AT 8

Last-modified: 2021-02-07 (日) 15:33:26


Tier 6 イギリス 駆逐戦車 AT 8 (エイティ・エイト)

大戦後期、ドイツ軍の防衛線を突破する重突撃戦車計画の18の設計案の8番目。
AT 2よりも車高が低くなり、主砲が強化されている。

 

公式の解説

Tier 6 駆逐戦車 AT 8 は遠距離支援向きの車両です。この車両では従来の AT 2 のように最前線で戦う耐久性は持っていませんが、戦線の後方から味方を支援することで十二分に戦果をあげることができます。

 

基本性能(v7.4.0)

車体Tier国籍タイプ耐久値
(HP)
車体装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
最高
速度
(km/h)
初期
重量
(t)
本体価格
(クレジット)
AT 8VIイギリス駆逐戦車1000203/101/10120/1041.00940,000
 

武装

Tier名称発射
速度
(rpm)
弾種平均
貫徹力
(mm)
平均
攻撃力
DPM
(HP/分)
精度
(m)
照準
時間
(s)
総弾数弾薬費
(Cr/G)
重量
(kg)


VQF 6-pdr AT Gun Mk. V17.81AP
APCR
HE
110
180
15
90
80
100
1602
1425
1781
0.371.712045
2400 6
32
450+7.5°
-5°
VIIOQF 77 mm AT Gun Mk. II11.24AP
APCR
HE
148
208
20
160
135
200
1798
1517
2248
0.321.784150
2800 7
75
681
VIIOQF 17-pdr AT Gun Heavy10.71AP
APCR
HE
171
239
20
200
175
270
2142
1874
2892
0.321.760175
3200 8
75
826
 

砲塔

Tier名称装甲厚(mm)
前面/側面/背面
旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
VIAT 8-26230-
 
射界左7.5° / 右7.5°
 

エンジン

Tier名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
IIINuffield Liberty Mk. II31520383
IVNuffield Liberty Mk. III36020383
VNuffield Liberty Mk. V40020383
 

履帯

Tier名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
VIAT 844.501811,000
VIAT 8 Mk. II44.502011,000
 

乗員

  1. Commander
  2. Driver
  3. Gunner
  4. Radio Operator
  5. Loader
 

派生車両

派生元:AT 2
派生先:AT 7

 

開発ツリー

AT 2AT 8
29,000

QF 6-pdr AT Gun Mk.V

OQF 77 mm AT Gun Mk.II
17,110

OQF 17-pdr AT Gun Mk.VII
15,000
AT 7
66,080
1,400,000

Nuffield Liberty Mk.II

Nuffield Liberty Mk.III
530

Nuffield Liberty Mk.V
1,180

AT 8

AT 8 Mk.II
5,900
 

:必要経験値


 

解説

装甲

ATシリーズお約束の分厚い装甲を持つ。装甲厚自体はAT 2から変わらず厚いが、キューポラが大型化し、搭乗員に危害が及ぶ機銃塔が複数配置され、弱点が若干増加している。
弱点の車体上部を狙われないように、車体を小刻みに動かすなどして相手の照準を絞らせないようにしよう。
非常に頼れる防御力を持つが、格上の課金弾となると正面からでも抜かれてしまう。ボトムマッチでは相手戦車の貫通力と射線を意識して立ち回ろう。

また、耐久値がHT並みにあるので、多少被ダメージしてでもポジションを確保しにいくということも可能である。
近距離戦闘になった時は車体を右に振って左側を撃たせるようにしよう。

 

主砲

初期砲は単発火力が全く不足している。少ない射撃機会で確実にダメージを与えていくためにもフリー経験値で飛ばそう。

  • OQF 77 mm AT Gun Mk.II
    中間砲。同格TD中では単発火力、貫通力、DPMどれを取っても平均かそれ以下で、上手く味方と歩調を合わせないと撃ち合いには負けてしまう。
    高い精度を活かし、履帯切りなどで味方の支援をしていくことも大事である。
  • OQF 17-pdr AT Gun Mk.VII
    最終砲。77mm砲とほぼ同じ口径であるものの、こちらの砲には単発火力に調整が入り200ダメージとなっている。
    精度の高さも77mm砲と同じであるため、引き続き高い精度を活かして的確に相手の弱点を射抜いたり履帯切りを狙っていこう。

