HOXTON BREAKOUT DAY2

Last-modified: 2019-08-04 (日) 00:25:04
DAY2 関連実績
Situation Normal
Watch The Power Switch!
よしお前ら、脱獄させてくれた事には感謝する。だがな、そもそも俺がムショにぶち込まれる筈ないんだ。誰かがハメたんだ。間違いねえよ。FBIは俺のことを知りすぎだ。あの無能なクソ野郎どもがいくら頑張っても知り得ないことも掴んでやがった。誰かが裏切った。誰かが俺をハメやがった。その誰かとやらを探しだしてやる。

まあ、そう簡単にはいかないだろうな。いいか、ここまできて周りくどいやり方は無しだ。FBIみたいなクソ相手に、裏取引だ内通だなんておふざけも無しだ。コトの中心に殴りこむぞ。FBI最大の巣窟だ。俺をハメた奴を見つけてやる。


2日目はFBIのメインオフィスまでHoxtonを護衛した後、室内のブレーカーを守り、要求に応じて施設内を回って必要な情報や物品を集めた後、サーバを持って脱出する。
FBIの本拠地だけあり施設内にはほぼ常に大量の敵がひしめいているが、むやみに出歩かなければ脅威となる敵は限られるため、Hoxtonからの要求があった時以外はブレーカーの防衛に集中しよう。
ランダムでいくつか拾得できるキーカードはJob進行の大きな助けになりうるため、用途はよく考えたい。

 
DAY1DAY2
THE BREAKOUTTHE SEARCH


Assets
無し



ステップ1:FBIオフィスを襲撃する

FBIオフィスにド正面から突撃する。
Hoxtonは周辺に敵が居ると先に進んでくれないので、きっちり制圧していく事。
なお、入り口の敵は即Fキーを押せば確実に降伏する。
ホール内に最初からいる敵はFBIの捜査官であり、耐久力は低いが攻撃力は高い。全方位から撃ってくるので油断して突っ込まないように。

 

このステージにいる女性FBI捜査官は、Bronco.44を所持している(男性はChimano 88を所持)。
特に高難易度では致命的なダメージを受けてしまうので、遠慮せずに倒しておきたい。

 

FBIの各所に、セキュリティドアを開閉できるKeycardが2-4枚ほどランダムに配置されている。

  • スタート地点の検知器
  • 1階メインホールの受付内と椅子の上
    • メインホール入って左手の部屋の棚と椅子の上
    • メインホール入ってすぐ右手にある植木鉢近く
  • 2階サーバールームの机、コピー機、コンピュータの上
  • 2階ディレクターズオフィスの棚の上
    • 近くの小部屋の机、棚、椅子の上
    • 近くの椅子の上
  • 2階科学捜査室の机の上
  • Keycardを使っていける3階

2階はともかく、1階はアサルトが始まる前にしっかりと探してなるべく確保しておきたい。

ステップ2:Hoxtonをメインオフィスにあるサーバー室に連れて行く

Hoxtonをメインオフィスにあるサーバー室に連れて行く。

 

メインオフィスは2階のフロアにあるが、基本的にシャッター式のセキュリティドア(最大で4箇所)から出入りする事になる。
(3階への階段に繋がるドアをKeycardで開けた場合、位置固定の2箇所のフェンスと最大3箇所存在する窓からの侵入ルートが加わる)
この内、2階のスカイブリッジが見える窓側から侵入する場合、スカイブリッジからSniperが出現するので出入りの際に狙われてしまう。
このステップの内にメインオフィスのブレーカーの位置を確認しておきたい。
なお、Keycardでセキュリティドアのシャッターを閉めている場合、Hoxtonを始めとしたAIは扉を少し開けた後スライディングして格好良く飛び込んでくる。

 

正直これ以後アサルト時は必要が無い限り、
オペレーションルームのブレーカー付近と各情報収集の所を押さえていれば部屋に篭っていて全く構わない。

 

Hoxtonがいる部屋の前の端末付近に装備品を置く者が多いが、敵が溜まりやすく上の階からも撃たれ放題になる非常に危険な場所なので、最低でも机の影に置くか、壁際に置いて壁越しでも使用できるようにしよう。

ステップ3:情報を収集する

サーバーをハッキングして、Hoxtonが裏切り者にお礼参りするための情報を収集する。
1度のハッキングに100秒、これを4回行う。
Hoxtonが作業しているサーバーの画面には残り時間と何回ハッキングしているかの進捗がモニターの数で確認出来る。

各情報収集は同じモノは出てこないので、Shaped Chargeがいくつ残っているか、あとどれくらいの枚数のKeycardが必要か等
進捗によって計画的に進めると無駄が無い。
Keycardは最後に一枚残っていればいいので惜しまず使おう。(Keycardの節約をしすぎて途中で全員ダウン等は本末転倒)

