遍なく取ろうとすると今度は強力な高Tierスキルが取れなくなり、器用貧乏になりがちです。
 
最終的にRep100で得られるスキルポイントは120ポイントで、一方で各ツリーの最上位スキルであるTier4のACEまで取ろうとすると最低でも28ポイントが必要です。
最初は自分のプレイスタイルに合ったツリーを1本コレと決めてメインで伸ばしつつ、他ツリーの低Tierスキルから必要なものを補助的に取得していくのがいいでしょう。
それぞれのクラスの低Tierにも有用なスキルや、組み合わせることでシナジーを発揮するものもあります。

有用な低Tierスキル Edit

少ないスキルポイントで取得できるTier1や2のスキルにも、重要なものは多々あります。
その中でも特に使いやすく汎用性の高いスキルを以下に挙げました。とりあえず迷ったらこれらの取得を目指してみましょう。

 

MASTERMIND編

Medic スキルツリー

Controller スキルツリー

Sharpshooter スキルツリー

Stable Shot BASIC
武器の安定性が8上昇。
武器の種類や状況を問わずに効果を発揮し、特に連射系武器が扱いやすくなる。
Stable Shot ACE
静止している際の武器精度が16上昇。
立ち止まって射撃するシチュエーションの多いゲーム性なので、効果を得られる機会は多い。
精度16は武器MODをかき集めてもデメリットなしでの達成が難しい値。
ショットガンだけは精度上昇が必ずしも有利に働くとは限らないので注意。
 

ENFORCER編

Shotgunner スキルツリー

Underdog BASIC・ACE
敵3人以上が近くにいる際、与ダメージ15%上昇、ACEは被ダメージ10%低減。
激しい戦闘では発動条件を満たしやすく、ほぼ常時発動している事も多い。
少ないポイント消費の割には強力。

Tank スキルツリー

Resilience BASIC
アーマーの回復開始時間を15%早くする。
アーマーが早く回復すれば体力を削られる可能性は減り、攻撃の機会は増える。
1ポイントで取れるスキルとしては破格の性能。
Resilience ACE
フラッシュバンを受けた際の効果時間を75%減少。
敵に投げられたフラッシュバンの効果を軽減し、10秒もの長い無防備な時間を大幅に短縮できる。
ちなみにフラッシュバンは爆発前であれば、近接攻撃や銃で打って壊すことが出来る。
ただし、いつでも特徴的な音がしてから視認して壊せるというほど時間的な猶予はない。
高難易度になるほどフラッシュバンを投げられる頻度が増すので、取得を強く推奨。
Transporter BASIC
バッグの投擲距離を50%上昇。
バッグの運搬はバケツリレーの要領で投げ渡して行う事が多いため、掛かる時間を大きく減らせる。
これがないと投擲距離の違いによってチームメイトとの足並みが乱れたり、運搬用のショートカットルートが使用できない事も。
バッグを運搬しないjobは少なく、重要。

Ammo Specialist スキルツリー

Scavenger BASIC
弾薬箱を拾える範囲が50%上昇。
移動しながらでも拾いやすくなるため、弾の節約と拾得にかかる時間に地味ながら貢献する。
1Pで取れるスキルとしては優秀な方。ACEはまず不要。
 

TECHNICIAN編

Engineer スキルツリー

Breacher スキルツリー

Hardware Expert BASIC
ドリルの修理時間を25%短縮。インタラクトしたドリルを無音化。
地味な差ではあるが、Jobによってはドリルを再起動するだけでも危険であったり、何度もドリルを修理させられたりするので、修理時間を少しでも減らせるのは嬉しい。
ドリルの無音化はTaserのチャージ音やCloakerの待機音を聞き取りやすくなり、敵にドリルを停止されにくくなる。
ステルスでは安全確保していない場所にドリルを仕掛ける行為自体がかなりリスキーであったり、ドリルの音で警備員をおびき寄せるテクニックが使えなくなったりと扱いが難しいので注意。
スキルポイントが余ったら取得しておくと便利。
Drill Sawgeant
ドリルの所要時間をBASIC/ACEともに各15%ずつ短縮。
ドリルを設置するJobでは言うまでもなく有用。ただしドリルのないJobでは無駄になる点に注意。

