AT 15

Last-modified: 2020-09-07 (月) 03:54:57


Tier 8 イギリス 駆逐戦車 AT 15 (エイティ・フィフティーン)

AT15.jpg
 

トータス計画は当初、重装甲と同時に小型であることを志向し、陣地攻撃に優れる6ポンド砲を搭載する低姿勢の突破戦車であった。
しかし主砲が対戦車性能の高い77mm砲*1に変更、車体も主砲に合わせ大型化した戦闘室を持つ重駆逐戦車となった。
本車の設計から3日後、その巨体に見合うより強力な主砲を搭載することが要求され、それに応えた次のAT 16がTortoiseとして採用される。

関連車両:AT 15A

 

公式の解説

遠距離からの狙撃に特化した Tier 8 駆逐戦車 AT 15 は、地形と高い連射力を活かすことで攻め入る相手を容易に迎撃することができます。また俊敏性も比較的高いため、ピンチの際は陣地を転換することもできます。

 

基本性能(v3.9.0)

車体Tier国籍タイプ耐久値
(HP)
車体装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
最高
速度
(km/h)
初期
重量
(t)
本体価格
(クレジット)
AT 15VIIIイギリス駆逐戦車1450228/152/10120/1059.962,650,000 cra.png
 

武装

Tier名称発射
速度
(rpm)
弾種平均
貫徹力
(mm)
平均
攻撃力
DPM
(HP/分)
精度
(m)
照準
時間
(s)
総弾数弾薬費
(Cr/G)
重量
(kg)


VIIOQF 17-pdr AT Gun Mk. VII15.56AP
APCR
HE
171
239
20
160
135
200
2489
2101
3112
0.321.770175 cra.png
3200 cra.png 8 gda.png
75 cra.png
826+10°
-10°
VIIIOQF 32-pdr AT Gun10.17AP
APCR
HE
214
246
47
250
210
330
2542
2136
3356
0.332.150630 cra.png
4400 cra.png 11 gda.png
250 cra.png
2,972
VIIIOQF 20-pdr AT Gun Type A Barrel13.66AP
APCR
HE
226
258
42
190
160
250
2595
2186
3415
0.311.960680 cra.png
4400 cra.png 11 gda.png
170 cra.png
1,242
IXOQF 20-pdr AT Gun Type B Barrel14.74AP
APCR
HE
226
258
42
190
160
250
2800
2358
3685
0.301.760680 cra.png
4400 cra.png 11 gda.png
170 cra.png
1,282
 

砲塔

Tier名称装甲厚(mm)
前面/側面/背面
旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
VIIIAT 15-26240-
 
射界左25° / 右25°
 

エンジン

Tier名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
VFord GAA50020708
VRolls Royce Meteor60020744
VIIIRolls Royce Meteor Mk. V65020744
 

履帯

Tier名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
VIIAT 1566.001812,000
VIIIAT 15 Mk. II66.002012,000
 

乗員

  1. Commander
  2. Driver
  3. Gunner
  4. Radio Operator
  5. Loader
 

派生車両

派生元:AT 7
派生先:Tortoise

 

開発ツリー

AT 7AT 15
92,000fa.png
Gun.png
OQF 17-pdr AT Gun Mk.VII
Gun.png
OQF 32-pdr AT Gun
19,120fa.png
Tortoise
161,000fa.png
3,500,000cra.png
Gun.png
OQF 20-pdr AT Gun Type A Barrel
16,400fa.png
Gun.png
OQF 20-pdr AT Gun Type B Barrel
56,250fa.png
engine.png
Ford GAA
engine.png
Rolls Royce Meteor
1,770fa.png
engine.png
Rolls Royce Meteor Mk.V
16,000fa.png
suspension.png
AT 15
suspension.png
AT 15 Mk.II
14,550fa.png
 

fa.png:必要経験値


 

解説

車体

車高が高くなり、戦闘室が巨大化したことで砲の可動域が広くなり、非常に扱いやすくなった。
装甲は垂直気味で直立状態では頼りないが、車体を傾けながら戦闘できるようになったことでその防御力は大きく向上している。射界を最大にして昼飯をしよう。
厚めの装甲、高い地形適応性に加えて同格TDとしては最高の耐久値を持ち、前線向きな車体である。

弱点としては、127mmのキューポラがこれまでとは違い車体両側に存在する。大きい方を隠す障害物隠しはそこそこ有効だが、停止すれば貫通されるので停止しないことをより重視した方が良い。
また、防楯(101mm)に隠された主砲基部の車体装甲が廃されており、広く榴弾以外は全部貫通する。
いずれも棒立ちを避け、車体を旋回させることで撃たせないようにしよう。

