Durchbruchswagen 2

Last-modified: 2020-07-16 (木) 17:11:25


Tier 4 ドイツ 重戦車 Durchbruchswagen 2 (ドゥルヒブルフスヴァーゲン ツヴァイ)
略称 D.W. 2 (デー ヴェー ツヴァイ)

D.W.2.jpg

ドイツ最初の重戦車。
Tiger Iの開発母体となった30トン級戦車の計画案。

 

基本性能(v7.1.0)

車体Tier国籍タイプ耐久値
(HP)
車体装甲厚
前面/側面/背面
(mm)
最高
速度
(km/h)
初期
重量
(t)
売却価格
(ゴールド)
D.W. 2IVドイツ重戦車62065/50/5035/1230.74100 gda.png
 

武装

砲塔:VK 30.01 (H) 0-Serie

Tier名称発射
速度
(rpm)
弾種平均
貫徹力
(mm)
平均
攻撃力
DPM
(HP/分)
精度
(m)
照準
時間
(s)
総弾数弾薬費
(Cr/G)
重量
(kg)


IVKw.K. 40 L/43 A4.80AP
APCR
HE
103
139
38
160
140
200
768
672
960
0.421.98770 cra.png
1600 cra.png 4 gda.png
38 cra.png
1,437+20°
-8°
 

砲塔

Tier名称装甲厚(mm)
前面/側面/背面
旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
IVVK 30.01 (H) 0-Serie75/50/50422303,000
 

エンジン

Tier名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
IVMaybach HL 11630020750
 

履帯

Tier名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
IVD.W.2333210,000
 

乗員

  1. Commander
  2. Driver
  3. Gunner
  4. Radio Operator
  5. Loader
 

開発ツリー

Pz. IV AD.W. 2
7,530fa.png
Gun.png
7.5 cm Kw.K. 37 L/24
Gun.png
5 cm Kw.K. 39 L/60
1,530fa.png
turret.png
D.W.-Versuchsturm
turret.png
VK 30.01 (H) 0-Serie
1,380fa.png
Gun.png
7.5 cm Kw.K. 40 L/43
2,140fa.png
VK 30.01 (H)
15,370fa.png
410,000cra.png
engine.png
Maybach HL 108 TR R
engine.png
Maybach HL 120 TR R
800fa.png
engine.png
Maybach HL 116
900fa.png
suspension.png
D.W.
suspension.png
D.W.2
1,360fa.png
 

fa.png:必要経験値


解説

主砲

コレクター車両化した為、最終砲しか選択できなくなった。

  • 7.5 cm Kw.K. 40 /L43
    十分な単発火力と、通常弾でも格上に対応可能な貫通力を誇る。
    榴弾貫通力が比較的高く、格下の軽戦車に対しては有用である。
    ただし、発射速度はかなり低い。よく狙って撃つように。
 

防御力

全周垂直な50mmと、正面はMT並みで頼りない。
正面下部にはトランスミッションが配置されており、ここを撃たれると頻繁にエンジン故障や火災が発生するので消耗品は多めに準備しよう。
しかし側面装甲の50mmは良好な数値で、豚飯が非常に有効。
また、豚飯ができない場合も50度程度の昼飯で格下の通常弾程度なら防ぐこともできる。

参考:豚飯

image.jpg

障害物などに車体正面を隠し、車体側面と砲塔のみ相手に見せる。

砲塔は砲塔装甲50mm、防盾50mmで、防盾周縁部は被って100mmになるが、防盾中央は50mmで確実ではない。
キューポラは50mmで弱点ではない。

 

機動性

最高速度は控えめだが、加速、旋回は高めで戦闘には差し支えない。
砲塔と合わせて車体も旋回させればLTのNDKにも対応可能。

 

立ち回り方

重戦車らしく前に出て戦うことになる。
とはいえ正面装甲は薄く、昼飯も格下までしか通用しない。障害物や地形を利用し、車体を隠すことが重要になる。
俯角は広いのでハルダウンも有用。単発火力で勝る相手に対しては単発交換も優位に立てる。
単発火力で負ける相手に対しては、厚めの側面装甲を活かした豚飯で弾いて隙をついていこう。

 

