Top > KV-1


KV-1

Last-modified: 2019-08-30 (金) 00:46:06


Tier 5 ソ連 重戦車 KV-1 (読み方 カーヴェー・アジン) Edit

kv-1.jpg
KV-1 ChTZ mod. 1942 + 57 mm project 413
他の装備
 

「KV-1」は、我らが同志国防人民委員「クリメント・ヴォロシーロフ元帥」の功績を讃え、KVの名を冠した車両である。キリル文字での表記はКВ-1だ。
本車の装甲は正面側面75mm・背面70mmと登場当時ではかなり厚く、当時のドイツ軍主力であったPz.IIIなどの搭載砲であった5cm砲やPz.IVの短砲身7.5cm砲では到底貫通できず衝撃を与えた。
ゲーム内ではその強固な装甲と火力を生かして前線を担うこととなり、重戦車の基本を学ぶには最適な車両と言える。
この車両で芋行為や単独行動は厳禁である。昼飯・豚飯は砲弾飛び交う戦場で生き残る為の必須項目であるため、しっかりと立ち回りを確認しておこう。

 
伝説的迷彩「献身的な戦士」について

基本性能(v6.2.0) Edit

車体Tier国籍タイプ耐久値
(HP)
車体装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
最高
速度
(km/h)
初期
重量
(t)
本体価格
(クレジット)
KV-1Vソ連重戦車630~68075/57/573448.22400,000 cra.png
 

武装

砲塔:KV-1

Tier名称発射
速度
(rpm)
弾種平均
貫徹力
(mm)
平均
攻撃力
DPM
(HP/分)
精度
(m)
照準
時間
(s)
総弾数弾薬費
(Cr/G)
重量
(kg)
俯仰角
V76 mm ZiS-57.32AP
APCR
HE
86
102
20
160
135
200
1171
988
1464
0.462.36256 cra.png
2400cra.png 6gda.png
56 cra.png
1,155+25°
-7°
V122 mm U-112.67HE
HEAT
30
140
450
230
1202
614
0.572.924257 cra.png
4800cra.png 12gda.png
1,600
 

砲塔:KV-1 ChTZ mod. 1942

名称発射
速度
(rpm)
弾種平均
貫徹力
(mm)
平均
攻撃力
DPM
(HP/分)
精度
(m)
照準
時間
(s)
総弾数弾薬費
(Cr/G)
重量
(kg)
俯仰角
V76 mm ZiS-57.69AP
APCR
HE
86
102
20
160
135
200
1230
1038
1538
0.462.36456 cra.png
2400cra.png 6gda.png
28 cra.png
1,155+25°
-7°
V122 mm U-112.79HE
HEAT
30
140
450
230
1256
642
0.572.924257 cra.png
2800cra.png 7gda.png
1,600
VI85 mm F-305.45AP
APCR
HE
120
161
43
200
170
300
1090
927
1635
0.452.95556 cra.png
2400cra.png 6gda.png
56 cra.png
1,550+24°
-7°
 

砲塔

Tier名称装甲厚(mm)
前面/側面/背面
旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
VKV-195/75/75202207,020
VKV-1 ChTZ mod. 1942110/110/110202208,220
 
射界全周
 

エンジン

名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
IVM-17L30020610
IVM-17T50020610
VIV-2K50015750
 

履帯

名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
IVKV-1 Mod. 194055.81810,600
VKV-1 Mod. 194155.82010,600
 

乗員

  1. Commander
  2. Driver
  3. Gunner
  4. Radio Operator
  5. Loader
 

派生車両

派生元:A-20
派生先:KV-1S / KV-2


開発ツリー Edit

A-20KV-1
15,250fa.png
gun.png
76 mm ZiS-5
gun.png
122 mm U-11
4,430fa.png
KV-2
26,700fa.png
920,000cra.png
turret.png
KV-1
turret.png
KV-1 ChTZ mod. 1942
2,600fa.png
gun.png
85 mm F-30
4,250fa.png
KV-1S
23,800fa.png
900,000cra.png
engine.png
M-17L
engine.png
M-17T
1,010fa.png
engine.png
V-2K
6,020fa.png
suspension.png
KV-1 Mod. 1940
suspension.png
KV-1 Mod. 1941
2,325fa.png
 

fa.png:必要経験値


解説 Edit

車体装甲は前面と側面が75mm、背面は70mm、および改良砲塔は全周110mmと、Tier5としては非常に硬い。
側面は履帯部分は実質95mmと桁違いの防御力で正面装甲と同水準の防御力であり、30~40°の昼飯をすれば同格までなら非常に優位である。それでも駆逐戦車にはスパスパ抜かれるので注意すること。
防御姿勢は基本的には遮蔽物を利用した豚飯でしっかりと弾くことだ。昼飯は豚飯ほどの堅牢性はないので、あくまで緊急手段として使用するにとどめよう。

KV-1は強靭な側面を活かしたテクニックを使用してこその「強戦車」という評価・性能であり、雑に扱うと中途半端な防御力しか期待できない。

装甲に関する弱点として、車体正面下部の一部はKV-2の152mm榴弾が貫通し一撃で撃破されてしまう。
また、側背面に被弾すると火災発生の可能性があるので注意しよう。

 

開発分岐

KV-1は開発先として、KV-1SKV-2の2種類の戦車から選ぶことができ、その2ルートの戦車はそれぞれ異なる特徴を持つ。

KV-1Sは低いHP、高い単発ダメージと低い分間火力、(重戦車にしては)高い機動力。KV-2は低めのHPに同格をワンパンできる超高単発、低い機動性と厚くない装甲。とそれぞれ個性がある。
よって運用方法もそれぞれ異なる。KV-1Sは単発ダメージと機動力があるが分間火力がかなり低いので前線で豚飯して弾受け役と火力支援。
KV-2は高火力による前線手前からの火力支援。自分のプレイスタイルに合わせてどれを開発するか選択しよう。