この車両は左右の射角、俯角、仰角全てが不足しており、前線での対応力に欠ける。
特に仰角は丘の上にいる敵に攻撃出来なかったり、降坂中に会敵して正面の敵を撃てなかったりと、実のところ装甲の弱点以上に立ち回りを制限する要素となっている。
立ち回りでは弱点隠しも重要だが、それ以上に射撃不可能になる場所に長居しないことが重要になる。
この砲の取り回しの悪さはAT 7でも全く改善されないため、この戦車に乗っている間に十分に慣れておこう。

 

機動性

出力重量比は10近くと重駆逐の中では平均的だが、最高速度が20km/hで頭打ちする。
そのため、ブースターなどでエンジン出力を上げても旋回速度が少し上がる程度であまり恩恵は得られない。
旋回性能も低く、NDKに弱いため、前に出るときは味方と行動することを心掛け、NDKされた時は建物の壁や障害物を使ってNDKを剥がそう。

 

立ち回り方

平地、特に市街地の前線には積極的に参加しよう。
障害物を利用して車体を隠し、味方の壁となりながら前線を押し上げることで、格上戦でも活躍することができる。

しかしマッチングや味方の動きによっては平地や、都合のいい障害物がある場所での戦闘が発生しない場合がある。
射角が狭いため、起伏の多い地形では前に出ても射撃が難しいまま大きな弱点を抜かれ続けることになる。
また、障害物があってもそこまでが遠かったり、主戦場とは微妙に離れた場所にあったりすることもある。
移動中に前線が移り変わり、孤立したり、中途半端な位置で弱点を晒したまま戦闘を強いられる可能性も大いにある。

これらのような場合は無理に前に出ず、後方からの狙撃に徹する判断が重要である。
単発火力のない本車は無理に前に出てまで味方を支援する必要はない。弱点を撃たせないことを第一に立ち回ろう。
(また、ATシリーズは優勢戦でBもしくはBとCを見て占領を妨害する能力に長けているため、前線の支援が難しいと判断した場合、そのような運用に切り替えることも視野に入れてみよう。)

どのような立ち回りをするにしても、とにかく機動力が低く、後からのリカバリーはききにくい。
先を見据えた初動と、戦況が多少傾いても動じずに自分のポジションから動かない豪胆さが重要である。


特徴

長所

  • 相変わらず堅牢な正面装甲
  • 優秀な砲精度
  • TDとしては多めの耐久値
  • 最終砲の優秀な金弾貫通力

短所

  • とてつもなく遅く、旋回速度も劣悪
  • 弱点の巨大なキューポラ
  • 俯角、仰角に加え射角も小さい
  • 低い単発火力
  • 味方への依存度が高い

初期の研究

初期砲は貫通力不足が著しいので、まずはこれはフリーで飛ばし OQF 77 mm AT Gun Mk.II を開発してから乗り出そう。
初期砲のままだとTierが上がっただけのAT 2です。

ワンポイント

弱点が撃たれるからといって最後方に陣取るのは、機動力がないこともあり戦況にあまり貢献できないため推奨できない。障害物で右側を隠すことができない場合は、車体の左側を見せるように小刻みに動かすことで跳弾を期待できる。また駆逐共通のNDK対策は必須である。これらをマスターすれば格上相手でもしぶとく戦える。大胆かつ丁寧な戦い方が要求される上級者向けの戦車と言えるだろう。


歴史背景

(PC版wikiより転載)
AT8は突破戦車の計画案である。
AT-7計画から発展し、同計画が同時期に指示された。
だが、A39トータス重駆逐戦車が好まれたため、試作されることはなかった。


コメント

このコメント欄の書き込みはWiki内ではなく、zawazawaに行われます。
ページと関係ないことや、モラルを欠いたコメントは控えましょう。
名前欄への無意味な固定ハンドルネーム(通称:コテハン)はトラブルの原因となることがあるため、無記入を推奨しています。
Mバ報告などは戦果報告板へ。コンテナ(ガチャ)結果などはドロップ報告板へ。
他人への誹謗中傷、晒し行為は禁止です。見つけたら反応せずに通報してください。非表示設定にしても通報は行われません。

既存のコメントに関連したコメントをするときは、既存のコメント文頭にある〇をクリック(選択)してから書き込んでください。

zawazawaでは自分が書き込んだコメントしか編集することができません。
逆に自分が書き込んだコメントの修正・削除は簡単に行えます。詳しくは「ツリー化を間違えた場合」へ。

使用可能な書式はこちら

ツリー化,枝化について

ツリー化,枝化とは?


