Cromwell B

Last-modified: 2021-06-15 (火) 22:19:17


Tier 6 イギリス 中戦車 Cromwell Berlin/通称Cromwell B

 

伝説迷彩「ベルリン」

ベルリン
 

HD画像

適用中は車両名が「Cromwell B Berlin」となる。
↑元々"Cromwell B"の“B”が“Berlin”の略なのだがこれ如何に

この特別迷彩「ベルリン」には、英国第七機甲旅団、通称「デザート・ラッツ(砂漠の鼠)」のマークが車体前後部についている。ちなみに現代に至るまでこのマークは継承されていたりする。

 

ベルリン戦勝パレードに参加したCromwellがモデル。性能面は通常ツリーのCromwellを強化したものとなっている。

 

基本性能(v5.7.0)

車体Tier国籍タイプ耐久値
(HP)
車体装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
最高速度
前進/後退
(km/h)
初期
重量
(t)
本体価格
(ゴールド)
Cromwell BVIイギリス中戦車96064/43/3264/2028.024,500
 
実用出力重量比(hp/t)23.19
 

武装

Tier名称発射
速度
(rpm)
弾種平均
貫徹力
(mm)
平均
攻撃力
DPM
(HP/分)
精度
(m)
照準
時間
(s)
総弾数弾薬費
(Cr/G)
重量
(kg)


VI75 mm Gun Mk. V10.53AP
APCR
HE
145
202
38
160
135
200
1684
1422
2106
0.362.364100
2800 7
56
591+20°
-13°
 

砲塔

Tier名称装甲厚(mm)
前面/側面/背面
旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
VICromwell Mk. IV76/64/57502505,000
 
射界全周
 

エンジン

Tier名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
VRolls-Royce Meteor Mk. IVB65020744
 

履帯

Tier名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
VICromwell29.50526,500
 

乗員

  1. Commander
  2. Driver
  3. Gunner
  4. Radio Operator
  5. Loader
 

派生車両

派生元:なし
派生先:なし

 

関連車両:Cromwell


解説

Tier6のイギリス課金中戦車。
Cromwellから実戦使用された車輌に基付く外観の変更がなされており、性能も砲塔装甲が0.2mm下がったのを除けばその上、もしくは同等となっており実質Cromwellの上位互換となっている。
詳しい解説はそちらのページを参照されたし。

主砲

本家とは異なり、史実砲である75 mm Gun Mk. Vを搭載。
この砲は本来Cromwellの中間砲に当たるが、装甲貫徹力等が強化されているため実質的な性能はあちらの最終砲(75mm Vickers HV)とほぼ同じである。
貫通、装填速度、単発火力共にそこそこの性能に落ち着いており、課金戦車にしてはクセの少ない砲と言えるだろう。
ただし、俯角は本来の性能に準じた-13°となっており、これは本家Cromwellの最終砲の-8°を大きく上回る数値である。
基本的に俯角のなさで困ることはないと言える。

 

装甲

装甲は15cmより口径が小さい砲の榴弾を防ぐほどしかなく、跳弾はまずない。あるとすれば、主砲もしくは履帯での吸収だが狙って引き起こすことなど無理なのでCromwell同様被弾しない立ち回りを求められる。幸い俯角が-13°も取れ、機動力も抜群なのでハルダウンを駆使して被弾面積を減らしたり、機動戦を仕掛けたりして被弾しない立ち回りを心がけよう。

 

機動性

出力重量比は23.19(hp/t)、トップスピードも64km/hと軽戦車並であり、同格MTから一歩抜きん出た優秀な機動性を誇る。
Cromwellと同等の性能を持っているが、搭乗員の育成、モジュールの開発が完了している場合は、あちらの方が旋回性能は上回る。

 

総論

Cromwellから砲塔正面並びに背面装甲が0.2mm落ちただけで車体旋回速度以外の数値はCromwellより上もしくは同等であり実質的なCromwellの上位互換にあたる。特に大きいのが俯角がCromwellの最終砲から5°も増え13°になった事だ。
持ち前の機動力を生かしたCromwellの基本的な立ち回りはそのままで良いが、-13°という破格の俯角を駆使して敵の思わぬところから撃ち込み被弾を避けよう。