Oppressor スキルツリー

Steady Grip BASIC/ACE
BASICで武器の精度8上昇、ACEで安定性16上昇。
どんな時でも効果のある、地味だが便利なスキル。
武器のMODが揃いづらい序盤から武器性能の底上げを図れるのは嬉しい。
ショットガンだけは精度上昇が必ずしも有利に働くとは限らないので注意。
 

GHOST編

Shinobi スキルツリー

Artful Dodger スキルツリー

Duck And Cover BASIC
スタミナ回復開始時間を25%短縮。スタミナ回復速度とスプリント速度を25%上昇。
次の目的地への移動から遮蔽物へ隠れる際のダッシュまで、Job進行をスムーズにしリスクを低減するため、ラウド・ステルス問わず有効。
これがないと味方と移動速度に大きな差ができて足並みが揃わない事も。
移動速度を上げる、非常に便利なスキルなので下のParkourと合わせて取得したい。
Parkour BASIC/ACE
BASICは移動速度の上昇、取っておいて損はない。
ACEは全方向にスプリントができ、スプリント中にリロードまでできるようになる。
移動とリロードを迅速に行えるようになるため、リロード中のリスクを軽減できるようになる。
ただし、ダッシュでのリロードキャンセルが出来なくなるので注意。

Silent Killer スキルツリー

 

FUGITIVE編

Gunslinger スキルツリー

Revenant スキルツリー

Nine Lives ACE
収監されるまでのダウン回数リミットが4から5に増加。
収監されると大きな戦力低下につながるので、収監だけは避けるようにしたい。
もっと大雑把に「トータルでの耐久力が約25%増加」と考えてもなかなかに強力。
OnedownのModifierをつけているジョブでは、たった一度のダウンで収監リーチとなるので、値千金のダウン可能回数+1。

Brawler スキルツリー

 

高Tierスキルについて Edit

Tier3、4のスキルになると消費スキルポイントもかなり多くなってきますが、相応の強力な能力を身に付けられます。
ビルドの方針を決定付ける部分ですが、低Tierスキル以上に取捨選択を迫られる部分でもあります。
以下に高Tierスキルの取得方針や、初心者にもお勧めのスキルを簡単にまとめます。

 

装備(Bag)で選ぶ

  • MASTERMINDのDoctor BagとENFORCERのAmmo Bagは、どちらもラウドで重宝されます。どちらかの強化スキル(Combat Doctor/Extra Lead)を取るのは定石と言えるでしょう。
    • 余裕があれば両方取得することで、味方の装備を見てどちらのBagにするか選ぶことが可能になり、より盤石となります。
    • 先にCombat Doctor/Extra Leadまで習得し、他のクラスのTier3~4を目指すというのも考えられます。
 