  • コメント1 -- 2018-09-28 (土) 6:00:00
    • コメント1に関連したコメント2 -- 2018-09-28 (土) 7:00:00
    • コメント1に関連したコメント3 -- 2018-09-28 (土) 8:00:00
      • コメント3に関連したコメント4 -- 2018-09-28 (土) 9:00:00

上のように、関連するコメントを子要素にすることを「ツリー化」「枝化」などと言います。
この「ツリー化」を行わないと、どのコメントに対する意見なのか分かりにくくなることがあり、混乱を招くため、必ず関連するコメントをするときは「ツリー化」を行ってください。

  • ツリー化を行うには既存のコメント文頭にある、〇をクリック(タップ)し、●にしてからコメントを投稿してください。
  • zawazawaから投稿する場合は、既存コメント下部の+をクリックし、「>>〇(数字)」と表示された状態にしてからコメントを投稿してください。

ツリー化を間違えた場合

ツリー化を間違えた場合
投稿後にツリー化を行うことはできません。
後からツリー化を行う場合は、まず投稿したコメントの末端部分、投稿日時横の「zawazawaで見る」アイコンをクリック(タップ)します。

リンク先で投稿したコメントの詳細表示がされるので、「削除」をクリック(タップ)して、投稿したコメントを削除してから、再度投稿しなおしてください。

ログインするメリットとなりすまし防止

ログインするメリットとなりすまし防止

zawazawaによるコメント欄は、もちろんログインせず、誰でも書き込むことが可能ですが、ログインすることにより以下のようなメリットがあります。

  • 「なりすまし」が行われない
    「なりすまし防止」欄で解説していますが、エイリアスがログインすることにより固定されるため、他人からなりすましをされる可能性が極めて低くなります。
  • コメントごとに「通報」を行うことが可能
    ログインすることでコメントごとに通報をすることが可能になります。
    詳しくは「コメントを通報するには」へ。
  • ログインしても匿名性を保てる
    通常、ログインするとハンドルネームが表示されてしまいますが、「アカウントと関連付けない」を選択してから投稿すると、ログインしてないコメントと同様に表示されます。

Diffanaと異なり、メールアドレス、Twitterから登録可能で、本Wikiの運営会社(wikiwiki.jp)が運営しているので、比較的信頼度の高いサービスとなっています。

また、zawazawaによるコメント欄では、どのコメントとどのコメントが同一人物なのか、ある程度特定することが可能です。

  1. 同一かどうか確認するには、まず各コメント欄上部にある「すべて表示」をクリック(タップ)します。
  2. 各コメントの投稿日時の後ろに、英数字が記載されていますが、これは「エイリアス」といい、ブラウザ、回線等を総合的に判断して乱数によって自動的に設定されます。

    このエイリアスを確認することにより、投稿されたコメントがどのコメントと同一人物なのかを判断することができます。
    また基本的にブラウザ、回線を変更してもこのエイリアスは変更されないため、なりすまし防止にも役立ちます。

コメントを通報するには

コメントを通報するには

ページと関係ないコメント、他人の誹謗中傷、晒しコメントなど、不適切なコメントはコメントごとに通報することができます。

  1. 通報を行うには、まず通報したいコメントの末端に表示される、「zawazawaで見る」をクリック(タップ)します。
  2. 当該のコメントがzawazawaで表示されるので、「通報...」をクリック(タップ)します。
    なお通報する際はzawazawaアカウントでのログインが必要ですが、通報自体は匿名で行われます
  3. 通報の理由を記入し(任意)、送信をします。

また通報用フォームや運営掲示板から通報をすることも可能です。

過去のコメントはアーカイブから参照してください(表示されている場合のみ)。

アーカイブ

投稿をする前にツリー化の確認をしてください!