Top > T-26


T-26

Last-modified: 2019-04-04 (木) 02:02:38


Tier 1 ソ連 軽戦車 T-26 Edit

T-26.jpg

Vickers Mk.E Type Bにソ連が独自の改修を加えた姿。
こちらの方も口径がやや大きめな45mm砲20Kを搭載可能であり、ソ連の火力重視傾向を早くも垣間見る事ができる。

 

基本性能(5.9.0) Edit

車体Tier国籍タイプ耐久値
(HP)
車体装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
最高速度
前進/後進
(km/h)
初期
重量
(t)
本体価格
(クレジット)
T-26Iソ連軽戦車240~25024/20/2036/159.310 cra.png
実用出力重量比(hp/t)13.43
 

武装

砲塔:T-26 mod. 1936–1937
通常砲

Tier名称発射
速度
(rpm)
弾種平均
貫徹力
(mm)
平均
攻撃力
DPM
(HP/分)
精度
(m)
照準
時間
(s)
総弾数弾薬費
(Cr/G)
重量
(kg)


I37 mm B-38.00AP44302400.381.7580 cra.png77+25°
-8°
 

砲塔:T-26 mod. 1938
通常砲

Tier名称発射
速度
(rpm)
弾種平均
貫徹力
(mm)
平均
攻撃力
DPM
(HP/分)
精度
(m)
照準
時間
(s)
総弾数弾薬費
(Cr/G)
重量
(kg)


I37 mm B-38.57AP44302570.381.7740 cra.png77+25°
-8°
II45 mm 20K8.00AP51504000.401.56814 cra.png250
 

砲塔

Tier名称装甲厚(mm)
前面/側面/背面
旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
IT-26 mod. 1936–193730/20/2044210850
IIT-26 mod. 193830/25/20462201,050
 

エンジン

Tier名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
IIT-26F13020545
 

履帯

Tier名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
IT-2612.7481,880
 

乗員

  1. Commander
    • Commander
    • Radio Operator
  2. Driver
  3. Gunner
    • Gunner
    • Loader
 

派生車両

派生元:なし
派生先:BT-2


開発ツリー Edit

T-26
0fa.png
Gun.png
37 mm B-3
turret.png
T-26 mod. 1938
490fa.png
Gun.png
45 mm 20K
230fa.png
BT-2
210fa.png
1,200cra.png
turret.png
T-26 mod. 1936–1937
engine.png
T-26F
suspension.png
T-26
 

fa.png:必要経験値


解説 Edit

45mm 20kは中華ツリーのヴィッカースと比較すると照準速度、精度に劣ってる以外は変化はない。
その代わりエンジン馬力が24上昇しており、ヴィッカースより機動力に優れていると言えるだろう。
装甲はヴィッカースと変わらず薄く、頼りにならないので被弾しない立ち回りが求められる。

立ち回り方

ヴィッカースと比べて砲の精度があまりよろしくないので、できる限り敵に近づいて撃とう。
逃げる時にはヴィッカースより強化されたエンジン馬力が助けてくれるだろう。


特徴 Edit

長所

  • 小柄な車体
  • 避弾経始に優れた砲塔
  • 強力な45mm 20kを搭載可能
  • そこそこな機動力

短所

  • やや少なめなhp

初期の研究

  • 45mm20kは強力なので優先的に開発しましょう。

歴史背景 Edit

PC版wikiより

1920年代末から、ソ連はT-18の後継として、トハチェフスキー元帥の考案した縦深戦術に合致した歩兵支援戦車の開発を目指す一方、諸外国戦車の視察を行っていた。そうした中で、1930年にイギリスのヴィッカース社からライセンス生産権を獲得した6t戦車は、国内で開発されていた戦車と比較して非常に安価であり、また試験の結果性能に問題はなく、整備性、信頼性も良好なことが確認されたたため、ソ連向けの改修を施してT-26として採用された。
当初は原型のまま、機関銃を装備する小型の銃塔を2つ横に並べていたが、やがて一方の銃塔に37mmPS-1や37mmB-3を装備するようになる。
さらに1933年には、もともとBT-2向けに製作された45mm20kを装備する大型の砲塔が搭載されるようになる。また1937年よりスペイン内戦や張鼓峰事件において装甲の薄さから多数が撃破されたことを教訓として、傾斜装甲を採用した砲塔が搭載されたT-26Sが登場した。
そのほか火炎放射型や自走砲(AT-1、SU-26、SU-5など)、工兵車両などT-26の車体を使用した様々な派生形が開発された。
第2次世界大戦前までに、T-26は各型計1万両以上が生産され、ソ連では事実上主力の地位にあったが、独ソ戦においてはドイツ戦車を相手に苦戦し、多くの損害を出した。


コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • こいつ愛着わくし強いのでよく使う -- 2016-11-19 (土) 10:02:00
  • 楽しいねこれ -- muzakura? 2016-11-22 (火) 01:20:53
  • こいつで一回も勝ったことがない... -- 2016-12-29 (木) 13:51:58
  • それ君が弱いだけ -- 2017-01-09 (月) 18:42:41
    • ツリー…お願いだからツリーにして… -- 2017-01-13 (金) 17:11:44
  • この戦いクルマで18000ダージだしてる人いたんですがどのすれないいしょう? -- 2017-01-22 (日) 03:35:07
  • この戦いクルマで18000ダージだしてる人いたんですがどのすれないいしょう? -- 2017-01-22 (日) 03:35:09
    • 変換がすごいアレだな。1800ダメか…270×7=1990だからラシェニシェイ取れればいけるんじゃないかな。取り敢えず腕磨いて、総合戦績1万勝率55%程度まで。それで戻って来ればできるようになるさ。 -- 2017-01-22 (日) 05:33:39
    • 変換ワロタ -- 2017-02-26 (日) 22:36:03
      • ラシェニシェイにも草 -- 2017-03-06 (月) 17:20:51
  • 初期砲塔が好きだ -- 2017-06-29 (木) 13:31:23
  • 初期砲塔の前面30nmは効果あんのかな -- 2017-08-11 (金) 21:17:16
    • 前面30ナノメートルは草 -- 2018-12-03 (月) 20:49:13
    • 草 -- 2019-06-07 (金) 01:43:25
  • テスト -- 次の車両 2017-12-24 (日) 21:15:23
  • 5.5アプデで変更した箇所を修正しました(表と開発ツリーのみ)。解説などは手を付けていないので、どなたかお願いします。 -- 2018-11-17 (土) 03:47:25
    • 表の数値をゲーム内数値にしていたので、修正しました。 -- 木主? 2018-11-29 (木) 23:23:35
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White