 

左右の射角が25度、俯角が10度と駆逐戦車としては非常に広く取れるようになった。
ただし仰角は10度のままで、下り坂が不得意なことに変わりはない。
最終砲候補としては貫通力が低いものの単発火力のある32ポンド砲と、DPM特化の20ポンド砲の二種類が用意されている。

  • OQF 20-pdr AT Gun Type A Barrel
    AT 7から引き継げる初期砲。
    発射速度と精度以外は最終砲と同じ性能であり、初期から十分な戦闘力を有している。
  • OQF 32-pdr AT Gun
    20ポンド砲と比べると、単発火力に優れているが、貫通力、DPM、精度で劣っている。特に、貫通力は格上重戦車に対して明らかに不足している。
    (同格TDとしては低い部類だが、)単発火力に優れているため、貫通可能な相手への戦闘力は20ポンド砲よりも高い。
    しかしながら、AT 15は機動力と地形適応能力が低いので、撃ち合う敵車輌を自分から選ぶことはできない。
    そのため、必然的に重戦車や重駆逐戦車と正面にて対峙しがちな本車輌とこの砲の相性は、あまり良くないと言える。

    (ver7.0の重戦車ヘルスバフ以降は、重戦車や駆逐戦車とマッチングする機会もより増えたので、)少なくとも現環境では20ポンド砲が無難な選択だと思われる。
  • OQF 20-pdr AT Gun Type B Barrel
    Tier8最高のDPMを持つ砲。
    駆逐戦車としては最下位の単発火力とほぼ最下位の貫通力で、単発交換等に非常に弱い。
    その分高い発射速度とDPM、精度を持つ非常に攻撃的な主砲だが、機動性の低さから攻撃力を生かすには工夫が必要になる。
    履帯切りが代表的だが、モジュールダメージが低いために一撃で履帯を切れないこともあるので注意が必要。
 

機動性

最高速度は前身から据え置きの20km/hで、加速も大して変わらない。前線に着くころには味方が仏になっている、なんてことも。
旋回も相変わらずだが、主砲の水平可動域が広くなったため、懐に入られなければ前線で旋回速度に苦しむことは大きく減っている。

 

立ち回り

非常に高いDPMと十分な車体正面装甲を持ち、砲の可動域を活かせば低い貫通力の相手には非常に高い戦闘力を持つ。
格下戦では味方を伴い積極的に前線に出て行こう。

一方で格上に対しては装甲を容易に抜かれ、こちらの単発火力も低いため、基本不利である。
特に一部の格上HTなどには貫通力と単発の差で完封されうる。
なまじ単発火力が低く、装填速度が高いため、弱点狙撃をするにもこちらが照準にかかりっきりになる間、相手に貫通され放題になることがほとんどで、要求される技量の割にあまりに分が悪い。

不利な格上HTのいる前線には無理に出て行く必要はない。後方から支援をするか、敵MTの相手をする方がマシである。
HTに対してはあくまで機を伺いほかの味方と協働で攻撃しよう。

TDに対しては単発火力の差で押されやすいが、RPMと射角から近接戦闘では圧倒的に有利である。
一度懐に入り込み履帯を切って仕舞えば完封することも可能。狙えるときは執拗に履帯ハメを狙っていこう。

 

特徴

長所

  • 優秀な戦闘室正面装甲
  • 高精度、高DPMの主砲
  • 優れた俯角と射角
  • AT 7までの巨大なキューポラが小型化した
  • 通常車両の中ではクレ係数が高い

短所

  • 格上には普通に抜かれる装甲
  • 相変わらずの鈍足
  • Tier帯最低の単発火力
  • TDとしては低めの貫通力
  • 隠れてもはみ出す車体
  • 最低レベルの隠蔽率

初期の研究

  • 既に開発済みのType A Barrelで当面は凌げるため、履帯の研究を行いNDKへの対応能力を高めるか、最終砲まで進めるか各自で選択しよう
  • 最終砲のType B BarrelはCharioteerの初期砲と同一であり、並行して開発していると楽。

歴史背景

本家wikiより転載

AT 15は、1930年代後半にドイツのフランス国境地帯を中心に構築されたドイツの対フランス要塞線のジークフリート線の突破用として計画された突撃戦車である。
設計は1943年秋に整ったが、試作車が製造されることはなかった。
しかし本計画は、A39トータス重突撃戦車の基礎となった。


コメント

このコメント欄の書き込みはWiki内ではなく、zawazawaに行われます。
ページと関係ないことや、モラルを欠いたコメントは控えましょう。
名前欄への無意味な固定ハンドルネーム(通称:コテハン)は視認性の悪化やモラルの観点から無記入推奨です。
Mバ報告などは戦果報告板へ。
他人への誹謗中傷、晒し行為は禁止です。見つけたら通報してください。

既存のコメントに関連したコメントをするときは、既存のコメント文頭にある〇をクリック(選択)してから書き込んでください。

zawazawaでは自分が書き込んだコメントしか編集することができません。
逆に自分が書き込んだコメントの修正・削除は簡単に行えます。詳しくは「ツリー化を間違えた場合」へ。

使用可能な書式はこちら

ツリー化,枝化について

ツリー化,枝化とは?