 

サーバー室と同じメインオフィスの壁にブレーカーが1つあり、これを遮断されるとハッキングが中断される。
入れなおしても再起動には30秒程度かかり、カウントダウンが再開するまで時間を取られてしまう。
ラグがあると、誰もいないのにブレーカーを落とされる事がままある。ラグのないホストがしっかり見張ること。

 

2度目以降のハッキングを開始するには、Hoxtonが指示する手順を行う必要がある。
全部で5つの手順が有り、ランダムで3つの手順を行う事になる。
下記の内サーバー運搬のIT課、暗号化キーのセキュリティルームの位置はランダムで変わる。
それ以外の部屋は毎回固定。

 

ちなみにSniperの出現箇所は限られており
メインオフィスを出てスカイブリッジの方向の建物の屋上に1人~2人、
それとは別でロビーでは3Fのメインオフィス側の柱の影に左右どちらかランダムで1人、
もしくは入口からロビーへ向かうDirector's Officeの真下に1人、
それぞれ何回でも出現するので注意しよう。

スカイブリッジ側のスナイパーは、ドアが窓側のみの場合は行き・帰りの際に注意が必要。
だが窓側以外にドアがあるのなら、窓側ドア付近でなければ攻撃されないので、窓側通路に出てわざわざスナイパーに身をさらす必要はない。
スカイブリッジ側を通る必要が無いならそちらのスナイパーを放置しておくと他の場所のスナイパーの湧きを抑制できる。

クリアランスの認証

2FにあるDirector's Officeへ行き、PCをハッキング(30秒)する。
ハッキングしたPCで、Hoxtonから送られるセキュリティクリアランスを4回認証する。

PCを何回かインタラクトするだけで終わる。
実は、モニター背面からでもインタラクト出来る為、ロビーの敵と交戦したい場合はPCの後ろにぴったりとくっつこう。
全て認証したら、Hoxtonの元へ戻る。

ハッキングしたプレイヤーとHoxtonの元に戻るプレイヤーは同じでなくて良いので、
少しでも時間短縮したければハッキング終了を待たずして別プレイヤーがオペレーションルームに戻っても可。

Serverの運搬

FBIのIT課に行き、セキュリティドアを開けてServerを運び出す。
場所の候補は、1Fならばスタート入り口からみて正面奥、
2FならばDirector's Officeの横。

 


Serverは4つある部屋の内1つに配置されるが、部屋はガラス張りなので見辛いが外からサーバーを視認できる。
また、このガラスは銃撃では割れにくいが爆発物なら1発で割れるので、
HEショットガンやHE弓類・手榴弾やダイナマイト・グレランやロケランがあれば割って中をはっきり見る事が可能。
しばしば解錠と同時に天井からクローカーが出てくるので注意。

 

ServerをHoxtonの所まで運び、隣にあるオレンジ色のケーブルを繋げるとハッキング再開。

 

1階でServerがメインホール側の壁際に置かれている場合、メインホール側から壁越しに取る事ができる。
(壁越しのオブジェクト回収は仕様(FF day3のデバイスなど)なのだが、ホストにチート等と疑われて蹴られても文句は言わない事。)
壁越しオブジェクト操作の潰し漏れだと思われるが、Serverの置かれている位置と壁越しに取れる位置が一致していない。(画像のパターンだとServerは角にあるが取れる位置は部屋の中央あたり)
また武器庫の壁越し弾薬取得は修正されたが、こちらは依然放置と謎が多い。

部屋内部メインホール側の壁

暗号化キーを手に入れる

何処かにあるセキュリティー室へ向かい、暗号化キーを手に入れる。
場所の候補は1Fならばホール入り口から入って向かって右側隅、
2Fならばホール入り口からみて向かって左側のDirector's Office側突き当り。
中に入るためにはセキュリティドアを開錠する必要がある。
ドリルだと60秒だが、ドアが開けた場所にあるので、Keycard・C4・ECMが余っていれば使いたい。
PCのハッキングは80秒、PC横にあるブレーカーを遮断されると再起動しなければならなくなる。
室内でもキャンプできるが、確率で警察が部屋に催涙ガスを撒く。
時間が経てば晴れるので、部屋内でこキャンプはそれまであきらめる事になる。ダメージは大したことはないので再起動はできる。
1Fなら向かいの資料庫入り口から弾幕を張れば比較的楽に守れるが、先に資料室を開けている場合は階段から湧く敵に注意。

 