装甲はほとんど頼りにならない。
10榴の貫通を防ぐ程度のものだと割り切り、優秀な機動力と俯角を生かした「撃たれない立ち回り」を心掛けよう。
なおバグの可能性もあるが、Cromwellと違い空間装甲(防楯)がない。Cromwellと異なり車体正面に装甲圧14mmの箇所が2つある。また、砲塔に関しては範囲は狭いものの、防楯部分の装甲が0mmとなっているため注意が必要である。

※バグかどうかは不明だが、後ろを向いていても俯角は -13°取れる。そのため、砲が車体の出っ張り(所謂ノルマンディーカウル)にめり込み奇妙なことになっているが、その状態でも弾が車体に当たることはなく、すり抜けてちゃんと撃てるので安心して欲しい。また、敵砲弾も貫通しダメージは入らないが、滅多に当たらないため積極的に撃たせようとするのはオススメしない。

 

紳士解説

紳士の出張

…ん?君か。また会ったね。此処はプレミアム車輛のガレージなのだが…まあいい。丁度私も暇を持て余していたのでね。お相手しよう。……セイロンティーでもどうだね?

主砲

まずはこの戦車の要、主砲について解説しよう。
この主砲は約5秒毎160ダメージの砲弾を叩き込む。しかも精度が良く、貫徹力もあるときた。敵にとっては相当脅威に成りうる。
尚、俯角は驚異の13°となっており、かなり射撃自由度が高い。生かせる場面は限られるが
稜線から飛び出し撃ちして敵を仰天させて差し上げよう。

装甲

装甲?
そんなものはない。
Churchill系統やMatildaとは訳が違う…と言うより基本から違うのだ。
Matildaの解説を見れば分かるように、彼らは歩兵戦車だ。無数の砲弾を掻い潜り、敵の歩兵を蹂躙するため、速度を犠牲に強固な装甲を得たのだ。
しかし、このCromwell Bは巡航戦車だ。「高速」でなければ意味が無い。その速さを得るため、歩兵戦車とは逆に装甲を犠牲にしたのだ。
なのでまず弾かない。おまけに傾斜すらしていない。
なので極力その高速(約60km/h)を生かしたhit&away、精度を生かした狙撃が効果的だ。
但し、無理な偵察は止めた方が良い。隠蔽率が軽戦車(例:AMX ELC bis)のように下がらないからというのがその理由だ。

最後に…

私はそろそろティータイムを愉しむために家に帰らなくてはならないので、此処で失礼するよ。
その戦車で敵を翻弄し、蹂躙して来たまえ。それでは、
君の健闘を祈る!!
P.S.そうそう、SU-100YKV-2等の大口径砲搭載車輛に肉薄するのは極力避けよう。AMX ELC bisならともかく、砲塔に一発喰らって即退場させられる。くれぐれも気を付けたまえ。

 

特徴

長所

  • 軽戦車をも凌ぐ驚異的(脅威的)な機動力
  • 俯角が大きく取れる(-13°)
  • 同格中戦車1位タイのDPM(Cromwellと同等)
  • 優秀な貫徹力
  • 優秀な精度
  • 優秀な視認範囲
  • ジェリカンや道具箱などの素敵性能の高さ

短所

  • 薄い装甲(大口径榴弾が貫通する)
  • 口径の割に劣悪な照準拡散及び照準速度
  • 遅い弾速
  • Mバッジ基準が異様に高い

歴史背景

格納

Tankopediaより

本車輌の正式名称は「Cromwell Berlin
北アフリカでの功績により「砂漠の鼠」(Desert Rats) と称されたイギリスの精鋭、第7機甲師団によって、ある1両の車輌が有名になりました。この第7機甲師団に初めてクロムウェル (Cromwell) が支給されたのは、1944年、D-デイの準備のために一時イギリスへと戻った際のことでした。彼らはこのクロムウェルを駆り、フランスを戦い抜いてドイツへと進撃し、そして1945年9月7日にベルリンで実施された戦勝パレードに加わりました。


コメント

このコメント欄の書き込みはWiki内ではなく、zawazawaに行われます。
ページと関係ないことや、モラルを欠いたコメントは控えましょう。
名前欄への無意味な固定ハンドルネーム(通称:コテハン)はトラブルの原因となることがあるため、無記入を推奨しています。
Mバ報告などは戦果報告板へ。コンテナ(ガチャ)結果などはドロップ報告板へ。
他人への誹謗中傷、晒し行為は禁止です。見つけたら反応せずに通報してください。非表示設定にしても通報は行われません。

既存のコメントに関連したコメントをするときは、既存のコメント文頭にある〇をクリック(選択)してから書き込んでください。

zawazawaでは自分が書き込んだコメントしか編集することができません。
逆に自分が書き込んだコメントの修正・削除は簡単に行えます。詳しくは「ツリー化を間違えた場合」へ。

使用可能な書式はこちら

ツリー化,枝化について

ツリー化,枝化とは?