  • コメント1 -- 2018-09-28 (土) 6:00:00
    • コメント1に関連したコメント2 -- 2018-09-28 (土) 7:00:00
    • コメント1に関連したコメント3 -- 2018-09-28 (土) 8:00:00
      • コメント3に関連したコメント4 -- 2018-09-28 (土) 9:00:00

上のように、関連するコメントを子要素にすることを「ツリー化」「枝化」などと言います。
この「ツリー化」を行わないと、どのコメントに対する意見なのか分かりにくくなることがあり、混乱を招くため、必ず関連するコメントをするときは「ツリー化」を行ってください。

  • ツリー化を行うには既存のコメント文頭にある、〇をクリック(タップ)し、●にしてからコメントを投稿してください。
    Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.24.40.13.png
  • zawazawaから投稿する場合は、既存コメント下部の+をクリックし、「>>〇(数字)」と表示された状態にしてからコメントを投稿してください。
    Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.25.44.30.png
    Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.25.52.09.png

ツリー化を間違えた場合

ツリー化を間違えた場合
投稿後にツリー化を行うことはできません。
後からツリー化を行う場合は、まず投稿したコメントの末端部分、投稿日時横の「zawazawaで見る」アイコンをクリック(タップ)します。
Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.24.48.37.png
リンク先で投稿したコメントの詳細表示がされるので、「削除」をクリック(タップ)して、投稿したコメントを削除してから、再度投稿しなおしてください。
Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.25.32.74.png

ログインするメリットとなりすまし防止

ログインするメリットとなりすまし防止

zawazawaによるコメント欄は、もちろんログインせず、誰でも書き込むことが可能ですが、ログインすることにより以下のようなメリットがあります。

  • 「なりすまし」が行われない
    「なりすまし防止」欄で解説していますが、エイリアスがログインすることにより固定されるため、他人からなりすましをされる可能性が極めて低くなります。
  • コメントごとに「通報」を行うことが可能
    ログインすることでコメントごとに通報をすることが可能になります。
    詳しくは「コメントを通報するには」へ。
  • ログインしても匿名性を保てる
    通常、ログインするとハンドルネームが表示されてしまいますが、「アカウントと関連付けない」を選択してから投稿すると、ログインしてないコメントと同様に表示されます。

Diffanaと異なり、メールアドレス、Twitterから登録可能で、本Wikiの運営会社(wikiwiki.jp)が運営しているので、比較的信頼度の高いサービスとなっています。

また、zawazawaによるコメント欄では、どのコメントとどのコメントが同一人物なのか、ある程度特定することが可能です。

  1. 同一かどうか確認するには、まず各コメント欄上部にある「すべて表示」をクリック(タップ)します。
  2. 各コメントの投稿日時の後ろに、英数字が記載されていますが、これは「エイリアス」といい、ブラウザ、回線等を総合的に判断して乱数によって自動的に設定されます。
    comment2.png
    このエイリアスを確認することにより、投稿されたコメントがどのコメントと同一人物なのかを判断することができます。
    また基本的にブラウザ、回線を変更してもこのエイリアスは変更されないため、なりすまし防止にも役立ちます。

コメントを通報するには

コメントを通報するには

ページと関係ないコメント、他人の誹謗中傷、晒しコメントなど、不適切なコメントはコメントごとに通報することができます。

  1. 通報を行うには、まず通報したいコメントの末端に表示される、「zawazawaで見る」をクリック(タップ)します。
    rip1.png
  2. 当該のコメントがzawazawaで表示されるので、「通報...」をクリック(タップ)します。
    なお通報する際はzawazawaアカウントでのログインが必要ですが、通報自体は匿名で行われます
    rip2.png
  3. 通報の理由を記入し(任意)、送信をします。
    rip3.png

また通報用フォームや運営掲示板から通報をすることも可能です。

過去のコメントはアーカイブから参照してください(表示されている場合のみ)。

アーカイブ

投稿をする前にツリー化の確認をしてください!


*1 Cometの主砲。後に、より強力かつ同じ容量で搭載可能な17ポンド砲に変更される