ハッキング完了後、キーを入れたHarddriveを回収してHoxtonの元に戻る。
指定された棚にHarddriveを収めれば、ハッキング開始。

裏切り者のDNA証拠物件を回収する

科学捜査室に向かい、裏切り者のDNA証拠物件を手に入れる。

 


科学捜査室は2つの部屋に分かれている。
保管室にはインタラクトで回収出来る青い箱が5つ置いてあり、
ラボにはインタラクトする事でその中身を解析できる機械がある。
保管室はセキュリティドア、ラボはピッキング(20秒)かC4を2個で開く。
ここでセキュリティドアにKeycardを使うのはやめておくこと。
理由は、ここをすぐに開けた所でラボをピッキングで開ける待ち時間は変わらないため。ドリル設置→ピッキングの順で行えば、ドリル待ち時間は実質20秒程度(インタラクトで修理する時間を含めても精々30秒+α)でしかない。
保管室とラボは黒いセキュリティドアを開ければ直通になるが、もともと守りやすい部屋なので開ける必要がない。
1回の解析に30秒かかる。裏切り物のDNAを見つけるまでこれを繰り返す。

 

正しいDNA証拠物件を見つけたら、Hoxtonの元へ戻る。作業完了後に何かを回収する必要はない。
最後の資料の解析を開始したらメインオフィスに戻っても良い。
DNAを見つけるプレイヤーとHoxtonの元に向かうプレイヤーは別々でも構わない。

Hoxtonに関連する事件のファイルを回収する

地下にある資料室に行き、Hoxtonに関する事件のファイルを手に入れる。
資料室への入り口は正面エントランスに入ってすぐ左側のカウンターの側にあり、
ドアをピッキングで開け、階段を下りた先のセキュリティドアの奥にある。

本棚に近づくとインタラクトできるので、GO BANKのように正しいファイルが見つかるまで探す。
同じ本棚でも正面と背面それぞれの側で手に入る資料は違うので注意。
地上の受付で防衛しがちだが、少量ながらも地下のエレベーター等からも敵が湧くので注意。
またドリル開通後は資料室奥のエレベーターからも敵が湧く。
シールド処理とブルドーザー処理の武器が揃っているなら、セキュリティドアが開くまで4人で階段下にこもった方が楽。

数が多い上に当たりを引ける確率が低く、最後の一つまで出ないこともザラ。一人に任せず複数人で協力して探そう。


資料を見つけたらHoxtonの元へ戻り、扉の下から資料を渡す。
なお、たまに勘違いされるがDNAの解析やセキュリティクリアランスの認証と異なり、資料を見つけた本人が直接Hoxtonの手元に資料を渡さなくてはならないため、他のプレイヤーがメインオフィスに先行して戻っても時短にはならない。
Serverの運搬や暗号化キーの入手と異なり、誰が資料を獲得したか分かりにくいため、オブジェクティブが切り替わった時点で誰が資料を獲得したか確認しておくようにしたい。

ステップ4:Serverを回収して脱出する

Serverを回収して脱出する。
Serverを回収した時点で無限Assaultが開始、以降脱出まで途切れる事は無い。

脱出地点はスタート地点近くにあるセキュリティドアから行ける地下駐車場。
特に高難易度では前後から挟み打ちに合うので、余裕があるならここまでKeycardを1つ残しておきたい。
Shaped Chargeでも突破出来るが、設置に時間がかかり最悪蜂の巣にされて全滅する可能性もあるので、最後に残すのはkeycardの方がよい。

FBIの設備

セキュリティドア

地下駐車場入り口やIT課のPC室など随所で見かける特殊なドア。
解錠方法はドリル(60秒)・Trip Mineに付属するShaped Charge(2個)・Keycard・ECM Overdrive ACEのECM。
待ち時間としては短い方なので余程の状況でなければKeycardを節約してドリル等でで開けたいところ。
なお、一部の黒い扉(クリアに必要のない扉)はKeycardかECMでしか開けられないタイプになっている。
Day1と違いSAWで開けられる扉は一つもない事に注意。
ドリルはそこまで故障しないが、まず一回は止まる。

 

メインオフィスにはKeycardでのみ操作できるシャッターが2-4箇所ある。
一度Keycardを挿入すれば後は誰でも開閉の操作を行う事が可能。
大半の時間を耐えることになる場所の侵入経路を減らすことができるのでKeycardはこちらを優先したい。
特に高難易度では恐ろしい量の敵が湧くので全て閉めるのが理想的。
ただ、ホスト以外には敵がいないように見えるのにブレーカーを落とされることがままある。
このような場合、わざと1か所だけ開いている状態にする人もいる。
シャッターを全て閉めた所で敵の全体量は変わらない上、後々敵が天井を爆破して天井から侵入してくるようになるのだが、それでもブレーカーへ向ける警戒が半分程度で済むようになる。
開けるにせよ閉めるにせよ、ホストがブレーカーを守るのが良い。

