Object 263

Last-modified: 2021-01-28 (木) 18:20:42


Tier 10 ソ連 駆逐戦車 Object 263 /日本語表記︰オブイェークト・ドゥヴェースチ・シッヂッシャット・トゥリー

 

付属品「フラグシップ」

4,000 で購入可能。

 

他画像



Ver2.8にて追加されたソ連駆逐第二ルートの最終点に君臨する車輌。正面に限ればそこそこ頼れる装甲と、良好な機動力を合わせ持つ。
扱いやすいが単発火力が同格駆逐戦車の中では1番低い。これまでの車輌のように、単発で攻めるのではなくDPMで勝負するといった性能となっている。
なお、戦闘室は清々しいまでのオープントップであり、側面は弾薬庫となっている。
よみがえるこいつの記憶

 

基本性能(v3.9.0)

車体Tier国籍タイプ耐久値
(HP)
車体装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
最高速度
前進/後退
(km/h)
初期
重量
(t)
本体価格
(クレジット)
Obj. 263Xソ連駆逐戦車1750250/80/5055/2060.016,100,000
 
実用出力重量比(hp/t)17.50
 

武装

Tier名称発射
速度
(rpm)
弾種平均
貫徹力
(mm)
平均
攻撃力
DPM
(HP/分)
精度
(m)
照準
時間
(s)
総弾数弾薬費
(Cr/G)
重量
(kg)


X130 mm S-70A7.06AP
APCR
HE
290
330
75
460
390
600
3247
2753
4236
0.322.3421118
4400 11
978
2,980+18°
-4°
 

砲塔

Tier名称装甲厚(mm)
前面/側面/背面
旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
---255-
 
射界左7° / 右7°
 

エンジン

Tier名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
XM-50T1,05015700
 

履帯

Tier名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
XObject 26362.503011,000
 

乗員

  1. Commander
  2. Driver
  3. Gunner
  4. Radio Operator
  5. Loader
 

派生車両

派生元:SU-122-54
派生先:なし

 

開発ツリー

SU-122-54Object 263
275,000

130 mm S-70A

M-50T

Object 263
 

:必要経験値

解説

ソ連第二駆逐ルートの最終点に位置する車輌。全体的な性能はなかなかの装甲、イギリス型の主砲で撃ち合いには強い車両となっている。

装甲

見た目の割には結構な装甲厚を持つ(車体正面は傾斜込み436mm)。一見戦闘室部分が弱点…と思いきやなかなかの装甲厚(傾斜込み354mm)があり、APはもちろん、課金弾でも貫通しにくい。
ただし、数値上は硬いと思われるこの装甲には弱点があり、単に正面を向けるだけでは貫通されてしまう。明白な弱点は車体下部(傾斜込み179mm)となり、格下にも容易に貫通されてしまう。更に主砲防盾も撃ち合いで必ず晒すにも関わらず、ほぼ垂直の250mmとなっており、課金弾はもちろん相手がTier10戦車であればAP弾でも貫通される可能性が高い。しかも防盾の面積は広く撃ち抜きやすい位置にある為、むしろ車体下部より狙われやすい。一回撃ったら防盾を隠す、車体を傾ける、大きめに前後移動をする、といった工夫をしたい。と言われているが、防盾は空間装甲の為か、貫通アシストで抜ける判定がされていても、抜けないことが多い(特にHEAT)。本車相手に課金弾を使う場合、防盾を狙わなくても戦闘室を貫通できることが多いので素直に戦闘室を狙おう。
側面背面は垂直装甲なので簡単に抜かれる。特に側面には弾薬庫がありとても危険。先述したように、オープントップであり、撃ち下ろされると大きな損傷を被る。最悪の場合一撃昇天。

 

主砲

  • 130 mm S-70A
    ソ連車両、駆逐戦車の割には同格駆逐戦車最低の単発火力という、らしくない性能。しかし、代わりにDPMがゲーム内3位。砲性能だけで言えばTortoiseに最も似ている。単発で攻めるソ連、ではなく若干イギリス型に属するような性能の主砲となっている。精度もかなり優秀で遠距離狙撃はお手の物。
    APCR弾の貫徹力が低めとなっていることにも注意が必要。
 

機動性

同格駆逐戦車の中ではトップクラスの機動性を持つ。が、旋回性能と加速性能は前身のSU-122-54より悪化。重駆逐戦車としては破格の機動性を誇るものの、これまでのような中戦車に近い機動性は失っている。陣地転換と撤退が得意な車輌とまでに留めておき、機動性に任せた戦いは避けるべきである。

 

総論

なかなかの装甲厚、遠距離狙撃も得意な砲のおかげで、近距離でも遠距離でもしぶとく生き残れる可能性がある車輌となっている。
序盤は遠距離狙撃、中盤以降は装甲を生かし、やや前に出て応戦といった感じが理想。一対一の時に最も強さを発揮する。だが駆逐戦車故に快速軽・中戦車には弱いという事を忘れるべからず。

 