特徴

長所

  • 高い耐久値
  • 優秀な主砲
  • 厚い側面装甲
  • 重戦車としては高い機動力

短所

  • エンジンが損傷しやすい
  • すぐ抜かれる前面装甲
  • かなり低いDPM
  • 現在入手不可

歴史背景

本家wikiより

 

1935年のドイツ陸軍はハインツ・グデーリアン大佐の主導により乗員育成用のPz.Kpfw. I?Pz.Kpfw. IIの両軽戦車に加え、主力戦車となる15t級戦車(Pz.Kpfw. III)、そして歩兵支援用の18t級戦車(Pz.Kpfw. IV?)といった多岐に渡る各種車両開発の真っ最中であったが、陸軍兵器局長クルト・リーゼ将軍は更に強力な30t級戦車の開発を提案した。
この車両は「攻撃防御戦車」(Offensive Abwehr von Panzerwagen)と呼ばれ、仮想敵国たるフランスが保有するシャール2C重戦車の撃破を目的とするものだった。
戦車開発担当の兵器局第六課は1936年中にマイバッハ発動機製作所社長カール・マイバッハと搭載エンジンについて2度に渡り検討会を開き、出力600hpの12気筒ガソリン・エンジンを搭載することになった。
更に同年11月にクルップ社に対して7.5cm砲搭載砲塔の開発を求め、翌年1月にはヘンシェル社に対して車体の開発を要求した。
本車には当初「BW」の秘匿名称が与えられていたが、Pz.Kpfw. IVの試作車にも同じ名称が与えられたため、「IW」(Infanteriewagen:歩兵車)に変更され、さらに最終的には「DW」(Durchbruchwagen:突破車)に再変更された。
1937年10月1日にヘンシェル社はDWの計画書を提出。この計画書によるとクリーブランド式履帯走行装置型のDWと多段階走行装置型のDWを1938年後半までに完成させることになっており、後に前者には「DW1」、後者には「DW2」の名称が付与された。
一方、クルップ社は1937年2月22日に兵器局第六課に砲塔図面を提出した。初期型のPz.Kpfw. IVと同じく24口径7.5cm戦車砲KwK37を装備しており、装甲厚は前/側/後面50mm、上面15mm、防盾部20mmとPz.Kpfw. IVよりはるかに強力であった。ヘンシェル社は1938年8月頃に最初の試作車体であるDW1を完成させた。DW1の車体装甲厚は前/側/後面50mm、上/下面20mmとIV号戦車より格段に強力であった。エンジンについてはマイバッハの新型エンジンが間に合わなかったため、Pz.Kpfw. III、IV用のHL120TR V型12気筒液冷ガソリン・エンジン(出力280hp)が搭載された。
DW1は1938年9月9日から走行試験に供されたが完成度が低く、兵器局第六課はDW2製作を求めた。
DW2は基本的なデザインはDW1とさほど変わらなかったが、DW1で圧板技術の低さから前後に分割されていた車体は一体式に改められ、エンジンはマイバッハ社製のHL116 直列6気筒液冷ガソリン・エンジンが搭載された。
その後、兵器局第六課はそれまでヘンシェル社のみで進めていた30t級戦車の開発を「VK30.01」の名称でより本格的に行うよう方針変更し、1939年10月にポルシェ社とダイムラー・ベンツ社にもVK.30.01の開発を要請した。
これに伴いヘンシェル社のDWシリーズはVK 30.01 (H)に名称が変更された。
この30t級戦車の計画は後に36t級戦車の計画(VK 36.01 (H))を経て45t級戦車の開発計画(Pz.Kpfw. VI TigerPz.Kpfw. VI Tiger (P))にまで発展する。

 

引用元
http://combat1.sakura.ne.jp/6GOUE.htm


コメント

このコメント欄の書き込みはWiki内ではなく、zawazawaに行われます。
ページと関係ないことや、モラルを欠いたコメントは控えましょう。
Mバ報告などは戦果報告板へ。
他人への誹謗中傷、晒し行為は禁止です。見つけたら通報してください。

既存のコメントに関連したコメントをするときは、既存のコメント文頭にある〇をクリック(選択)してから書き込んでください。

zawazawaでは自分が書き込んだコメントしか編集することができません。
逆に自分が書き込んだコメントの修正・削除は簡単に行えます。詳しくは「ツリー化を間違えた場合」へ。

使用可能な書式はこちら

ツリー化,枝化について

ツリー化,枝化とは?