医務室

扉はKeycardかECMでのみ解錠可能。位置はメインオフィス周辺の廊下に固定配置。
中に配置されている医療キット入りの箱を開けインタラクトする事で、Doctor Bagと同じ様にヘルスやダウン数を回復することができる(1箱につき2回)。
医療キット入りの箱の数はランダムで、最大3個(合計すると回復6回分)配置される。
武器庫と違いオペレーションルームそばなのがポイント。
Doctor Bagは余りやすいので開ける利点は少ない。

武器庫

位置の候補は、1Fホールならばスタート入り口から向かって右側の奥
2Fホールであれば入り口から向かって左側の側面。
扉はKeycardかECMでのみ解錠可能。医務室と違い、位置はランダムで中身が固定。(ただしそもそも武器庫自体が無い場合もある)
中に配置されている弾薬にインタラクトする事で弾の補充ができ、Grenadeも9つ置かれている。
AmmoBag持ちがいないなら十分開ける価値はある。もっとも、1階だった場合は危険なホールを横切る必要があるので使えるかは微妙。

3階への階段

扉はKeycardかECMでのみ解錠可能。
入り口は最奥のセキュリティドアがある場合は二箇所あるが、一方が開けばもう一方も開く。
3階やエントランス部にいる敵の制圧が楽になる他、メインオフィスとエントランスを繋ぐ道が増える。
オペレーションルームの正面が壁で塞がれ左右へ通じる廊下も壁で仕切られている場合があり、
その場合は3階階段を開ける事で各部屋に安全に行く方法が増える。

また三階の敵からも弾丸が回収出来るようになる為、弾薬が持ちやすくなる。
また、3階にはKeycardが配置されている事もあり、実質無償な場合も。
このドアを開けても、警察は余り通ってこない。3Fフェンスか2Fの扉を通ってくる。

InspireACE持ちがいない場合、3階でダウンされると救助がかなり厄介。

スカイブリッジ

メインオフィス周辺の窓側廊下に2箇所と3階の奥側に2箇所設置されており、
反対側の建物に湧いた敵はここを通って攻めてくる。Shaped Chargeを2つ設置することで破壊する事が出来るが、
周辺は敵のスポーン地点なので無理に行わなくてもよい。
2階のスカイブリッジを両方爆破することで、スカイブリッジ側のシャッターを閉めなくても楽に守れるようになるのでKeycardを節約したい時に。

Death Wish 他難易度との相違点攻略

  • 相違点
    特になし
  • 攻略
    前述のとおり物凄い量の敵が湧くのでメインオフィスのシャッターは全て閉じるのが望ましい。
    最低でも、ブレーカーの近くかキャンプ地点にあるシャッターは降ろしておきたい。

    キャンプ地点は3階への階段がある、エントランスの入り口から離れた小部屋が安定。
    Keycardで通路を塞いで小部屋にする。
    Hoxtonが指示する度にいちいち長い距離を移動する必要があるものの、
    銃撃から身を隠せる上に部屋がそれなりに広いのでシールドにゴリ押しされる危険も少ない。
    確率でこの小部屋がない場合があるので、その場合は小部屋付近の柱周辺が安定する。
    ただ、完全に身を隠せるわけではなく、3階(特に左手側)からの攻撃を気にする必要が出る。
    医務室と武器庫のためにECM Overdrive Aceを用意する価値があるかというと、部屋の位置を考えると微妙。
    Ammo BagかDoctor Bagを持っていき、キャンプ地点に置く方が良いだろう。
    順調に仕事を進められるなら、Ammo Bag2つかつ武器庫なしでも弾薬は持つだろう。

    Ammo Bagと Doctor Bag以外に持っていくとしたらC4にするべき。
    スカイブリッジは壊さなくてよいが、扉を開ける際に使う。

    よく全滅するのが「暗号化キーを手に入れる」と「Serverの運搬」。
    前者はドリルの後にハッキングを待たなければならずブレーカーも落とされるので長時間耐える必要があり、
    後者はドリルを待つだけだがロクな障害物がないため1秒でも速く進めたい。

小ネタ

  • BREAKIN' FEDSでは再びFBIオフィスを襲撃するが、そちらでは今まで存在しなかった4Fが舞台となる。同時に、本Jobのオフィスもいつの間にやら4Fまで拡張されている。あくまで辻褄を合わせるための拡張なのでJob進行に一切の影響はない。
  • 本jobではHoxtonの手伝いに行くわけだが、Hoxtonでもプレイ出来る。これを行うことが達成条件となっている"Spacetime Paradox"というsidejobが存在する。