上位スキルで選ぶ
各クラスの目玉となるスキルを取るため、そのクラスを伸ばしていく方針です。
以下に代表的な扱いやすい高Tierスキルを挙げます。

Inspire ACE (Mastermind-Medic)
Inspireはダウンした味方を離れた位置から瞬時に蘇生できる。
乱戦や救助が難しい位置でダウンした味方の生存率が大きく上がる。壁越しでも範囲内であれば救助可能。
Doctor Bagを強化するCombat Doctorスキルが途中で取れるのも魅力。
特に高難易度ではこのスキルを持っていることが前提となり、loudでは最重要視されるスキル
Joker ACE Partners in Crime ACE Confident ACE (Mastermind-Controller)
JOKERは非常に高い耐久力で敵の銃撃を引きつけ、敵を倒す事により弾薬箱を作り続ける高性能な味方を作成できるスキル。
Partner in CrimeはJokerにダメージ軽減を与え、さらにJOKERがいる間に自身へのバフがかかる非常に強力なスキル。
Joker BASICのみで作った味方は非常に弱く、すぐにやられてしまう。しっかりと戦える味方を作るためにJoker ACEとPartners in Crime ACEまではセットで取る必要がある。
Confidence ACEは味方にできる人数を1人増やせる。
スキルポイントの消費は多いが、使ったポイント以上のリターンは確実にあるだろう。
Hostage Taker ACE (Mastermind-Controller)
人質か味方にした敵がいる場合、5秒毎に体力が4.5%回復する。
消耗品に頼らず、隠れていても自動的に体力を回復できるのは大きな強み。
Iron Man ACE (Enforcer-Tank)
Improved Combined Tactical Vestのアンロック。
ゲーム中で最も耐久性の高いアーマーを装備でき、生存性が大きく増す。
アーマーの回復に必要な時間を減少させ、対Shieldが楽になるShock and Aweが途中で取れるのも魅力。
Swan Song ACE (Fugitive-Revenant)
体力がゼロになったとき、移動速度が60%低減した状態で数秒間の行動猶予を得る。BASICで3秒、ACEで6秒。
6秒の間に弾薬消費ゼロを活かして敵を倒したり、味方に助けてもらいやすい位置に移動したり、味方を助けたり、インタラクトを成立させたりと使い道に幅のあるスキル。
ダウンまでの時間猶予は味方が苛烈な敵の射撃の渦中にあっても、助けに行くまでの時間が確実に稼げる。
また、Inspireを取得していれば、Inspireとインタラクトでの救助で全滅手前のチームを立て直すことも可能。
Inspireとこのスキルはチームの安定感を高める上で重要である。
Nine Lives ACEを取得していれば、そのまま取得できる上にダウン可能回数を増やすことでシナジーがあるのも魅力。
 

主力武器で選ぶ
各武器には各々実質専用の強化ツリーがあります。
それらのツリーのスキルを取得することで戦闘能力を大幅に高め、チームへ貢献しやすくなります。

Graze (Mastermind-Shapeshooter)
スナイパーライフルが範囲攻撃武器に変わります。
プライマリにスナイパーライフルを持つのであればBASICは取得しておくといいでしょう。
ACEまで必要かどうかはよく考えてください。
Overkill (Enforcer-Shotgunner)
ショットガン、またはOVE9000によるキル成立時、20秒間攻撃力が75%上昇します。
ACEではショットガン/OVE9000以外の武器にも攻撃力上昇効果が適用され、武器の持ち替えも80%早くなりますが、必要かどうかはよく考えましょう。
Body Expertise (Technician-Oppressor)
Auto FireのSMG/LMG/AR/特殊武器での胴撃ちにHSボーナスの一部が加算されるようになる。
BASICで3割、ACEで9割。エイム能力の良し悪しを問わず、頭を狙う必要がなくなるので敵をどんどん倒すことができるようになり、結果的に被弾率も下がります。
これはACEまで取得する方が無難でしょう。
Trigger Happy (Fugitive-Gunslinger)
ピストルによる攻撃命中時、攻撃力が120%上昇する。BASICで2秒、ACEで4秒。
Overkillと違い、あちらはキルする必要がある代わりに効果時間が長く、こちらは当てるだけでいい代わりに効果時間が短い。
当てるだけで発動するので効果時間は2秒で十分であり、ACEはまず不要と思われる。
 

間を埋める

  • フレンドが1~2人はいるという人、あるいはホスト向け。お互いに補佐し合えるようなスキル取りをしていく方針。
    • 例えば自分がIron Man ACE、フレンドがMore Firepower ACEやKickstarter ACE(TECHNICIAN/Tier3)を取る、というのがこれに該当します。
    • 戦闘は回復までの時間が短くなったICTVを着た自分が中心になって行い、Jobの進行はTECHNICIANに特化したフレンドに任せることが可能に。
 

