AC 1 Sentinel

Last-modified: 2020-05-18 (月) 10:58:36


Tier 4 イギリス 中戦車 AC 1 Sentinel 日本語表記 エーシーワン センチネル

AC1_sentinel_2.6.jpg
2.5と2.6の比較画像

センチネル巡航戦車は、第二次世界大戦中、太平洋地域へ拡大しようとする日本の脅威や、日本のオーストラリア侵攻への恐れから作られた。
なお2.6にて特徴的な機銃の大きさが変更される ⇒ 形状は変更されずに大きくなりシミができた。また、形状があるものに似ているために、戦車の後ろに回り込むと○○と呼ばれて罵倒される。
現在では3輌が現存しているものと思われる。

 

AC 1 SENTINEL: オーストラリアへの帰還

 

基本性能(v6.2.0)

車体Tier国籍タイプ耐久値
(HP)
車体装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
最高
速度
(km/h)
初期
重量
(t)
本体価格
(ゴールド)
Sentinel AC IIVイギリス中戦車50065/50/6548/1426.681,000 gda.png
 

武装

Tier名称発射
速度
(rpm)
弾種平均
貫徹力
(mm)
平均
攻撃力
DPM
(HP/分)
精度
(m)
照準
時間
(s)
総弾数弾薬費
(Cr/G)
重量
(kg)


IVQF Mk.X-A15.00AP
APCR
HE
84
121
12
45
30
60
675
450
900
0.361.710030 cra.png
1200 cra.png 3 gda.png
15 cra.png
130+20°
-9°
 

砲塔

Tier名称装甲厚(mm)
前面/側面/背面
旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
VSentinel AC I50/35/65382304,800
 
射界全周
 

エンジン

Tier名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
VII3xCadillacV833020556
 

履帯

Tier名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
VSentinel AC I31.00388,300
 

乗員

  1. Commander
  2. Driver
  3. Gunner
  4. Radio Operator
  5. Loader
 

派生車両

派生元:なし
派生先:なし

 

解説

 イギリスのTier4中戦車。開発国はオーストラリアであるが、本ゲームでは便宜上イギリスとなっている。
外観はクルセーダー、足回りはM4に似ている。余談だが、本家より先に実装された数少ない戦車である。

装甲

 中戦車としてはやや大きめの車体であり、砲塔は算盤の形状となっている。装甲厚の配分は少し特異であり、車体正面と背面が同じ65mmと、背面装甲も頑丈な造りとなっている。
 側面も50mmと薄くなく、全体的に重戦車並みの装甲厚を誇っているため、同格以下の砲弾をものともしない。だが、車体正面の中央部にある車体機銃の出っ張りは薄いため、そこを撃ち抜かれないようにしたい。
 また、同格以上の主砲となると少々厳しくなってくるが、昼飯の角度などで防げないことはない。砲塔も頑丈であり、これまた背面装甲が65mmと、砲塔正面装甲厚を15mmも上回る数値である。
 オーストラリアではケツを撃たれるのがよほど嫌なのかは知らないが、算盤の形状ゆえに数値以上の装甲厚が期待できる。俯角も取れるのでハルダウン戦法が有効とされたが、実質貫通を防ぐのは中央部の防盾のみであり、外郭は簡単に撃ち抜かれる。ハルダウン戦法を取る場合はこまめに前後移動するべきである。
前述の通り背面装甲がそれなりにあるため、背面を向けて35度程傾けるとどこも実質装甲厚70mmくらいになり、tier3相手なら面白い程の防御力を発揮する。正面装甲を向けた方が防御力は高くメリットは無いものの、決まると面白い上低tierだからこそできることなので機会があれば試してみるのも良いかもしれない。
更に、この車両は全周-9度の俯角が取れて、背面上部の装甲は急傾斜であるため、後ろ向きにハルダウンをすると退却を早く行える上に少し砲塔正面の垂直装甲を隠すことができるので有用...かもしれない。もちろん背面の垂直部分は薄いためそこを晒さないように動く必要はあるが、tier4で変態プレイを極めたい方には是非試して頂きたい。

武装

 主砲はイギリス伝統のQF 2pdr X-Aとなっており、高い貫通力と装填速度の速さが魅力的である。課金弾の貫通力は通常弾の約2倍であり、同格はおろか、一つ上のKV-1の装甲も撃ち抜くことが可能だ。本砲の唯一の欠点は単発火力の低さであり、1両撃破するのに複数弾を叩き込む必要があるため高いHPをもつ戦車にゴリ押しされると手痛い目に遭う。

機動性

 機動力はやや低いものの、中戦車としては実用範囲内に収まっている。移動には困らないが、NDK戦法が取りづらい欠点がある。

総評

 本車両は類を見ない背面装甲が頑丈な戦車である。基本的には正面装甲で十分事足りるのだが、背面装甲も垂直部を除き相当な硬さを持つ。また、背面装甲の厚さゆえに同格以下から背後を取られても傾けるだけで狙いの甘い弾はそれなりに弾いてくれるため、他の車両と比べれば背中をあまり気にせず戦える。とはいえ過信は厳禁なので、戦場では独特な配置の重装甲を活かして前線に向かい、速射性の高い主砲でボコボコにしたい。同格以上のマッチングでは課金弾を多用し、複数弾を叩き込んでダメージアシストに尽力を尽くしたい。