特徴

長所

  • バランスの取れた砲
  • 良好な機動性
  • 優れた正面装甲
  • ゲーム内3位のDPM
  • 強いラムアタック

短所

  • 側面に弾薬庫
  • 長い車体
  • 他の駆逐戦車に単発火力で劣る
  • tierX駆逐内で最低の課金弾貫通(弾種こそ違えどティアVIIのSU-100M1と同じ課金弾貫通)
  • Tier10最低の俯角(Grille15は横向けば-5°にできる)

歴史背景

Wargaming.net wikiより
IS-7を流用した重駆逐戦車を作成する計画が1950年に開始され、その一つが木製のモックアップに採用されたが、IS-7の大量生産をやめてしまったため、この車輌の開発も中止された。


コメント

このコメント欄の書き込みはWiki内ではなく、zawazawaに行われます。
ページと関係ないことや、モラルを欠いたコメントは控えましょう。
名前欄への無意味な固定ハンドルネーム(通称:コテハン)はトラブルの原因となることがあるため、無記入を推奨しています。
Mバ報告などは戦果報告板へ。コンテナ(ガチャ)結果などはドロップ報告板へ。
他人への誹謗中傷、晒し行為は禁止です。見つけたら反応せずに通報してください。非表示設定にしても通報は行われません。

既存のコメントに関連したコメントをするときは、既存のコメント文頭にある〇をクリック(選択)してから書き込んでください。

zawazawaでは自分が書き込んだコメントしか編集することができません。
逆に自分が書き込んだコメントの修正・削除は簡単に行えます。詳しくは「ツリー化を間違えた場合」へ。

使用可能な書式はこちら

ツリー化,枝化について

ツリー化,枝化とは?


  • コメント1 -- 2018-09-28 (土) 6:00:00
    • コメント1に関連したコメント2 -- 2018-09-28 (土) 7:00:00
    • コメント1に関連したコメント3 -- 2018-09-28 (土) 8:00:00
      • コメント3に関連したコメント4 -- 2018-09-28 (土) 9:00:00

上のように、関連するコメントを子要素にすることを「ツリー化」「枝化」などと言います。
この「ツリー化」を行わないと、どのコメントに対する意見なのか分かりにくくなることがあり、混乱を招くため、必ず関連するコメントをするときは「ツリー化」を行ってください。

  • ツリー化を行うには既存のコメント文頭にある、〇をクリック(タップ)し、●にしてからコメントを投稿してください。
  • zawazawaから投稿する場合は、既存コメント下部の+をクリックし、「>>〇(数字)」と表示された状態にしてからコメントを投稿してください。

ツリー化を間違えた場合

ツリー化を間違えた場合
投稿後にツリー化を行うことはできません。
後からツリー化を行う場合は、まず投稿したコメントの末端部分、投稿日時横の「zawazawaで見る」アイコンをクリック(タップ)します。

リンク先で投稿したコメントの詳細表示がされるので、「削除」をクリック(タップ)して、投稿したコメントを削除してから、再度投稿しなおしてください。

ログインするメリットとなりすまし防止

ログインするメリットとなりすまし防止

zawazawaによるコメント欄は、もちろんログインせず、誰でも書き込むことが可能ですが、ログインすることにより以下のようなメリットがあります。

  • 「なりすまし」が行われない
    「なりすまし防止」欄で解説していますが、エイリアスがログインすることにより固定されるため、他人からなりすましをされる可能性が極めて低くなります。
  • コメントごとに「通報」を行うことが可能
    ログインすることでコメントごとに通報をすることが可能になります。
    詳しくは「コメントを通報するには」へ。
  • ログインしても匿名性を保てる
    通常、ログインするとハンドルネームが表示されてしまいますが、「アカウントと関連付けない」を選択してから投稿すると、ログインしてないコメントと同様に表示されます。

Diffanaと異なり、メールアドレス、Twitterから登録可能で、本Wikiの運営会社(wikiwiki.jp)が運営しているので、比較的信頼度の高いサービスとなっています。

また、zawazawaによるコメント欄では、どのコメントとどのコメントが同一人物なのか、ある程度特定することが可能です。

  1. 同一かどうか確認するには、まず各コメント欄上部にある「すべて表示」をクリック(タップ)します。
  2. 各コメントの投稿日時の後ろに、英数字が記載されていますが、これは「エイリアス」といい、ブラウザ、回線等を総合的に判断して乱数によって自動的に設定されます。

    このエイリアスを確認することにより、投稿されたコメントがどのコメントと同一人物なのかを判断することができます。
    また基本的にブラウザ、回線を変更してもこのエイリアスは変更されないため、なりすまし防止にも役立ちます。

コメントを通報するには

コメントを通報するには

ページと関係ないコメント、他人の誹謗中傷、晒しコメントなど、不適切なコメントはコメントごとに通報することができます。

  1. 通報を行うには、まず通報したいコメントの末端に表示される、「zawazawaで見る」をクリック(タップ)します。
  2. 当該のコメントがzawazawaで表示されるので、「通報...」をクリック(タップ)します。
    なお通報する際はzawazawaアカウントでのログインが必要ですが、通報自体は匿名で行われます
  3. 通報の理由を記入し(任意)、送信をします。

また通報用フォームや運営掲示板から通報をすることも可能です。

過去のコメントはアーカイブから参照してください(表示されている場合のみ)。

アーカイブ