特定Jobのクリアに特化した振り方を目指す

  • 自分でHostをやり、ステルスクリアを目指す、SawやC4でJobを手早くクリアしたい人向けの方針。
  • 上位スキルで選んでるのとほとんど変わりませんが、自分でHostをやるのであればある程度偏ったスキル構成が取れます。

スキル構成の例 Edit

「ではその有用なスキルをどういった感じで取得すればいいの?」という人のためのまとめ。
次に挙げるのは、取るべき定番のスキルの取り方と、それからどう伸ばせば良いかの一例です。

ステルス/ラウド両方のJobに対応したスキルの取り方 Edit

どちらのJobにもある程度は対応できるようなスキル構成。
Rep50になって2つ目のスキルツリーが使えるようになれば、この器用貧乏な構成のスキルツリーはリセットして、ステルス用とラウド用でそれぞれ特化させた方が良いでしょう。

 

MASTERMIND

  • Medic
    • Inspire ACE(Tier4)
  • Controller
    • Forced Friendship BASIC(Tier1)

ENFORCER

  • Shotgunner
    • Underdog ACE(Tier1)
  • Tank
    • Die Hard BASIC(Tier2 左)
    • Transporter BASIC(Tier2 右)
  • Ammo Specialist
    • Scavenger ACE(Tier1)

TECHNICIAN

  • Breacher
    • Hardware Expert BASIC(Tier1)
  • Oppressor
    • Steady Grip ACE(Tier1)

GHOST

  • Shinobi
    • Chameleon BASIC(Tier1)
  • Artful Dodger
    • Duck And Cover BASIC(Tier1)
    • Parkour ACE(Tier2 左)
    • Inner Pocket BASIC(Tier2 右)

FUGITIVE

  • Revenant
    • Nine Lives ACE(Tier1)

ラウドJobのみに対応したスキルの取り方 Edit

どんなラウドJobでも役立つような定番スキルを集めた構成。
あらゆる場面で強力なInspire Aceを優先して取った後は強化したい能力の方針次第で、、耐久力ならTank、火力なら使う武器に応じてShotgunnerやOppressor、戦闘補助ならJoker等を伸ばします。

MASTERMIND

  • Medic
    • Inspire ACE(Tier4)
  • Controller
    • Joker ACE(Tier2)
    • Confident ACE(Tier2)
    • Partners in Crime ACE(Tier3)

ENFORCER

  • Shotgunner
    • Underdog ACE(Tier1)
  • Tank
    • Die Hard BASIC(Tier2 左)
    • Transporter BASIC(Tier2 右)

TECHNICIAN

  • Breacher
    • Hardware Expert BASIC(Tier1)

GHOST

  • Artful Dodger
    • Duck And Cover BASIC(Tier1)
    • Parkour BASIC(Tier2 左)

FUGITIVE

  • 無し
 

ステルスJobのみに対応したスキルの取り方 Edit

ステルス用ビルドは武器MODの用意こそ大変ですが、スキル面はかなり早い段階で必要なものが揃います。
まずShinobiツリーは全て取り、移動速度のParkour、全てのスポット時間を倍にできるHigh Value Target Ace、

あとは行くjobに応じてドリルスキルをどの程度まで取るかどうか等を決めましょう。

 

MASTERMIND

  • Controller
    • Forced Friendship BASIC(Tier1)
  • Sharpshooter
    • High Value Target Ace(Tier3)

ENFORCER

  • Tank
    • Transporter BASIC(Tier2 右)

TECHNICIAN

  • Engineer
    • Jack Of All Trades ACE(Tier3)
  • Breacher
    • Hardware Expert BASIC(Tier1)

GHOST

  • Shinobi
    • 全て取得
    • ECM Specialist ACEは最優先
  • Artful Dodger
    • Duck And Cover BASIC(Tier1)
    • Parkour BASIC(Tier2 左)
    • Inner Pocket BASIC(Tier2 右)
  • Silent Killer
    • Optic Illusions ACE(Tier2)

FUGITIVE

  • 無し