 

なお、開発先の車両は初期状態だと使い物にならない。フリー経験値を貯めて優先研究推奨モジュールを開発できる状態にしておこう

砲の選択

KV-1に装備可能な3種類の主砲の特徴を述べる。

  • 76 mm ZiS-5
    貫通力に乏しく同格にすら苦戦する、初期砲らしい性能。可能な限り早く改良砲を開発しよう。
  • 122 mm U-11
    榴弾の単発威力が450と非常に高いが貫通力が30しかなく、これでは同格軽戦車の正面装甲の貫通すら難しい。
    榴弾は貫通しなかった場合にはダメージの半分から相手の装甲に応じて減少したダメージを与えるという仕様がある。貫通しなかった時点で威力の半減は逃れられず、その場合高いように見えるDPMは実質1000程度となってしまう。
    課金弾であるHEAT弾の貫通自体は140とそれなりにあるが、こちらを使うと長所である威力が大きく削がれDPMは85mm砲に大きく遅れを取る。
    単発威力も270で、85mm砲と大差無いものとなってしまう。劣悪な装填時間や精度を考えると122mmHEAT弾を使うメリットはほぼ無いと言える。
    総じて不安定で、現環境ではオススメ出来ない主砲。
  • 85 mm F-30
    最終砲として多くのKV-1乗りが使用している。
    他国と比べ単発威力に優れ、貫通力や精度もそこそこ。
    威力の割に装填時間が短いことから取り回しがよく、安定したダメージを出すことが出来る。
    どの砲がよいか迷っているならまずはこれを装備しよう。

初期の研究

開発順序

  1. まずありったけのフリー経験値を投入し、改良砲塔と85mm砲を開発しよう。
    • もし初期砲である76mmを扱う場合は課金弾(クレジットで購入可能)を惜しまず撃つのが大切。
    • 初期砲塔は正面防盾で95mm、側面で75mmと格下相手からも容易に貫通されてしまう。さらに防盾も小さく、正面ですら頼りにならない。それに対して改良砲塔は全周110mmに220mmの防盾、避弾経始に優れた丸っこいフォルムと素晴らしい防御力を誇る。砲塔を開発することで85mm砲を載せられるようになるので優先して開発しよう。
    • 85mm砲は76mm砲に比べてAP貫通力が良くなり単発も約200ダメージに。豚飯して敵の弾をガンゴン弾きながら戦える。
  2. その後エンジン・履帯と足回り開発。でも鈍足は相変わらずである。
 

立ち回り方

重戦車は中戦車や軽戦車とはスタート時の配置と向きが異なっている。チーム構成上重戦車が自分だけということも多い。そういうときに開始状態からまっすぐ進むと他の味方から孤立してしまい、その間に主力たるKV-1の居ない味方集団が壊滅するという事態が頻繁に発生する。後から合流しようしても間に合わないため、最初から他の味方について行った方がよい。

防御力と攻撃力がありとても使いやすい戦車であるが、機動力が極めて低く砲塔旋回も遅く、HPも格下はともかく同格車両と比べてもさほど高くないので、中戦車に張り付かれると何も出来ない。絶対に孤立しないようにしよう。

重戦車であるこの戦車に求められる仕事は、何より前線の構築である。トップであれば最前線で戦い、ボトムであれば少し後方でトップの援護をするのが重要である。偏りのない厚めの装甲と昼飯・豚飯を駆使し、積極的に敵の弾受けをしよう。ただし側背面を撃ち抜かれると火災が発生することが多いため、気を付けなければならない。

このTierでは主力を張れる車両である。駆逐戦車のように後方から狙撃する・この車両の劣悪な機動力で裏取りをするなど車両特性に合わない動きは孤立につながり、まったく活躍が出来ない上に味方に対する迷惑行為となる。絶対にしてはならない。

 

特徴 Edit

長所

  • 同格戦車と比較して単発威力に優れる主砲
  • 車体・砲塔共に優れた装甲
  • 豚飯をすれば格上の弾も弾くことができる
  • 旋回速度は速い
  • 俯角7度(ソ連重戦車2位)

短所

  • 機動性が低い
  • ソ連重戦車ツリーのこれまでの下位Tier戦車(BT-7やA-20など)と特性が異なる

歴史背景 Edit

wikipediaより

評価(β版) Edit

ここはKV1の評価となっております。関係ない話題はお控え頂くよう要請致します。
またここはあくまで参考程度にし、詳細なコメントはコメント欄にお願いします。
6.2の評価

選択肢 得票数 得票率 投票
装甲薄くなって弾けなくった 33 26.4%
そんなことよりおうどん食べたい 28 22.4%
装甲削られても、格上の弾は弾ける 17 13.6%
問題なく通用する 16 12.8%
思った以上にnerfを実感する 13 10.4%
kv1からバイアスが消えた 10 8.0%
機動力が低くなり扱いにくい 8 6.4%
その他
投票総数 125

過去バージョンの評価

コメント Edit

ここはKV1のコメ欄となっております。そのため関係ない話題はお控え頂くよう要請致します。
また他人を誹謗中傷するようなコメントはせずモラルを尊重したコメントをお願いします。
ページ軽量化の為、過去のコメントは↓のアーカイブにあります。

上記を理解した上でコメントを書き込む