ちなみに当然ではあるがマチルダ系と正面から撃ち合ってはいけない、機動力では勝っているので回り込むなどして対処しよう。


特徴

長所

  • 曲面の多い優れた装甲
  • 優れた連射性能を誇る砲
  • 同じ手数型のマチルダよりは速い足
  • 優れた俯角
  • ユニークな機銃の形状

短所

  • 金弾でもマチルダの通常弾と同等の低貫通力
  • 低い単発ダメージ
  • 相手によっては金弾がかなり必要(低ダメの手数型でAPCRを撃つため)
  • クレ収入の係数自体はおそらく悪くないが、金弾多量で負けるとほぼ赤字
  • tier5と当たるとあまり出来ることがない(低貫通なので狙撃が難しく、MTとしては足が速いわけでないので偵察も無理)
  • KV-5のように正面に弱点があるのでスペック上の装甲は期待出来ない

歴史背景

image_2.png

ヨーロッパ戦線への投入及び日本軍に対抗する為作られたオーストラリア軍の巡航戦車。
エンジン、変速機、下部車体、砲塔はアメリカのM3を基礎にし、イギリスのクルセーダー巡航戦車の設計に沿って一体構造で作られた上部車体と砲塔を組み合わせている。
1942年までには、ドイツ軍の戦車に対抗できるよう、設計仕様がよりアメリカ軍の中戦車に近くなり、同年の2月にセンチネルと名付けられた。
2016年3月よりWGの協力のもとで本車両がオーストラリアの博物館にて展示されることとなった。


コメント

このコメント欄の書き込みはWiki内ではなく、zawazawaに行われます。
ページと関係ないことや、モラルを欠いたコメントは控えましょう。
Mバ報告などは戦果報告板へ。
他人への誹謗中傷、晒し行為は禁止です。見つけたら通報してください。

既存のコメントに関連したコメントをするときは、既存のコメント文頭にある〇をクリック(選択)してから書き込んでください。

zawazawaでは自分が書き込んだコメントしか編集することができません。
逆に自分が書き込んだコメントの修正・削除は簡単に行えます。詳しくは「ツリー化を間違えた場合」へ。

使用可能な書式はこちら

ツリー化,枝化について

ツリー化,枝化とは?


  • コメント1 -- 2018-09-28 (土) 6:00:00
    • コメント1に関連したコメント2 -- 2018-09-28 (土) 7:00:00
    • コメント1に関連したコメント3 -- 2018-09-28 (土) 8:00:00
      • コメント3に関連したコメント4 -- 2018-09-28 (土) 9:00:00

上のように、関連するコメントを子要素にすることを「ツリー化」「枝化」などと言います。
この「ツリー化」を行わないと、どのコメントに対する意見なのか分かりにくくなることがあり、混乱を招くため、必ず関連するコメントをするときは「ツリー化」を行ってください。

  • ツリー化を行うには既存のコメント文頭にある、〇をクリック(タップ)し、●にしてからコメントを投稿してください。
    Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.24.40.13.png
  • zawazawaから投稿する場合は、既存コメント下部の+をクリックし、「>>〇(数字)」と表示された状態にしてからコメントを投稿してください。
    Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.25.44.30.png
    Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.25.52.09.png

ツリー化を間違えた場合

ツリー化を間違えた場合
投稿後にツリー化を行うことはできません。
後からツリー化を行う場合は、まず投稿したコメントの末端部分、投稿日時横の「zawazawaで見る」アイコンをクリック(タップ)します。
Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.24.48.37.png
リンク先で投稿したコメントの詳細表示がされるので、「削除」をクリック(タップ)して、投稿したコメントを削除してから、再度投稿しなおしてください。
Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.25.32.74.png

ログインするメリットとなりすまし防止

ログインするメリットとなりすまし防止

zawazawaによるコメント欄は、もちろんログインせず、誰でも書き込むことが可能ですが、ログインすることにより以下のようなメリットがあります。

  • 「なりすまし」が行われない
    「なりすまし防止」欄で解説していますが、エイリアスがログインすることにより固定されるため、他人からなりすましをされる可能性が極めて低くなります。
  • コメントごとに「通報」を行うことが可能
    ログインすることでコメントごとに通報をすることが可能になります。
    詳しくは「コメントを通報するには」へ。
  • ログインしても匿名性を保てる
    通常、ログインするとハンドルネームが表示されてしまいますが、「アカウントと関連付けない」を選択してから投稿すると、ログインしてないコメントと同様に表示されます。

Diffanaと異なり、メールアドレス、Twitterから登録可能で、本Wikiの運営会社(wikiwiki.jp)が運営しているので、比較的信頼度の高いサービスとなっています。

また、zawazawaによるコメント欄では、どのコメントとどのコメントが同一人物なのか、ある程度特定することが可能です。

  1. 同一かどうか確認するには、まず各コメント欄上部にある「すべて表示」をクリック(タップ)します。
  2. 各コメントの投稿日時の後ろに、英数字が記載されていますが、これは「エイリアス」といい、ブラウザ、回線等を総合的に判断して乱数によって自動的に設定されます。
    comment2.png
    このエイリアスを確認することにより、投稿されたコメントがどのコメントと同一人物なのかを判断することができます。
    また基本的にブラウザ、回線を変更してもこのエイリアスは変更されないため、なりすまし防止にも役立ちます。

コメントを通報するには

コメントを通報するには

ページと関係ないコメント、他人の誹謗中傷、晒しコメントなど、不適切なコメントはコメントごとに通報することができます。

  1. 通報を行うには、まず通報したいコメントの末端に表示される、「zawazawaで見る」をクリック(タップ)します。
    rip1.png
  2. 当該のコメントがzawazawaで表示されるので、「通報...」をクリック(タップ)します。
    なお通報する際はzawazawaアカウントでのログインが必要ですが、通報自体は匿名で行われます
    rip2.png
  3. 通報の理由を記入し(任意)、送信をします。
    rip3.png

また通報用フォームや運営掲示板から通報をすることも可能です。

過去のコメントはアーカイブから参照してください(表示されている場合のみ)。

アーカイブ

投稿をする前にツリー化の確認をしてください!