  • コメント1 -- 2018-09-28 (土) 6:00:00
    • コメント1に関連したコメント2 -- 2018-09-28 (土) 7:00:00
    • コメント1に関連したコメント3 -- 2018-09-28 (土) 8:00:00
      • コメント3に関連したコメント4 -- 2018-09-28 (土) 9:00:00

上のように、関連するコメントを子要素にすることを「ツリー化」「枝化」などと言います。
この「ツリー化」を行わないと、どのコメントに対する意見なのか分かりにくくなることがあり、混乱を招くため、必ず関連するコメントをするときは「ツリー化」を行ってください。

  • ツリー化を行うには既存のコメント文頭にある、〇をクリック(タップ)し、●にしてからコメントを投稿してください。
    Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.24.40.13.png
  • zawazawaから投稿する場合は、既存コメント下部の+をクリックし、「>>〇(数字)」と表示された状態にしてからコメントを投稿してください。
    Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.25.44.30.png
    Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.25.52.09.png

ツリー化を間違えた場合

ツリー化を間違えた場合
投稿後にツリー化を行うことはできません。
後からツリー化を行う場合は、まず投稿したコメントの末端部分、投稿日時横の「zawazawaで見る」アイコンをクリック(タップ)します。
Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.24.48.37.png
リンク先で投稿したコメントの詳細表示がされるので、「削除」をクリック(タップ)して、投稿したコメントを削除してから、再度投稿しなおしてください。
Desktop Screenshot 2019.09.28 - 01.25.32.74.png

ログインするメリットとなりすまし防止

ログインするメリットとなりすまし防止

zawazawaによるコメント欄は、もちろんログインせず、誰でも書き込むことが可能ですが、ログインすることにより以下のようなメリットがあります。

  • 「なりすまし」が行われない
    「なりすまし防止」欄で解説していますが、エイリアスがログインすることにより固定されるため、他人からなりすましをされる可能性が極めて低くなります。
  • コメントごとに「通報」を行うことが可能
    ログインすることでコメントごとに通報をすることが可能になります。
    詳しくは「コメントを通報するには」へ。
  • ログインしても匿名性を保てる
    通常、ログインするとハンドルネームが表示されてしまいますが、「アカウントと関連付けない」を選択してから投稿すると、ログインしてないコメントと同様に表示されます。

Diffanaと異なり、メールアドレス、Twitterから登録可能で、本Wikiの運営会社(wikiwiki.jp)が運営しているので、比較的信頼度の高いサービスとなっています。

また、zawazawaによるコメント欄では、どのコメントとどのコメントが同一人物なのか、ある程度特定することが可能です。

  1. 同一かどうか確認するには、まず各コメント欄上部にある「すべて表示」をクリック(タップ)します。
  2. 各コメントの投稿日時の後ろに、英数字が記載されていますが、これは「エイリアス」といい、ブラウザ、回線等を総合的に判断して乱数によって自動的に設定されます。
    comment2.png
    このエイリアスを確認することにより、投稿されたコメントがどのコメントと同一人物なのかを判断することができます。
    また基本的にブラウザ、回線を変更してもこのエイリアスは変更されないため、なりすまし防止にも役立ちます。

コメントを通報するには

コメントを通報するには

ページと関係ないコメント、他人の誹謗中傷、晒しコメントなど、不適切なコメントはコメントごとに通報することができます。

  1. 通報を行うには、まず通報したいコメントの末端に表示される、「zawazawaで見る」をクリック(タップ)します。
    rip1.png
  2. 当該のコメントがzawazawaで表示されるので、「通報...」をクリック(タップ)します。
    なお通報する際はzawazawaアカウントでのログインが必要ですが、通報自体は匿名で行われます
    rip2.png
  3. 通報の理由を記入し(任意)、送信をします。
    rip3.png

また通報用フォームや運営掲示板から通報をすることも可能です。

過去のコメントはアーカイブから参照してください(表示されている場合のみ)。

アーカイブ

投稿をする前にツリー化の確認をしてください!