  • コメント1 -- 2018-09-28 (土) 6:00:00
    • コメント1に関連したコメント2 -- 2018-09-28 (土) 7:00:00
    • コメント1に関連したコメント3 -- 2018-09-28 (土) 8:00:00
      • コメント3に関連したコメント4 -- 2018-09-28 (土) 9:00:00

上のように、関連するコメントを子要素にすることを「ツリー化」「枝化」などと言います。
この「ツリー化」を行わないと、どのコメントに対する意見なのか分かりにくくなることがあり、混乱を招くため、必ず関連するコメントをするときは「ツリー化」を行ってください。

  • ツリー化を行うには既存のコメント文頭にある、〇をクリック(タップ)し、●にしてからコメントを投稿してください。
  • zawazawaから投稿する場合は、既存コメント下部の+をクリックし、「>>〇(数字)」と表示された状態にしてからコメントを投稿してください。

ツリー化を間違えた場合

ツリー化を間違えた場合
投稿後にツリー化を行うことはできません。
後からツリー化を行う場合は、まず投稿したコメントの末端部分、投稿日時横の「zawazawaで見る」アイコンをクリック(タップ)します。

リンク先で投稿したコメントの詳細表示がされるので、「削除」をクリック(タップ)して、投稿したコメントを削除してから、再度投稿しなおしてください。

ログインするメリットとなりすまし防止

ログインするメリットとなりすまし防止

zawazawaによるコメント欄は、もちろんログインせず、誰でも書き込むことが可能ですが、ログインすることにより以下のようなメリットがあります。

  • 「なりすまし」が行われない
    「なりすまし防止」欄で解説していますが、エイリアスがログインすることにより固定されるため、他人からなりすましをされる可能性が極めて低くなります。
  • コメントごとに「通報」を行うことが可能
    ログインすることでコメントごとに通報をすることが可能になります。
    詳しくは「コメントを通報するには」へ。
  • ログインしても匿名性を保てる
    通常、ログインするとハンドルネームが表示されてしまいますが、「アカウントと関連付けない」を選択してから投稿すると、ログインしてないコメントと同様に表示されます。

Diffanaと異なり、メールアドレス、Twitterから登録可能で、本Wikiの運営会社(wikiwiki.jp)が運営しているので、比較的信頼度の高いサービスとなっています。

また、zawazawaによるコメント欄では、どのコメントとどのコメントが同一人物なのか、ある程度特定することが可能です。

  1. 同一かどうか確認するには、まず各コメント欄上部にある「すべて表示」をクリック(タップ)します。
  2. 各コメントの投稿日時の後ろに、英数字が記載されていますが、これは「エイリアス」といい、ブラウザ、回線等を総合的に判断して乱数によって自動的に設定されます。

    このエイリアスを確認することにより、投稿されたコメントがどのコメントと同一人物なのかを判断することができます。
    また基本的にブラウザ、回線を変更してもこのエイリアスは変更されないため、なりすまし防止にも役立ちます。

コメントを通報するには

コメントを通報するには

ページと関係ないコメント、他人の誹謗中傷、晒しコメントなど、不適切なコメントはコメントごとに通報することができます。

  1. 通報を行うには、まず通報したいコメントの末端に表示される、「zawazawaで見る」をクリック(タップ)します。
  2. 当該のコメントがzawazawaで表示されるので、「通報...」をクリック(タップ)します。
    なお通報する際はzawazawaアカウントでのログインが必要ですが、通報自体は匿名で行われます
  3. 通報の理由を記入し(任意)、送信をします。

また通報用フォームや運営掲示板から通報をすることも可能です。

過去のコメントはアーカイブから参照してください(表示されている場合のみ)。

アーカイブ

投稿をする前にツリー化の確認をしてください!